寺子屋ブログ by 唐人町寺子屋

terakoyant.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 12月 12日

福岡県公立高校入試問題英語-Wくんの研究-

本校にはWくんという誇るべき生徒がいます。

と、唐突に話し始めたのにはわけがあります。

Wくんが作成した福岡県公立高校入試問題英語の研究ノートが素晴らしすぎるのです。

別に私たちが指示したわけでも何でもない。
彼が大量の宿題をやる間に、時間を縫って、独自に行った研究です。

もちろんこれまで彼が塾で学習した内容が多分に含まれています。
しかし瞠目すべきは、過去問10年分をすでに解き終わった彼が、どの年の問題であってもその傾向に共通点があり、精密に解けば満点が取れることを知った上で、その解き方について独自の解法、解説を多分に披露している点です。

私は中3生の福岡県公立受検指導を行い続けて18年目になりますが(十代のころからやっていますので)、これほど精密な研究を行う受験生を初めてみました。
Wくん、最高だよ!面白すぎるよ!ということで、彼の研究の成果をほんの一部お見せしたいと思います。

(*可能ならばぜひ福岡県公立高校入試問題英語をお手元に置いて見ていただければ。)
d0116009_265048.jpg
d0116009_27837.jpg
d0116009_272324.jpg

d0116009_273885.jpg
d0116009_27533.jpg
d0116009_28574.jpg
d0116009_2223688.jpg
d0116009_2225059.jpg



これを書きながら、いま再び、そうそうとうなずきながら彼の研究ノートを見ているところですが、感心するポイントがいくつもあります。

これはほんの一部で、彼はその後、大問2・3などの攻略のための練習問題をつくったり、練習問題のための英語長文を作成(←英作文能力がかなり鍛えられていないと無理)したり、面白いことをたくさんやっています。彼自身、まだまだ出来に満足していないようすですので、この第1稿の改訂がこれからも進みそうです。

彼の面白いところは、自分のために勉強するというのはもちろんハズさないのですが、自分の勉強・研究が周りの友だちの役に立てばいいな、と本気で思っていて、研究内容が友だちのためになることを喜んでいるところです。


このノートを紹介したことで、これから先、他の中3生はもちろん、現中2生、中1生たちにも良い波及効果が見られるであろうことが、私には容易に予想がつきます。

Wくんのような存在は、学習する環境を向上させる力そのものです。

Wくんと、そしてWくんに負けず劣らず頑張っているその他のたくさんの生徒たちのこれからに、大いに期待したいと思います。



唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

本館7F terakoya shop blog をぜひご覧ください。

by terakoyanet | 2012-12-12 02:28 | 雑感・授業風景など | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://terakoyant.exblog.jp/tb/17409051
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by かねごん at 2012-12-13 00:29 x
このノートすごいですよ。英語の指導者でもここまで入試問題のツボを心得ている先生はそうはいませんね。やあ~参りました。
Commented by terakoyanet at 2012-12-14 07:52
かねごん先生、コメントありがとうございます!
このノート、反響すさまじいです。

ちなみにこのノートを作成したWくんは、今回の最新模試の英語で県内2位を獲得しました。日々の精進の賜物だと思います。
寒い毎日ですが、かねごん先生も受験指導、がんばってください。


<< 保護者様へお知らせ      山陰の秘湯、岩井温泉 >>