寺子屋ブログ by 唐人町寺子屋

terakoyant.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 11月 21日

一度見たら忘れられないパイプオルガン~トラコチャウアヤ聖堂

d0116009_02251627.jpg
オアハカから東南東に20㎞の場所にある町、サン・ヘロニモ・トラコチャウアヤ(San Jerónimo Tlacochahuaya)の教会堂に行きました。

16世紀に建てられたこの聖堂。外見は質素ですが、中に入ると素晴らしいんです。
d0116009_02312209.jpg
d0116009_02305585.jpg
直前にタクシーのパンクトラブルがあり、着いたときには見学時間を過ぎていましたが、お願いしてみたら特別に見せてくれました。
d0116009_02334142.jpg
2階も見る?と聞かれて私は大喜び。だって私はこの教会の2階にあるパイプオルガンを見るためにこの町に来たんです。見学時間外のため、若いアーティスト2人がパイプオルガンで音源の録音中だったのですが、快く見せてくれました。
d0116009_02375628.jpg
2階から堂内を見下ろす 天井画が目前にせまって美しさにめまいがするほど



そして、こちらが私が見たかったパイプオルガン。
2階に上ったとき、ちょうど録音のリハーサル中でしたから、その音を聴くことができました。
いかにもプリンシパル系の明るい音で、一聴しただけで、素晴らしいオルガンだとわかるほどでした。
d0116009_02400727.jpg
よく見ると、
d0116009_02413745.jpg
唄口に人が描かれているんです。素晴らしいでしょう!
一見ユーモラスなんですけど、それだけでは片付けられない強いエネルギーを感じます。

こんなものが作られるというのはただ事ではないです。このパイプオルガンを見ているだけで、教会と音楽とが人々の生活に深く刻み込まれているこの町について、もっと知りたいと思わずにはいられません。

メキシコのめくるめく聖堂の話、またそのうちに。





とらきつね on Facebook 随時更新中です。

唐人町寺子屋の新しいオフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。

# by terakoyanet | 2017-11-21 02:53 | 好きな場所 | Trackback | Comments(0)
2017年 11月 18日

今日は宗像堂さんのパンの日。

d0116009_10311129.jpg


本日(18日土曜)の13時からは、今年最後から2番目の宗像堂さんのパンの販売です。秋も深まり、ますますパンのひとくちひとくちが味わい深く感じられるこの季節。定番から新入荷まで、ぜひお楽しみください。


宗像堂のみかさんから届いた福岡の皆さんへのメッセージをお届けします。(みかさん、毎月本当にありがとうございます。)


11月30日発売の宗像堂さんの本『酵母パン 宗像堂: 丹精込めたパン作り 日々の歩み方 』(小学館)や、来春開催予定の出版記念、宗像堂店主、宗像誉支夫さんのお話し&販売会については、 また改めてお知らせいたします。ぜひお楽しみに。


ーーー


11月のパンのお届け

福岡の皆様、お元気ですか?

沖縄はだいぶ涼しくなり、長袖Tシャツに薄手のシャツなどを羽織る感じで、まだウールを着るには早いです。

さて、今月お届けするパンや焼き菓子をご紹介します。


*ウィンターカトルカール。
宗像堂のパンには卵やバターは使っていませんが、この焼き菓子はこだわりの諸見里さん(もろみざとと読みます、沖縄らしい苗字です)の卵、国産バター、きび糖、九州産小麦を使っています。
しかも中にはクランベリー、いちじく、ラムレーズン、くるみ、オレンジピールが入っています。冷蔵すると消費期限が過ぎてもひと月以上美味しく食べられます。
しあわせなおやつタイムをどうぞ。


*黒糖カトルカール
卵、きび糖、バター、小麦粉をそれぞれ4分の1(カトルカール)ずつで作ったパウンドに、伊江島産黒糖や宗像堂ブレンドのエスプレッソ、メイプルシロップなどで手作りした蜜をたっぷりかけました。
冷蔵すると+ひと月は持ちます。この幸せ感!食べていらっしゃらない方はぜひに!!


*ダーマ・スパイス ブレッド
まずは香りを吸い込んでください。遠いところにスパイスを感じると思います。そしてほおばってみてください。ゆっくりとむしゃむしゃむしゃむしゃ、8回目のむしゃの時にあっと感じますよね。その後はもうダーマスパイスのとりこになります。
12種類のスパイスをほどよくブレンド。ちょっと風邪をひきそうかな?という日に、熱いミルクティーと!
元気に食べたい人はハムサンドもおススメです!


*角食パン
宗像堂ってこういうパン屋か~ということがわかるパン。
我が家はEXVオリーブオイルを直接たら~りたらして食べています。


*ドライトマト&カシューナッツのフォカッチャ
このフォカッチャ、パスタとの相性が抜群!食卓がさらに豊かになります。もちろん小腹が減った時はそのままかじりついても。


*バナナコクルレ
黒糖生地にくるみとレーズン、そして減農薬のフレッシュなバナナを巻き込んでいます。永遠の一番人気パンです。


*ライ麦カンパーニュ
カンパーニュって、フランス語でまあるい田舎パンを指します。田舎パンとは、全粒粉の入ったパン。
何やらおしゃれな響きではありますが、素敵な田舎っ子です。ほんのりとした酸味と麦自体のあじわいを感じます。
チーズやワインに合うパンです。この季節はシチューと食べたくなりますね。


*読谷山食パン
日本一大きな村、沖縄中部の読谷村(よみたんそん)の畑で作った麦を使った食パンです。
スタッフも総出で農作業した麦。なので店頭でお勧めするときに声に力が入ります。
噛めば噛むほどに味わい深い食パンです。


*黒糖シナモンロール
伊江島産の黒糖を使った生地にサルタナレーズンとローストしたくるみがたっぷり。一口の中にたくさんの幸せが詰まっています。


*いちじく&くるみ
ライ麦と全粒粉入りの生地にドライのいちじくとローストしたくるみが入っています。薄くスライスして、ワインのおつまみに。厚くスライスして忙しい時の栄養に(笑)


*黒糖あんぱん
伊江島産の黒糖生地に、甘さほどほどのあんこが詰まっています。小さいけれど、ずっしりとした食べ応え。
疲れた時は力が出ます。熱いお茶とどうぞ。


*サブリナ
読谷小麦(全粒粉)入りの生地にレーズン。そして表面にはローズマリーと島ざらめ。
夢の中でどこかの異国に迷い込み、珍しくて美味しいものを食べているような気持ちに。
どこにもない、不思議な美味しさ。宗像堂の2番人気パンです。


読んでくださってありがとうございます!
どんどん忙しくなって来ている頃ですね。あったかいものと食べてくださいね。

そして、宗像堂の本が11月30日に小学館より出版されます。
来年、当店の店主宗像誉支夫ととらきつねさんに直接伺って、パンの販売と本についてのお話し会をさせていただきたいと思っております。
皆様にお会いできるのが楽しみです。どうぞよろしくお願い致します。


宗像堂
宗像みか


ーーーー


皆さまへお願い

宗像堂さんの販売日、いつも開店と同時にお並びいただきありがとうございます。
狭い店内ですので、お並びいただいた順番にご案内しております。ご協力のほど、お願いいたします。


今回、黒糖カトルカール、ウィンターカトルカール、バナナコクルレ、サブリナ(大)あたりをお求めの方は早い時間の到着がおすすめです。(毎月販売していると、これが特にすぐなくなっちゃいそうだな…というのがちょっと予想できます。)


宗像堂さんのパン(消費期限が長いカトルカールを除く)のリベイク、霧吹きをして水分を含ませたあとに焼いた方と、そうでない方で、食べたあとの印象が大きく異なるようです。私たちとらきつねのスタッフたちは断然霧吹き派です。冷凍した場合は、冷凍庫から出してすぐに霧吹きをしても大丈夫です。この作業を惜しまないことで、パンの命が吹き返します。まだお試しでない方は、この作業も含めて楽しんでみてください。




写真は先にお伝えした11月30日発売の宗像堂さんの本です。以下は宗像堂さんのブログより、本のご紹介です。

d0116009_10313108.jpg

ーーー

宗像堂の本

11月30日発売で、小学館より宗像堂の本が出版されます。

『酵母パン 宗像堂 丹精込めたパン作り 日々の歩み方 』

写真 伊藤徹也 文 村岡俊也

伊藤さんとは宗像堂が初めてブルータスのパン特集に掲載された時の撮影がきっかけで、プライベートでも沖縄に来るたびに宗像堂を撮影。しょっちゅう宗像堂のパンを食べているのに、なぜかある日パンを口に入れた瞬間に、新たにドーーンと大きな感動の波が!何なんだ!この感動は!と思い、その想いを聞いたライターの村岡俊也さんが本を作りたいね!と。それから約一年かけての取材。伊藤さんは約10年くらい前から宗像堂の写真を撮り続けているので、思い入れたっぷりのたくさんの写真があります。

村岡さんは『熊を彫る人』(小学館)を今年出版。彫刻家の藤戸さんの語るアイヌの森から生まれた熊彫りの話しを本にしています。美しくも感動の一冊。

さて、宗像堂の本はお家でも作れるパンのレシピはもちろん、パンに合うお料理のレシピ。宗像堂のパン全部。そして、対談は麦農家当真さん。沖縄を代表する作陶家の大嶺實清さん、ロックミュージシャンの甲本ヒロトさん、デザイナーの皆川明さん。各方々ととても深い面白い話をしています。

私達も気が付かない、当たり前と思っていた事も宗像堂の魅力としてスポットを当てていただいて、自分達にとっても新鮮な体験でした。著者のお二人に感謝です!

Amazonで予約もできます!

https://www.amazon.co.jp/gp/aw/d/4093108617/ref=mp_s_a_1_1…

皆さま、どうぞよろしくお願い致します。






とらきつね on Facebook 随時更新中です。

唐人町寺子屋の新しいオフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。

# by terakoyanet | 2017-11-18 10:33 | とらきつね | Trackback | Comments(0)
2017年 11月 17日

大人の悪口を言う子どもたち

昨日も子どもたちが自分の親の悪口を言い立てていました。
「うちの親、まじで性格悪い。」
「うちの親、まじひげ親父。」
「うちの親は横でテレビ見すぎ。」
「うちの親は、要求が細かい。」
「うちの親は、うるさい。無理な要求するし、話が長い。」
「ていうか、親っていうか、俺も性格悪い。」
ある子が言うと、それに刺激されるように他の子が言い出すので、私は面白いなあと思って聞き流しています。

子どもたちは学校の先生の悪口も毎日のようにしゃべっているのですが、度が過ぎているなと思う場合、注意することもあります。それひどすぎるよね、と。

でも、子どもが親の悪口を言うときというのは、むしろそうやって親への愛着を示している子が多くて、なんだか安心します。

子どもが大人の悪口を言うというのは健全なこと。そう思います。
悪口を言われるのは私だってイヤですが、でも、子どもが大人の悪口を言うというのは、子どもが大人という壁にぶち当たっているということであり、それは必要だと思うのです。

だから、親は子どもに悪口を言われるくらいでいいんじゃないかと思います。
まだ小学生の子どもから悪口を言われる親というのは心配になります(この場合、親子関係に問題があることがあります)が、中高生の子どもが親の悪口を言うとき、その子は親からちゃんと自立しようとしているということの証左であることが多いものです。

逆に、聞き分けのよい子というのは案外心配なものです。
子どもは思春期において、大人への共感、そして疑問や反発を通して、人格と言われるものをつくっていきます。そうやって、自分の思考と大人の思考との(いまはやりの言葉で言えば)アウフヘーベンによって、社会性や善悪の正体、自らの倫理観を深いところまで掘り下げ、親とは別の場所で思考できる人間が育っていくのです。

だから、周りの親や大人に対する悪口を言わない子は心配なところがあります。
悪口を言わないというのが、単純にその子の倫理観に根差すものと感じることがあります。
そうであれば、あまり心配がないのですが、中には、その子の思考が親のコントロール下にあるから、この子は親の悪口を言わないんだなと感じることがあります。

これはお母さんが魅力的なエネルギーを発散しているタイプの子に多いのですが、その子はいつもどこかで母親という太陽のような存在に対して、全面的な承認と称賛を求められているのでしょう。
そういう関係というは母親も子どももほとんど無意識なのですが、そういう親子のコミュニケーションの円環の中にいる子というのは、まず親の悪口を言うことはありません。その子は、親というのは決して傷つけてはならないものであることを身をもって知っていますから。このような子は、コントロール下に置かれたまま中高時代をそのままやり過ごすことが多いのですが、いよいよ自立すべき成人前後になったときに、いろいろと親との関係に悩まされることがあるようで、私もそういった卒業生たちから話を聞くことがあります。

このことについて話し始めると長くなりますのでここまでにしますが、とにかく、子どもが親の悪口を言っているときというのは、案外ほほえましいことが多いです。(それに比べ、学校の先生の悪口は全然ほほえましくないです。子どもたちも大変ですが、学校の先生もほんとうに大変だと思います。)たまに親のことで本当に困っている子が相談をしてきますが、そういう子というのは、悪口を言う余裕もない、悩み抜いている子です。


とらきつね on Facebook 随時更新中です。

唐人町寺子屋の新しいオフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。

# by terakoyanet | 2017-11-17 15:47 | 寺子屋エッセイ(読み物) | Trackback | Comments(0)