寺子屋ブログ by 唐人町寺子屋

terakoyant.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:好きなお店( 77 )


2017年 11月 10日

RONDO

昨年の秋、浜の町公園のすぐそばにOPENした喫茶店RONDO。個性的でインスタ映えして共有できるストーリーがあって。そういうお店が増えるのは楽しいけど、それだけだと少し息(生き)苦しい。

物語を提供するよりは、ただ空気のようにただそこに在る、そんな喫茶店があればいいのにと思う人がいたら、この店はおすすめです。
あたりまえのように美味しいコーヒーと、けっして片手間で作ったわけではない美味しいカレーがあり、決して人の思考を妨げることがない柔らかなマスターがいて、程よい音量で肌に馴染むジャズの音が鳴っています。
これって最高ですよね。

d0116009_12140977.jpg
d0116009_12144396.jpg

とらきつね on Facebook 随時更新中です。

唐人町寺子屋の新しいオフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。

by terakoyanet | 2017-11-10 12:15 | 好きなお店 | Trackback | Comments(0)
2017年 08月 20日

宗像堂さんのこと その2

d0116009_11212861.jpg
昨日はたくさんの方のご来店ありがとうございます。たくさん入荷させていただいた宗像堂さんのパンと焼き菓子ですが、昨日時点で全て完売しております。

ANAの機内誌「翼の王国 」に掲載された宗像堂さんの記事。
宗像さんの微生物や発酵に対する考えが解ってとても興味深いです。

気骨稜々とすることは、決して拘りを手放さない頑固者になることではなく、むしろ細部に耳を澄ましていつでも拘りを手放せる柔らかさをもち続けることなのだ。宗像堂さんの仕事を味わうたびに感じることです。



とらきつね on Facebook 随時更新中です。

唐人町寺子屋の新しいオフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。

by terakoyanet | 2017-08-20 11:22 | 好きなお店 | Trackback | Comments(0)
2017年 08月 16日

沖縄で訪れたおすすめの場所2

今回の沖縄訪問で出かけた場所のなかで特におすすめのスポットを挙げる前記事の続きです。


〇タコス専門店 メキシコ 宜野湾市伊佐
私は普段、を好んで食べるほうではないのですが、こちらのタコスはもう、毎日食べてもきっと飽きない、そう思わせるほど美味でした。
d0116009_23265023.jpg

〇月苑飯店 沖縄市久保田
日本で最初にできた(正確に言えばできた当時はアメリカ占領下だから「日本で」と言ってよいのか)ショッピングセンター、プラザハウスに設立当時からある老舗広東料理店。古き良き中華料理店の雰囲気のなか、上質の料理を堪能できます。沖縄の人たちの大切な日にも利用されるお店です。
d0116009_23324201.jpg
プラザハウス内の写真館では「琉米文化写真展」が行われており、興味深い写真が一堂に並んでいました。
プラザハウスはまさに琉米文化の聖地とも呼べる場所です。
d0116009_23334762.jpg

〇Shoka: 沖縄市比屋根
海が見える住宅街の中にある気持ちの良い店。ARTS&SCIENCEなどの素敵な洋服やアクセサリーが並んでいます。沖縄でいま一番ときめくお店かもしれません。
d0116009_23414991.jpg

〇喜色 名護市饒平名(屋我地島)
場所がわかりにくいですが、とにかく料理が丁寧で美しく、心が満たされます。
d0116009_23391500.jpg

〇Restaurant L LOTA 今帰仁村古宇利(古宇利島)
最近、急激に観光客が増えた古宇利島にあるカフェレストラン。店内からのこの眺めは最高のご褒美。
それにしても、古宇利島にはハート岩よりいいものがたくさんありますよ。
d0116009_23503435.jpg

〇カベール岬 南城市知念久高
初上陸の久高島。カベール岬は沖縄の祖神、アマミキヨが降り立った聖地として知られる場所。
d0116009_00002817.jpg
南城市は過去にグスク巡りをしたことがあります。すごく楽しいのでおすすめです。
次回は今回予約が取れなかった「料理 胃袋」に行きます。


〇聖クララ教会(与那原カトリック教会) 与那原町与那原
占領時代に建てられた素晴らしい意匠の教会堂。
d0116009_00043023.jpg



私たちの住む福岡も、変化が目まぐるしい街と言われますが、沖縄は、それとは少し違った意味で変化が大きな場所です。
宜野湾のD&DEPARTMENTの向かい側では、普天間基地の部分返還による大工事が行われていました。
市街地に隣接するこれほど広大な土地が一挙に開発されるというのは、基地返還という特殊事情でしか起こりえず、そういった外的要因によって街の暮らしが一変することがあるという意味で、政治の波にいつまでも翻弄され続ける沖縄は内地とは随分異なる特殊な事情を持っている場所です。しかしこのことをむしろ可能性と見る人たちがたくさんいることも事実です。
d0116009_00151629.jpg
今回、沖縄の計り知れない魅力を改めて知りました。
沖縄時間というのが存在することも再確認しました。
今度は夏以外の過ごしやすいときに出かけようと思います。


とらきつね on Facebook 随時更新中です。

唐人町寺子屋の新しいオフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。

by terakoyanet | 2017-08-16 00:29 | 好きなお店 | Trackback | Comments(0)
2017年 08月 15日

沖縄で訪れたおすすめの場所1

仕事の合間に、沖縄に出かけてきました。
訪問した場所のなかで特によかった場所を、備忘録として記したいと思います。
沖縄に行かれる方は参考になさってください。 ⇒その2はこちら


〇琉球茶房あしびうなぁ 那覇市首里当蔵町
せつなくなるほど沖縄のいい風が吹く本格琉球料理店。
d0116009_09271992.jpg


〇むじ汁専門店 万富 那覇市安里
ムジとは琉球料理に欠かせない田芋の茎のこと。
d0116009_09284357.jpg


〇食堂faidama 那覇市松尾
穏やかな空気感のなかで美味しい創作料理をいただけます。
d0116009_09345670.jpg


〇玩具ロードワークス 那覇市牧志
とらきつねにもたくさんの作品が置かれている(非売品)琉球張り子の作家、豊永盛人さんのお店。
d0116009_09413290.jpg
ロードワークスがある桜坂界隈は、東南アジアのようなディープな雰囲気を楽しみながら店巡りができる楽しい場所です。MAHOU COFFEEやGARB DOMINGOのようなカッコイイ店も多数あります。桜坂劇場では「この世界の片隅に」の上映がまだ行われていました。


〇オハコルテベーカリー 那覇市泉崎
家の近くにこんな店があったら本当にいいなあと、街の中心にこれだけ上質なお店があることをうらやましく思ったベーカリーカフェ。
d0116009_09410356.jpg


〇金城ダム 那覇市首里金城
巨大遺構か!?と見紛う首里金城の気持ちいい雰囲気をもつダム。近くのチョコレートやさん、デザートラボショコラも美味しいです。このあたりも歩くと楽しいですね。
d0116009_09425443.jpg


〇ippe coppe 浦添市港川
港川外国人街にある美味しいパン屋さん。
d0116009_09523004.jpg


〇宇地泊製パン所スーリール 宜野湾市宇地泊
大人も子どももうれしいパン屋さん。
d0116009_09551053.jpg


〇宗像堂 宜野湾市嘉数
今回の沖縄滞在は、とらきつねの取引先であるこちらを訪問するためでした。
宗像堂さん訪問については後日記事を改めて書きます。素晴らしい時間を過ごしました。
宗像さん夫妻と子どもたちが運営する沖縄サドベリースクールにも行きました。
お隣のセレクトショップLIQUIDも素敵です。オーナーとお話ししながらお酒も呑めます。

d0116009_09565868.jpg
d0116009_09573211.jpg


〇嘉数高台公園 宜野湾市嘉数
沖縄戦の激戦地にある公園。普天間飛行場を見下ろすことができます。
d0116009_10020126.jpg



〇佐喜眞美術館 宜野湾市上原
丸木夫妻による「沖縄戦の図」には、予備知識を持って訪問したのに関わらず衝撃を受けました。
屋上からは普天間基地を見下ろします。
d0116009_10073343.jpg


〇D&DEPARTMENT OKINAWA  宜野湾市新城
品ぞろえが素晴らしかったです。沖縄のよいもの。日本各地のプロダクト、家具など。2Fにはカフェユニゾン。
d0116009_10085618.jpg
ちょっと終わらないのでその2に続きます。


とらきつね on Facebook 随時更新中です。

唐人町寺子屋の新しいオフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。



by terakoyanet | 2017-08-15 10:56 | 好きなお店 | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 25日

福岡で食べる夏の麺

昨日の昼はひさびさに恵味うどん(薬院3丁目)でとりおろしうどんをいただきました。
とりおろしうどんは恵味うどんの看板メニューともいえるうどん。
初代店主の恵味おばちゃんがまかないで作ったものが、いまや人気店の代名詞的メニューに。
d0116009_12175887.jpg
こちらは通年のメニューですが、暑い夏に、つるつるしこしこの冷たい麵を、生姜やごま、大根おろしなどが入った熱いスープに浸して食べるのは実に最高なんです。



夏の麺といえば、私にとって決して外せないのが、杵むら(薬院2丁目)の冷やし南蛮うどん。
d0116009_12335650.jpg
つるつるの麺がさっぱりした冷ややかなスープにイン。カボスのさわやかな甘酸っぱさ、茗荷のエキセントリックな苦み、大根おろしのつんと立った辛み。これらが絡んで醸し出される旨みはもうたまりません。杵むらの冷やし南蛮を食べないと夏は始まらないのです。



そして最後にとらきつねでもお取引のある、美味しいごまだれで福岡にその名をとどろかすゴマカフェマルニさん(清川3丁目)の夏の看板メニューといえば、冷やし担々麺。
d0116009_12372277.jpg
白濁のまろやかなスープと、トンがった辛みのバランスがあまりに絶妙で、唸ってしまいます。
私にとって間違いなく一番の担々麺です。


世知辛い世の中とはいえど、麺は決して私たちを裏切りません。
むしむしとしたこの季節、ぜひ麺を食べて清々しい幸せを感じてください。



とらきつね on Facebook 随時更新中です。

唐人町寺子屋の新しいオフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。

by terakoyanet | 2017-06-25 12:43 | 好きなお店 | Trackback | Comments(0)
2015年 11月 04日

西新のてっ平へ。

d0116009_5183369.jpg


昨日、数年ぶりに西新のてっ平に行って、山かけ鉄火丼を食べました。
てっ平と言えば、西新に縁のある人なら必ず出会うと言われている老舗の定食屋。
いつ行っても安定感抜群の料理をいただくことができます。

飲食店の電話番号を調べようとすると、ほとんど有無を言わせない感じで食べログのページが開かれます。
その食べログのページを見ていると、こういった安定感抜群の昔からあるお店の評価が不当なほど低いと感じることがあって、残念に思うことがあります。

食べログは、イマどきのお店、訪問するだけで背筋が伸びるような、雰囲気がよかったりサービスが気持ちよかったりするお店というのが評価をもらいやすいです。確かに食べログの高得点のお店は素晴らしいところがあるお店が多いと感じます。

しかし、一方で、昔からこつこつといい仕事をしているお店が、たった1度訪問した客に、こき降ろすような文章を書かれているのを見ると、そのあまりの敬意のなさに、呆れて言葉が出ないことがあります。たった1度行っただけのあなたが、40年いい仕事をし続けているこの店について何が語れると言うの?と思わざるを得ません。

サービスは気持ちの良いものに越したことはありません。でも、私は、一方で、そんなにサービスや接客という観点ばかりが強調される店選びを良しとしません。サービスする側とされる側がはじめから此岸と彼岸とに分かれている有り方は、店の味わい方としては決して面白くはないのです。忙しいとき、そうでもないときの、客への接し方がぜんぜん違う、そんなお店があってもいいじゃない、と思うし、たまたまあまりいいサービスを受けることができない日があっても、今日はそんな日だったんだなと、人と人の出会いなんてそんなものだよな、といった鷹揚さがあってもよいのではないかと思うのです。良いサービスを安定的に供給する、そんなことを目指す時点で、すでにサービスは硬直化しているということくらい、本当に良いサービスを提供したいならば考えるべきだし、何度も通っているうちに、いいね、いいねが次第に積み重なっていく楽しみこそ、飲食店の味わい方なのかなと思います。




とらきつね on Facebook 随時更新中です。


唐人町寺子屋の新しいオフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。

by terakoyanet | 2015-11-04 05:41 | 好きなお店 | Trackback | Comments(0)
2015年 10月 13日

Son Of a Sandwichさん、毎週火曜日とらきつねの前で出店!

話題の人気店、六本松のSon Of a Sandwichさんが、毎週火曜日の17時ごろから、とらきつね前でリアカー出店することになりました! 本日の17時ごろ、さっそくお店の前にやってきます!!
(雨天時はお休み)

d0116009_122864.jpg


お腹をすかせているお子さんに、ワンコイン握らせて、ぜひお店の前まで走らせてください。
天然酵母パンに、アボガドやベーコン、レタス、ピーマン、トマト、玉ねぎ、卵焼き、チーズなどが入ったボリュームたっぷりなのヘルシーなサンドイッチ!一度食べるとはまってしまいますよ!

スウェーデン人のリキャさんとアメリカ人のマックさん。どちらかがお店にいらっしゃいます。
子どもたちにとっては、English Conversationsのチャンスかも!
前回はリキャさんが来ましたが、雨の日だったのに、わずか30分で完売しました。

ということで、また楽しみがひとつ増えました。
ぜひ皆さん、ご利用ください!




とらきつね on Facebook 随時更新中です。


唐人町寺子屋の新しいオフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。

by terakoyanet | 2015-10-13 12:11 | 好きなお店 | Trackback | Comments(0)
2015年 07月 16日

雲仙の夏 sanpo

昨日、今年のサマー合宿2日目に訪れる雲仙に下見のために行きました。

d0116009_1132912.jpg
d0116009_1143334.jpg
d0116009_1144513.jpg
d0116009_11597.jpg


雲仙は自然の美しいところですが、同時に、日本最古の山岳リゾートの気概が感じられるクラシックホテルが素晴らしい場所でもあります。
今回の合宿では、九州ホテルでランチをいただきます。
d0116009_1161811.jpg

少し離れてみると、このホテルが建てられた当時の設計者たちの心遣いが感じられ、感動さえ覚えます。
d0116009_1195988.jpg
とても素敵なレストラン。ここに入ったとき、子どもたちはどんな表情をするだろう、と考えるとちょっとにやけてしまいます。今回のランチは、過去のサマー合宿のなかでも一番美味しいかも!

雲仙普賢岳の被災地訪問も行います。
d0116009_11145572.jpg
d0116009_11152323.jpg


夏色の雲仙は本当に素晴らしい展望の連続です。
当日、晴れることを願っています。



とらきつね on Facebook 随時更新中です。


唐人町寺子屋の新しいオフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。

by terakoyanet | 2015-07-16 11:17 | 好きなお店 | Trackback | Comments(0)
2015年 01月 14日

台北の歴史薫る最先端アート発信基地、四四南村と華山1914

台北のシンボルタワー台北101のすぐ近くにある四四南村(信義公民會館)はかつて内戦を避けるために中国本土から移住した軍人とその家族が住む眷村(けんそん)だった場所です。現在はそこにあった建物が、当時の趣きをそのまま残しながらも、文化施設やカフェ・雑貨店としてさかんに利用されています。
d0116009_19154383.jpg


着いたとたん、何て素敵な場所なんだと思いました。


古びた建物の後ろに天を射すように屹立する台北101。そのギャップに熱く激しく萌えてしまいます。
d0116009_1925379.jpg



d0116009_192858.jpg
d0116009_19305038.jpg

d0116009_1928206.jpg



こちらの場所のメインとなるお店と言えば、「好, 丘」です。
d0116009_1931858.jpg

大人気のベーグルをはじめとする食品がたくさん扱われています。カフェも併設されています。
d0116009_19312462.jpg
d0116009_19312951.jpg
d0116009_19322729.jpg

その他、台北すごいなと驚嘆せざるをえない、見ているだけで胸が熱くなる雑貨の数々。
d0116009_19323489.jpg
d0116009_19323873.jpg
d0116009_1932425.jpg


色が・・・好きです。
d0116009_19324728.jpg
d0116009_19325781.jpg
d0116009_19331113.jpg




そして次に向かったのが華山1914。こちらの「華山1914文創園区」は、日本統治時代の酒工場跡地を再利用した広大なアート天国といった趣き。
d0116009_19413861.jpg

d0116009_19444885.jpg

屋外でバザーが行われていて、たくさんの人で賑わっていました。
d0116009_1945157.jpg
d0116009_19465314.jpg
d0116009_19473152.jpg

すごいと思ったのはひとつの場所に面白いアーティストやショップがたくさん集まっていること。ちょっと通好みの展示や商品が多いのにかかわらず、たくさんの人がそこに集まることで熱い空間ができており、全体として商業的に成功しているように見えることです。大いなる刺激を受けました。
d0116009_1948348.jpg
d0116009_19483453.jpg
d0116009_1949648.jpg


日本発雑貨の活躍もしっかり見届けました。
d0116009_19493016.jpg
d0116009_19502096.jpg



台湾の雑貨とかお菓子。とにかくかわいいんです。(特に台北!)
だって、宿泊したホテルにあったお菓子(牛軋糖[=ヌガー])のパッケージがこれです。
d0116009_19561739.jpg

かわいさがハイレベルすぎて悶えました。


今回は台北の迸るセンスとエネルギーを感じる旅になりました。


唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。

by terakoyanet | 2015-01-14 20:04 | 好きなお店 | Trackback | Comments(0)
2015年 01月 11日

進化する大楠、かもめ食堂。

私は実姉と冊封関係にあり、定期的に貢物(朝貢)をしないとひどい目にあいます。
ですから、新年の挨拶に、台湾で購入した超高級烏龍茶を携えて、姉の働く南区大楠のかもめ食堂に赴きました。

d0116009_763148.jpg


このごろは、いつ行ってもお客さんが多いかもめ食堂。
この日も私が行った14時台には、カレー完売になっていました。

d0116009_782946.jpg

かもめ食堂の空間が好きです。
特に青いタイルが好き。

d0116009_791771.jpg

渾身の意気込みが綴られたカレーがあったので食べてみることに。

d0116009_79582.jpg

流行りのiPhone6で撮ったんですけどへたくそでごめんなさい。
この写真の5万倍くらい超美味しそうだったんですけど。



というわけで、カレーを頬張りました。


このカレー、かもめ食堂史上最高傑作!
いや
福岡市内のカレーでも史上最高か!?
いや
人生で食べたカレーのなかでも史上最高・・・!!?

と思うほど、旨かったです。(本気と書いてマジです。)

基本めっちゃスパイシーです。
今日のわてはこれでいくったい!という迷いのない強さを感じるカレー。
しかし、なんだかうまく整っている。個性的なのに自我が強すぎない。
だから、良い素材感を感じながら味わうことができる、そんな素敵なカレーです。
ご飯の炊き加減が抜群であること、野菜が肉厚で抜群に美味しいこともポイントです。
2015年、初ハマリは、かもめ食堂の黒カレー決定しました。

ちなみに、妻が食べた「本日のカレー」もばり旨だったそうです。
d0116009_732511.jpg





食後に赤塚画伯作のイヤミ師匠を見ていたら
d0116009_7213132.jpg



中年女性2人がにわかに近寄ってきて

d0116009_722421.jpg


バカ写真いただきました。

かもめ食堂の主ノリコさん(間違っていまノコリさんと打ってしまった)、
そして姉
2015年の初バカ ありがとうございます。



2015年のかもめ食堂にもたくさんの「美味しい!」と笑いとくつろぎがありますように。




最後に私事で恐縮ですが、
先日ブログにアップしたハワイ・ダイヤモンドヘッドの記事が
新年早々、ウーマンエキサイト「旅とお散歩」アクセスランキングで
総合1位になりました。おめでたいことです。
d0116009_7245653.jpg

見て下さった方、ありがとうございます。


唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。

by terakoyanet | 2015-01-11 07:28 | 好きなお店 | Trackback | Comments(0)