寺子屋ブログ by 唐人町寺子屋

terakoyant.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 09月 28日

村上春樹 領土問題に関する寄稿文

作家の村上春樹氏が朝日新聞に昨今の領土問題について、その影響で文化交流に悪影響を及ぼすことを憂慮する文章を寄稿しているのでご紹介します。

全文はブックアサヒコムで読むことができます。

以下は抜粋

領土問題が実務課題であることを超えて、「国民感情」の領域に踏み込んでくると、それは往々にして出口のない、危険な状況を出現させることになる。それは安酒の酔いに似ている。安酒はほんの数杯で人を酔っ払わせ、頭に血を上らせる。人々の声は大きくなり、その行動は粗暴になる。論理は単純化され、自己反復的になる。しかし賑(にぎ)やかに騒いだあと、夜が明けてみれば、あとに残るのはいやな頭痛だけだ。

政治家や論客は威勢のよい言葉を並べて人々を煽るだけですむが、実際に傷つくのは現場に立たされた個々の人間なのだ。

「我々は他国の文化に対し、たとえどのような事情があろうとしかるべき敬意を失うことはない」という静かな姿勢を示すことができれば、それは我々にとって大事な達成となるはずだ。それはまさに安酒の酔いの対極に位置するものとなるだろう。

安酒の酔いはいつか覚める。しかし魂が行き来する道筋を塞いでしまってはならない。その道筋を作るために、多くの人々が長い歳月をかけ、血の滲(にじ)むような努力を重ねてきたのだ。そしてそれはこれからも、何があろうと維持し続けなくてはならない大事な道筋なのだ。



あらゆる政治的立場が存在していますが、どの立場であっても、「実際に傷つくのは現場に立たされた個々の人間なのだ」という視点を譲らないことが肝要だと私自身日々考えています。


追記

*朝はブックアサヒコムのリンクから全文を読むことができたのですが、現在はできません。このような公共性の高い文章を読めなくしてしまった朝日新聞社の判断は残念です。

唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

by terakoyanet | 2012-09-28 04:21 | 寺子屋エッセイ(読み物) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://terakoyant.exblog.jp/tb/16894579
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< ネコ天国!イスタンブール      中間テスト直前対策講座スタート! >>