2016年 12月 07日

絶景の話。

昨今は絶景ブームで、大型書店の旅コーナーに行くと「一生に一度は見たい世界の絶景!」というようなタイトル(適当につけてみました)の本が山積みになっています。

私自身も絶景が好きで、世界や日本、あちらこちらを周っているのですが、なぜそんなに絶景を見てうれしいかと言えば、その壮大な景観が目の前に広がるとき、いつも精神を制御している施錠が自ずと解除され、日々ささやかな事に拘泥してばかりの心から解放されるからだと思います。日々私たちは、自力で物事をどうにかしないとと思っている、でも、目の前の景色は、自力でどうにかしようなんてどだい無理だよ、あなたのその心を私に預けなさい、そう言っているかのようです。

ヨハネ福音書の14章に「心を騒がせるな。」というフレーズが出てきます。
そしてその続きには「神を信じなさい。そして、わたしをも信じなさい。」とあります。

この場合の「神を信じなさい」は、英訳では"Believe in God"になり、believe in...を私たちは「~の存在を信じる」と訳すと習っているわけですが、一方で、believeの語源には、「疑いを持たずに受け入れること」「相手の中に入り込むこと」という意味があります。in(聖書の原典のギリシャ語ではen)は「~の中へ」という意味ですから、"Believe in God"というのは、「神(の存在)を信じなさい」というよりは、「神の中に、その身を委ねなさい」、私はそう訳したいと思います。

「心を騒がせるな。神の中に、その身を委ねなさい。」 これは、歎異抄にも著された他力(本願)の考え方にも通じるものがあり、徒らに自我を震わせる私たちへの戒めとも取ることができます。

私はこの「心を騒がせるな」のフレーズを、先日の祖母の葬儀で耳にしました。
これまで何度聞いても入ってこなかったフレーズが、あるとき不意に心にすとんと落ちてくる。
そういうことってありますよね。


話が逸れました。絶景を見ると、心が開き、体がいきいきとした脈動を打ち始める。だから絶景の楽しみは尽きないのですが、一方で、絶景を「切り取る」ことについて、私は一抹の羞恥心を持っています。だって絶景を「切り取る」ことは、作為を免れません。その作為が私にいつも「それはほんとうではないよ」と耳打ちします。
絶景を「切り取る」のは傲慢です。才能のある写真家の中には、その風景に身を委ねたような写真を撮る(しかもそれがその写真家のひとつの解釈として成立している)人たちがいます。私の好きな石川直樹さんもそういう人のひとりです。しかし、それができない私は、写真を撮るという行為を楽しみながらも、どこかで気まずさを抱え込まずにはいられません。
また、絶景を「切り取る」ことで完成形の美しい画像を作り上げること。この思考は、日本という土地にたまたま生まれついた私たちの感覚とも乖離しがちです。西洋の絵画や庭園が、その幾何学的な精緻さによって完結した永遠性を求めるのに対し、日本の絵画や庭園は、その移ろい、変化自体を楽しむものでしょう。いくら非の打ちどころのない美しいものであっても、そこに移ろい、はかなさがなければ、その美しさは私とは縁の遠いものなのではないでしょうか。その点で、インスタでよく見る美しい風景写真たちは(これには私自身の写真も含まれるのですが)なんだか空疎さが免れない。一方で、写真が本職ではなくても、例えば民俗学者の宮本恒一が主に記録用に撮ったと思われる写真を見ると、そこに流れる土着の時間があり、そこに避けがたいはかなさがはっきりと映っていて、はっとさせられるのです。

話しがすっかり長くなりました。今回、絶景の話をし始めたのは、10月にある男子高校生に「文化祭で世界の絶景を紹介しなくてはいけない。自分か身近な人が実際に訪れたところ。そして他の人と被らないところ。」という難しい相談を受け、その際に、彼に絶景の紹介をするために、過去の写真をピックアップしたこと、そして絶景いいなと思いつつも、その際に、絶景を単にネタにして消費するだけの発表は空疎だよ、といらぬ忠告をして以来、何か書こうと思っていたことからでした。

以下、2016年から遡って、その年の中でべストの絶景。見たときの爽快な気持ちを思い出します。グランドキャニオン、エアーズロック、イグアス滝、万里の長城のような絶景のビッグネームには、まだ行ったことがないのですが。

〇2016 Lyse Fjord - Norway
d0116009_13384136.jpg
d0116009_133986.jpg


〇2015 Mt. Bromo - Indonesia
d0116009_1340568.jpg


〇2014 Gullfoss - Iceland
d0116009_13502740.jpg


〇2013 Rock Islands - Palau
d0116009_1425531.jpg


〇2012 Seven Sisters - England
d0116009_1443633.jpg
d0116009_1445237.jpg


〇2011 Kalalau Valley - Hawaii
d0116009_1451579.jpg


〇2010 First - Switzerland
d0116009_1472132.jpg
d0116009_1481241.jpg


〇2009 Great Barrier Reef - Australia
d0116009_14850100.jpg


〇2008 Hateruma Island - Japan
d0116009_14111671.jpg





とらきつね on Facebook 随時更新中です。


唐人町寺子屋の新しいオフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。

# by terakoyanet | 2016-12-07 11:58 | 塾長おすすめの場所 | Trackback | Comments(0)
2016年 12月 06日

12月6日現在の残り定員状況について

12月1日から来年度の新年度生募集が始まり、募集当日から次々と定員が埋まりました。
入塾をご希望いただいたご家庭のうち、3分の2のお宅にはご連絡が完了しています。
残りのご家庭には今週中にご連絡を差し上げますので、いましばらくお待ちください。


◇12月6日午後2時現在の定員空き状況
新小6・・・残り
新中1・・・満員御礼(キャンセル待ち可)
新中2・・・満員御礼(キャンセル待ち可)
新中3・・・残り
新高1・・・3月よりご案内開始
新高2・・・満員御礼-条件次第では入塾可。お問い合わせください-
新高3・・・満員御礼-条件次第では入塾可。お問い合わせください-




◇募集要項


[中学コース]・・・学校より若干早い進捗/5科目/週2~3
新中1 共通授業:日・木
新中2 共通授業:火・金
新中3 共通授業:月・火・木 または 月・木・金

※他に学力選抜制の特進クラス(中1~中3)、特進Sクラス (中3)、個別指導(中1~中3)があります。



[高校コース]
・・・科目別少人数制授業と個別指導/週1から
新高1 公立高校入試終了後のご案内になります
新高2 科目選択制、及び個別指導 定期考査対策・大学入試対策
新高3 科目選択制、及び個別指導 国公立・私立大学入試対策




[日本航空高校ーウィングハイスクールー]・・・単位制高校
入校生、随時募集!
本校は、山梨県に本部を置き、野球の強豪校としても知られる日本航空高校の福岡支部を併設しています。本校の教室に通って学習を進めることで、日本航空高校を卒業し、大学受験に向けて勉学に励むことができます。現在の高校生活に行き詰まりを感じている方、高校中退からの大学進学を目指す方におすすめです。
福岡市内の多くの単位制高校サポート校は、パソコン学習が中心ですが、本校は週3回、専門の先生が親身に指導します。若干名募集。修学旅行も行っています。詳しくはお問い合わせください。

その他、詳しくは12月1日の募集開始の記事やHPをご参照ください。

d0116009_14564180.jpg


とらきつね on Facebook 随時更新中です。


唐人町寺子屋の新しいオフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。

# by terakoyanet | 2016-12-06 14:55 | 生徒募集(定員空き状況) | Trackback | Comments(0)
2016年 12月 06日

大濠公園 アニメver.

少し前から話題になっている、手持ちの写真をアニメ風にするアプリ。
秋・冬に撮った大濠公園の写真はこの通り。
d0116009_1428486.jpg
d0116009_14295196.jpg
d0116009_14302854.jpg

瞬時にアニメーションの世界になって楽しいです。

と思ったら、アプリの運営側にちょっと問題があるようで。
その「正しさ」について判断しなければならないというのは、情報社会に住む私たちにとって厄介なことですね。

本校の展望面談室(7F)から見た大濠公園
d0116009_1433437.jpg


子どもたちをアニメーションの世界にいざなうと
d0116009_1435857.jpg
d0116009_14354462.jpg
d0116009_14361873.jpg
d0116009_1437475.jpg
d0116009_14385896.jpg

こんな感じになりました。人物より風景が得意ですね。


とらきつね on Facebook 随時更新中です。


唐人町寺子屋の新しいオフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。

# by terakoyanet | 2016-12-06 14:38 | 塾長おすすめの場所 | Trackback | Comments(0)