寺子屋ブログ by 唐人町寺子屋

terakoyant.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2015年 05月 18日

完璧なビーチリゾート、フィリピン・ブスアンガ島 sanpo

フィリピンのブスアンガ島に行きました。
そこには、アジア随一と言っても言い過ぎとは思えない、完璧なビーチリゾートがありました。

海と山が美しいこと。喧騒がないこと。
日本との時差が1時間しかないこと、移動時間が少なく身体への負担が小さいこと。
乾季の後期で蚊がいなかったこと、食べ物が美味しくて飽きがこないこと、簡単な英語さえ話せれば不自由しないこと。

2年前に行ったプーケットを最後に、もうビーチはいいかな、とつぶやいていた妻も、
海の楽しさを思い出していきいきとしていました。


Huma Island Resort は、Dicilingan Maliit Islandにある1島1リゾート型の滞在地。
島の周囲を覆いつくす美しい珊瑚。水上コテージと美味しいレストラン。
d0116009_851337.jpg

カヤックで島の周囲を1周したり、周りの無人島に上陸したり。
d0116009_8535590.jpg
d0116009_8543389.jpg

従業員さんにお願いして、整備されていない道を通って島の一番高いところまで登ったり。
d0116009_8551725.jpg
d0116009_8554060.jpg

d0116009_901168.jpg

d0116009_912347.jpg
d0116009_92580.jpg
d0116009_14493225.jpg


舗装道路がほとんどないこの島では、ホテル間の移動にたびたびボートが使われます。
Huma Island Resortからボートで15分行ったところにあるBusuanga Bay Lodge は、複雑な隆起珊瑚の山の連なりを見ながらゆっくりできるリゾート。
特に美しいのは朝。
d0116009_98135.jpg
d0116009_983850.jpg
d0116009_991557.jpg
d0116009_91022100.jpg


ブスアンガ島最大の町はコロン(Coron)。
フィリピンの若者たちにフィリピンのベストプレイスを聞くと、皆が口を揃えて「Coron! Coron!」と言うから
今回、ブスアンガ島とコロンへの訪問を決めました。

コロンタウンには安宿が並ぶ通りがあり、人もそれなりにいるけれど、プーケットやクラビ(や行ったことないけどセブ島)の喧騒に比べれば、まったく問題にならないレベル。

フィリピンはアジア一のカトリック国。コロンタウンにも規模の比較的大きな、素敵な教会があります。
d0116009_9454723.jpg


ちょっとややこしいけど、コロンタウンの端にある港からはコロン島(Coron Island)に向かうボートが出ています。コロン島へは2人でプライベートのツアーを組んでもらいました。ハワイなどのリゾートに比べれば破格の値段で行くことができます。(ハワイでプライベートだと2人で1日に5万はかかる。コロンだと1万くらい。)
d0116009_9195368.png

小さなビーチでバーベキューを食べたり(これが美味しい!)、15分ほどのハイキングでコバルトブルーの湖を訪れたり、石灰岩のトンネルをくぐって2つのラグーンを縦横無尽に泳いだり。
d0116009_9232941.jpg
d0116009_924297.jpg
d0116009_9242967.jpg
d0116009_9281539.jpg

コバルトブルーのKayangan Lake(カヤンガン湖)で、どこまでもクリアで軟らかい水の感触を確かめながら、青い尖った頭をした魚といっしょにスイスイと泳いでいるとき、この場所は、確かに他に代えがたいベストプレイスだと、確信しました。

フィリピンの美しさに魅了される訪問となりました。



とらきつね on Facebook 随時更新中です。


唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。

by terakoyanet | 2015-05-18 09:48 | 好きな場所 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://terakoyant.exblog.jp/tb/21797471
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< とらきつねの人気商品 -食品編-      2015年度特進Sクラス始動!! >>