寺子屋ブログ by 唐人町寺子屋

terakoyant.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2010年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧


2010年 04月 30日

受験生のGW特訓

昨日は受験生(中3)のGW特訓が行われました。合計6時間の授業でしたが、後半になるにつれて、子どもたちの表情がむしろ良くなっていくようすが印象的でした。

◇授業内容

・数学 平方根(導入部・素因数分解の利用の方法・テストあり)
・社会 公民(現代の家族・男女共同参画など・テストあり)
・理科 仕事の原理・仕事率(テストあり)
[以上3年内容]

・社会 地理(H22福岡県公立受験問題・都道府県データ調査)
[以上受験対策] 


長丁場でしたが、最後までくたびれることなくがんばりました。
平方根と仕事の原理は理解が難しい単元ですが、よい授業になったと自負しています。
途中でお腹がすいた子たちが一揆を起こしそうな気配を感じたので、すかさずピザを差し入れしました。
おつかれさまでした。宿題がたっくさん出ていますので頑張ってほしいと思っています。


唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

本館7F terakoya shop blog をぜひご覧ください。

by terakoyanet | 2010-04-30 12:50 | 雑感・授業風景など | Trackback | Comments(0)
2010年 04月 30日

4月30日現在の定員状況

◇最新の定員空き状況

中学1年・2年・3年 集団授業・個別指導 満員御礼
高校1年・2年・3年 集団授業・個別指導 満員御礼


本年度も全学年定員に達しました。(中高合計100名)
昨日も2名のお問い合わせがありましたので、一旦満員御礼とさせていただきます。

中学1年生の入塾につきましてはお問い合わせを受付中です。
高校生の入塾につきましては、元塾生のみ受付いたしております。


唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

本館7F terakoya shop blog をぜひご覧ください。

by terakoyanet | 2010-04-30 02:55 | 生徒募集(定員空き状況) | Trackback | Comments(0)
2010年 04月 28日

嵯峨嵐山天龍寺 sanpo

天龍寺は嵯峨嵐山の中心部に位置する大きなお寺です。
足利尊氏が後醍醐天皇を弔うために開基し、その後、京都五山の第1位として栄えた格式の高い寺院です。「古都京都の文化財」のひとつとして世界文化遺産に登録されています。


d0116009_1242950.jpg
庫裏
入口にあります。とても装飾性の高い建物で、さっそく見入ってしまいました。



天龍寺の一番の見どころといえば、曹源池庭園です。日本最初の史跡・特別名勝として知られています。
d0116009_12422670.jpg
d0116009_12424112.jpg
d0116009_12425465.jpg

d0116009_1243788.jpg
大方丈と曹源池



d0116009_12434717.jpg
四八畳の室中



d0116009_1244385.jpg
訪れたのは桜の頃で、たくさんの方がいらっしゃっていました。



d0116009_12441721.jpg
天龍寺の裏口を出てすぐのところにある竹林の小道を通り抜けて・・・



d0116009_12443782.jpg
亀山公園へ



d0116009_12445635.jpg
亀山公園展望台から保津川をのぞむ



d0116009_12455276.jpg
保津川下りの舟が見えます。


亀山公園は訪れる方が少ないので、嵯峨嵐山の景観を存分に独り占めできるおすすめの場所です。
運がよければトロッコ列車も眼下に収めることができます。


亀山公園を下り、保津川(大堰川)沿いに。

そして嵐山の代名詞、渡月橋。
d0116009_12461933.jpg

上流側から撮影したので、(おなじみの)借景の山並みがありません。


嵐山を訪れたのは天気がすぐれない日でしたが、山に雲がかかるようすや、雨露に濡れた植物の生き生きとしたようすや、川の水面が大きく揺れ動いて橋の柱を揺らすさまは、むしろ嵐山の風情や匂いを強く私たちに印象づけるものでした。とてもよい訪問でした。

唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

本館7F terakoya shop blog をぜひご覧ください。

by terakoyanet | 2010-04-28 12:47 | 塾長おすすめの場所 | Trackback | Comments(0)
2010年 04月 26日

新聞折り込みちらし

今年は一度も新聞に折り込みちらしを入れていませんでしたので、1年に1度のごあいさつの意味で、本日朝刊にちらしを入れさせていただいています。ちらしをご覧になった方は、何かのご縁と思っていただければ幸いです。(ちなみに残り定員はわずかですので、お問い合わせは早めにお願いいたします。)


d0116009_11241.jpg
嵐山天龍寺に咲いていた椿の花
March 2010




唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

本館7F terakoya shop blog をぜひご覧ください。

by terakoyanet | 2010-04-26 11:04 | お知らせ | Trackback | Comments(0)
2010年 04月 26日

高校コースのこと

本校の高校コースの授業は国語(現国Ⅰ・現国Ⅱ・古典)・数学(数学Ⅰ・A・Ⅱ・B[Ⅲ・Cも可])・理科(物理・化学)・英語(Reading・Writing)があり、私と他5名の先生方が、日々指導に励んでいます。

私は現国Ⅰの授業を持っていて、現在使用しているテキストは
d0116009_112188.jpg

現代文読解力の開発講座(駿台受験シリーズ:霜栄著)です。こちらのテキストは易しいとはいえません(東大など難関大学の過去問を扱っています)が、やり方を間違えなければ、必ずや高校生たちの論理的能力を高めることができる良書であると確信しています。

授業では、テキストの解き方・解く順序について、プリントを作成・配布し、逐次細かく指導をします。
本文の100字要旨を毎回つくらせて、それを添削します。得点もつけます。
100字要旨をどうやってつくるか難しいと感じる生徒のために、私自身がその文章の要旨をつくった際のノート現物をコピー配布して、参考にする子は参考にできるようにしています。

(実際に目の前にいる先生が、どうやって要旨をつくっているのかを生徒たちに実録で示すことはなかなか学校や塾の授業でなされませんが、私はとても大切だと思うのです。ピアノのレッスンにおいて先生が生徒の前で実演するのは当然のように行われます。それなら私は現国の先生方は、生徒たちの前で、実演で要旨をつくって見せるべきだと思うのです。でなければ要旨のつくり方の糸口がつかめない生徒は、いつまでも要旨をつくれないままでしょう。)

このテキストには著者の霜栄さんの講義する声が聞こえてくるような詳しい解説が載っていますので、それを徹底して読ませ、理解させます。キーになる問題に関してはさらに解説を加えます。

・・・という具合に指導者側も周到な用意をし、生徒たちにとってベストな学習の進め方について頭をひねって考えた上で、授業にのぞんでいます。


今日、現国Ⅰの授業がありますが、梶井基次郎の「檸檬」に関する100字宿題が出ています。生徒たちがどのような文章を書いてくるか楽しみにしています。

(ちなみにこの授業をとっているN君が昨日、梶井基次郎の「檸檬」を、素で間違って「キリン」と呼んでいてびっくらこきました。「キリンレモン」のせいで間違ったそうです(笑))





現国だけでなく、例えば英語のWriting, Readingにしてもそうですが、私たちは、この方法でこのテキストを解けば、かなり高い可能性で効果が出るんだということを確信して授業を進めています。

生徒たちには、先生の指導の手順を守りテキストを確実に仕上げていく忠実さと、かといって先生に依存するのではなく常に自分にとって最もよい学習方法を求め続ける貪欲さと柔軟さを持って学習に励んでほしいと願っています。





唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

本館7F terakoya shop blog をぜひご覧ください。

by terakoyanet | 2010-04-26 01:41 | 連載(読み物) | Trackback | Comments(0)
2010年 04月 25日

この1週間の授業のこと

先日の中3生の不規則動詞(英語)のテスト、本当にすばらしい出来でした。過去最高でしょう。
みんなあれだけの分量をきちんと家庭学習してくることができるんですね。
本当に感心しました。
一昨日のSクラス授業は「複雑な因数分解」の単元。複数の子どもたちが「難しい」「ついていけない、どうしよう」と思っているのは承知で、「こんなのできんかったらこの1年の数学は終わり」「こんなの誰でも解ける」「これからもっとどんどん難しくなる」「これできんかったら高校に入っていきなり困る、理系はあきらめないかん」とあおりまくりました。中にはとてもつらそうな表情を浮かべる子たちもいました。
Sクラスの子どもたちが心で抱いている大きな危機感はきっとこれから彼らが頑張る活力としていきるものと信じています。これからも厳しいことをあえて言い続けますが、Sクラスの子たちは歯をくいしばってついてきてほしいと思います。


本日の3年生特進クラス授業。たまたまでしょうが、病欠による欠席者が多数出たため、授業の内容を変更せざるを得なくなってしまいました。体調管理をきちんとして、きつい時期でしょうが、死にものぐるいで部活動と両立をはかってほしいと強く願っています。


先日の2年生の授業。歴史は元禄文化でした。文学作品を教えるときに、ただ作者名と作品名を並べても面白くありません。手早く一言ずつその作品の紹介をすることを心がけています。
近松門左衛門の曽根崎心中を「親に結婚を反対された恋人どうしの心中もの」井原西鶴の浮世草子を「簡単に言うとH小説集」と紹介すると(ちなみにこれは紛れもない事実です)、女子生徒たちがくいつきまくりでした。例年の生徒たちは恥ずかしいような困ったような顔をしているのですが、今年の女の子たちはすごくて、「(H小説とは具体的には)どんな内容ですか」「読みた~~~い」「先生読んだんですか?」とか質問攻めでした。はげしく攻める女子に対し、男の子たちは穏やかな顔で笑っていました。
2年生のテストですばらしかったのは数学「文字について解く」のテスト。苦手になりやすい単元ですが、ほとんどの子たちが正確に解くことができていました。反対に、Program1の英単語テストは生徒間の出来不出来の差がとても大きいです。いまの頑張りの差はきっと1・2カ月後にはっきりと塾と学校の成績にあらわれることになるでしょう。


先週の1年生の授業も盛り上がりました。特に理科の植物の授業は教えるほうも楽しかったし子どもたちもきっと楽しんだでしょう。今年の1年生は、適度にボケる子がいるので、ツッコミがいがあって楽しいです。(わたしはボケに対するツッコミに命をかけていますので。) 
しかも子どもたちみんながグングン吸収しているのが手に取るようにわかって、今日は最高の授業だったなあと終わった後とてもうれしい気持ちがしました。
今日の1週間ぶりの授業で、ちゃんとこの前の内容を憶えてくれていることを願っています。



唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

本館7F terakoya shop blog をぜひご覧ください。

by terakoyanet | 2010-04-25 02:30 | 雑感・授業風景など | Trackback | Comments(0)
2010年 04月 22日

中学1年生保護者様へお知らせです。

中学1年生保護者様へお知らせです。
先日メールでお知らせいたしましたとおり、本日の授業は、当仁中学校行事のため、休講となっております。ご了承ください。

d0116009_1442467.jpg
3月下旬、雨のなか卒業生と訪れた熊本城は桜が満開でした。


唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

本館7F terakoya shop blog をぜひご覧ください。

by terakoyanet | 2010-04-22 14:44 | お知らせ | Trackback | Comments(0)
2010年 04月 21日

Erykah BaduのWindow Seat

3週間前に発売されたErykah BaduのニューアルバムからのファーストシングルWindow Seatは、過激なビデオ(あえてPVとは言いません)が物議を醸した。
この作品で、エリカは自身の生まれ故郷であるダラスにあるディーリープラザ(ケネディー暗殺の場所)を歩きながら、服を脱いでいき、しまいには全裸になってしまう。そして彼女が全裸になったとたん銃声が鳴り響き、彼女が道路に倒れ込むのだ。

多くのニュースで報じられた通り、彼女はこのビデオの撮影を無許可で行ったことで罰金刑を科された。多くの非難も浴びている。

しかし私はなぜエリカバドゥが身の危険を冒してまでこんなビデオを撮ったのか、ということにとても興味を持った。

この曲(ビデオ)の最後に彼女は次のように語る。

They who play it safe, are quick to assassinate what they don't understand. They move in packs, ingesting more and more fear with every act of hate on one another. They feel more comfortable in groups, less guilt to swallow. They are us. This is what we have become, afraid to respect the individual.

エリカのメッセージは簡単に言えば群集心理への批判である。群集の中にいないと不安でしかたなくなり、群集といっしょに愚かな方向に向かってしまう私たちへの批判である。
彼女は全裸になることで身を持って群集の中でindividualであることの困難さを示し、さらにそれがassassinateされる現場を描いた。彼女は闘っているのだ、と私は思った。

彼女の闘う方法は、私に一瞬自爆テロを想起させた。
しかし私はいまindividualであることと、自爆テロを行うこととは相容れることではないと理屈で考え直すに至っている。


Erykah Baduの新作はとてもすばらしいです。ストイックなのにそれがかえって官能的に見える稀有な才能をもった歌手です。おすすめします。


*この記事を書くにあたって、著名なキュレーターとしてNYを拠点に活躍なさっている渡辺真也さんのブログ(とてもおもしろいです)を参照しました。



唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

本館7F terakoya shop blog をぜひご覧ください。

by terakoyanet | 2010-04-21 13:41 | 塾長おすすめの書籍・CD | Trackback | Comments(0)
2010年 04月 21日

京都大原 宝泉院 sanpo

大原三千院の参道の奥にある、宝泉院に行きました。
d0116009_11281066.jpg

宝泉院は、1012年に大原寺(勝林院)の僧坊の一つとして創建されたそうです。

d0116009_1128263.jpg
勝林院


宝泉院に着きました。なんかこんもりとした山?じゃなくてこんもりと剪定された大木が見えます。
d0116009_11344864.jpg


抹茶券をもらって、宝泉院の中に入りました。

中に入ると、圧巻の庭園と五葉の松。
d0116009_1129138.jpg
五葉の松(市指定天然記念物)


さっき見えていたこんもり木はこちらの松だったんですね。
宝泉院は柱と柱の空間を額に見たてて観賞する額縁の庭園がある場所としても有名です。


d0116009_11291726.jpg

こちらは水琴窟(すいきんくつ)。竹筒の口に耳を近づけると清涼な音色が聞こえてきます。これは感動もの。

d0116009_11293218.jpg


d0116009_11294653.jpg
それにしても何度も振り返って見てしまう五葉の松。苔の緑もとても美しいです。

写真はありませんが、こちらの廊下の天井は血天井とよばれるものでHPによると由来は次のように書かれています。

慶長五年関ヶ原合戦前、徳川の忠臣・鳥居元忠以下数百名が
豊臣の大軍と戦い伏見城 中で自刃した。
その武将達の霊をなぐさめ、自刃した床板を天井にして祀り、供養としている。


天井には実際に血痕が残っていて、癒しの場所と言われる宝泉院の中で、一瞬背筋が寒くなる思いがしました。

d0116009_1130419.jpg

こちらは石盤と呼ばれるサヌカイトでできた楽器です。左から右へほぼ半音ずつ上がります。
実際に演奏してみましたが、とても美しい音でした。


宝泉院も本当に楽しい訪問となりました。


唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

本館7F terakoya shop blog をぜひご覧ください。

by terakoyanet | 2010-04-21 12:01 | 塾長おすすめの場所 | Trackback | Comments(0)
2010年 04月 20日

保護者様方からいただいたお便り

(ほぼ)毎月ご家庭に配っている成績記録表の確認シートの通信欄にいただいた保護者様方のコメントをご紹介いたします。お子様のご家庭での様子が伝わってきたり、親御さまの現在の率直な悩みやとまどいが綴られていたり、いつもとても興味深く読ませていただいています。

(昨年10月以降にいただいたお便りの一部です。)




"NEXT POWER"にも選ばれて、今回はよく頑張った事をほめました。成績について話をする機会が増えてきて、ようやく中学生らしい自覚が出てきたのかしらと思いました。


学習することのたのしさを塾で教えて頂いてありがとうございます。


ブログの抜粋記事、いつも楽しみにしています。なかなか見る機会がないので、こうやってまとめてプリントしていただくととても助かります。


何の予定もない1日がほとんどなく、忙しい毎日なので体調には気をつけてみてます。寺子屋へは最近は行けるときは早めに行くようになりました。


中間テストで英語で99点と高い点をとったのが嬉しかったようで、その点数だけは私に教えてくれました。


今回も、成績記録だけでなく、合宿報告、shop商品紹介、学習法、コンクール結果発表等、盛りだくさんの内容で、大変楽しく何度も読み返しました。いつもありがとうございます!


いつも夜遅くまでご指導いただきありがとうございます。先生が疲労と睡眠不足で倒れられないかと、とても心配です。


先生がブログにのせて下さっている事をとても喜んでいるようです。彼女のがんばりには親の方がおどろかされます。コツコツ積み重ねていくことの大切さを身をもって体験しているのではと思います。


塾生皆さんのがんばり、成績アップが本人にもよい刺激になっているようです。まだまだ志望校への道は険しそうですが、くじけず頑張ってほしいです。


おいしいパンの販売を始めて下さってありがとうございます。おみやげ(?)に私の分まで買ってきてくれるので、私も楽しみにしています。


あとひと頑張りでランクに入れたのでおしいなぁーと少し残念に思いました。


成績が前月より上がった月だけは、積極的に見せにきます。。。


あとひとがんばりなんですが。何か1つでも楽しいと思える教科が必要なんですよね!!


いつもお世話になります。成績表のどこかにひとつでも名前があると、親子で嬉しく思います。ご指導ありがとうございます。


今がふんばり所という感じで、苦しい時期を何とか頑張っているようです。親から見ても感心する程、よく机に向かっています。辛さもありますが、伸びていく嬉しさもあるようです。


偏差値が以前より確実にのびたので、やっと志望校の目安に達してきたから安心しました。


月を追うごと少しずつ成果がでている様です。学年別でもあと数点で10位以内だ!頑張れ!!


今回はじめてのベスト10入り。がんばっている様ですね。これから学校のテストも続きますので、気を引き締めて勉強に取り組んでもらいたいものです。


寺子屋ランキング〇位に帰り咲きできて、励みになったようです。ご指導有り難うございます。


面談ではとてもいいお話しが出来たと思っています。〇〇の気持ちをサポートしていきたいと思います。


三者面談ありがとうございました。自己ベストが学年順位13位なので、12月の成績は11位を目指すと言っていました。日々の勉強が足りなかったことを反省しているようです。面談を機に机に向かうようになりました。これから期待できるかなというところです。


お陰さまで本人が望む通りの受験校選択ができました。あとは努力次第、最後まで息切れすることなく、頑張ってほしいです。


先日の三者面談、はげましやおほめの言葉、いろいろ言っていただきありがとうございました。「初心」を憶い出しました。


最近、英検にフクトと色々な試験の経験をしています。色々な目標に向けて勉強が出来ているようです。


少しだけ頑張った所が、点がとれていたようで、本人の自信が少しだけ見えました。


1日1日が寝不足と勉強との戦いですが、何とか頑張っているようです。自信を持って本番を迎えられるようコツコツ努力していって欲しいと思っています。


確実に実力をつけてきているので、この調子で頑張ってほしいです。


先生方いつもご指導ありがとうございます。そしてお身体ご無理されませんように・・・。


アユタヤとオーストラリアの記事、興味深く拝見させていただきました。


1日も無駄にする事なく、机に向かっている様子を見ていると、よく頑張っているなあと我が子ながら、ちょっと尊敬してしまいます。


志望校に合格を果たしたと同時に、今後もますますの努力が必要だと気を引き締めております。


三年生の頑張りを読み、我が子のこれからを思いました。親としてどう力をかしてあげられるのだろう・・・と考えさせられました。


成績が上がってよかったです。もっとがんばれると信じています。これからもよろしくおねがい申し上げます。


成績がここにきて伸び悩んでいたので〇〇高校もどうかな?と心配でしたが、なんとか合格してホッとしました。有難うございました。


先生方のご指導のおかげで、なんとか合格できました。ありがとうございました。公立まで残り少ないですが、引き続きよろしくお願い致します。


第1志望である〇〇高校に無事合格!ありがとう御座います。これから英語をしっかり!!


いつもお世話になりありがとうございます。無事、第1志望の高校に合格できほっとしています。今日の日をスタートとして更にやる気を見つけられるよう促していきたいと思います。


〇〇高校に合格でき感無量です。これまでのご指導、本当にありがとうございました。先生には本当に助けられました。


(*卒業生の保護者様からは、心のこもったお手紙等をいただきました。本当にありがとうございました。私も感謝の気持ちでいっぱいです。)


春期講習からの参加でしたが、毎回楽しかったと帰ってきてくれるので、このまま楽しく学んでくれればと思います。この冊子も子供たちの様子がよくわかって、大変楽しく読ませてもらいました。


子供達とのふれあいの様子が浮かんできて、楽しく読ませていただきました。


1年前、思いきって入塾して良かったと思っています。これからもどうぞよろしくお願いします。


頑張った分、結果が出る事がとてもうれしいようです。2年生になって色々な成長をみていたいと思います。


いつもお世話になっております。随分と学習の習慣がついてきたようです。7月までは部活も忙しくなるので、気合をいれて頑張って欲しいと思っています。よろしくご指導の程おねがいいたします。


わかりやすい授業なので、毎日時間がたつのが、早く感じます。ありがとうございます。
(通信欄に生徒本人からのコメント)





コメントをくださった保護者の皆さま、ありがとうございました。




昨日、授業が終わる時間帯にT君が7Fにお土産を持ってきてくれました。
サッカー合宿のお土産です。

d0116009_2431967.jpg


その日の朝にT君自身が採ったタケノコをもらいました。
すでにゆでてあって食べられる状態でいただきました。
T君とお母さま、本当にありがとうございました。

その日に採ったタケノコならば、そのまま食べてもおいしいはず!と昨日はいただいたタケノコをぶつ切りにして旭ポンズ(←めっちゃ美味しいポンズです)やゆず醤油をかけて食べました。新鮮なタケノコはとてもやわらかくて香りがとてもよくて、たくさんいただきました。


d0116009_2465169.jpg


今夜はタケノコを調理して(正確には調理してもらって)食べました。
醤油の味がしみこんだやわらかいタケノコも最高でした。本当にありがとうございました。



昨日、卒業生のM君のお母さまから就職のお知らせのお手紙が届きました。
M君、寿司職人になるために、弟子入りを果たしました。
これからの活躍を期待してます。いい寿司にぎれるようになってください。食べに行きます。

唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

本館7F terakoya shop blog をぜひご覧ください。

by terakoyanet | 2010-04-20 02:50 | 雑感・授業風景など | Trackback | Comments(0)