寺子屋ブログ by 唐人町寺子屋

terakoyant.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:雑感・授業風景など( 1234 )


2017年 11月 08日

期末対策講座のこと

「中間の前よりいい感じだから、今回のほうが点数取れそうだね。」
「それは自分でも自覚があります。(くふふ。)」

昨日、ある中2の男の子と話した会話。
いよいよ明日から当仁中の期末テスト。(期末というにはかなり早い日程ですね。学年末テストの範囲が長くなりすぎることが目に見えていますから心配になります。)

テスト直前になると、日ごろちゃんと勉強している子たちの顔には、手ごたえのある表情が浮かび始めます。

中3にとっては中学最後の定期テスト。今回でほぼ内申点が確定しますから、とてもとても大切なテストです。
中2にとっては一次関数や不定詞、電流といった難しい単元を多く含む正念場ともいえるテスト。
そして、中1にとっては命運を分けると言われるテストになります。(子どもの中学時代の成績は、中1の2学期[または後期]の成績次第という話は実感として私も強く感じます。この時期までに基礎力を蓄えた生徒はその後の成績が下がりにくく、逆の生徒は成績が伸びにくくなります。)

生徒それぞれが真剣な思いを抱えて学習に励んでいます。
中1には何度やっても単語テストで得点がとれない心配な子がいますし、中3にはいまだにぴりっとしない子が1人か2人だけいますが、生徒ひとりひとりがまずは自己ベスト更新を目指して頑張ってほしいと願っています。

今日からの教室開放、積極的に活用してくださいね。

d0116009_11385359.jpg
中3夏合宿のひとコマ
きっとこのときより みんなずっと力が伸びたよね


とらきつね on Facebook 随時更新中です。



by terakoyanet | 2017-11-08 11:40 | 雑感・授業風景など | Trackback | Comments(0)
2017年 10月 13日

10月13日の雑感 中1特進クラスのことなど

昨日の中3特Sクラス。
最近は宿題がすごく増えてとても大変だと思いますが、とても大変な宿題に真っ向から立ち向かった子どもたちはとてもいい表情をしています。
この時期の受験生というのは、その表情だけで、日ごろどんな取り組みをしているか一目でわかります。

中1の特進クラスも英・数ともすでに中2の内容に入っており難易度が上昇しています。

d0116009_09091443.jpg
4人は初めての連立方程式テストでいきなりの満点をGETしました。
うしろに笑顔のMくんが顔を出しています。

中1の特進クラス、とてもいい雰囲気で授業が進んでいます。
難しい勉強の「壁」に人生で初めてぶつかっている生徒も。
この試練は間違いなく彼らの力を鍛え、伸ばしているということを強く実感します。

それにしても、2学期というのは、一番差が付きやすい時期だなということを毎年感じます。
受験生も、受験が終わった時に、秋に頑張ったからよかった、秋に頑張れなかったから・・・
そんな話をする子がとても多いのです。

今日は合唱コンの学校も。

ふと思い出す中学時代のこと。
中3のときに合唱コンで歌った「大地讃頌」と「河口」。
そしてそのときの音楽の先生にして担任だった村石先生のこと。
決して楽しいことばかりではなかったけれど、いまでも鮮やかに記憶がよみがえります。
中学生、特に中3というのは、心深く思い出が刻まれやすい1年ですね。


とらきつね on Facebook 随時更新中です。

唐人町寺子屋の新しいオフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。

by terakoyanet | 2017-10-13 09:24 | 雑感・授業風景など | Trackback | Comments(0)
2017年 10月 10日

高校コース、DCS(ディスカッション)の授業

本校にはいくつか特色のある授業があります。
高校コース土曜日開講のディスカッション授業は、思考力とそれを表現する力を鍛えることを目的にした授業です。少人数ながら、とてもエキサイティングな時間です。私自身、生徒たちの言葉にはっとさせられることが多く、大いに刺激を受けています。
教えるというのは常に教えられることなのだ。そのことを地で行くような授業です。


過去3か月には次のような内容をテーマに議論を重ねました。

第11回(7/2) ジェンダー(夫婦別姓・同姓婚・女性が輝く社会って何?)
第12回(7/9) 経済再生(日本経済・地域経済)
第13回(7/16) 世界平和とグローバル化(現在の国家のかたち・テロリズムと国家)
第14回(9/9) 日本(日本とは何か・日本文化の独自性とは)
第15回(9/15) 学校(学校の捉えなおし・学校と教育の諸問題)
第16回(9/30) 資本主義(資本主義の由来・マックスウェーバーとマルクス)
第17回(10/7) 民主主義(民主主義の定義・日本の民主主義の課題)



前回の授業では、Bureau of International Information Programs の “Principles of Democracy” を引用して民主主義の語源と原則について学んだあと、生徒たちと議論をしました。


「民主主義(デモクラシー)」の語源は、ギリシャ語の「デモス(人民)」である。民主主義国においては、立法者や政府ではなく、国民に主権がある。世界各地のさまざまな民主主義制度には微妙な違いがあるが、民主主義政府を他の形態の政府と区別する一定の原則と慣行が存在する。

・民主主義とは、市民が直接、もしくは自由選挙で選ばれた代表を通じて、権限を行使し、市民としての義務を遂行する統治形態である。

・民主主義とは、人間の自由を守る一連の原則と慣行である。つまり、自由を制度化したものと言ってもいい。

・民主主義は、多数決原理の諸原則と、個人および少数派の権利を組み合わせたものを基盤としている。民主主義国はすべて、多数派の意思を尊重する一方で、個人および少数派集団の基本的な権利を熱心に擁護する。

・民主主義国は、全権が集中する中央政府を警戒し、政府機能を地方や地域に分散させる。それは、地域レベルの政府・自治体が、市民にとって可能な限り身近で、対応が迅速でなければならないことを理解しているからである。

・民主主義国は、言論や信教の自由、法の下で平等な保護を受ける権利、そして政治的・経済的・文化的な生活を組織し、これらに全面的に参加する機会などの基本的人権を擁護することが、国の最も重要な機能のひとつであることを理解している。

・民主主義国は、すべての市民に対して開かれた、自由で公正な選挙を定期的に実施する。民主主義における選挙は、独裁者や単一政党の隠れみのとなる見せかけの選挙ではなく、国民の支持を競うための真の競争でなければならない。

・民主主義は、政府を法の支配下に置き、すべての市民が法の下で平等な保護を受けること、そして市民の権利が法制度によって守られることを保障する。

・民主主義諸国のあり方は多様であり、それぞれの国の独自の政治・社会・文化生活を反映している。民主主義諸国の基盤は、画一的な慣行ではなく、基本的な諸原則の上に置かれている。

・民主主義国の市民は、権利を持つだけでなく、政治制度に参加する責任を持つ。その代わり、その政治制度は市民の権利と自由を保護する。

・民主主義社会は、寛容と協力と譲歩といった価値を何よりも重視する。民主主義国は、全体的な合意に達するには譲歩が必要であること、また合意達成が常に可能だとは限らないことを認識している。マハトマ・ガンジーはこう述べている。「不寛容は、それ自体が暴力の一形態であり、真の民主主義精神の成長にとって障害となる。」 
 




生徒たちからは、地方自治においてさえも政治が身近ではない問題や、上の文の中の「自由を制度化する」という内容が孕む問題について質疑、意見が出されました。


自由民主党、立憲民主党、社会民主党。党名の中に民主主義を謳う主要政党が3つもある日本の政界ですが、私たちがいつも忘れがちなのは、上の文章の最後にある「寛容」についてではないでしょうか。

右や左にかかわらず、政治に関わる人たちに忘れてほしくないのは、民主主義国は、全体的な合意に達するには譲歩が必要であること、また合意達成が常に可能だとは限らないことを認識しているという原則です。なにも「排除」という言葉を使った政治家だけでなくて、私たちが、社会の正義を語るとき、人の過ちを糾弾するときなど、自分が良かれと思って言動に出るときは「不寛容」が顕在化します。「不寛容」について真剣に考え、それ自体が暴力であるいう認識を厳しく持つことこそが、いま、真面目な政治のために求められていることではないでしょうか。
 


とらきつね on Facebook 随時更新中です。

唐人町寺子屋の新しいオフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。

by terakoyanet | 2017-10-10 14:23 | 雑感・授業風景など | Trackback | Comments(0)
2017年 10月 06日

10月6日の雑感

〇〇ファーストと言い出したときは本当に驚きましたが、
ユリノミクス、12のゼロ公約…。小池さんが言うことは、キャッチーですが、それにしてもすごくセンスがないですね。(支持するかどうかは別として)


カズオイシグロ、ノーベル文学賞のニュースに湧いています。
彼はセンター国語でも登場していて、高校生、大学生にもなじみのある作家です。

彼の読者という方も多くいらっしゃることと思います。
彼の作風(ファンタジーに頼らない小説を書くところ)とセンスのかたまりのような文体が好きで、私もこれまで多く触れてきた現代作家のひとりです。

つい先月、アメリカに行ったときには彼の文章のことを思い出して文章を書きました。

---

帰国まで30時間の苦行の途中、アメリカ本土のサーフィンの聖地が一目見たくてハンティントンビーチ埠頭へ。サーフィン博物館で地元の若いバンドの音源ゲット。只々青いばかりの空と海を見ながら、カズオイシグロが、カリフォルニアの空には文脈がない、と言っていたのを思い出した。文脈はほしいなあ。

アメリカ大陸最後の手荷物検査でなぜか初めて携帯用ウォシュレットが引っかかり、何をするためのものだ?と聞かれて、To wash and clean my asshole と答える辱めを受けた。 2017.9.7.

d0116009_16522212.jpg
---

カリフォルニアの空には文脈がないというのは、センターにも出題された彼のエッセイから取ったものですが、カズオイシグロはエッセイもすごく面白いです。イギリスなどの外部から日本を見る視点は、とても刺激的で勉強になりますから、高校生たちもぜひ読んでみてください。文章もとても読みやすいですよ。


とらきつね on Facebook 随時更新中です。

唐人町寺子屋の新しいオフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。

by terakoyanet | 2017-10-06 17:03 | 雑感・授業風景など | Trackback | Comments(0)
2017年 09月 26日

9月26日の雑感

中間考査直後の当仁中生は、テストの話でもちきりです。
中3の数学は激ムズだったようですね。でも、中2・中3は平均点が高そうな予感がします。中1はまだイマイチ子どもたちの反応だけでは読めません。

生徒たちの頑張りについては改めて集計後にお伝えします。

本日から9月分の成績を配布予定です。
夏に多くの生徒が成績を伸ばしました。
6月と比べて、偏差値65以上の生徒がなんと2.5倍に増えました。
夏の個々の頑張りがしっかりと刻印された成績表を見て、この夏を振り返っていただきたいと思います。

★追記 15:04
「本日から9月分成績を配布予定」と書きましたが、夏の成績集計作業に想定以上に時間がかかってしまい、本日の配布が難しくなりました。木曜日からの配布になりますのでよろしくお願いします。



10月22日(日)の高校進学説明会、会場を中村学園女子高校とお伝えしていましたが、中村学園大学に変更になりました。詳しくは今週中に配布される案内をご参照ください。


現在、大切な時期だからか、たくさんのメールやお問い合わせをいただいており、返信に時間を要しております。本日、明日にできるかぎり対応いたしますので、いましばらくお待ちください。

d0116009_01275098.jpg
写真は、2005年にバリ島のキンタマーニ高原まで行って、写るんですで撮影したアグン山。
とても勇壮な山で、こんなにダイナミックな景色を見たことがない、と驚嘆したことを思い出します。

アグン山は、現在、噴火の可能性があるため、多くの周辺住民が避難しています。
早期の沈静化を願っています。



とらきつね on Facebook 随時更新中です。

唐人町寺子屋の新しいオフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。

by terakoyanet | 2017-09-26 01:36 | 雑感・授業風景など | Trackback | Comments(0)
2017年 08月 28日

過去最高人数の特進クラス、スタート!

今日は中1特進クラスがスタートする日です。

本校の特進クラスは選抜制です。一定の基準を超えた生徒が特進クラス生として選抜されます。
中1は、夏の到達度テストで特進クラスの成績基準を超えた生徒が15名と、スタート時としては歴代最多数の人数になりました。また、ぐんぐんと成績を伸ばす中2は、9月から特進クラス生が17名になり、こちらも歴代最多の人数になります。

今日、初めての特進クラスからご家庭に戻ってきた1年生は、もしかしたらご家庭で、弱音を吐くかもしれません。難しかった、大変そうだ、と言いながら、不安な表情を浮かべるかもしれません。

でもそれは多くの子どもたちが通ってきた道です。
毎回の宿題を丁寧にこなすことができれば、きっと大丈夫です。
努力は実力となり結果となり、そしてきっと本物の自信につながります。

寺子屋の特進クラスは特別な楽しさがあります。和気あいあいとした雰囲気なのに、楽しく、力強く、ライバルと切磋琢磨していこうとする意志であふれた環境です。

中1、中2の特進クラス生たちが、今後どのような輝きを見せてくれるのか、心から楽しみです。


とらきつね on Facebook 随時更新中です。

唐人町寺子屋の新しいオフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。

by terakoyanet | 2017-08-28 01:34 | 雑感・授業風景など | Trackback | Comments(0)
2017年 08月 06日

本日、通常通り

本日の授業はすべて予定通りに行われます。事務室やとらきつねの営業も通常通りです。

明日の授業も現時点では予定通りに行われます。中1・2合宿は昨日お伝えしましたとおり、午前9時に唐人町寺子屋2Fに集合となりますので、安全に留意して登校してください。



とらきつね on Facebook 随時更新中です。

唐人町寺子屋の新しいオフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。

by terakoyanet | 2017-08-06 10:03 | 雑感・授業風景など | Trackback | Comments(0)
2017年 08月 01日

台風がとても心配。

台風5号の動きがとても心配です。
8月7日・8日の中1・中2のサマー合宿の日程のころにちょうど台風が来る可能性が出てきています。
今回は軍艦島への船旅も予定されており、影響が出る可能性が高いと言わざるをえない状況です。

しかし今回の台風の進路と進度はかなり予想が難しいそうで、まだまだどうなるかわかりませんね。
合宿が滞りなく決行できますようにと祈っているところです。


気象庁の予報と、世界各国の気象機関の予報の間にはかなり差、ばらつきがあるようです。
d0116009_11511101.jpg
d0116009_11512494.png


とらきつね on Facebook 随時更新中です。

唐人町寺子屋の新しいオフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。

by terakoyanet | 2017-08-01 11:53 | 雑感・授業風景など | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 30日

今日の生徒たち

今日は中1・中2の到達度テストが開催されています。
生徒たち一人ひとりが、日ごろの成果をしっかり出すことを願いながら、見守っているところです。

d0116009_16343092.jpg

中3は夏期講習がぐんぐんと進んでいます。
これまでの1週間にやった内容だけでも、丁寧な見直し・解き直しをすれば、かなりの力がつくはずです。

ーーー

そして今日は、小学生の夏期講習特別企画として、Yu先生によるシチュエーション英会話 in 大名 D-TRANOI が開催されました。

d0116009_16410230.jpg
実際に海外のレストランを訪れたという設定で、パレスチナ料理店のD-TRANOI さんを訪問。
オーダーや会計など、実際に発話しながら、コミュニケーションを楽しみました。

私はYu先生のオススメで始めてD-TRANOIさんを初訪問したのですが、本当にすばらしいお店です。
店主のお人柄がとても魅力的で、そして美味しくて、いつまでも居座りたくなる場所でした。
子どもたちの大切な時間にご協力いただき、ありがとうございました。

d0116009_16465973.jpg
今日学んだことをしっかり復習してきてね。(次回テストがあります。)
今日のドキドキが、子どもたちが持っている、英語を話したい、勉強したいという思いの蕾(つぼみ)をふくらますきっかけとなったことを願っています。



とらきつね on Facebook 随時更新中です。

唐人町寺子屋の新しいオフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。

by terakoyanet | 2017-07-30 16:51 | 雑感・授業風景など | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 28日

中学生の夏期講習のこと、そして英単語コンクール

今年の夏期講習、生徒一人ひとりが頑張りを見せています。

授業中の雰囲気と宿題のやり方が好転した中3、宿題の出来が俄然すばらしい中2、
丁寧に理解して覚えることと、あきらめないことを理解し始めた中1。

夏は子どもたちの変化が一番手に取るように見える日々。
秋になったころに、一段とたくましくなった子どもたちを見る日を楽しみに、日々を共に頑張っています。

今年は英単語コンクールが初めて全学年対象で開催されいます。(例年は中2・3年が対象)
問題はあえて全学年共通としています。夏の間に、このテストを頑張ることで、中学で覚えるべき全ての基礎英単語・熟語を覚えることができます。(800語程度) 優秀者は表彰いたします。


〇各学年の目標

1年 まずは単語を覚えるという行為自体に慣れること。(学年予想平均点55点程度)

2年 基礎的な英単語について、すべて書けるように、意味を答えられるようになること。(学年予想平均点85点)

3年 基礎的な英単語・熟語について、すべて書ける、意味を答えられるのはもちろん、自分自身でその単語を用いた表現ができるようになること。(学年予想平均点92点)


昨日、1回目のテストが行われましたが、中2、中3に満点が複数出たのはもちろんのこと、中1にも満点、またはそれに準ずる成績の子が出ています。まだ単語を覚え始めたばかりの1年生にとって、毎回50コの英単語・熟語を覚える苦労というのはかなりのものがあると思いますが、1年生たちには特に励ましを続けることで、夏の最後まで諦めない姿勢を貫くように、彼らに寄り添いながら指導していきたいと思います。


とらきつね on Facebook 随時更新中です。

唐人町寺子屋の新しいオフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。

by terakoyanet | 2017-07-28 11:45 | 雑感・授業風景など | Trackback | Comments(0)