寺子屋ブログ by 唐人町寺子屋

terakoyant.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2010年 07月 ( 19 )   > この月の画像一覧


2010年 07月 31日

宮崎!

トップページの画像が宮崎の堀切峠から見下ろしたド迫力の鬼の洗濯板に変わりました。
この写真は、昨年の3年生夏合宿にて撮影したものです。
晴れたらこんなに美しい景色が広がっているから、楽しみにしていてください!3年生!
あと1カ月、いっしょに頑張っていきましょう003.gif003.gif!!

唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

本館7F terakoya shop blog をぜひご覧ください。

by terakoyanet | 2010-07-31 01:38 | お知らせ | Trackback | Comments(0)
2010年 07月 31日

7月31日の雑感

夏期講習がはじまり10日経ちました。早いものでもう夏休みも4分の1終了です。
この4日間は私も1日15時間の激務が続き、体力・気力の限界と闘いました。
受験生たちも奮闘しています。
一度も欠かさず教室開放に参加する中学3年生、毎日自分のペースで黙々と勉強を続ける高校3年生。




中学3年生は今日国語古典の対策講座が終了しました。
問題に随分慣れて、見違えるほど解けるようになりつつあります。効果が出ている、と実感できます。

他の学年のことも書きたいのですが(ネタは両手にあまるほどあります)明日もまた半日以上の勤務が待っていますので、そのうち小出しにしていきたいと思います。




激務の間にとてもうれしい気持ちになるのが、ふとしたお母さま方からのメールです。

「ご連絡ありがとうございます。いつも丁寧なご指導、本当にありがとうございます。またよろしくお願いします。」

「個別指導の日程表、受け取りました。お忙しい中、たくさんの時間を確保して頂き、本当にありがとうございます。どうぞよろしくお願いします。」

「資料と写真届きました。○○といっしょに笑いながら楽しく写真を拝見しました。卒業してまで厚いお心遣いをいただき、感謝の気持ちでいっぱいです。○○もまた遊びに行くといっておりますので、その際にはよろしくお願いします。」

そのほか、英検合格通知の際にも複数の方々からメールをいただきました。
とてもありがたく、うれしく読ませていただきました。
本当にありがとうございました。



明日は花火大会です。
浴衣着たりオシャレしたりする女の子はもう今日からウキウキでしょう。

本館は大濠花火大会が初めから終わりまで、仕掛け花火を含めてすべてが見通せる場所に位置しています。
今年は残念ながら開放しておりませんが、来年は開放する予定ですので、その際にはぜひいらっしゃってください058.gif003.gif



■昨年の大濠花火大会の写真
(本校に花火を見に来られた保護者様による撮影です。)
d0116009_1284299.jpg
繊細で美しい花火

d0116009_12855100.jpg
d0116009_1291725.jpg
満開の大輪と夜景の共演
d0116009_1293650.jpg
d0116009_1295840.jpg
たちこめる煙の迫力も、1等席の特権


唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

本館7F terakoya shop blog をぜひご覧ください。

by terakoyanet | 2010-07-31 01:06 | 雑感・授業風景など | Trackback | Comments(0)
2010年 07月 28日

卒業生(現高校1年生)に卒業書類配布

遅くなりましたが、高校1年生の皆さんに書類を郵送します。
卒業時のコメントや写真などが同封されています。
楽しみにしていてください003.gif

唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

本館7F terakoya shop blog をぜひご覧ください。

by terakoyanet | 2010-07-28 10:47 | お知らせ | Trackback | Comments(0)
2010年 07月 25日

受験生の夏スタート!

受験生の夏スタート!と題して前回の中学3年生の授業の際に配布したものです。


◇教室開放コンクール
 教室開放に積極的に参加し、集中して学習した生徒に5000円分のクオカードが贈呈されます! 努力して、カードをゲットしよう!! 目標は教室開放にすべて参加!!

◇サクセスノートコンクール
 9月16日ごろに全員の自学用(やり直し用ノート)を集めます。[サクセスノートはショップで購入してください。「サクセスノート用です」の一言で、アピカの副線入りノートを半額で提供します。特進クラスの生徒はすでに渡しているノートを使ってください。] 最もすぐれたノートを作製した生徒、または最も努力が認められるノートを作製した生徒に5000円分のクオカードが贈呈されます!

◇テキストをどんどん受けよう!
 教室開放ではテキストをどんどん受験しよう! この夏をテキストを受けまくる夏にしよう! テキストを受けるときは丸暗記ではなく、常に受験をイメージしながら、何が大切か考えながら受けることが大切! テキストを夏にどれだけ頑張って受験するかで成績の伸びが変わります。これまで成績を急上昇させた先輩たちはテキストを頑張った人ばかりです。


[夏期のテキストノルマ]

Sクラス…中学受験単語・中学日本史をつかめ・理科記述式
必ずすべて終わらせること。

Aクラス…中学受験単語・中学日本史をつかめ(日本史の流れ1-5)・
理科記述式(1-6) 以上を必ず終わらせること。

*終わらなかった生徒のみ、9月以降のテキスト授業が週2回になります。



◇夏の勉強について

①学習計画を立てよう!
(1)強い意志を持って計画的に学習できる自信がある人は、夏休み全体の学習スケジュールを立て、学習机の前に貼ろう!
(2)ちょっと自信がない人は週間スケジュールを立てよう! 毎週必ず同じ曜日にスケジュールを立てる習慣をつくろう!
(3)かなり自信がないけど、でも絶対がんばりたい!という人は、毎日勉強する前に、その日にやる勉強内容を決め、それを達成するというサイクルを1日1日積み重ねていこう! まずその日の学習時間を決め、そして勉強をはじめる前に、その日のうちに絶対やってしまいたいことを具体的に決め、(例えば、「夏の生活の数学を終わらせる!」とか、「地理プリントの2・3を完全に暗記する!」とか)それを紙に書いて机の前に貼ろう! 毎日毎日努力目標を達成できれば、自信が生まれます。
(4)3年生は教室開放の利用のしかたが、夏の学習の決め手です。皆勤目指して頑張りましょう!

②学習時間の目安
勉強というのは学習時間に比例して効果が出るわけではありません。要はやり方です。自己満足的なノート整理、単語・漢字を書いているだけなど、作業的な勉強ばっかりをする人は、成績は伸びません!手が動いていても、頭がはたらいていなかったら意味はないのです! そこを絶対に押さえて勉強をしてください。 自分に厳しく! 自分に甘い勉強のやり方は時間の無駄!
ただ、いくら要はやり方と言っても、最低これだけは勉強してほしいという目安はあります。みんな毎日最低6時間は勉強しよう!
(*塾の時間は含みません。教室開放の時間は含みます。また、各学年の特進クラス生は+1時間はやらないと追いつかないと思います。)


③その他の注意事項
・遅くとも朝7時には起きて、午前から勉強をする習慣を必ずつけてください。この習慣を身につけることは、今後の長い学生生活において、とても大きな財産になります。
・ながら勉強はやめましょう。(音楽を聴きながらなど) 特に、数学・理科の計算問題、国語の文章題・作文、英語の長文などの勉強のときに、ながら勉強をするのは思考力が致命的に鈍るので考えられないことです。
・塾の教室開放を積極的に利用してください。特に3年生は教室開放をフルに活用して、合格すべきテスト(受験単語、歴史・地理テキスト、理科記述式、受験漢字など)を受けまくってください。
・夏休み中に問題行動を起こした生徒は厳罰に処します。特に、中学生に多い4大犯罪(喫煙・飲酒・万引き・自転車窃盗)は退塾処分などの重い処分になります。浮き足立った行動をするのではなく、毎日毎日を大切にして、充実した夏休みにしてください。


更新しました! 唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

本館7F terakoya shop blog をぜひご覧ください。

by terakoyanet | 2010-07-25 11:07 | 雑感・授業風景など | Trackback | Comments(0)
2010年 07月 23日

電話

毎日のようにある卒業生から電話をもらう。
彼はいま、人生で初めて現実とか責任とかいうものを突然目の前につきつけられた状況だ。
これまでの行為のしっぺ返し。しかし現実というのは本当に重いものだ。
道のりは険しいけど、力になることができればと思います。

唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

本館7F terakoya shop blog をぜひご覧ください。

by terakoyanet | 2010-07-23 23:44 | 雑感・授業風景など | Trackback | Comments(0)
2010年 07月 20日

7月20日の雑感

いよいよ夏期講習が始まります。

昨日は猛暑日でしたね。
いきなり暑くなって、中体連でくたくたで、子どもたちもとっても疲れた顔をしながらも、頑張る子はぶれることなく頑張っています。

中体連が終わった3年生の子たちおつかれさま。
まだまだいまから本番の子たちは最後まで頑張ってほしいと願っています。



連日、高校コースの生徒たちの面談が続いています。
生徒たちの将来の姿を思い浮かべながら、生徒の将来の幸せのために、いま何を伝えるのがベストなのか、ということを考えながらの面談です。


唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

本館7F terakoya shop blog をぜひご覧ください。

by terakoyanet | 2010-07-20 03:08 | 雑感・授業風景など | Trackback | Comments(0)
2010年 07月 20日

グレートバリアリーフのアウターリーフへ sanpo

本日はグレートバリアリーフのアウターリーフのお話です。

本ブログの現在のトップページの写真はグレートバリアリーフの玄関口、グリーンアイランドの海です。
d0116009_148062.jpg
グリーンアイランド



ケアンズからグリーンアイランドまでは高速船であっという間。1時間弱で到着します。

グリーンランドの美しさに魅了された私たちは、その翌日、ケアンズから2時間以上かけて、大堡礁のど真ん中にある、グリーンアイランドより透明度がさらに高いといわれるアウターリーフまで繰り出しました。



d0116009_29421.jpg
海が眩しく輝いています


私たちが向かったのは、アウターリーフ上に浮かぶポントゥーン。

世界遺産の珊瑚の海を守りたい、でもその美しい海で遊びたい、という欲張りなツーリストたちの夢を叶えるべく、文殊の知恵をしぼってつくられたのが、ポントゥーンという名の巨大浮き桟橋です。ツーリストたちを乗せた船はポントゥーンに接岸し、ツーリストたちはポントゥーンを拠点に竜宮城の世界を数時間垣間見たあと、再び船に乗って陸に戻っていくのです。


d0116009_295640.jpg
アウターリーフに近づくにつれ、海の色が変わってきました。
 
d0116009_2295673.jpg
いよいよ。
d0116009_1236514.jpg
d0116009_210914.jpg
こちらがグレートバリアリーフ上に浮くポントゥーン。





d0116009_12393794.jpg
d0116009_12415272.jpg
ポントゥーンに上陸し、さっそく海中へ。海水はけっこう冷たいです。
ポントゥーンには、ビーチチェアに寝転んで日焼けにいそしむ若者、大食い選手権か!?とツッコミたくなるほどひたすらお菓子ばっかり食べているオージー親子、ハイテンションの中国の観光客の方、いろいろな人がいました。


d0116009_2102470.jpg
少しでも餌付けをしようものなら、おびただしい数の魚、というか魚群が押し寄せます。こんなにきれいなところなんだから餌付けしなくても十分なのに、と思いました。

d0116009_211147.jpg
私とナポレオンフィッシュがいっしょに泳いでいるという衝撃の写真です。合成みたいですが本当の写真です。ナポレオンフィッシュはぼけっとしていてそしてデカかったです。
d0116009_211438.jpg
海中のサンゴ。七色のサンゴが美しく輝いていました。




帰国のとき・・・

ケアンズの空港を飛び立ってしばらくすると、眼下にグレートバリアリーフが広がっていました。
d0116009_2115639.jpg

あの連なるリーフのうちのどこかひとつに行ったんだなーと思ったとたん、急に空間の中で体の磁場が失われたような鋭い錯乱が私を襲いました。

きっとあのとき飛行機から見たグレートバリアリーフは、私にとって、現実なのに非現実というこの1週間のバカンスの矛盾律そのものが具現化したものだったのだろうと、竜宮城から帰って随分とたったいま、ぼんやりと思っています。


唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

本館7F terakoya shop blog をぜひご覧ください。

by terakoyanet | 2010-07-20 02:46 | 好きな場所 | Trackback | Comments(0)
2010年 07月 16日

期末テスト上位者名簿発表

遅くなりましたが、本日、大教室に当仁中期末テストの上位者20人の名簿を貼り出します。
今回は、本校の当仁中66名の平均点が405.3点と、過去最高点となったため、上位20人は全員436点以上というハイレベルとなっています。(最高点は488点)

子どもたちはいつも壁に穴があくほど名簿を見つめます。
自分の頑張り、友達の頑張りを見て、励みにしてほしいと思います。

唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

本館7F terakoya shop blog をぜひご覧ください。

by terakoyanet | 2010-07-16 16:25 | 雑感・授業風景など | Trackback | Comments(0)
2010年 07月 14日

高校コース夏期講習案内(2) 充実の内容です。

■数学夏期講習

数学弱点克服 夏の陣(全6回) 
担当講師:山本
料金: 全6回(90分×12講義) (¥13,000) 
*すべて受講しない場合は1講義(90分)あたり1500円 [*教材費込]
日程: 8/10(火)~11(水)、17(火)~20(金)  詳しくはスケジュール表をご覧ください。

数学の特別講習では、センター試験と福岡大・西南大など私大の入試問題を取り上げ、基本事項の確認、頻出パターンの紹介、センター試験などで有効な特殊な解法について解説します。苦手な人の多いⅠAの確率・ⅡBのベクトルを中心に、6日間でセンター試験範囲の7割程度をカバーする予定です。

授業は問題の解説が中心になるので、予習が必要です。授業で理解しきれなかった部分については質問会などで質問を受けます。




■理科夏期講習

理科短期集中講座(全8回)
担当講師:山本
料金: 全8回(110分×16講義) (\13,000) 
*すべて受講しない場合は1講義(110分)あたり1500円 [*教材費込]
日程: 8/5(木)~12(木)  詳しくはスケジュール表をご覧ください。

物理・化学の夏期講習は、通常授業で用いているテキストを用いて、各科目の後半の範囲を基本から説明します。物理は波(光・音など)、熱力学、電磁気の最初(Ⅱの範囲を含む)。化学は無機とⅡの範囲を除く有機。いずれもセンター試験の配点でほぼ半分にあたり、入試の中心になる単元です。長時間の連続授業なのでかなりきついですが、学校で学ぶ内容から入試の基本問題レベルまでを学ぶにはいい機会になると思います。

予習は必要ありませんが、授業を聞くだけでは十分力がつかないので、テキストの問題を解きながら復習をしていってください。いずれも受験を想定して授業を行いますが、1・2年生も参加できます。理解の不十分なところは後で質問を受けるなど、できる範囲で配慮します。




*現代国語Ⅰ、現代国語Ⅱ、古典、Reading、Writing、数学ⅠA、数学ⅡB等の毎週の通常授業は夏期も行われます。ただし、スケジュールの変更がありますので、スケジュール表を十分に確認してください。

唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

本館7F terakoya shop blog をぜひご覧ください。

by terakoyanet | 2010-07-14 03:22 | お知らせ | Trackback | Comments(0)
2010年 07月 14日

高校コース夏期講習案内(1)

昨日より、高校コース夏期講習の具体的内容を掲載したパンフレットを生徒たちに配布し始めました。

以下は、夏期に行われる特別集中特訓の案内文です。


■英語(Reading)夏期講習

センター試験なんか怖くない!
/Who's Afraid of the National Center Test for University Admissions?
(全4回)

担当講師:山内
料金:5,400円

【講習の内容と目的】
Readingのレギュラー授業では、「英文読解の基本=文章構造の把握」を徹底的に鍛える勉強をしています。そこでReadingの夏期講習では、レギュラー授業で培われつつある基礎力をベースに、実際のセンター試験から抜粋した問題を、限られた時間内で解く練習をします。

講習4回を通じて、センター試験の第3問~第6問に一通り触れることになります。センター試験200点満点中、第3問~第6問の配点は145点(2010年度)。全体の75%を占めるこの英文読解パートをどれだけ押さえられるかに、センター英語はかかっているのです。本講習では、着実に点を取るために必要なスキルを、実際の問題演習を通じてレッスンしていきます。

より具体的な目的として、

①英語長文問題を、単語力だけに頼るのではなく、文章構造の的確な把握に基づいて読解するスタンスの確立
②限られた時間内で英文を「読みこなす(≠和訳して理解する)」速読スキルの習得
③本講習で学んだ勉強方法を、その後の英語の自学で定着させること

以上の3点を挙げることができます。

【対象者】
センター試験などマーク式の英文読解問題が課せられる受験生を、本講習はまずもって念頭に置いています。もっとも、「単語や文法など暗記系はわりといけるけど、長文読解で点が取れずに悩んでる」生徒さんにも、得るところは大きいはずです。講習は寺子屋スタイル、高校生で意欲がある生徒さんなら、どなたでも受講可能です!

【具体的な内容】
全4回の講習は、以下のプログラムで進められます。

[Ⅰ] 準備運動:英文を「読みこなす」コツ=「すべてを理解しない」読み方
・100字程度の英文に関するマーク式問題を、5分間で読解する演習を数回に分けて実施、その都度、解答と解説をします。
→演習を通じて、文章の「主語-述語」関係の迅速かつ的確な把握が、英文読解に直結していることを理解できるでしょう。(なお[Ⅰ]の演習は、その後の3回の講義の冒頭において、チェックテストの要領で毎回実施されます。)

[Ⅱ] センター第6問(長文読解)を解いてみる
・[Ⅰ]の演習
・センター試験の第6問を20分で解きます。その後、解説をします。
→センター第6問は、ご丁寧なことに、各段落ごとに内容を読解できるように設問が設置されています。基本的な文章構造を押さえさえすれば、センター第6問は得点源となることを理解できるでしょう。

[Ⅲ] センター第4,5問(図表・イラスト問題)を解いてみる
・[Ⅰ]の演習
・センター試験の図表問題(第4問)とイラスト問題(第5問)から、抜粋したものを20分で解きます。その後、解説をします。
→昨年のセンターから傾向が若干変わり、イラスト問題(第5問)に大きな比重が置かれることになりました。センターの新傾向が、テキストとイラストからの正確な情報の読解=正確な英文読解であることを、理解できるでしょう。

[Ⅳ] センター第3問(意味推測、要約、英文空所補充)を解いてみる
・[Ⅰ]の演習
・センター試験の第3問から、抜粋した問題を20分で解きます。その後、解説をします。
→センター試験で最も難しいのは、この第3問でしょう。とりわけ第3問のC(英文空所補充)ほど、速読&論理的思考が要求される箇所はありません。逆に言えば、ここが取れるならぐんと差がつきます。受験生はみんな苦手なセンター第3問を、怖がらずにやり過ごすための、いくつかのレッスンです。


唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

本館7F terakoya shop blog をぜひご覧ください。

by terakoyanet | 2010-07-14 03:16 | お知らせ | Trackback | Comments(0)