寺子屋ブログ by 唐人町寺子屋

terakoyant.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2013年 09月 21日

クロアチアの田舎町にあるエウフラシウス聖堂 sanpo

今回の欧州旅行の悲願は、クロアチアの北西部、イストラ半島にある小さな町ポレチュ[またはポレッチ(Poreč)]を訪れ、エウフラシウス聖堂(Eufrazijeva bazilika)のモザイク画を見ることでした。

d0116009_553778.jpg


ポレチュはアドリア海に面するとても小さい町です。旧市街は15分も歩けば一周してしまいます。
滞在したホテルから聖堂までは徒歩3分。

d0116009_5132394.jpg


世界遺産として広く知られるようになったエウフラシウス聖堂を一目見るために、昼間は多くの観光客が訪れます。
私は人ごみを避けるために、朝一番に、まだ地平線から顔を出してまもない朝日の黄色い光を浴びながら、聖堂まで歩きました。

d0116009_517813.jpg
d0116009_519867.jpg
d0116009_5204919.jpg


ほとんど人のいない聖堂。
昔からあるこの小さい町の小さい教会が持つ、本来の空気を味わうことができたのではないかと思います。

前部にある窓から朝日が差し込み、堂内は幻想的な柔らかい光に包まれていました。
堂内の空気はちょっとひんやりとしていて、背筋が伸びるような緊張感がありました。

d0116009_5232893.jpg
d0116009_5261276.jpg
d0116009_5292489.jpg
d0116009_5335834.jpg
d0116009_5354247.jpg
d0116009_537751.jpg


エウフラシウス聖堂は4世紀に建造されました。
聖堂のモザイクは6世紀からのもので、初期ビザンティン美術の世界的傑作とされています。

それにしても、モザイクの鮮やかで深みのある色の美しさ、そして描かれる像がもつ素朴な温和さ。
十数世紀の間、小さな町で大切にされてきた宝物は、異国の旅人の心を強烈に揺さぶりました。


聖堂には博物館が併設されており、数多くの宗教画や聖母子像が置かれています。

d0116009_5503222.jpg
私が最も好きな聖母子像   なんと穏やかな



鐘楼を登ると、ポレチュの旧市街を一望できます。
d0116009_5571310.jpg



d0116009_614649.jpg
d0116009_5591291.jpg

d0116009_63460.jpg


聖堂を出たのは、お土産店やギャラリーがオープンし、町は賑やかになろうとしている時間でした。
陽光輝くポレチュの1日が始まります。



―――


中1の社会のテストで、今年EUに加盟した国は?という問題が出たそうです。
答えはこの記事で紹介したクロアチアですね。
クロアチアのEU加盟については、以前こちらのブログでも書きました


唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

by terakoyanet | 2013-09-21 06:07 | 好きな場所 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://terakoyant.exblog.jp/tb/19688976
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 本日15時から、中3生教室開放      2年生がとてもキツそう。 >>