寺子屋ブログ by 唐人町寺子屋

terakoyant.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2010年 09月 ( 21 )   > この月の画像一覧


2010年 09月 30日

中間考査直前対策講座

本日より、当仁中 中間考査直前対策講座が始まります。
前回の期末考査では半数以上の生徒が400点以上を獲得し、塾生全体の平均点が400点を突破するという過去最高の成果をあげました。
今回も生徒たちのさらなる奮起を期待します。


唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

本館7F terakoya shop blog をぜひご覧ください。

by terakoyanet | 2010-09-30 11:09 | お知らせ | Trackback | Comments(0)
2010年 09月 30日

モナコ公国を見下ろす町、ラ・チュルビ sanpo

今日は南仏の美しい町、ラ・チュルビの紹介です。

モナコの高台にあるこの町は、ニースやモナコからバスでアクセスすることができます。
私はニースに滞在していたので、行きはニースのバスセンターから116番のPeille行きに乗りLa Turbieで下車、帰りはLa Turbieから114番のMonaco行きに乗って、さらにMonacoで112番のEze Village経由Nice行きに乗り換え、エズ村に立ち寄ってニースに戻りました。

d0116009_2294575.jpg
La Turbieへの始発点となるNice Gare Routière


ラ・チュルビは、日本ではさほど知られていませんし、ガイドブックにもほとんど登場しませんが、ローマ時代(BC 6年)に建てられたTrophyがあり、ダンテの『神曲』にも登場するという歴史的な場所です。



ラ・チュルビの集落は地中海独特の切り立った石灰岩に三方を囲まれており、特異な景観を作り出しています。
d0116009_2394059.jpg
d0116009_2403839.jpg



ラ・チュルビは何と言っても町から眺めるモナコ(モンテカルロ)の眺望が素晴らしいことで知られています。(ミシュランはこの眺望に三ツ星を与えているそうです。)
d0116009_2433731.jpg
目の前に広がっていたのは、宝石箱をひっくりかえしたかのように美しく広がる街並みでした。私の頭は、目の前のキャンパスの中にフランスとモナコの国境線が存在していることを認識していましたが、どうもこの場合の国境線というのは、少なくとも鑑賞者にとっては全く関係のないもののようです。


ラ・チュルビの旧集落を歩きました。
d0116009_311919.jpg
d0116009_313246.jpg
d0116009_314958.jpg

集落はとても小さいです。隈なく周っても10分くらいでしょうか。
穏やかな生活のにおいがします。


ラ・チュルビは猫の町。あらゆるところに、猫、猫、猫。(*猫はすべて妻が撮影しました。)
d0116009_335932.jpg
d0116009_341149.jpg
d0116009_342180.jpg


d0116009_363424.jpg
Trophy of Augustus

BC6年、ローマの支配に反抗した44のアルプス部族に勝利した記念に、ローマ上院とアウグストゥスにより建てられました。まだイエスも生まれる以前から、この場所にずっとこの建物が佇んでいることを想像すると、ちょっと途方に暮れてしまいます。


ラ・チュルビには美味しいレストランや眺望の美しいホテルもあります。
モナコ近辺まで来たならば、ぜひひと足のばしてラ・チュルビまで行ってみてください。
とても素敵な町です。


唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

本館7F terakoya shop blog をぜひご覧ください。

by terakoyanet | 2010-09-30 03:15 | 好きな場所 | Trackback | Comments(0)
2010年 09月 29日

忙しい2年生

昨日は中学2年生の授業でした。
それにしても、この時期、2年生は忙しいです。

部活は新人戦と日々の猛練習。
合唱コンクールの練習に、課外活動の職場体験。
そして、残り1週間ちょっとになった中間テストの勉強。
そのほかにピアノや習字、ダンスなど、習い事をしている生徒も複数。


頑張ろうと思っても、疲れ過ぎている・・・。
そういう子たちがいるのがよくわかります。


子どもたちをさらに忙しくしている塾としては、忙しい子どもたちがそれでもなんとかガッツを出して勉強に励むことができるように、授業と宿題の出し方に工夫をして、愛情を持って、心をこめて指導をするしかありません。


2年生は1学期、若干浮き足立って見えて心配した時期もありましたが、最近は宿題の出来もよくなり、学習に前向きな姿勢がはっきりと出ていて、やはり素晴らしい学年だということを、再認識しています。

苦しい時期ですが、受験生になる半年後を見越して、1日1日、努力を積み重ねていきましょう。


唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

本館7F terakoya shop blog をぜひご覧ください。

by terakoyanet | 2010-09-29 02:37 | 雑感・授業風景など | Trackback | Comments(0)
2010年 09月 28日

根子岳東峰登山(2)

(1)に続く

登り始めて2時間ほど経ったでしょうか。
登っていくうちに、視界が開けてきました。
d0116009_2214279.jpg

さらに登ると
d0116009_2181831.jpg

さらに視界が開けました。
d0116009_2183815.jpg
もうすぐ東峰頂上です。
d0116009_2184943.jpg


そして、いきなり目に飛び込んできた天狗岩。ここまで登った者だけが拝むことができる雄姿。
d0116009_2185927.jpg
東峰山頂(1408M)到着です。
d0116009_219954.jpg
しばし天狗岩に見惚れていました。
根子岳の最高地点である天狗岩に到達するためにはロッククライミングの技術等が必要だそうです。転落事故が幾度も起こっており、素人が登ることはできないそうです。
d0116009_2193127.jpg

カールもすっかり膨れていました。
 
d0116009_2194236.jpg
中学生の皆さん、山に登ったらお菓子の袋が膨れるのはなぜでしたか?
袋の中の気圧に比べると、山頂付近の気圧は低く、そのために袋の中の空気が膨張して起こる現象でしたね。

d0116009_2195291.jpg


下山のときは、終始滑りっぱなしで、全身真っ黒になりました。
一歩足を踏み外したら死ぬな…という地点も多く、無事に下山できたことが何よりでした。

なかなかハードなコースでしたが、満喫しました。
本当に楽しかった。頼もしく誘導してくれたK君ありがとう。

下山して出会った牛さんたちは、心なしか「おかえり」と言ってくれているようでした。
d0116009_220293.jpg
まあ、言ってませんけど。





登山帰りに熊本の新百景1位に選ばれた月廻り公園に立ち寄りました。
d0116009_2203166.jpg

根子岳の雄姿を見ながら、あそこに登ったんだなーと晴れやかな気持ちになりました。
また来年も山に登れたらいいなあと思います。


唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

本館7F terakoya shop blog をぜひご覧ください。

by terakoyanet | 2010-09-28 02:44 | 好きな場所 | Trackback | Comments(0)
2010年 09月 27日

根子岳東峰登山(1)

今年のお盆は熊本県内の山奥をうろちょろしていたのですが、一番楽しい思い出になったのが、阿蘇根子岳登山です。

根子岳は以前からずっと登ってみたかった山でした。

まず魅かれるのがその名前。「根子岳」ってパソコンで漢字変換すると「猫だけ」になります。実際にWikipediaには「そのギザギザになった姿が猫の形に似ていたから根子岳と名付けられた」とあり、根子は猫なんですね。

そしてさらに魅かれた理由は、その形。
根子岳への熱い思いはすでに昨年一度記事にしているのですが、根子岳のギザギザを見ていると、いつかあのギザギザのなかに行ってみたいという気持ちが募っていました。


念願かなって、阿蘇に住む大学院時代の友人の案内で、根子岳に初登山しました。

d0116009_3512934.jpg
登山口近く、根子岳の麓に鎮座していた牛さんです。「ようこそ根子岳へ!」という感じではないですね。特に歓迎されてはいないようです。


小降りの雨のなか、登山スタートです。
友人K氏が言うには、中級コースとのこと。

それにしても・・・
d0116009_3541532.jpg
険しい・・・
d0116009_3542966.jpg
険しい・・・というか水平よりははるかに垂直に近い登り道。
頂上よりは天国に着く方が易しいような気がします。

d0116009_357428.jpg
途中で見えてきた晴れ間に元気をもらいながら・・・
登山は続きました。




(2)に続く


唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

本館7F terakoya shop blog をぜひご覧ください。

by terakoyanet | 2010-09-27 03:59 | 好きな場所 | Trackback | Comments(2)
2010年 09月 27日

阿蘇の白川水源

8月に阿蘇の白川水源に行きました。

d0116009_383775.jpg
d0116009_385324.jpg
d0116009_39410.jpg
d0116009_391378.jpg


もう何度も訪れている場所なのですが、今年は訪れたときの気候がよかったこともあり、とてもいいところだと改めて思いました。

地面からポコポコと阿蘇の伏流水が湧き出てくるようすは、ずっと眺めていても飽きません。


唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

本館7F terakoya shop blog をぜひご覧ください。

by terakoyanet | 2010-09-27 03:11 | 好きな場所 | Trackback | Comments(0)
2010年 09月 27日

9月26日の授業のこと

平尾中・舞鶴中・警固中はテスト直前、当仁中・百道中もテスト間近ということで、授業もあわただしくなってきた昨今です。

日曜日の3年生授業ではテストが近いことに対する危機感を持つように!!という話をしたあとに授業スタート。テスト対策を行いました。
7時間の授業、よく頑張りました。長時間授業にやっと慣れてきたかな、という印象です。

この数日は3年生のF君に頑張ってもらおうといろいろなことをやっています。
彼は3年生では1人だけ舞鶴中の生徒です。(ちなみに舞鶴中の生徒は全学年で計4名。)
昨日も夜11時まで、明日は夜12時までいっしょに勉強を頑張ります。
いろいろ抜けているところがある子ですが、彼は彼自身が思っているよりずっと優秀な子です。最後に一花咲かせてほしいと思い、一生懸命指導しているところです。


1年生の授業も楽しく進みました。今日は反比例(数学)と光・音の復習(理科)の授業でした。
よく勉強する学年ですので、2学期中間もいい結果を残しそうです。


授業後、3年生のUさんと、Kさん&Iさんが差し入れを持ってきてくれました016.gif
Uさんはお母さんの手づくりの蒸しパン。レーズンとサツマイモが入っていて、とっても美味しかったです。
KさんとIさんはクッキーを持ってきてくれました003.gif
代わりにおごってとかせがまれました(汗)が、昨日のところはなだめて帰しました。
(でもとってもうれしかったです。ありがとう!)


1年生も3年生も、今日の授業でテスト前という危機感を共有することができました。
中間テスト、過去最高点を目指して頑張っていきましょう!!


昨夜、卒業生(高校3年生)のK君が来塾しました。
大学受験まで残り数カ月ですが、2年半ぶりにいっしょに頑張ることになりました。

K君はとても印象深い生徒です。
一度やろうと決めたことは丁寧に一生懸命にやる性格です。本質的に生真面目で優しい性格の持ち主で、中学時代から深い信頼を置いていた生徒です。
受験まで残りわずかですが、きっとやると決めたからには努力を惜しまず頑張るだろうと、彼の飛躍を期待しているところです。


唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

本館7F terakoya shop blog をぜひご覧ください。

by terakoyanet | 2010-09-27 02:49 | 雑感・授業風景など | Trackback | Comments(0)
2010年 09月 24日

寺子屋中学3年生保護者様へ

本日、生徒さんたちに2つのものを配布しました。

1.教室開放コンクールの結果発表
…夏の生徒さんたちの頑張りを知ることができる資料です。ぜひ目を通してください。

2.宿題の達成度(9/23の6つのテストの5段階評価)
…日曜までに本人の反省と保護者様のコメントつきで提出となっています。よろしくお願いいたします。

唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

本館7F terakoya shop blog をぜひご覧ください。

by terakoyanet | 2010-09-24 02:57 | お知らせ | Trackback | Comments(0)
2010年 09月 23日

内牧温泉

先日、内牧温泉の町湯のことを書きました。今回は内牧温泉のそのほかの見どころのご紹介です。

私が今回滞在したのは旅館「金時」。
d0116009_3572777.jpg


驚いたのは、浴場のすばらしさ。
d0116009_3582793.jpg
d0116009_3584430.jpg
d0116009_42984.jpg

大浴場は広々としていて、お湯はこんこんと贅沢なかけ流し。上湯側から、少しあつめ、普通、ぬるめと浴槽が分かれています。とてもいいお湯、そして使い古されているからこそ感じる浴槽のぬくもり。

黒川や湯布院ばかりもてはやされるけど、ずっと以前から日本にはこんなにすばらしい温泉文化があるんだ、この文化を廃らせるなんてもったいない。私は日ごろあまりそんなことは考えないのですが、この内牧温泉に来て、あまり元気のない、しかしそのわりにはあまりに素晴らしいこの温泉が、これからもずっと存続することを願いました。

d0116009_485553.jpg
それぞれの町湯の前には、町湯MAPがあり、湯めぐりに便利です。


d0116009_494684.jpg
与謝野晶子・鉄幹が滞在したことで有名な蘇山郷


d0116009_41215100.jpg
蘇山郷は思わず立ち寄りたくなる温かい雰囲気の門構え


d0116009_413917.jpg
大阿蘇旅館


d0116009_4163992.jpg
散策中にであった猫
d0116009_417492.jpg


内牧温泉の魅力は、その土地の風土を味わいながら湯につかることができることです。開発されすぎている誂え向きの温泉地と違って、風土と温泉文化が自然にとけあって、飾り気はないけれど他にかえがたい穏やかな空気を感じることができます。また近いうち訪問したいと思っています。

唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

更新しました!本館7F terakoya shop blog をぜひご覧ください。

by terakoyanet | 2010-09-23 04:23 | 好きな場所 | Trackback | Comments(0)
2010年 09月 23日

高校コースのこと

近ごろ、高校コースの数学の時間と科目名が変更になっています。
担当のY先生が、生徒たちの希望と意見を聞いて、試行錯誤を重ねた結果です。

Y先生は一生懸命生徒たちの意見を取り入れて授業運営をなさっています。
先生の熱心さが伝わってか、先生のことを信頼している生徒が多いです。

今回の変更ができるだけ機能するよう、私も協力をしていきたいと思っています。

高3生はどんなに足掻いてもあと数カ月で進路が決まります。
最後まで強い意志を持って受験を乗り切ってくれることを心から願っています。

唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

本館7F terakoya shop blog をぜひご覧ください。

by terakoyanet | 2010-09-23 03:50 | お知らせ | Trackback | Comments(0)