寺子屋ブログ by 唐人町寺子屋

terakoyant.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2013年 08月 01日

墜落した零戦

5月に太平洋戦争の激戦地ペリリュー島(パラオ諸島)に行き、多数残る戦争の傷跡を見てきました。

d0116009_105265.jpg


いまから69年前に島のジャングルに墜落して朽ち果てた零戦を見たときに感じたのは、何とも言えぬ悲しさでした。



平和の尊さ、戦争のむごさ。あるいは、勇敢な日本兵士たち。



零戦を見て感じるのは、そういったものではありません。

かつて、この零戦をつくった人たちがいた。そして、この零戦に搭乗した兵士がいた。

その事実に善悪はなく、そこにはただその事実自体が横たわっているのです。

そして、その事実以上に、私たちの胸を打つものはないのではないでしょうか。



宮崎駿監督の話題の映画「風立ちぬ」では、主人公のモデルとして堀越二郎氏が取り上げられおり、彼が設計した零戦への関心も高まっているようです。

この素晴らしい映画について、そのうちお話しができたらなと思っています。
d0116009_11313447.jpg
d0116009_11323994.jpg
弾痕の底から草が生えていました。




唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

by terakoyanet | 2013-08-01 11:33 | 好きな場所 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://terakoyant.exblog.jp/tb/19383245
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 明日はサマー合宿!      規則の破り方 >>