寺子屋ブログ by 唐人町寺子屋

terakoyant.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2007年 09月 ( 23 )   > この月の画像一覧


2007年 09月 29日

9月成績資料配布・提出物のお知らせと太宰治

昨日(金曜日)、2・3年生に9月分の成績資料を配布いたしましたので、ご確認のほどお願いいたします。1年生は日曜日に配布いたします。今回は非常に順位変動が激しい子が多く、夏のがんばりの結果がはっきりと見て取れると思います。必ずご確認いただきますようお願い申し上げます。

三者面談申し込みが本日締め切りになっておりますので、未提出の方は、参加の有無にかかわらず、ご提出ご連絡いただきますようお願い申し上げます。
提出がない場合、当方でスケジュールを組ませていただくことをご了承ください。

部活動等のため2年生の授業開始時の集まりが大変悪く、とても苦慮しています。この時期は仕方がないと言ってあげたいところですが、昨年まではこれほどの状況にはなりませんでしたので、今年はどうしたことかと思い悩んでいます。
下校時間が早まり、これからは、2年生も授業に間に合う時間に帰宅できるものと思います。こちらも全力で準備していますので、生徒たちにも最大限の努力をして時間に集合してもらいたいと思っています。どうぞ宜しくお願いします。

d0116009_1321941.jpg
斜陽館 太宰治生家 青森県五所川原市金木町
Aug. 2001

d0116009_1324495.jpg
斜陽館館内
とにかく豪勢な建物です。


太宰治はおもしろい。太宰と言えば「人間失格」のイメージかもしれませんが、わたしのオススメは「富嶽百景」とか「新ハムレット」とか「津軽」とか・・・たくさんありますが、明るくユーモアがあり温かみのある作品です。
「人間失格」は恐ろしいイメージがあるかもしれませんが、あれだって面白味にあふれています。

by terakoyanet | 2007-09-29 01:46 | お知らせ | Trackback | Comments(0)
2007年 09月 26日

フランス菓子16区のケーキ

今夜は遅くまで成績資料作りに励んでいます。
眠いですが、気分転換にと、記事をひとつ書こうと思います。

おととい、おそらく福岡で一番の人気を誇る、浄水のフランス菓子16区のケーキを、2・3ヶ月ぶりに食べました。この前杵むら閉店の記事を書いてから、そのあとさらに2回も杵むらに通いつめましたが、杵むらの帰りにふらっと立ち寄りました。16区はうちから徒歩圏内にあり、気軽に立ち寄れます。
16区は、この記事をご覧の福岡の方々も、ご存知の方が多いと思います。私はいろんな方々からびっくりするほどおいしいものをいただく機会があり、そのたびに恐縮していますが、こちらのお菓子を頂戴して歓喜したこともこれまでに数度ありました。皆さんおなじみのお店ですね。

スイーツといえば、わたしは自他共に認める?ジャック党です。赤坂のジャックを溺愛しています。

16区はどうかというと、はっきり言ってやっぱり大好きです。あの店内の香ばしく甘く上品な香り(多分パイの香り)は本当にたまりません。ジャックは家庭的でかつ高い技術と上品さを兼ね備えたケーキを食べられるお店、それに対し16区はもっと威風堂々とした品格を持つ、スイーツの王道の先端を走るお店という印象を持っています。

16区といえばダックワーズです。これは革命的なお菓子です。私はアーモンドのお菓子とか普段は興味さえあまりないのですが、これは別物です。一口食べるとさくっという感触とともに香ばしいアーモンドの香りが口いっぱいに広がり、幸せな気持ちになります。なんというか本当にすべてが絶妙なバランスで作られたお菓子なのです。

おとといは2つのケーキを食べました。d0116009_3485997.jpg
まずはちょっとぼけてますが、巨峰のショートケーキ。ここはとにかくいい果物を使うので、ぶどうがはじけておいしい! 16区の生クリームはあっさり系ではなく、けっこうもたっとしているのですが、ぶどうのさわやかさとの相性がばっちりで、さすがという感じでした。

d0116009_3535159.jpg
こちらはポンム・ダムール(だったかな?違ったらすみません) かちかちのカラメルの下に、やわらかくやさしい味のスポンジが。そして底はカリカリ香ばしいタルト。


またこれからもお世話になるお店です。ジャックやパティスリージョルジュマルソーとともに、いつまでもおいしいケーキを作ってください。どうぞお願いします。

フランス菓子16区 福岡市中央区薬院4丁目20-10




by terakoyanet | 2007-09-26 04:11 | 好きなお店 | Trackback | Comments(9)
2007年 09月 25日

配布物のお知らせ&卒業生

[お知らせ]
本日、3年生に三者面談等のお知らせを配布いたします。1・2年生には明日配布いたします。ご確認のほどお願い申し上げます。書類の提出期限は25日(日)となっておりますので宜しくお願いします。


[卒業生のこと]
卒業生と会う機会が、毎年毎年増えていっています。今週も3人と会う約束があります。それぞれマンツーマンで会うので時間的にはかなりの無理があるのですが、それぞれが、切実な問題を抱えていたり、大学に受かるための大切な準備の手伝いであったり、進路や将来の相談であったりするので、こちらも真剣に向かい合わなければなりません。時間をつくるのはかなり大変ですが、卒業生と会うのは無類の楽しみでもあります。
Wikipediaの「寺子屋」の項目に、「寺子屋の師匠は往々にして一生の師であることも多かった」とありました。寺子屋の師匠たちは、成人していた筆子(生徒)たちとどのように関わっていたのだろうかと考えます。もちろん人それぞれであったと思うのですが、思いを込めて卒業させた子どもたちの数は年々増えていきます。彼らと一生つきあっていけるのであればつきあえたら楽しいだろうなと思います。でも体はひとつしかありません。

もちろん生徒の半数以上は、卒業後、一生会わずに(または街角で数回顔を会わす程度で)お互い思い出を胸に秘めたまま生きていくことになります。私は基本的にはそれでいいと思っています。でも、そのなかでも、私が幸いにしてその子にとって必要な存在であったり、私もそれに応えられる可能性があったりする場合に、身がひとつしかないわたしには葛藤が生じます。

私はまだ若輩者ですが、たくさんの生徒を持っている皆さんはどのようにされているのだろうかと考えているところです。


d0116009_12495695.jpg
タガ遺跡
北マリアナ テニアン島
ストーンヘンジを連想される古代遺跡
紀元前1500年頃のものと推定されている
このタガストーンは、住居の柱や墓石などいろいろな説があります


by terakoyanet | 2007-09-25 12:54 | お知らせ | Trackback | Comments(0)
2007年 09月 24日

夏目漱石との出会い

私にとって、夏目漱石は特別な作家です。彼の著作との出会いは、私の人生を変えました。私の人生のターニングポイントに、彼の著作があります。

人生にはタイミングがあります。彼の著作を読み始めたのは高校の頃。
でも、彼の描く話が私の脳天を直撃したのは大学院時代の23歳頃でした。

私はそのころとても精神的にも身体的にも不安定な時期でした。対人関係や自分の人間性について大いに考え悩んでいた時期でした。その時期だからこそ、彼の話(その話というのは『虞美人草』なのですが)が私のなかにすーっと入ってきたのだと思います。こんなことがあるのかと思いました。目からうろこなのです。私には登場人物たちの痛みと悲しみがわかりました。必ずしも、その登場人物が抱く悲しみと私自身の問題が符合していたわけではないのです。そうではなく、私は、その登場人物(『虞美人草』の場合、甲野さんになるのですが)に自分から寄り添っていくことができました。私とは全く違う次元で立ち止まり、思い悩んでいる甲野という1人の人間を前にして、私は、そうか!お前はそんなところで足踏みをしていたのかと、戦慄を覚えたのです。私がいかに自分の思考と自我(エゴ)のみにとらわれていたかというのを思い知った瞬間であり、私には知りえないことがあるということに、恐怖に近い衝撃を覚えた瞬間でもありました。

そのあとも私は夏目漱石を読み漁りました。そして彼の哲学が一貫していることを知り、その哲学が私の心の支えとなりました。
私は、この作家のこの作品はいいけど、この作品はだめだ、とかいう類いの批評を信じません。
こういう批評が生まれるとき、そこには、批評家か作家のどちらかに落ち度があるのです。すばらしい作家というのは、作品に流れるテーマ・主題が一貫しているものです。もちろんいろいろなアレンジや展開の違い、物事に対する認識の深まりというのは作品によって違います。しかし、作家というのは、テーマが一貫していてなんぼなのです。私は漱石の著作を読んで、それを強く感じました。だから、作家内の作品の良し悪しというのは、私からすると本質的な議論になりえません。どうせそんなこと言う批評家は、作品をちゃんと読めてないんだろうと思うのです。

私は漱石を通して、物事の見方というものを知りました。いままで見えなかった世の中の歪みと闇が朧気ながら見えてくる気がしました。語弊を恐れずに言うと、物事を一つ極めれば、多くのものが見えるというのは正しいです。映画『ダンサー・イン・ザ・ダーク』で、ビョーク演じるセルマは「I've seen it all」と歌いましたが、これはそういうことです。彼女は劇中、視力がどんどん低下していきます。でも、彼女は見なくても見えるのです。世の闇(精神分析ラカンの用語を援用すると彼女には「象徴的」なものではなく「現実的」なものが見えているということになります)が彼女にははっきりと見えているのです。

人は一般に、自分のものの見方というものを確立した場合に、傲慢になってしまいます。これは経験を積んで高齢になるほど顕著です。自分の人生経験に自信があるほど、相手を自分の経験に照らし合わせ、自分の経験による見識のみによって判断と評価をします。そしてその自分の判断や評価に疑問符をつけられるようなことがあれば、生命を賭す勢いで反駁します。

しかし漱石が教えてくれたのは、まさにそういう自我に凝り固まった見方に対する疑念であり、さらに言えば経験を積んだ私という自我そのものに対する疑念です。漱石は一貫した見方で己を見つめます。その結果、自分自身は傷ついたり不安定になったり死を志向したりします。そこには傲慢さはありません。自分自身を見るその眼差しは一貫して真剣そのもので、傲慢なものが入り込む余地がないのです。だから周囲に自分の見識を押し付けるような所為をはたらくことにはなりません。彼には周りの人や物事が詳らかに見えています。でも、その眼差しがいかに本質を突いた鋭いものであっても、自分自身に対して根本的な疑念をいつもかかえている人間が、他人に見識を押し付けることはできないのです。

私が彼に学んだのはその点です。わたしは先ほど、物事の見方を知った、と言いましたが、だからこそ、私は傲慢にならず、謙虚に、慎重に、人とものとを見ていこうと思います。最近、政治界はごたごたしていて、私なりにいろいろ考えるところがあるのですが、私が政治について書かないのは、慎重に物事について考えていきたいからです。安倍さん、確かにみなさんが言うように無責任かもしれない。でも、やっぱり安倍さんのことだって、政治のことだって、よくわかんないよなと思うのです。もし、私が安倍さんにとても近い立場の人間だったら、きっと世論とは違った見方で安倍さんのことを見ると思います。私は、立場によって変わってしまう可能性があるようなことについて発言するときには、仮に自分の意見があっても、慎重であるべきだと思うのです。

[中高生のために文中の言葉のふりがな]
虞美人草(ぐびじんそう)    戦慄(せんりつ)    読み漁る(よみあさる)
類い(たぐい)    歪み(ひずみ)    朧気(おぼろげ)    語弊(ごへい)
傲慢(ごうまん)    顕著(けんちょ)    賭す(とす)    反駁(はんばく)
凝り固まる(こりかたまる)    眼差し(まなざし)    詳らか(つまびらか)

d0116009_1116859.jpg
太宰府 光明禅寺
November 2005
光明禅寺の紅葉は本当に美しいです。今年も行けたらいいのですが。


by terakoyanet | 2007-09-24 10:49 | おすすめの書籍・CD | Trackback | Comments(2)
2007年 09月 24日

中学生夏休み写真コンクール インターネット投票結果発表!

昨日をもちまして、中学生夏休みコンクールの投票を締め切らせていただきました。
インターネット上の総投票数は358票でした。投票いただいた方々、ありがとうございました。


10月1日に、コンクール受賞者が発表されますが、本日は、インターネットによる投票結果を発表いたします。(最終結果は、本日発表のインターネットの投票に、塾内投票、唐人町商店街店舗の投票、審査員投票を加えたものを発表いたします。)


□グランプリ部門 インターネット投票1位  「ゆうきくんスマイル」 2年 I.T君  71票
d0116009_0273048.jpg

2位に30票の差をつけ、断トツの1位になりました。まぶしい笑顔に票が集まりました。


□自然・風景部門 インターネット投票1位  「木々の競演」 1年 N.Aさん  20票
d0116009_0293867.jpg

2位の「木の枝の実」と1票差で1位になりました。この絵を撮ろうと思う発想からして本当にすばらしいと思います。


□笑顔部門 インターネット投票1位  「ピ~ス!」 1年 H.Y君  17票
d0116009_0322995.jpg

指が切れてて実は不完全な作品?なのですが、友達同士でしか撮れないこの絶妙な愛くるしい表情に票が集まりました。2位の「お地蔵さんとポーズ!」と1票差でした。この部門は、ほかの投票(塾内・商店街・審査員)でも票が割れており、まだどの作品が1位になるか、集計してみないと予想がつかない状況です。


□動物部門 インターネット投票1位  「かわいい子やぎ」 2年 K.Aさん  26票
d0116009_0381813.jpg

女の子にしか撮れないかわいいやぎの表情をとらえた作品がインターネット投票では1位になりました。この部門も他の作品ととっても僅差なので、集計結果を待ちたいと思います。

by terakoyanet | 2007-09-24 00:40 | 行事・イベント
2007年 09月 22日

教室開放などのお知らせ

本日も、午前11時~午後10時まで教室開放を行っていますので、奮って参加してください!

昨日お問い合わせを受けましたが、9月分の成績資料は来週中の配布となりますので、いましばらくお待ちください。お渡しが遅くなりまして大変申し訳ありません。

ブログ開始から早5ヶ月。昨日までのカウントが3万4552アクセス(PV)で、来てくださった塾内外の方々に感謝しております。今後ともよろしくお願いします。

d0116009_842535.jpg
サイパン島の夕景
September 2007


by terakoyanet | 2007-09-22 07:56 | お知らせ | Trackback | Comments(0)
2007年 09月 21日

風邪がはやっています。

夏の間、ほとんど病欠者がいなかったのですが、今週に入って、急に病欠者が増加しました。
3年生が3人、2年生が2人、1年生が1人、今週風邪で病欠しました。多くがのどや扁桃腺のかぜです。昨日の夕方に小論文の指導のために待ち合わせしていたけれど来れなくなった高3の卒業生は、扁桃腺が腫れに腫れて、のどを切って膿を出したということ。(お大事に! 早くよくなってください。)
私自身も今週に入ってのどが痛く、スプレー式ののど薬が欠かせません。
こういう仕事をしていますと、風邪がはやったときの体調管理は万全にしなければなりません。
私の場合、風邪はほとんどのどから来ます。いつも授業でしゃべり倒しているので、のどが一番痛みやすいんです。

皆さんも体調管理に努めてください。気温はいままでのように高いのに湿度が下がっていてのどを痛めやすくなっていたり、暑いと思って寝ていたら真夏よりは夜の気温が低いためお腹を冷やしたり、学校のプールのあとに疲労で抵抗力が一時弱くなっていたり、突然の雨で体を冷やしたり、合唱コンの練習でのどを痛めたり・・・と、いろんなことが考えられます。しっかりうがいと手洗いをしましょう。元気に塾に来てください。

それにしても昼間は暑いですね。おとといは猛暑日でしたし、今日もまだ35度近くまでいきそうです。暑さは彼岸まで・・・のはずなのですが。ブログの過去記事を見ていたら、卒業生たちと百道浜に遊びに行ったのが6月4日。このときにはみんなで海パンでかけずりまわっていたのですから、夏がはじまってもう3ヶ月半以上。いまも蝉が鳴いています。本当に夏は長いなあ、長くなったなあと思います。
10月になったら急に寒くなるのでしょうか。寒くなると、いよいよ受験生たちの顔が引き締まっていきます。早く寒くなって、みんなの引き締まった凛凛しい顔がみたいと思います。

d0116009_10153554.jpg
中学生夏休み写真コンクール 動物部門 佳作
1年 S.Nさん

※佳作作品は投票対象とはなりません。今回で、佳作作品のご紹介は終了となります。

西日本新聞でも紹介されました、中学生夏休み写真コンクールの投票受付が、いよいよ23日(明後日)までとなりました。


by terakoyanet | 2007-09-21 10:20 | お知らせ | Trackback | Comments(0)
2007年 09月 20日

今年度3年生の授業進捗状況

今年度の3年生(5科目通常クラス)の授業進捗状況をお知らせいたします。
中間テストまであと1ヶ月となりましたので、あと1週間ちょっとで、本格的にテスト対策に入ることになります。

◇国語
・夏休みから、福岡県公立高校の過去問題に取り組みはじめています。現代文は2年分、古典は5年分の過去問を解き、解説を終了しています。
・受験漢字テキストを与え、2004~2007年の全国47都道府県の公立高校受験問題に出題された、すべての漢字を覚えていってもらっています。
・学校の進路内容(光村図書3年国語)については、テスト前にみっちり対策を行っています。現在、「君待つと」の前半部は指導済みです。10月は、学校の進路状況にもよりますが、教科書内容の古典・漢文の指導を重点的にすることになるのではないかと思います。
・現在、個別指導においては、半数の子について、国語を重点的に指導しています。すべての設問について、本文中から正答の根拠をしっかりと示し出す練習をしています。

◇数学
・3年内容「関数」まで終了しました。
・現在、Sクラスは「相似な図形」と「三平方の定理」に入りました。Aクラスは金曜日にこれらの単元に入ります。
・これから中間対策に入りますので、3年内容すべて(三平方の定理)までの指導が終わるのは、11月初めになります。(そのあと数ヶ月はひたすら受験対策!!解きまくります!!)
・公立入試で60点中25点を占める、大問1(計算問題)の過去問題8年分の指導が終わっています。10月末からは、文章題やグラフ・図形の受験対策に入ります。問題もたくさん解いてもらいます。
・個別指導受講者は、現在、文字式の利用、連立方程式の利用、二次方程式の利用、一次関数の利用などの文章問題に取り組んでいます。

◇社会
・本日の授業で、経済、金融の単元(東京書籍公民3年の第4章わたしたちの暮らしと経済のP.123まで)が終了する予定です。残すは第4章の3と第5章のみとなります。
・これから中間対策に入りますので、3年内容の単元指導がすべて終わるのは、10月末(~11月初)になります。
・歴史、地理とも、すでに相当な量の受験対策を行っています。また、合計120ページ以上にわたる、地歴の受験対策テキストを、テキスト授業と教室開放のときに順次進めていってもらっています。8月末(夏合宿)からは、特に地理の復習に力を入れています。

◇理科
・現在、「天体」の単元の指導が半分終わりました。本日の授業でさらに進みます。
・理科1分野に関しましては、すでに3年間全単元の指導を終了しています。
・残す単元は2分野「自然と人間」(食物連鎖等)のみとなっています。これから中間対策に入りますので、3年内容の単元指導がすべて終わるのは、10月末(~11月初)になります。
・「天気」を除く1・2年全単元の見直しが終了しました。11月以降は、過去問等を解きながら、再び3学年内容を見直していくことになります。
・本校では「理科記述式」というスペシャルなテキストを用意し、受験生たちを大バックアップしています。過去の47都道府県の公立高校入試から抜粋した論述問題を250問以上解くことで、各単元の内容(重要事項や用語の意味、実験の過程と結果等)を深く理解し、同時に、文章力を鍛えることを目的としています。

◇英語
・今週、3年間の最後の文法内容になる「関係代名詞」に入りました。とてもやっかいな単元ですが、しっかり理解してもらえるよう努めます。生徒にもがんばってもらいます。
・現在、教科書Program7の指導をしています。これから中間対策に入りますので、3年教科書内容の指導がすべて終わるのは11月になります。
・本校では「中学受験単語総復習」というオリジナルのテキスト(単語帳)を用意し、受験生たちを大バックアップしています。過去の受験生たちに最も評判のいいテキストのひとつです。すでに全体の5分の2の生徒が、1400以上の全単語・熟語のテストを受け終わり、合格を果たしています。これからは覚えた単語・熟語知識の定着と、文法的なミスをせずに実際に覚えた単語・熟語を用いて英文を作る&読むという作業になります。
・英語は単語と長文だけをとにかくやれ!と指導しています。すでに全体の3分の2の生徒が、福岡県公立の過去問の長文の全訳にチャレンジしています。すでに過去10年分すべての過去問長文の全訳が完了した生徒もいます。
・リスニング対策を10月末から行います。受験までに、リスニングに必要な、聞く力、聞いた英文を理解する力、集中力をしっかりと身につけてもらいたいと思います。



1年生、2年生、3年生! 中間テストに向けた取り組みをみんないまからはじめてください!

d0116009_9191829.jpg
壮大な火山原の中で遊ぶ子どもたち
2007 夏合宿  えびの高原
photo by yoshida


by terakoyanet | 2007-09-20 09:21 | お知らせ | Trackback | Comments(0)
2007年 09月 18日

杵むらの閉店と、その他の雑記

・杵むらの閉店

以前、福岡のおいしいうどん屋さん③という記事でご紹介した、警固のうどんの名店「杵むら(きむら)」が9月27日をもって閉店になると知ったのは、いまから数週間前です。店内の「閉店のお知らせ」の掲示を見たときには目を疑いました。「なぜだ!?」「惜しい!!」と思わざるをえませんでした。

もう行けるチャンスはないかもしれない!と、昨日のお昼に杵むらにうどんを食べに行きました。閉店を惜しむかのごとく、たくさんの常連客らしき方々で賑わっていました。満席でした。
相変わらずのつるつるとのどごしのいい麺と、上品なスープ。そしてお店のあたたかな雰囲気。
「なぜ閉店するのですか?」「どこかほかのところでやるなら教えてください!」とかいろいろ言ってみたい気持ちにかられたのですが、野暮なことはやめようと、「おいしかったです」と言って、そのまま帰りました。お店の方にはいつも以上に、はっきりと「ありがとうございました」と心を込めて言われた気がしました。

みなさんもここのうどんを味わうならいましかありません。ぜひ行かれてみてください。
私もしつこくもう一度行くかもしれません。



・おとといの授業

おとといの授業では、3年生、1年生とも授業に臨む姿勢がとてもよく、(どちらの学年も、きちんと授業を聞いていた子の割合が全員とはいわずとも9割は超えていたと思います) 土日は、私は毎週2日合計で20時間の授業を持っていて、とっても疲弊するのですが、子どもたちの元気とがんばりに助けられた気がして、本当にありがたいと思いました。



・3年生の女の子のはなし

 3年生の女の子の一部(5名)は、休憩時間や授業後に、とても楽しく仲良く話しているのですが、その中身が最近とても気になりだしました。彼女たちがおとといの休憩時間に話していた話題の中心は「鼻毛」でした。その前には「う○こ」の話をしていました。その前、というよりは、いつも彼女たちはう○この話ばかりしています。
 私も中高時代はたもつくん(実名)やその他の友人たちとたいがいう○この話はして楽しんできましたが(こんなところで同調してもしょうがないのですが事実です)、彼女たちには負けるなと思います。ある女の子がルーズリーフを1枚落としていたので、誰のか確認しようと思って、その紙に目を落としてみると、
「最近の悩み  う○こが上手く描けないこと  本気で!!」と熱く書かれていました。これには仰天しました。

 この記事を読んで彼女たちのう○こ熱が冷めるのか、それともさらに加熱するのかはわかりませんが、とにかく、いろいろなことをエネルギーにして、それを学習意欲につなげてほしいと切に祈っています。(ちなみにフォローを入れとくと、3年生の女の子たちは、繊細できちんとした真面目な子が多いです。これは本当です。)

追記
3年生の男女の成績の平均値にはほとんど格差はありません。しかしながら、女の子の教室開放利用時間は、この前の土曜日、男子が平均6時間半だったのに対し、女子は2時間と、大きく水を開けられました。ファイト!がんばれ!3年女子!


西日本新聞でも紹介されました、中学生夏休み写真コンクールの投票受付が今度の日曜日(9月23日)に終了となります。まだ投票がお済みでない方は、ぜひご参加ください。(一部の部門につきましては、すでにネット投票の受付を終了いたしております。)

by terakoyanet | 2007-09-18 13:36 | 雑感・授業風景など | Trackback | Comments(2)
2007年 09月 17日

カフェテコ

きっと福岡で一番有名なカフェの1つ、警固のcafe Teco(カフェテコ)のご紹介。

ここは、上人橋通り(国体道路の福岡中央病院まえから南に曲がってください)から少し細い路地に入ったところにあります。
場所は若干わかりにくく、しかもお店は2Fなので、行く前にちゃんと場所を確認して行きましょう。

ここはランチの時間が11時~17時と長いのでとても助かります。お昼時はとても人が多く、待ち時間が発生することもしばしばのようです。(私はさほど混まない時間[15時くらい]にしか行ったことがありません。それでも少し待ったことがあります。)

ここの定食は楽しいです。(※こちらのHP参照) 小鉢がたくさん並んでいて、きれいに盛り付けてあり、なんだか家庭的な温かさを感じさせてくれます。野菜を使ったメニューが多く取り入れられており、女性にとても人気があるのも頷けます。値段も1000円でおつりがくるのでありがたいです。

ここのお店の最大の魅力は、その雰囲気にあります。人気店なので、なんだかゴミゴミせかせかしているんじゃないかと思いきや、いったん店に入ると、とにかくくつろげます。大名などにある、見た目だけオシャレで実際には居心地がイマイチのカフェとは、一線を画しています。自分が福岡市中央区にいることを一瞬忘れさせてくれます。店内はやわらかい雰囲気で、いろいろな客層を受け入れてくれる包容力とでもいいたくなるようなあたたかさを持っているお店です。ですから、女性同士、カップルはもちろん、男性や、ご家族、親子連れでも楽しめます。高校生同士からおじいちゃん、おばあちゃん同士まで、幅広くおすすめします。

まだ昼にしか行ったことがないので、いつか(いつになるか見当がつきませんが)夜にも行けたらなあと思います。

※今回は写真がありませんのでこちらなどを参考にどうぞ。
cafe Teco 福岡市中央区警固1-4-22-2F




d0116009_10182138.jpg
サイパン空港トワイライト
September 2007 photo by toba


by terakoyanet | 2007-09-17 09:18 | 好きなお店 | Trackback | Comments(2)