寺子屋ブログ by 唐人町寺子屋

terakoyant.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2011年 01月 ( 24 )   > この月の画像一覧


2011年 01月 30日

1月も終わります。

1月も今日と明日で終わります。
一昨日は専願入試の結果が発表されました。
昨日は早稲田佐賀高校の受験が行われました。
私立の大学入試日程もいよいよ本格スタートです。
とてもめまぐるしい毎日。
子どもたちは着実に1日1日成長しています。
私も今日の授業のためにベストを尽くします。

今週は生徒たちと泣いて笑いました。
たくさん書きたいことはありますが、まだ時間のあるときに書こうと思います。


アジア杯、優勝おめでとう!!

唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

本館7F terakoya shop blog をぜひご覧ください。

by terakoyanet | 2011-01-30 02:47 | お知らせ | Trackback | Comments(0)
2011年 01月 26日

1月26日時点の定員空き状況

現在、新年度(2011年度3月春期講習から)の中学生の生徒募集を開始しております。
今年は例年より申し込みの方が多く、本日現在の残り定員が以下のようになっております。

新3年生 残り2名  
新2年生 残り1名  
新1年生 残り6名


先週以降、入塾希望のご連絡をほぼ毎日いただいています。
3学年合計で募集人数は9名のみになっています。
ご希望の方は早めのご連絡いただければと存じます。

お問い合わせ電話番号は092-791-9690(受付時間:平日15~22時、土日13~22時、水曜定休)

新高校生につきましては現在、定員に達していますが、新年度は若干名(各学年3名程度)募集する予定です。改めてお伝えいたします。

唐人町寺子屋オフィシャルホームページの中のお問い合わせフォームでもご連絡を受け付けております。(こちらは24時間可能。返信まで2・3日お時間をいただくことがあります。)


唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

本館7F terakoya shop blog をぜひご覧ください。

by terakoyanet | 2011-01-26 03:33 | 生徒募集(定員空き状況) | Trackback | Comments(0)
2011年 01月 26日

1月26日の雑感

落ち着きません。
なぜかと言えば、専願受験者の結果が木曜には出るからです。
私立専願は受かりやすい、と言いますが、本校の生徒たちは地域一の難関校だったり特進クラスだったりを受験している子たちも多く、また、合格ラインすれすれで受験した生徒もおり、結果が出るまではドキドキです。どうか合格をつかんでいてほしいと願っています。

前々日と前日に専願の子たちの勉強会を行いました。
勉強会後しばらくして教室に戻ってみると

d0116009_3203994.jpg
d0116009_3205517.jpg


教室のティッシュ箱に無造作だけど楽しげな落書きが。

受験の前日に笑顔で教室を出ていった子どもたちの顔が浮かび、うれしいような泣きたいような気持ちになりました。


唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

本館7F terakoya shop blog をぜひご覧ください。

by terakoyanet | 2011-01-26 03:22 | 雑感・授業風景など | Trackback | Comments(0)
2011年 01月 25日

0.9mmシャープペン プラチナ プレスマン

先日、プラチナの0.9mm芯シャープペン「プレスマン」をterakoya shopに入荷しました。
d0116009_4103246.jpg

その名の通り、新聞記者(=プレスマン)向けの「速記用」として発売されたこのシャープペンは全国に愛用者が多数存在するシャープペン界?の名品として知られています。

鉛筆からシャープペンに移行したばかりの子どもたちにとって0.5mm,0.3mmといった芯径は細すぎます。このプレスマンを使うことで、筆圧が安定し、文字を丁寧に書きやすくなります。210円という安さも魅力です。

このシャープペンを取り扱うきっかけになったのは、shopで販売していたマークシート用シャープペン(1.3mm芯)をN先生、M先生(ともに女性)が「とても使いやすい!!」と気に入って使い始めたことによります。鉛筆のやわらかい書き心地が好きな方は特に女性に多いらしく、プレスマンもそういった書き心地にこだわる方たちに人気があるようです。

筆圧が弱い生徒、いつもひょろひょろと頼りない字を書く生徒、筆圧が強すぎて芯がすぐ折れてしまう生徒、鉛筆の書き心地が好きだけどシャープペンの機能性も捨てがたいと考える方、シャープペンでマークシートぬりつぶすの大変!と思った高校生、とにかくガシガシ書きたいという方等にぜひおすすめです。ぜひショップで試し書きをしてみてください。

ちなみにshopでは、プレスマン用のシャープ芯も販売しています。


唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

本館7F terakoya shop blog をぜひご覧ください。

by terakoyanet | 2011-01-25 04:32 | Trackback | Comments(0)
2011年 01月 24日

辺野古崎とホワイトビーチ

正月に沖縄に行ったときに、本島を上空から眺めていたら、普天間基地の移設先候補として知られる辺野古岬が見えたので、すぐさまシャッターを切りました。
キャンプシュワブ内にある施設と思われる建物が見えます。岬の周囲には美しい海。

d0116009_3353688.jpg



浜比嘉島に行ったときには海中道路を渡る手前にあるホワイトビーチ方面を見に行きました。

d0116009_3402719.jpg


勝連半島から浜比嘉島まで案内してくれたタクシーの運転手さんは、米軍に土地を貸していて、年に100万円単位の安定収入があるらしく、助かっているという話をしていました。

基地移設問題については門外漢なので意見は述べませんが、今後どのような展開になるのか注視していきたいと思います。


唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

本館7F terakoya shop blog をぜひご覧ください。

by terakoyanet | 2011-01-24 03:45 | 塾長おすすめの場所 | Trackback | Comments(0)
2011年 01月 24日

専願入試前最後の授業

昨日は中3生は専願入試前最後の授業でした。
今年の中3生は私立志願者が多く、9名が専願入試を受験します。

今日の15時からは受験前日の勉強会が行われます。
受験生のみんなはくれぐれも体調を万全にして入試にのぞんでほしいと思います。
受験票・時計などの忘れものがないようにしてください。

唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

本館7F terakoya shop blog をぜひご覧ください。

by terakoyanet | 2011-01-24 01:46 | お知らせ | Trackback | Comments(0)
2011年 01月 23日

いざ受験へ

いよいよ明後日25日は私立専願入試。
本校は私立を第1志望とする生徒が受験生全体の3分の1以上います。
私立ならではのよさを理解なさっているご家庭が多いのでしょう。

たくさんの生徒が決戦の日を迎えます。
早稲田佐賀高校の志願状況も発表されました。(ほぼ昨年並み)

みんなの健闘を心から祈っています。

今日は受験前最後の授業になる生徒も。頑張りましょう!!


唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

本館7F terakoya shop blog をぜひご覧ください。

by terakoyanet | 2011-01-23 05:02 | 雑感・授業風景など | Trackback | Comments(0)
2011年 01月 21日

1月21日現在の定員空き状況

現在、新年度(2011年度3月春期講習から)の中学生の生徒募集を開始しております。
今年は例年より申し込みの方が多く、本日現在の残り定員が以下のようになっております。

新3年生 残り3名  
新2年生 残り2名  
新1年生 残り8名


すでに新年度定員の9割近くが埋まっており、3学年合計で募集人数は13名のみになっております。
現在の在校生たちが高い成果を上げており、その子たちの存在自体が、本校の宣伝になってくれているようで、お知り合いからの入塾希望を多くいただいています。
ご希望の方は早めのご連絡いただければと存じます。

お問い合わせ電話番号は092-791-9690(受付時間:平日15~22時、土日13~22時、水曜定休)

新高校生につきましては現在、定員に達していますが、新年度は若干名(各学年3名程度)募集する予定です。改めてお伝えいたします。

唐人町寺子屋オフィシャルホームページの中のお問い合わせフォームでもご連絡を受け付けております。

唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

本館7F terakoya shop blog をぜひご覧ください。

by terakoyanet | 2011-01-21 10:57 | 生徒募集(定員空き状況) | Trackback | Comments(0)
2011年 01月 21日

H君

今日は深夜12時半まで受験生を指導しました。
一昨日、同じく深夜12時半までセンター試験明けの卒業生H君と話しました。

H君の話には若者の夢と希望がつまっていて、めちゃくちゃ刺激を受けました。
私もこのまま年取ったらいかんな、日々勉強せないかんなということを痛切に感じました。
H君は全国最難関の私立大を受験します。彼の合格発表を首を長くして待ちたいと思います。

唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

本館7F terakoya shop blog をぜひご覧ください。

by terakoyanet | 2011-01-21 01:24 | 雑感・授業風景など | Trackback | Comments(0)
2011年 01月 19日

日奈久の路地裏を歩く。 sanpo

以前、国の登録有形文化財にも指定されている日奈久温泉の金波楼のお話をしましたが、今日は、日奈久温泉の路地裏を紹介したいと思います。

日奈久温泉を知るにあたってとても役に立つ、というか見てるだけで食指が動いてしまうページが日奈久温泉路地裏ツーリズムホームページです。これほど温泉街という温かみをそのまま伝えてくれるHPは数少ないでしょう。ぜひ日奈久温泉に行くときには一読なさることをおすすめいたします。


宿泊した金波楼を出て、のんびり日奈久散策です。
d0116009_1113885.jpg
金波楼の玄関


金波楼のお隣、泉屋さんへ。
日奈久の旅館の特徴は、木造3階建ての伝統旅館がいくつも残っていること。
金波楼さんも泉屋さんも木造3階建てで、これらの旅館の佇まいがこの温泉街の情緒ある風景を生み出しています。
d0116009_11133276.jpg

泉屋さんを見せていただいて感銘を受けたのが、飾り障子の意匠のすばらしさ。
d0116009_11135983.jpg

朱塗りの階段が美しい。
d0116009_11142758.jpg


散策は続きます。日奈久には猫がたくさんいました。
d0116009_1114564.jpg

西湯
d0116009_1116141.jpg

山頭火の句板があちらこちらに。
d0116009_11151843.jpg

そして松の湯へ。素朴な外観に惹かれます。
d0116009_11164279.jpg
こんにちは、とお出迎え。
d0116009_11171238.jpg
d0116009_11173844.jpg
浴室は水色で統一されていて、レトロで懐かしく、かわいらしい感じでした。
天井には換気口が。
d0116009_1118943.jpg
透明のやわらかい湯がこんこんと浴槽を満たします。私はこちらの浴場をすっかり気に入りました。日奈久の魅力をぎゅっとしぼったような場所です。
d0116009_11183522.jpg


温泉神社に向かいます。
d0116009_1119588.jpg
境内の階段下に線路があり、1両の電車が通っていました。
d0116009_11193187.jpg
長い階段を上って
d0116009_11195421.jpg
本殿へ
d0116009_11201849.jpg
d0116009_11204125.jpg
日奈久には孝行息子六郎左衛門の開湯伝説が残ります。
d0116009_11211250.jpg
d0116009_11213652.jpg
本殿前からは日奈久温泉街を一望。温泉街の向こうには八代海と天草。
d0116009_1122512.jpg
再び温泉街に戻ります。
d0116009_11222984.jpg
桑原竹細工店へ。
d0116009_11225682.jpg
日奈久名物のおきん嬢人形です。素朴でとってもかわいらしい。ツボです。
d0116009_11232017.jpg
d0116009_11234343.jpg
d0116009_11241132.jpg
東湯
d0116009_11243554.jpg
日奈久港へ
d0116009_1125420.jpg
d0116009_1125312.jpg
穏やかな内海。海の向こうは天草上島。
d0116009_1126471.jpg
日奈久温泉街は昔は海岸沿いにあり、波の音を聞きながらやわらかいお湯に浸かっていたそうです。いまは干拓により温泉街は海岸線から少し離れてしまいました。穏やかな波の音を聴きながら往時のこの街を想像します。
d0116009_11262963.jpg
日奈久の名物といえばちくわです。
d0116009_11265681.jpg
金波楼に戻ってきました。やはりこちらの風格は特別です。
d0116009_11272242.jpg


日奈久は温泉風情の漂う街です。
九州新幹線が開通したら、博多からのアクセスも1時間ほどになり、いままでよりぐっと近くなります。
またぜひ近いうち訪れたいと思います。

唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

本館7F terakoya shop blog をぜひご覧ください。

by terakoyanet | 2011-01-19 12:10 | 塾長おすすめの場所 | Trackback | Comments(0)