寺子屋ブログ by 唐人町寺子屋

terakoyant.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 08月 19日

神秘の島、薩摩硫黄島 sanpo

先ほど、鹿児島県の硫黄島から帰ってきました。
硫黄島と言えばクリント・イーストウッドの顔が浮かぶ方もいるかもしれませんが、こちらは戦地として有名な小笠原の硫黄島ではありません。長崎のやすらぎ伊王島でもありません。

こちらの薩摩硫黄島は人口100余人、東西5.5km、南北4.0kmの小さな火山島です。
九州新幹線の開通により、秘境の硫黄島もググっと近くなりました。


1泊のみの滞在でしたが、宿の車を借りて妻の運転で小さい島の隅々を見てきました。
いままで見たどの景観とも異なる圧倒的な自然美を堪能してきました。
これからぼちぼち話していこうと思いますが、今日のところは写真を載せます。



雲がかかる硫黄島
d0116009_0294836.jpg



硫黄岳からはたくさんの噴煙が出ていました。
d0116009_031551.jpg



硫黄島港。港の海底から湧き出る温泉のせいで茶色にそまっています。
d0116009_0321231.jpg
こんな色の海は見たことがありません。太陽の光の当たり方によって、茶色から黄金色になったり、緑色になったり。
d0116009_033554.jpg



港付近に島唯一の集落があります。
集落からは島のどこに行ってもほぼ4km以内。
d0116009_0343048.jpg



俊寛堂。島内には平安後期の悲劇の僧侶として知られる俊寛にまつわる遺構が複数残されています。
d0116009_0334619.jpg



平家城展望台。
d0116009_0352376.jpg
海の色の美しさにしばし見とれました。
d0116009_0361390.jpg



岬橋から硫黄島港と硫黄岳方面を望む。
d0116009_0372985.jpg



大浦海岸
絶壁の下にとても透明度の高い海があります。
d0116009_038138.jpg



稲村岳
d0116009_0385630.jpg



東温泉
全国にその名を知られる絶海の野湯
d0116009_0401898.jpg



三島小中学校の校庭に生えるガジュマルの木
d0116009_0405938.jpg



島内のあらゆるところに孔雀が出没します。
d0116009_0414192.jpg
d0116009_0421996.jpg



天授の板碑
d0116009_043267.jpg



俊寛像
「待ってくれー」という彼の哭泣が聞こえてくるようです。
d0116009_0433911.jpg



壇ノ浦の戦いにて8歳で入水した安徳天皇がこの島に流れ着いたという伝説が残っています。
d0116009_0443455.jpg



硫黄岳
d0116009_0451537.jpg



フェリーみしまで鹿児島に戻りました。
d0116009_0455593.jpg



大地のエネルギーを感じながら、ゆったりとした島時間を堪能しました。




おまけ♪ 島のお菓子

右はおーらんぼつ。硫黄島の大浦海岸でとれる長命草(ボタンボウフウ)をつかった香ばしいクッキー。硫黄島港のお土産屋さんで買うことができます。
左は大里シフォンケーキ。硫黄島のお隣の黒島大里でつくられたシフォンケーキ。鹿児島行きのフェリーみしまで買うことができます。黒島のみかんが入っていてやわらかい甘さとさわやかなみかんの香りが口の中に広がって最高に美味しかったです。超おすすめ。
d0116009_1424157.jpg


唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

本館7F terakoya shop blog をぜひご覧ください。

by terakoyanet | 2011-08-19 01:21 | 好きな場所 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://terakoyant.exblog.jp/tb/14375783
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 8月22日の雑感      お盆の宿題は終わりましたか? >>