寺子屋ブログ by 唐人町寺子屋

terakoyant.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2008年 06月 ( 35 )   > この月の画像一覧


2008年 06月 30日

寺子屋1年生保護者様 配布物のお知らせ

本日、1年生の授業の際に、6月分の成績記録表と6月分ご請求を配布いたしますので、ご確認のほどお願いいたします。

また、今月より、成績記録表が保護者様の手元に確実に届くように、「成績記録表確認シート」を月謝袋に同封していただくことになっております。ご協力のほど宜しくお願いいたします。

d0116009_1630276.jpg
d0116009_16353673.jpg
あじさい  June 2008
筥崎宮 あじさい苑


by terakoyanet | 2008-06-30 16:01 | お知らせ | Trackback | Comments(0)
2008年 06月 29日

☆1学期期末テスト結果発表☆ -2・3年生-

当仁中の1学期期末テスト平均点を発表します! みんな本当に頑張りましたね!!
まだ学校の平均点が出ていませんので、そちらは各家庭でご確認下さい。

◇3年生全体
5科総合 367.4点 
国語 74.8点  数学 81.6点  社会 70.6点  理科 75.0点  英語 65.4点

◇3年Aクラス
5科総合 298.0点
国語 63.2点  数学 67.6点  社会 55.0点  理科 66.1点  英語 46.1点

◇3年Sクラス
5科総合 415.2点
国語 82.8点  数学 91.3点  社会 81.4点  理科 81.1点  英語 78.7点

◇3年特進
5科総合 443.2点
国語 88.2点  数学 93.5点  社会 86.3点  理科 86.8点  英語 88.5点


◇2年生全体
5科総合 362.0点
国語 64.6点  数学 74.5点  社会 72.5点  理科 77.1点  英語 73.1点

◇2年特進
5科総合 429.5点
国語 75.2点  数学 90.0点  社会 81.8点  理科 91.2点  英語 91.3点


個別にはいろいろと反省があるかと思いますが、今回は、まだ結果の集計が終わっていない1年生も含め、全体としてはかなり成果の出たテストだったと言えると思います。

今回、特進クラス生は全員(当然ながら)400点を突破しました。今回のテストは400点以上の生徒数が塾始まって以来、最多を記録することになりそうです。

3年生Sクラス、特進クラスは驚くほど平均点が高く、みんなのがんばりをたたえたいと思います。

3年生のAクラスのみんな、点数を見るとまだまだだけど、でもほぼ全員が前回より大幅に点数を上げていて、いまからの頑張りで未来は変わると思います。

2年生も今回はテスト前、本当にいい雰囲気で頑張れました。前回のように跳び抜けた成績の子はいませんでしたが、でもそれぞれがベストをつくしたテストだったと思います。

3年生、英語の平均点に注目してください!
他の科目に比べ、クラス間の平均点の差がとても激しいです。
特進平均が88.5点、Aクラス平均が46.1点ですから、2倍近い差があることになります。

これは、英語は何よりも「覚える努力」が大切だということ、そして、テスト直前のあがきでは通用せず、日ごろから「英語(単語や作文)を覚える習慣」をつけなければならないことを、はっきり示しています。

英語は継続して努力しなさい! やはりこれを常に言い続ける必要があると改めて感じた結果でした。

by terakoyanet | 2008-06-29 01:20 | 生徒のがんばり(テスト結果等) | Trackback | Comments(0)
2008年 06月 29日

3年生と保護者様へ大切なお願いとお知らせ。

金曜日、3年生は20時からの授業でした。
20時からの授業で、遅刻者が8名いました。
そのうち、事前に留守電やメールで連絡をいただいていたのは1名のみでした。

20時をまわったあとから多くのご家庭から丁寧なご連絡をいただきました。
しかし、すでに授業は始まってしまっています。ですから、8名も遅刻者がいるのに、授業は当然通常通り始まり、そして、20時から21時の間にポツリポツリとバラバラに、8名の生徒が教室にやってきました。

こちらはそのたびに遅刻理由、遅刻連絡の有無等を確認します。
1時間に何度も何度も説明が中断し、進行がうまくいきません。

その結果、授業が壊れました。

授業内容は、英語の物語文でした。
物語文で文脈が途切れてしまうことは本当にどうしようもありません。

1人、2人ならよかったのですが、または、事前に連絡をもらっている子なら確認作業も不要なのでよかったのですが、あまりにも遅刻の人数が多く、途切れ途切れの説明になり、生徒の集中力もそのたびに切れる。本当に厳しい授業進行になりました。

遅れるときはできるだけ早い連絡を心よりお願いいたします。
部活生が大変なのは重々承知しています。でもこちらも部活生には最大限時間を合わせているつもりです。

これまでにも本校にはハードな部活をやっている子たちがたくさん通ってきました。
特にテニス部と野球部の子は毎年たくさんの子が頑張って通ってきました。

しかしながら、今回のように、20時スタートの授業に3分の1の生徒が遅刻するという状況自体がこれまでに一度もなく、また、同じ日の19時半にスタートする2年生の授業はほとんど遅刻者がいないという状況であり、3年生の現状に大変困惑しています。

(ただ、中には学校までご父兄が迎えに行かれて、そしてそのまま塾に送ってくださることで、何とか塾の授業に間に合うようにしていただいているご家庭も複数あり、本当にそこまでしていただけることに対しては頭が下がる思いです。)

すべての生徒とご家庭が、この時期に塾に遅れることは大変なことだという意識を共有し、前に進んでいくことができたらと考えております。
私は17時以降はずっと授業で電話に出ることができず、大変恐縮ですが、メールや留守電等でご連絡いただきますと助かります。
ご協力のほど宜しくお願いいたします。


※これは絶対に遅刻をしないでほしいという話ではありません。少しでも早く遅れることがわかっていれば、こちらも授業の組み立て方を変えることができるので、申し上げた次第です。


遅刻者はやむをえない事情を共有していることを考慮し、次回の金曜日から、20:00授業→21:00テキストではなく、20:00テキスト→21:00授業に変更いたします。テキスト授業より一般授業のほうが重要度が高いと考えましたので、このようなスケジュールに変更いたします。ご了承いただきますようお願い申し上げます。

by terakoyanet | 2008-06-29 01:18 | お知らせ | Trackback | Comments(4)
2008年 06月 29日

セリーヌ


d0116009_1393581.jpg

セリーヌは教室の僕の机の上にいた。
セリーヌとの出会いは突然で偶然だった。

セリーヌ、本当の名前は、エリザベス・クリスタル・D・セリーヌ。



僕はセリーヌをそっと優しく扱う。


d0116009_1423223.jpg

そして今日もセリーヌのかけらが僕の手元に残る。
マイ・セリーヌ・・・








・・・以上、I君の妄想劇でした・・・。
















ちなみに、セリーヌは「男」らしいです。

by terakoyanet | 2008-06-29 01:15 | 雑感・授業風景など | Trackback | Comments(2)
2008年 06月 29日

母が来て、卒業生が来た土曜日

金曜日の昼間、母が桜坂にやってきて、お手製のお弁当を食べました。ひさしぶりの母の料理はとても美味しかったです。

d0116009_0585535.jpg
うちの母は地元でギャラリーを開いて手芸品を売るほどの編み物好きです。
母に受験生のためのお守りを作ってもらうように頼んでいて、いま試作中です。
どういう出来になるかはわかりませんが、心が通じるものであればと思っています。


d0116009_134293.jpg

実家の庭でとれた野菜をもらいました。



金曜日の昼間は卒業生がやってきて、事務所で勉強してました。(というかN君がしゃべり倒していました。) H君、手を骨折していて「どうしたと?」と聞くと、なんとゲームセンターのパンチングマシーン?を(本当はグローブで殴るところを)素手で殴って折れたとのこと。
アホーーーーーーーー!!と思いましたが、養生して早く直してください。
でも字が書けるだけなんとかよかったね。

by terakoyanet | 2008-06-29 01:08 | 雑感・授業風景など | Trackback | Comments(0)
2008年 06月 26日

夏目漱石『虞美人草』論(4)

繰り返しになりますが、漱石が先に問うたのは、形や声といった「象徴」が、物における「空の不可思議」を覆ってしまうという問題でした。

しかしここでわたしたちには注意すべきことがあります。それは、漱石は「空の不可思議」と問うときに、事実はどうであれ、「不可思議」のなかに新たな根拠を建立しかねないようなすべての言表を意識的に排除するという態度をいつでも注意深く取り続けていることです。

『虞美人草』執筆と同年の講演で漱石は「意識の連続的傾向」について次のように説明しています。

ショペンハウワーという人は生欲の盲動的意志という語でこの傾向をあらはしております。まことに重宝な文句であります。私もちょっと拝借しようと思うのですが、前に述べた意識の連続以外にこんな変てこなものを建立すると、意識の連続以外に何にもないと申した言質に対して申し訳が立ちませんから、残念ながらやめにいたして、この傾向は意識の内容を構成している一部分即ち属性と見なしてしまいます。そうして「この傾向」というような概念は抽象の結果、よほど発達した後に「この傾向」として放出したものと認めるのであります。
それは、ともかくも「ただ人は意識の連続を求める」ということだけを事実として受けとらねばならぬのであります。もっと明瞭にいうと「意識は連続的傾向がある」と言い切ってこれを事実として受けとるのであります。


漱石の哲学の本髄は「意識の連続以外に何にもない」という態度を一貫して取るというところにあります。いつでも彼は「『意識は連續的傾向がある』といい切ってこれを事実として受けとる」態度を守りぬきます。

私たちが「空の不可思議」というとき、私たちは不可思議の中にそれを認識すべく新たな根拠を立てがちです。

デカルトは「我思うゆえに我あり」と言いました。これは漱石の言う「意識の連続性」とよく似た話なのですが、しかしこの言い方をふつうに読むと、「我思う」ことが「我あり」の根拠になってしまいます。要するに、先に「我あり」という疑問を持ちようのないような場所から問いがスタートしてしまっていて、何かを問うているようで実際には「我あるゆえに我あり」というトートロジーになっている。

漱石はここでショペンハウワーの「生欲の盲動的意志」という説明をしりぞけています。人間はもともと「生欲の盲動的意志」というような本能的なものを持っている、と言えば、人間が抱えるさまざまな病理や傾向が楽に説明できるかもしれません。しかし、漱石はそれらは人間にとって第一義の問題ではなく、「意識の内容を構成している一部分即ち属性」として、そこに人間の根拠を置く考えを退けます。

これは漱石にとってとても大切なことなのです。彼は「空の不可思議」や「わたし」という人間の根拠になるものを退け、「意識の連続以外に何にもない」という態度を、生涯一貫して取り続けます。(5につづく)

d0116009_11132845.jpg
急斜面を登る子どもたち
August 2008 宮崎夏合宿


by terakoyanet | 2008-06-26 11:14 | 連載(読み物) | Trackback | Comments(0)
2008年 06月 25日

プレゼント

3年生のI君からプレゼントをもらいました。
d0116009_13513514.jpg


はじめ、写真手前のストラップ型のホワイトボード消しをもらって、その小さくてかわいいことや、でも小さいのにちゃんと消える、ちゃんとホワイトボードにくっつくことに驚喜していたのですが、そのあと時間差で、実際に使えるモノホンの大きなホワイトボードを2つもらいました。彼の粋なはからいに感心しつつ大感謝。ありがとう!!!


昨日、卒業生のN君とA君が教室に現れ、恐る恐る「頼みがあります、迷惑かもしれないけど・・・」とあるお願いをしに来ました。
全然全く迷惑ではありません。私はムリなときはムリとちゃんと言うから、こちらはムリしないから、だから頼みごとがあるときは遠慮なく言ってきてください。これはほかのみんなも。ただムリなときは本当にごめんなさい。でも懲りずにいろいろ言ってきてください。

by terakoyanet | 2008-06-25 14:09 | 雑感・授業風景など | Trackback | Comments(0)
2008年 06月 25日

期末テスト返却中

期末テストぞくぞく返却中です。みんなどうでしたかー??

保護者の方々からも複数のメールをいただき、現在の状況・結果を教えていただきました。ありがとうございました。

それにしても1年生の点数の高さに驚いています。よほど平均点が高いのでしょうか?

3年生も全体に健闘した模様です。Sクラスは平均400点突破は楽に確定です。Aクラスのみんなもそれぞれ頑張りました。特進クラスは平均440点台くらいになるのかな?という感じです。(450点いってほしいところですが。) また、今回の結果を受けて、クラス替えを少し行う予定です。(特進クラス生が増えることになりそうです。)

2年生はまだ授業があっておらずわかりませんが、数名に聞いたところ大健闘でした。


☆目標点を達成した生徒へ

目標点達成おめでとう! ちょっと冷静になって、今回のテストでいい点が取れたのはなぜか考えてみてください!
いつもより頑張った?じゃあどうやって頑張ったか、いつから頑張りはじめたか、自分の今回の頑張りを振り返ってみてください。
まだ余力があるなーと思う子はまだまだ次伸びますよ。ぐーーんと伸びた自分を想像して次回また頑張ろう!!


☆思ったより点数が取れなかった生徒へ

思ったより点数が取れなかった子には2種類の子がいるはずです。

まずはすごく頑張ったつもりなのに点数が取れなかった子。厳しいことを言いますが、頑張ったつもりの勉強だったのではないですか? ちゃんと学校のプリントやワークを見直しましたか? 先生たちから「ここが絶対出る!」と言われたところを必死にできるまで何度も繰り返しやりましたか? 定期テストで点数を取ることができる人は、どんな問題が出るかしっかり頭で予想できている人です。定期テストは範囲が短いのでどんな問題が出るかなんてだいたい8割くらいは予想がつくのです。その予想がうまい人が点数が取れるのです。だから、点数が取れなかった人はうまく予想ができなかった人です。うまく予想をしてその勉強ができなかった人です。これからはもっと作戦を練って勉強をしてみてください。
勉強がんばったのに点数が取れなかった人は、その頑張りを継続すれば絶対にそのうちに結果は出ます。あきらめないで!!

次に頑張りが足りなかったと自覚している人。いま頑張れないということは、ただ、将来の自分の足をひっぱっている、将来の自分の可能性を自分でつぶしている、それだけのこと。勉強っていやだきついと思っている人、そんなのただの思い込みかもしれません。いろいろ考えずに、とりあえずは1日1時間、机の前に座ることから始めてみてください。



現在、1・3年生に期末テストの成績報告用紙を配布しています。1年生は来週の月曜日、3年生は今週の金曜日提出となっておりますので、宜しくお願いします。
2年生は本日(水曜)に配布し、明後日(金曜)提出となります。

d0116009_1113583.jpg
満開の日を待つ紫陽花
June 2008  佐賀県唐津市


by terakoyanet | 2008-06-25 01:10 | 雑感・授業風景など | Trackback | Comments(0)
2008年 06月 23日

叱り方のポイント -「セルフ塾のブログ」より-

この前「ほめること、バカにしないこと、信用すること」という記事を書き、いろいろとコメントをいただきましたが、これに関連して、沖縄県読谷村の人気塾「セルフ塾」のブログに、これと併せて読んでいただくととても面白いと思える記事がありましたので、管理人Yojiさんの許可を得てご紹介いたします。


叱り方のポイント


*青字がYojiさんのブログからの引用です。

叱るときのポイントを書き並べてみます。思いつくままに書き出しました。重要度の順ではないです。

1,できるだけ問題の行動が起こった直後に叱ります。マシュマロ実験では,プラス強化子の場合と同じです。すぐの方が効果は大きいです。


すぐの方が説得力があり効果が大きい、これは叱る上でポイントです。

2,問題行動が起こるたびに叱る。連続強化の方が効果はありました。叱るときもそうです。ある時は叱り,また別のときは叱らないということどと,子どもはどのように行動すればいいか,分からなくなります。

これも大切です。1度叱った問題行動を再び子どもがとったときには必ずまた叱るべきです。叱る側が態度を一貫させることで説得力が生まれます。

3,行動を叱るのであって,人格を叱ってはいけない。
前にセルフ塾の例だと「○○くんに考えさせているのに,あなたがその答えを言ってはいけない」というようにします。「あなたは出しゃばりなんだから」と言ってはいけません。


これまた大切。お母さま方はよく「あなたはだらしがない」と言います。確かにだらしがないのかもしれませんが、この言い方ではなかなか直りません。子どもは「やっぱオレはだらしなくてだめだなあ、あーあこの性格じゃムリだ」と思うだけです。だらしがない行動自体を叱ることで徐々に意識改革していくしかありません。

4,他人と比較して叱らない。「Aくんはこんなことやらないよ」

大切ですね。特に兄弟やライバル間の比較は禁物。言われた側は反発しやすいですし、また深く傷つくこともあります。

5,叱るときはきびしく叱る。おだやかに叱っていると,それに慣れてきます。

6,自分の責任で叱る。「お父さんに叱られるよ」としてはいけないということです。


自分の言葉で言わないと、全く説得力を持ちません。

7,叱る理由をちゃんと説明します。「あなたが答えを教えたら,○○くんは自分で考える機会をなくし,この問題を理解できないままになってしまうでしょう」

叱るときには、叱られる子どもが納得するような説明をすることが大切です。上からの押し付けではなく、本人が自分の頭で考えて「ああそうか」と思えば、叱ったことは成功です。

8,1で説明したように直後に叱った方がいいです。しかし,直後に叱れないこともあります。そういった場合は,やったときのことをできるだけイメージできるようにしてから叱ります。

9,叱るときは短めに。長々と説教してはいけません。ポイントをしぼって叱り,それで終わりにします。

10,叱りながら過去のことを持ち出さない。「あなたはあのときもこうだったでしょう。」


これは3に関連して重要。過去のことを持ち出すことで叱られた方は自身の人格そのものを否定された気持ちになり、最悪の場合自暴自棄になってしまうでしょう。

11,叱ってあとで,そのことについて謝らない。叱ってあと,子どもがしょんぼりしていると「ごめんね,叱って」などと言ってはいけません。ただし,自分が叱ったことが明らかに間違えている場合は,素直に謝ります。

叱り方が自分の感情にまかせたものであり、子どもにとって理不尽にうつることだってあるかもしれません。そんなときは、もう一度落ち着いて何を伝えたかったのかを話した上で、感情的すぎたことについては謝ってください。でも、叱った内容自体を否定して謝るようではダメです。それは叱る前の考えが足りなすぎたといわざるをえません。そうなると説得力は持ち得ないです。

12,いったん叱ったら,その後はそれについてふれない。いつまでもぐずぐず言うのはよくありません。 

13,叱ったこととは関係のないことに関し,できるだけほめるように努める。1叱ったら9ほめる。その場合,お母さんは叱って後悔しているから,ほめているんだと思われないように。


ここは私が先日述べたこととリンクするかもしれません。



ということで、Yojiさん、本当に面白い記事ありがとうございました。

この記事を書かれた仲松庸次先生は、英語や数学のとてもわかりやすい参考書を書かれている先生としても有名で、すでに本校の生徒も5名の子に先生の参考書を渡し、家庭学習に役立ててもらっています。

「叱る」ことと「ほめる」こと。ぜひ参考にされてみてください。

by terakoyanet | 2008-06-23 12:35 | 雑感・授業風景など | Trackback | Comments(0)
2008年 06月 23日

あじさい祭り(見帰りの滝)

昨日、佐賀県唐津市の相知町にある見帰りの滝に行きました。
現在、見帰りの滝ではあじさい祭りが行われており、つかの間の楽しい時間を過ごすことができました。

あじさい祭り期間中は、町をあげてお祭りに協力する体制が整っている様子が非常に印象的でした。まず相知町から見帰りの滝の1km下に位置するシャトルバス乗り場付近まではJR相知駅からシャトルタクシーで1人たったの200円で行くことができます。(但し週末のみ) 
その後は、無料のシャトルバスで滝の近くまで行きます。バスを降りたあと、滝の前で美化協力金200円を支払って滝に到着です。
(※美化協力金はあじさい祭り期間のみ。バス区間はたいした距離ではなく、シャトルバスに乗らなくてもさほど苦になりません。帰りは滝からみんな歩いて下ります。)

シャトルバスは、自然を守り、観光客に渋滞による負担をかけないために考え出された妙案。
会う人(地元の方々)はみんな本当に親切で感じがいいです。人はけっこういるのですが、地域の人たちのさまざまな工夫により、全く人ごみは気にならずあじさいと滝を満喫することができました。

d0116009_2134892.jpg
d0116009_2141761.jpg
d0116009_2145011.jpg
d0116009_2152329.jpg
d0116009_2155526.jpg
見返りの滝  佐賀県唐津市相知町
見帰りの滝は落差100mを持つ九州最大の滝の一つ。(日本の滝100選にも選ばれています。)
前日までの豪雨のために滝はど迫力!


d0116009_21801.jpg
d0116009_2184283.jpg
d0116009_2191321.jpg
d0116009_373242.jpg
d0116009_312021.jpg


花は7分咲きくらい?でした。まだ今年もあと数週間はチャンスはありますよ!
天候に恵まれたわけではなかったのですが、あじさいと滝を見るにはむしろ最高の条件で出かけることができました。

d0116009_2335252.jpg
昼食はシャトルバス乗り場を少し上ったところにある「山水」で瓦そばを食べました。これがまた美味しい!! そして帰りにはお店のおかみさん?にチロルチョコを4つももらいました。出血大サービスですね。


私はふだん、観光地はオフシーズンに限ると思っているのですが、しかしここはアジサイで人が賑わうときに来ても、とてもすがすがしい気持ちで楽しむことができました。これはひとえに地域の人たちのおかげです。

帰りは相知駅で駅員の?おばちゃんに「また来年もきてね~~!!」とおもいっきり手をふられながら帰路に着きました。いやー滝すごかった!あじさいきれいだった!そしてとにかく楽しかったです。

ちなみにあじさい祭りは6月30日まで。(その後ももう少しあじさいは楽しめると思いますが。) 夜間は滝がライトアップされるとのことです。


6月のイメージ&雨の季節を素敵な一枚に♪

by terakoyanet | 2008-06-23 02:41 | 塾長おすすめの場所 | Trackback | Comments(0)