寺子屋ブログ by 唐人町寺子屋

terakoyant.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2013年 06月 07日

宮古木工芸さんにて。

先日、宮古島に行ったとき、宮古島で唯一、三線(さんしん)の制作・販売・修理を行っていらっしゃる「宮古木工芸」さんに伺いました。

d0116009_78294.jpg


当日は三線職人の與儀栄功さんが不在で、匠の技を受け継ぐ孫の昌樹さんにいろいろとお話しを伺いました。
こちらは三線の棹になる原木の黒木です。この板の質が三線の音を決定づけます。
d0116009_711379.jpg


黒木の断面です。
d0116009_7282483.jpg


原木はよく寝かせる必要があります。
d0116009_720747.jpg


その後、原木から棹が美しくつくられていく過程を見ることができました。
d0116009_723020.jpg



こちらでは胴の部分がたくさん積まれています。
d0116009_7161173.jpg


胴に貼るニシキヘビの蛇皮です。
d0116009_725341.jpg



「臭いですよ」と言いながら皮を広げる昌樹さん。確かにヘビーな香りがします。
d0116009_7261361.jpg



ちなみに当日の宮古島は曇っていて、波が高く、あまり天気が良くありませんでした。
d0116009_7385428.jpg
(とはいっても曇りの日でも美しい海の色ははっきり)

しかし、三線や宮古上布の工房に伺い、職人の方々から様々なお話しを聞くという過ごし方は、美しい海での体験に勝るとも劣らないものだったということを、ここに特記したいと思います。


夜にもう一度、宮古木工芸さんに伺い、三線教室に飛び入りで参加させてもらいました。
夜の8時から開かれていて、出入り自由のゆる~い感じがとてもすてきでした。
d0116009_7414981.jpg

三線の楽譜は「工工四(クンクンシー)」と呼ばれ、漢字で表記されます。
指のポジションと漢字さえ結びつけばすぐにでも弾けそうです。
私は弦楽器経験者なので、ちょっと意地になりました。
音はすぐにとれますが、皆さんの演奏のペースについていくのは無理でした。
でも、練習したらすぐにできるようになりそうな気がします。楽しい。

練習中には、三線の教師でもある昌樹さんたちとお話ししながら、お茶とお菓子までもらって、穏やかな時間が過ぎます。


練習が終わったとたん、ニャーと部屋に入ってきました。彼(彼女?)の名前は忘れてしまいました。
かわいすぎる。
d0116009_7491269.jpg

d0116009_7522313.jpg


次に宮古島に行く機会があれば、ぜひまた訪問したいと思い、私は帰り際に咄嗟に「十年後来てもここでお仕事なさっていますか?」と尋ねました。すると昌樹さんは笑顔で「ずっとここで仕事してますよ」と仰います。

お人柄が素晴らしい若き職人昌樹さんは、これからもこの場所に根を張って、良い楽器をつくっていくのですね。十年後、二十年後、三十年後がとても楽しみです。良い時間をありがとうございました。


唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

by terakoyanet | 2013-06-07 08:00 | 雑感・授業風景など | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://terakoyant.exblog.jp/tb/18916441
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 叱り方のポイント -「セルフ塾...      期末テストの範囲が出ました。 >>