寺子屋ブログ by 唐人町寺子屋

terakoyant.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2011年 02月 ( 23 )   > この月の画像一覧


2011年 02月 28日

皆様へお知らせ

1 寺子屋3年生保護者様へお知らせ

昨日の授業の際に、3月のスケジュール案内・三者面談のご案内を配布しました。
ご確認をお願いいたします。


2 terakoya shopからのお知らせ

販売メーカーの都合で、shop1番人気商品のマウイトロピカルソープ詰め合わせの発売が終了となります。詳しくはterakoya shop blogをご覧ください。


唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

更新しました!本館7F terakoya shop blog をぜひご覧ください。

by terakoyanet | 2011-02-28 15:35 | お知らせ | Trackback | Comments(0)
2011年 02月 26日

将来推計人口と国勢調査人口との誤差から見る将来の日本

国勢調査を斜めから読んでみました。


国勢調査の人口速報値が発表されたので、2007年に国立社会保障人口問題研究所が発表した2010年の将来推計人口と実際の2010年の国勢調査の数字を比較してみました。

2007年時点の2010年将来推計人口予想は1億2717.6万人で前回2005年国勢調査より減少を予測。
実際には1億2805.6万人で前回国勢調査より人口は微増。(減少と微増ではえらい違い[だと思う。])

誤差は88.0万人で、この誤差を大きいと感じるか、小さいと感じるかは人それぞれですが、私としては、たった3年前に知恵をしぼって複雑な数式を導入して予想してもこれほどの誤差が出るのかと驚きました。



◇推計人口より実際の人口が多かった都道府県TOP10(*数字は国勢調査人口-推計人口)
*人口増加数Top10ではありません。念のため。
1位 東京都 +25.6万人
2位 大阪府 +12.7万人
3位 埼玉県 +11.3万人
4位 千葉県 +10.9万人
5位 神奈川県 +8.8万人
6位 愛知県 +4.1万人
7位 福岡県 +3.9万人
8位 茨城県 +3.4万人
9位 兵庫県 +2.5万人
10位 広島県 +1.9万人


逆に、推計人口より人口が少なかった(予想よりさらに人口が減った!)のが東北地方の各県(宮城県を除く。他にも数県あります。)
青森県-1.3万人、岩手-1.1万人、秋田県-0.8万人、山形県-0.9万人、福島-1.0万人





推計人口がピタリとあたった都道府県が全国に1つだけありました!
佐賀県です。
推計人口85.0万人、国勢調査人口85.0万人。ピッタンコカンカン!おめでとうございます!

佐賀県に住まいを持つ方々は、国立社会保障人口問題研究所の方に行動や家族計画をすべて捕捉されている、または県民に多くの工作員が存在するかもしれませんので注意が必要です。





国立社会保障人口問題研究所の推計と国勢調査統計を比較すると、いくつかの特徴が浮かびあがります。

まず、推計値よりはるかに人口の一極集中が進んでいること。
特に東京への一極集中は、数式の範疇にはおさまらない伸びを示しています。
3年間でこの誤差(東京+25.6万人)が出たのなら、同時に発表された30年後推計人口は100万人以上の誤差が出るかもしれません。
また東京に続いて、大阪でもUターン(都市回帰現象)が起きていますが、推計値ではこの動きを読みとることができません。
東京・大阪以外の地区でも、それぞれの地区で地方中枢都市(北海道-札幌市、宮城県-仙台市、愛知県-名古屋市、広島県-広島市、福岡県-福岡市)への人口集中は、いずれも推計値を上回る数字となっています。

ついでに東北地方の推計より大きい人口減少は、東京に東北地方の人たちが予測以上に吸い取られたことをものがたっています。東北地方と東京の物理的距離は年々狭まっています。東北地方の人口は今後ますます「予想以上に」東京に吸い取られていくでしょう。



私がなぜこれほどマニアックに統計について語っているのかと言うと、私は推計人口と国勢調査人口の差異にこそ、今後の日本を読み解く鍵があるのではないかと考えているからです。推計人口は非常に合理的な方法で算出されています。裏を返せば、推計人口と国勢調査人口の差が大きければ大きいほど、そこには非合理な力学がはたらいていることになるのです。この非合理な力学こそ、現代の人々の欲望の正体です。


これからの将来、日本の人々はますます東京を欲望します。
リトル東京(地方中枢都市)にやってきた人たちは、それでも飽き足らず、リアル東京を目指します。
ますます加速度を増すこの欲望に、地方はどのようにして太刀打ちしていくのでしょうか。

東北地方は東京とのアクセスが便利になればなるほど、地域の活力を東京に吸い取られました。東北地方と東京のアクセスが便利になって目を輝かせるのは、東北地方の人でしょうか、東京の人でしょうか。そんなことははじめからわかっていたはずです。


日本国民の欲望がすべて東京に集中するように、これまでせっせと何十年も日本列島を磨き上げてきたのです。いまさら地方の魅力を、と言ったところでそれはツーリズム的な魅力を発掘するにとどまるでしょう。そこには人々が欲望するものが決定的に欠如しているのです。

真の地方活性化のためには、東京を渇望する人々の視線を一旦リセットするほどのパワーを持つ、「欲望される地方」を形成するしか方法はありません。

しかしそんなことは可能でしょうか。また、可能だとして、その実現は、東京というイデオロギーの全体化にすぎないのではないでしょうか。


石原都知事は、東京が将来も地方に対して圧勝し続けるであることを確信している人物の1人であり、いまのところそれは正しいと言えましょう。しかも彼は積極的に東京を欲望する見本を示します。


宮崎では東国原知事が活躍しました。彼は一時は地方という弱者を助けるスーパーマンになりました。しかし彼の行政はむしろ地方の弱さを際立たせ、その挙句、現在では、東京への欲望という生々しい本音を露呈するに至っています。




日本全国が、東京という欲望に向かって進んでいる。
これは私が将来推計人口と国勢調査人口との誤差から読み取ったことです。

そしてそこから将来の日本についてあれこれ考えたあとに見えたのが、地方がさらに疲弊してゆく姿です。それは寂しい姿です。しかし、それが果たして不幸なことがどうかはまだ確信を持てません。欲望に向かう形とは別の幸せはきっとあるはずだと思っています。




唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

本館7F terakoya shop blog をぜひご覧ください。

by terakoyanet | 2011-02-26 06:04 | 寺子屋エッセイ(読み物) | Trackback | Comments(0)
2011年 02月 24日

福大・西南大合格発表

一昨日、昨日と福大・西南大の合格発表が行われ、次々に合格のお知らせが届き、塾内におめでとうコールが響きました。

合格者の皆さんおめでとう!!

後期試験を残す皆さんは、残り数週間、どうか力の限り頑張り尽くしてください。

唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

本館7F terakoya shop blog をぜひご覧ください。

by terakoyanet | 2011-02-24 05:58 | お知らせ | Trackback | Comments(0)
2011年 02月 23日

2011年度福岡県公立高校中間志願者数・志願倍率〈福岡地区〉

本日発表の2011年度福岡県公立高校中間志願者数・志願倍率の速報をお届けします。
詳しくご覧になりたい方はこちらの福岡県庁HPをどうぞ。

こちらのページでは、推薦合格内定者数を除いた実質志願倍率を発表いたします。県発表の数値は内定者の人数が入学定員及び志願者数に加算されていますので、2つの数値から内定者人数を引いて商を求めることで一般試験の実質倍率を算出することができます。(実際の倍率は県発表の数値よりもっと高いんです(汗))

なお、発表する範囲は本校の生徒たちが受験する第7学区、及び第6学区の一部です。
*注:以下の合格者数・不合格者数についてはあくまで統計上の数字であり、実際に必ず以下の結果になることを保証するものではありません。(科やコースが複数に分かれている高校では、転科合格などにより以下の数字が大きく変動します。入学辞退者が出て補欠合格が出る場合もあります。)


◇普通科・総合学科 実質倍率

1位 城南高校(理数科) 残り定員35名・志望者数84名 倍率2.40
⇒受験者のうち35名が合格、49名が不合格

2位 城南高校(普通科) 残り定員346名・志願者数725名 倍率2.23
⇒受験者のうち346名が合格、379名が不合格

3位 修猷館高校(普通科) 残り定員372名・志願者数749名 倍率2.01
⇒受験者のうち372名が合格、377名が不合格

4位 福岡西陵高校(普通科) 残り定員260名・志願者数403名 倍率1.55
⇒受験者のうち260名が合格、143名が不合格

5位 福岡中央高校(普通科) 残り定員316名・志願者数476名 倍率1.51
⇒受験者のうち316名が合格、160名が不合格

6位 福翔高校(総合学科) 残り定員236名・志願者数343名 倍率1.45
⇒受験者のうち236名が合格、107名が不合格

7位 筑前高校(普通科) 残り定員355名・志願者数514名 倍率1.45
⇒受験者のうち355名が合格、159名が不合格

8位 糸島高校(普通科) 残り定員244名・志願者数288名 倍率1.18
⇒受験者のうち244名が合格、44名が不合格

9位 福岡講倫館高校(総合学科) 残り定員211名・志願者数242名 倍率1.15
⇒受験者のうち211名が合格、31名が不合格

10位 福岡女子高校(普通科) 残り定員107名・志願者数114名 倍率1.07
⇒受験者のうち107名が合格、7名が不合格

*玄洋高校、早良高校は定員割れ。


今年は城南高校が倍率の1・2位を占めています。3位の修猷館高校は毎年実質倍率が2倍を超えますので驚きはありませんが、城南高校の倍率には思わず悲鳴を上げてしまいました。

2校以外の高校の倍率は、やや落ち着いた感があります。
昨年のデータと見比べたい方はこちらを参照ください。

福岡中央高校は例年の平均倍率より低めですが、城南高校から志望校を変えてくる生徒が例年より多くなりそうですので状況に変化が出る可能性があります。

福岡西陵高校は順位こそ昨年より上昇(5位⇒4位)しましたが、倍率自体は下がっており、過去数年のなかでは比較的合格の門が広い状況です。

福翔高校も、昨年はバブルのような高さの倍率に驚かされましたが、今年はやや落ち着きました。

講倫館高校は学校名が変更になって以来最低の倍率になりそうです。実質倍率が約2倍の年もありましたが、今回はかなり低く、ここまで変動があると学校の校風自体も変わる可能性があるのではないかなと考えてしまいます。

その他の高校の倍率はほぼ例年並みです。



◇専門科・コース 実質倍率

1位 福岡工業高校(情報工学) 残り定員25名・志願者数61名 倍率2.40

2位 福岡工業高校(電気工学) 残り定員24名・志願者数56名 倍率2.33

3位 福岡女子高校(食物調理) 残り定員29名・志願者数61名 倍率2.10

4位 福岡工業高校(染織デザイン) 残り定員25名・志願者数49名 倍率1.96

5位 博多工業高校(画像工学・電子情報) 残り定員55名・志願者数98名 倍率1.78

6位 福岡女子高校(保育福祉) 残り定員30名・志願者数52名 倍率1.73

7位 福岡工業高校(機械工学) 残り定員62名・志願者数105名 倍率1.69
*機械工学科のうち、工業進学コースの倍率(実質)は1.66倍 

8位 博多工業高校(機械・自動車工学) 残り定員92名・志願者数153名 倍率1.66

9位 福岡女子高校(生活情報) 残り定員34名・志願者数55名 倍率1.62

10位 博多工業高校(インテリア・建築) 残り定員68名・志願者数107名 倍率1.57

*転科合格が多く見込まれますので、合格・不合格者の数は記載しません。


専門科を抱える学校は転科合格がありますので、科(コース)の定員にもれる=不合格を意味しません。学校全体として転科合格しやすいかどうか、は学校全体の倍率を見ればわかります。

博多工業高校(全体) 残り定員215名・志願者数358名 倍率1.67
⇒受験者全体のうち215名が合格、143名が不合格

福岡工業高校(全体) 残り定員243名・志願者数394名 倍率1.62
⇒受験者全体のうち243名が合格、151名が不合格

福岡女子高校(全体) 残り定員261名・志願者数335名 倍率1.28
⇒受験者全体のうち261名が合格、74名が不合格

糸島農業高校(全体) 残り定員121名・志願者数149名 倍率1.23
⇒受験者全体のうち121名が合格、28名が不合格


博多工業・福岡工業は高校別倍率では城南高校と修猷館高校の次に位置し、転科合格が決して易しくないことがわかります。
福岡女子高校は転科合格しやすい印象を持っていましたが、今年に関しては昨年に比べ3倍近い数の不合格者が予想されます。油断は決してできません。


その他、単位制高校の博多青松高校のⅡ期入試倍率は2.12倍となっており、狭き門です。



今年、本校では私立を第1志望とする生徒が多く、公立受験者が例年より少ないです。
本校生が受験する予定の高校は、修猷館高校・城南高校・福岡中央高校・福翔高校・福岡工業高校・福岡女子高校・博多青松高校となっています。

公立は私立に比べてずっと狭き門!
これからの2週間が勝負なんです。
努力は決して裏切りません。最後までけっしてあきらめないこと!
みんなの最後の頑張りを期待しています。
どこまで自分を追い込むことができるか、自分と闘ってください。



唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

本館7F terakoya shop blog をぜひご覧ください。

by terakoyanet | 2011-02-23 04:46 | 進学情報 | Trackback
2011年 02月 22日

ハイデルベルク城

本日は、ドイツ中部のハイデルベルク城のご紹介です。
ハイデルベルクはドイツ中部の歴史都市。ドイツ最古の大学があることでも知られています。
フランクフルト国際空港からも車で1時間の好アクセスで、多くの観光客が訪れます。

ドイツはハイテク国家です。
市街地の高台に位置するハイデルベルク城に向かうためには旧市街からケーブルカーを利用します。
思わず頭に「近未来」という言葉が浮かぶケーブルカー駅。
d0116009_3282962.jpg

ケーブルカーがやってきました。

d0116009_329224.jpg


ケーブルカーに乗ってゆっくり登っていきます。
私たちは一旦ハイデルク城のステーションを通り過ぎて、さらなる高台を目指しました。
途中からはローテクな登山ケーブルに乗り換え。

d0116009_3294211.jpg

登山ケーブルに乗る直前にカシャっとしたのですが、ブレました。
しかしこのブレがなんだか何かのCDジャケットっぽい気がするのであえて載せます。

d0116009_330967.jpg

大丈夫か?と心配になるほど急な斜面をケーブルはゆっくりと登っていきます。
途中、ネッカー川に架かるアルテ・ブリュッケがちらっと見えました。


てっぺんのケーニヒシュトゥール駅に到着。
眼下にはネッカー川を挟んで広がるハイデルベルク旧市街、新市街が一望。とても美しいです。
d0116009_3303298.jpg

この駅からはトレッキングコースがあるようです。
ゆっくりドイツを訪れることがあれば、ぜひチャレンジしてみたいです。


ケーブルカーで折り返し、ハイデルベルク城前の駅で下車。
下車するとすぐに到着です。



ループレヒト館です。城内で最も古い建築物のひとつ。1300年ごろに造営されたと考えてれています。
d0116009_401569.jpg


イギリス館とディッカー塔
d0116009_3305525.jpg
d0116009_3311856.jpg


フリードリヒ館です。美しい宮殿建築。1608年にプロテスタント同盟を結成し、その盟主となったフリードヒ4世が造営しました。
d0116009_3314133.jpg



d0116009_332251.jpg
d0116009_3322332.jpg




オットハインリヒ館です。ドイツルネッサンスの代表的建造物であるこの館は1556年に建造されました。
d0116009_3324427.jpg


城内の展望テラスから眺めたハイデルベルク旧市街。
d0116009_3331436.jpg


ケーブルカーで旧市街に降りました。
さっきまでいた美しいお城が気になって、何度も振り返って見てしまいます。
d0116009_3333847.jpg



日が暮れ、ハイデルベルク城は控え目にライトアップされました。
「やっぱりドイツ好きだなー」「さすがロマンの本場だねー」と他愛のない会話をしながら、妻と2人でしばらくネッカー川の畔に座っていました。
d0116009_334475.jpg


唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

本館7F terakoya shop blog をぜひご覧ください。

by terakoyanet | 2011-02-22 04:26 | 好きな場所 | Trackback | Comments(0)
2011年 02月 22日

新しいものに出会うことは楽しい。

昨日の1年生特進クラスの授業は、初めての連立方程式。
プリントを配ったとたん、子どもたちの顔がほころびます。

勉強は何もいやなことばかりではありません。
教室には、初めて連立方程式の数式を目の前にして、わくわくした気持ちが湧きあがっている子どもたちがいました。

新しいものに出会うときにときめく気持ち。
子どもたちの一瞬のときめく表情は、指導する側の気持ちの方も大いに盛り上げてくれます。

さあ、新しい単元に頑張って取り組んでいきましょう!!

唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

本館7F terakoya shop blog をぜひご覧ください。

by terakoyanet | 2011-02-22 03:05 | 雑感・授業風景など | Trackback | Comments(0)
2011年 02月 21日

2011年度 本校私立合格状況

私立高校の結果が出揃いました。
今年の3年生の頑張りの結果です。
今年はそれにしても一つひとつの合格が光り輝いています!努力した子ほどその輝きは美しいです。
この1年間で偏差値を10以上上昇させ、合格をつかみとった生徒が複数います。
中村学園女子高校の受験者5名全員が特進Vコースに合格したのも快挙です。

今年の本校の私立高校受験の特徴として上げられるのは、各学校の特進コースを志願する生徒が非常に多かったことです。その結果、本校の生徒のうち半数が各学校の特進コース入学の切符を手に入れています。私立の特進クラスの授業レベルの高さと細やかなフォローに期待してのことだと思います。高校の特進クラスの授業についていくのは大変です。しかし高校でみっちり勉強できるからこそ選んだ特進クラス。ぜひ高校に入ってこれまで以上に頑張ってほしいと期待しています。

今年は私立高校を第1志望とする生徒が多く、2月の時点で全体の半数以上の生徒の進路が確定しています。進路決定のみんなおめでとう!

◇2011年度 私立入試合格高校 (本校3年生26名の頑張りです!おめでとう!!)

九州産業高校 1
精華女子高校 2
西南学院高校 1
筑紫女学園高校 4(特進1名 進学3名)
東邦高校 1(文理特進特待1名)
博多女子高校 2(特進2名)
東福岡高校 5(特進英数特待1名、特進2名、進学2名)
福大附属大濠高校 2
福岡舞鶴高校 2
中村学園女子高校 5(特進V特待4名、特進V1名)
福大附属若葉高校 3(スーパー特進特待1名 福大2名)



以下は過去3年間の私立入試合格状況です。


◇過去3年間 私立入試合格高校 (計78名)

九州高校 1
九州産業高校 3
弘学館高校 1
精華女子高校 5
西南学院高校 4
筑紫女学園高校 12(特進1名 進学11名)
東邦高校 1(文理特進1名)
博多女子高校 3(特進2名 進学1名)
東福岡高校 19(特進英数3名、特進7名、進学9名)
福大附属大濠高校 16(スーパー進学2名、特進3名、進学11名)
福岡舞鶴高校 8(特進2名、進学6名)
中村学園女子高校 10(特進Vコース8名、進学2名)
中村学園三陽高校 1
梅花高校 1
福大附属若葉高校 5(スーパー特進1名、アドバンス特進2名 福大2名)
早稲田佐賀高校 2
ラサール高校 1

唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

本館7F terakoya shop blog をぜひご覧ください。


唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

本館7F terakoya shop blog をぜひご覧ください。

by terakoyanet | 2011-02-21 03:24 | お知らせ | Trackback | Comments(0)
2011年 02月 20日

Grammy Awards 2011 Performance!

今年のグラミー賞の最大の驚き(個人的)はArcade Fireのベストアルバム受賞。

YouTubeに今年のグラミーのようすがアップされつつあります。
Lady GagaのBorn This Wayの卵パフォーマンスもすごい、Rihannaの子どもには見せられないパフォーマンスも素晴らしい!


しかし一番のお気に入りはこちら。
Bruno Mars、B.o.B、Janelle Monaeといういま旬のアーティスト3組が組んだパフォーマンス。Bruno Marsがめちゃかっこいい。B.o.B(昨年BrunoとJanelleそれぞれと組んだ曲がヒットした)はゴキゲン。そしてJanelle Monaeがキュート。
どんどん盛り上がっていくのでぜひ最後までご覧ください。




Bruno Marsはいまや押しも押されもせぬ新世代の大スター。下は現在世界中で特大ヒット中のGrenade。


Janelle Monáeは音楽通たちも大絶賛のニューカマー。
本ブログでも一度紹介済みです。PVはCold War 。涙。


唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

本館7F terakoya shop blog をぜひご覧ください。

by terakoyanet | 2011-02-20 03:22 | 雑感・授業風景など | Trackback | Comments(0)
2011年 02月 18日

中3生、インフルエンザに注意

昨日、中3生3名が体調を崩して授業を欠席しました。
インフルエンザの報告はいただいていませんが、現在、中学校の中3生の間でインフルエンザが広がっているようです。体調管理に十分に注意してください。


唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

本館7F terakoya shop blog をぜひご覧ください。

by terakoyanet | 2011-02-18 16:01 | お知らせ | Trackback | Comments(0)
2011年 02月 18日

方便の中で生きる

鳩山氏の「方便」発言が物議をかもして数日が経過した。
それにしても報道が酷い。そしてその報道にのっかって批判をする議員たちが酷い。
菅氏をはじめとする議員たちは単に「大人の事情」で彼の発言を批判しているだけである。
それなのに批判する側の無責任さが精査されることがないのはなぜか。
そして簡単に批判に追随する人が多いのはなぜか。

私たち情報を受け取る側は、批判をする前に、真を語ろうとしている側の話を傾聴すべきである。今回の場合、鳩山氏の発言には人を欺く意思は全く見られないのである。むしろ人を欺き、彼の問題提起を矮小化し、うやむやにしようとしているのは彼を批判する側である。

私は鳩山氏の支援者ではない。しかし過去の首相に比べると、鳩山氏が一貫して沖縄側に立って発言してきたことは理解できる。また、今回の発言がその延長上にあるものであることを理解することは容易である。
「方便」発言問題によって「鳩山氏に対する沖縄の信頼は地に落ちた」という報道が見られる。しかしこのような類いの報道こそ沖縄問題の本質を覆い隠してきたものである。

沖縄県内の報道の中には今回の問題について正鵠を射たものがある。
最たるものが、琉球新報の以下の論評。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110218-00000014-ryu-oki

鳩山氏の「方便」発言に対する周囲の反応は、相撲界で数年前に「八百長」問題が取りざたされたときの相撲協会の反応に似ている。明らかにされた側の心内は「それを言っちゃあおしまいよ」なのである。

「方便」は見方を変えれば共同体の暗黙のルールである。
それに対する侵犯者は厳しく処罰されなければならない。
鳩山氏が記者の質問に答える形で意図せず「方便と言われれば方便だった」と言ったことは、共同体の基礎を揺るがす出来事であったことは想像に難くない。

鳩山氏の発言が共同体のルールにより「抹殺」されるのか、それとも発言の意義をくみ取り、次につなげる機運が生まれるか、注視したいと思う。


唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

本館7F terakoya shop blog をぜひご覧ください。

by terakoyanet | 2011-02-18 14:32 | 寺子屋エッセイ(読み物) | Trackback | Comments(0)