寺子屋ブログ by 唐人町寺子屋

terakoyant.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2016年 01月 01日

流浪の民

生まれ育った場所の「歴史」「伝統」「文化」といったものは、生まれながらにゆりかごのように存在する。そういう考えが一つの錯覚もしくは偏向であるということに、西表島に来ると気づかされます。

西表島の歴史は断絶の歴史です。そこで目の当たりにするのは、継承すべきものが、マラリアの惨禍によって、ときには猛烈な台風や津波によって途絶えた凄絶な歴史。例えば、島の南西部地域は、船浮ひとつを残し、あとの集落は全て廃村になってしまいました。

いまだ僅かに生活の痕跡が残る場所もあれば、すっかりジャングルの森の中に姿を消した集落もあります。そのいまにも消え去りそうな痕跡が私たちに伝えるのは、歴史というよりは人々の流浪そのものです。かつて人々にとって流浪民であることは宿命であったし、それがいまの私たちの生活の底部で響いていることに気づかされるのです。
d0116009_16202042.jpeg
d0116009_16232633.jpeg


入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。


by terakoyanet | 2016-01-01 16:27 | 好きな場所 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://terakoyant.exblog.jp/tb/22727512
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 明日から新年の授業スタート!      明けましておめでとうございます >>