寺子屋ブログ by 唐人町寺子屋

terakoyant.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2011年 09月 ( 20 )   > この月の画像一覧


2011年 09月 29日

今年のおすすめ曲(Sep. 2011)

今年これまでに出た新譜の楽曲のなかで、特にお気に入りのものを紹介します。
6月に日本の曲を載せましたので、今回はそれ以外で。


◇Adele - Don't You Remember
言わずと知れた今年の顔。アルバムのなかから最もエモーショナルな曲を。



◇PJ Harvey - Let England Shake
今年、私が一番聴いているアルバムより、アルバムタイトル曲。
唯一無二の個性を如何なく発揮した新譜は、アルバム全体を通して佳曲揃い。



◇Fleet Foxes - Helplessness Blues
つい先日のコンサートより。とてもいい演奏です。
いい曲ばかりの新譜の中でもずば抜けていい曲。




◇SBTRKT - Living Like I Do
Radiohead, Basement Jaxx, Gorillaz, Underworldなどのリミックスですでに有名だった覆面ダンス・プロデューサーSBTRKTが今年7月にアルバムデビューしました。
洗練されすぎず、とてもポップなサウンド。




◇Björk - Crystalline
まもなくアルバム発売のBjörkの先行シングル第1弾になった楽曲。後半部の低音のリズムの大きな振幅が最高です。いつも全身揺らしながら傾聴してしまいます。彼女の長いキャリアの中でも最高楽曲のひとつ。



◇Bon Iver - Towers
今年、大ブレークした男性アーティストと言えば彼。彼のような一見地味なアーティストが派手に売れてしまうところにアメリカの音楽界の懐の広さを感じます。彼のアルバムのなかではかなりアップテンポの部類に入る美メロ曲を。




◇Panda Bear - Tomboy
Animal Collectiveのフロントマンのソロ作。今回の作品はAnimal Collectiveの最近のアルバムよりボーカルが多くて明るくなった印象。聴いていると身体の中を爽快な何かが駆け抜けます。




◇Noel Gallagher's High Flying Birds - The Death of You and Me
今年はオアシス兄弟(大久保さんと光浦さんではない)がどちらもバンドで新譜を出しました。
先に出た弟くんのBeady EyeはThe Beat Goes OnやThe Roller, Four Letter Wordなど泥臭いけどメロディーが素晴らしい曲が多くてうれしいびっくりを味わったのですが、お兄さんのこちらが出たとたん、「あー、やっぱりオアシスのモダンな感じはお兄ちゃんが握っていたのか」とお兄さんのソングライティングの腕に感服せざるを得ませんでした。お兄さんのほうのアルバムはまだ聴いていませんが、こちらのシングルを聴く限り間違いありません。とてもいいです。




◇Laura Marling - The Muse
私のブログでは何度となく紹介しているLaura Marling。随分有名になりました。
また新譜を出しましたが、またまたすばらしいアルバムに仕上がっています。




ほかにも今年出たもののなかでたくさんいい曲がありますが、次の機会にしたいと思います。



唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

本館7F terakoya shop blog をぜひご覧ください。

by terakoyanet | 2011-09-29 06:40 | おすすめの本・音楽 | Trackback | Comments(2)
2011年 09月 28日

映画「コクリコ坂から」を見た。

先日、ジブリの「コクリコ坂から」を見た。

d0116009_1353240.jpg

*ホークスタウン(生徒曰くホータン)のユナイテッドシネマにて。


ノスタルジーがつまった映画。

挿入歌に坂本九の「上を向いて歩こう」が使われていたが、私はこの曲を聴くたびに強い憧憬が心をよぎる。その憧憬とは、この曲が持つメッセージが真っ直ぐ人たちの心に届いていた時代に対するものだ。いまよりずっと純粋でずっと単純だった時代に対する憧れ。

一度、この映画の主人公たちと同じく1960年代に青春時代を過ごした人たちに尋ねてみたいところだ。本当にこのような時代はあったのですか?と。



話が逸れるが、2001年にウルフルズとRe:Japanが坂本九の「明日があるさ」をカバーした。
私はそのとき、この時代にこの曲をカバーするなんてバカげていると思った。
ニコニコと「明日があるさ」と歌う歌手を見て、なんて空疎なんだと思った。なんて無神経なんだと思った。バカにしていやがると思った。

集合写真でひとりだけ笑っていない人に、無理やり笑顔をつくらせるような強引さ。
「明日があるさ」と高らかに謳っておきながら、実際には「明日がない」というネガティブな共同体がはじめから前提とされており、それでもカラ元気を出して「明日がある」って言っとかないとねという強迫的とも言える所作を感じ、身震いがした。「明日がある」と言っている奴らが実際のところ一番ペシミストじゃないか、と思った。



で、本題に戻ってこのコクリコ坂。
すべての嫌悪すべきものが排除されていた。大人のいやらしいところなど微塵も描かれておらず、恋の駆け引きも何もなく、ただひたすらさわやかだった。その徹底したさわやかさにとても好感を持った。

この物語を観て強いノスタルジーを感じるのは、1963年を経験していない私たちであっても青年時代に体験したことがある真っ直ぐでひたむきな思いがそこに描かれているからだ。
実際のところ、私自身に真っ直ぐでひたむきな時代があったかどうかはわからない。しかしこの映画には、私自身がかつてこのような気持ちを抱いた時代があり、そしてこれからもそれを大切にしたい、と思わせる力があった。これぞ物語の力だ。

映画のディテールにも優れたところが見られた。
私たちの世代には全くなじみのないカルチェラタンのカオス的な雰囲気。
下宿人が描いた油絵から、海が旗をつけた船を発見する場面の色彩。
学校の理事長を廊下で待つ場面のコミカルな時代描写。
思わず笑みがこぼれるシーンがいくつもあり、観ながら穏やかな幸福感を感じた。


強迫的に希望的未来を押しつけるより遥かにすぐれた方法で、私たちに明るい未来のあり方を教えてくれるこの映画が私は好きです。


唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

本館7F terakoya shop blog をぜひご覧ください。

by terakoyanet | 2011-09-28 13:12 | 寺子屋エッセイ(読み物) | Trackback | Comments(0)
2011年 09月 28日

9/28の雑感

早いもので9月もまもなく終了。
最近は気温の日較差がはげしく、身体不調に陥りやすい時期ですね。
生徒たちも体調を崩している生徒が複数見られます。
皆さんもお気をつけて。

私は数日前、「ある生徒へ」と題し、次のように書きました。


一見したところ、一生懸命勉強してるように見えるけど、実際のところ、自分が得意なところ、または自分にとって楽なところしか勉強していないでしょう。

それでは決して成績は伸びませんよ。
もっと強くならないと。



この記事を見て、2人の生徒(2人とも女の子)が「ある生徒って私のことですか…」と恐る恐る聞いてきました。2人とも「ドキっとして…」と。

この記事を書いたとき、私の頭の中に具体的に浮かんでいた子は2人。
でも、その他の子もこの記事を見て、ドキッとして何か考える機会になってくれたら…と期待を持っていました。

尋ねてきた2人は私がはじめに頭に浮かんでいた2人ではありませんでした。
でも、2人とも確かに苦手な科目に消極的、というか、苦手な科目への逃避を能動的に行っている子。それで、この記事を見て「あっ、私のことかもしれない」と思って尋ねてきたようです。
「○○さんのことを直接書いたわけじゃないよ。でも○○さんみたいな人に、自分のことかもと、はっとしてもらいたいから書いたよ。」という話をしました。
今後の自分の学習のしかたを再考する機会になれば願っています。



24日(土)から昨日にかけて、中学生たちに今月の成績記録表を渡しました。
成績が上がった子がほっぺを紅潮させて喜んでいる姿がとてもかわいらしかったです。

先月は夏期講習でどうしても時間が取れず、毎月発行の成績表をお渡しできていませんでした。
ですから今月号に先月の順位を小さく発表していたのですが、先月が過去最高位だった子が数名おり、ある子は先月の成績表が出なかったことを甚(いた)く嘆いていました。
とてもそのようすがとてもけなげで、ごめんなさいと、心を痛めました。

昨年も同じことがあったことを思い出します。
なんとか毎月発行できるようにさらに努力をしたいと思っています。



いよいよ百道中は中間テスト。
Mくん、Sさん、Tくん、どうか力の限り頑張ってください。


唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

本館7F terakoya shop blog をぜひご覧ください。

by terakoyanet | 2011-09-28 11:15 | 雑感・授業風景など | Trackback | Comments(0)
2011年 09月 26日

朝の陽光を浴びるカイルア・コナの町

ハワイ島コナ滞在3日目。快晴の朝。

部屋から見た太平洋。豪華クルーズ船"Pride Of America"(すごい名前)の姿が見えます。
d0116009_1240567.jpg

プールで泳ごうと思いましたが、朝早すぎて(7時ごろ)まだ清掃中。
d0116009_12442082.jpg

コナの町に散歩に行くことにしました。


滞在したコンドミニアムはコナの中心部近くの"Kona Reef"。
d0116009_12463629.jpg
部屋は広くて清潔。ホテルのような何でも揃ってる感はありませんが、とにかく景観が素晴らしい立地でした。ラナイの目の前にウミガメがやってきたり…と忘れられない滞在になりました。


d0116009_1253683.jpg


ハワイ島の朝は早い。
Kona Reefから歩いて数分のLAVA JAVAは、すでにたくさんの人で賑わっていました。
d0116009_12552994.jpg
LAVA JAVAはおそらくコナでも一番有名なカフェレストランのひとつ。前夜にJack Johnsonがさらに繊細になったような歌い手の生歌を聴きながらここで食べたバーガーが最高に美味しかった。また、こちらのシナモンロールはWizard Publications Inc.が発行しているハワイ島ガイドブック"Hawaii The Big Island Revealed"の中でDining Best Betsのひとつに選ばれています。


カイルア湾
d0116009_1337642.jpg


コナには小規模のショッピングモールがいくつかあります。
Kona Inn Shopping Villageもそのひとつ。
d0116009_12543714.jpg
こちらはコナでも老舗の部類に入るショッピングモール。ハワイらしい雰囲気のお店がたくさん並んでいます。もともとはホテルだったので建物にも味があります。


d0116009_13133793.jpg



マクアイカウア教会"Mokuaikaua Church"はハワイ最古の教会。南国らしい明るさをもった外観が素晴らしいです。
d0116009_13221185.jpg
厳かな空気の中に陽光が差し込んでいました。
d0116009_13261280.jpg
内部はコア材が多く使われています。


教会の目の前にはプリヘエ・パレス"Huliheʻe Palace"。ハワイ王族の別荘跡です。
d0116009_1329690.jpg
こちらは内部の家具の展示等がかなり面白いので立ち寄られることをおすすめします。


d0116009_13345274.jpg



カイルア・コナの港。
朝からたくさんのシュノーケル、ダイビング、クルーズの船が出港しています。
d0116009_1335388.jpg


キングカメハメハホテル"King Kamehameha's Kona Beach Hotel"前の交差点。
d0116009_13441320.jpg

キングカメハメハホテル前のビーチ。
d0116009_142230.jpg
キングカメハメハホテルは東日本大震災に伴う津波で大きな被害を受け、ハワイ内でも大きなニュースになりました。

ホテル敷地内にあるアフエナヘイアウ"Ahu'ena Heiau"。
d0116009_13395773.jpg
津波被害のため、ヘイアウ周辺は立ち入りができない状態が続いていました。(2011年9月上旬)


カヤックがたくさん。
d0116009_1342484.jpg



とても気持ちのよい朝でした。
カイルア・コナは散策するにはちょうどいい大きさで、のどかな空気を感じながら歩きまわることができます。
いろいろな方々との温かい交流もあり、心に残る訪問でした。


唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

本館7F terakoya shop blog をぜひご覧ください。

by terakoyanet | 2011-09-26 13:55 | 好きな場所 | Trackback | Comments(0)
2011年 09月 26日

9/26の雑感

日曜日は中3生のロング授業。
6時間以上ぶっ通しの授業ですが、生徒たちは一生懸命頑張っています。
6時間以上、と言いましたが、これを学校の45分授業に換算すると約8コマ分の授業の長さになります。毎回1日でとてつもない分量をこなしています。

百道中は今週中間テスト。
前回の期末テストでは3名の5科目総合平均点は440点を上回りました。
前回以上の成果を期待しています。
それぞれが自己最高記録を更新できるよう、がんばってください。

日曜日の3年生の授業が約8コマ分という話から気になって、自分自身がいったい何コマ分の授業をしているのか計算してみたら、週に45分授業を55コマ分もっているという驚愕の数字が出ました。

いまのところ、すべての授業の準備を整えて指導に向かうことができていますが、このハイペースを今後ずっと続けていくことができるとは思えませんので、どこかで立ち止まって考える必要がありそうだなぁと、昨日から疲れた頭で考えています。

d0116009_1049976.jpg

3年生Yさんが書いた私の似顔絵。
過去にもこちらとかこちらとかしまいにはこちらとか、子どもたちはいろいろな似顔絵を描いてくれましたが、今回は過去最高に似ている気がします。

Yさんはめちゃくちゃ気持ちよい性格の子で、昨日も「口になんか白いのついとる!」とスノーボールを食べた直後の私に鋭くツッコミを入れてくれました(笑)
Kさんが「Y、言うよね~」と言っていましたが、Yさんのあまりの切れ味の鋭さをKさんがたまにひやひやしながら見守っているのが伝わっています。私もYさんの鋭さには日々ひやひやしています。(と言っても実はYさんはめっちゃいい子です。Kさんも。)


今日はバリバリはりきっている1年生の特進クラスの子たちの授業、そしていよいよ大学受験がせまってきた高校生の現国授業、さらには4名の個別指導です。

毎日毎日子どもたちの笑顔を見るたびに、大きなものを抱えていることを感じます。
今日も頑張っていこうと思います。


唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

本館7F terakoya shop blog をぜひご覧ください。

by terakoyanet | 2011-09-26 11:13 | 雑感・授業風景など | Trackback | Comments(0)
2011年 09月 23日

サマー合宿 ワークシートコンクール結果発表

◇サマー合宿 ワークシートコンクール結果発表

中1・2を対象に行われたサマー合宿では、日程に社会科見学を含んでおり、そのなかでワークシートコンクールが行われました。

1☝門司港赤煉瓦プレイス旧醸造棟 探検 (20点)
2☝九州工業大学 近代化産業遺産群を観る (12点)
3☝九州工業大学 近代化産業遺産機械を描く (30点)
4☝関門トンネル人道 海底を歩いて渡ろう (26点)
5☝いのちのたび博物館 博物館オリエンテーリング (40点)
6☝いのちのたび博物館 アースモール (22点)
7☝いのちのたび博物館 山本作兵衛炭坑画鑑賞 (30点)
8☝いのちのたび博物館 クロスワード (20点)
9☝八幡製鉄所 東田第1高炉跡 ガイド付 見学 (32点)
10☝サマー合宿で頑張ったこと、印象に残ったこと (68点)
                   合計 300点


以上の10のミッションがあり、与えられた課題をクリアしてゆくというもので、生徒たちは一生懸命課題に取り組みました。

このワークシートコンクールの結果が出ましたので、上位10名を発表します。


1位(グランプリ) WYくん(2年)278点
2位 ATさん (1年) 276点
3位 MCさん (1年) 275点
4位 TMさん (1年) 274点
5位 TNさん (1年) 273点
6位 BYさん (2年) 269点
6位 ISさん (1年) 269点
6位 MKさん (1年) 269点
9位 SSさん (1年) 263点
10位 MKくん (2年) 262点


先日、(ミッションのうちのひとつの)デッサンが上手だったことをこのページで紹介したWくんが総合でもトップに輝きました。
入賞者5名には賞品(クオカード3000円/500円分)が贈られます。
ひとつひとつの課題を丁寧にクリアした成果です。おめでとう!!!




ワークシートに取り組むこどもたち
d0116009_1535016.jpg
d0116009_1554663.jpg
d0116009_1574717.jpg
d0116009_159734.jpg
d0116009_1510343.jpg

*1枚だけWくん1位おめでとう記念写真が混ざっています。


唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

本館7F terakoya shop blog をぜひご覧ください。


by terakoyanet | 2011-09-23 13:36 | 生徒のがんばり(テスト結果等) | Trackback | Comments(0)
2011年 09月 22日

ある生徒へ

一見したところ、一生懸命勉強してるように見えるけど、実際のところ、自分が得意なところ、または自分にとって楽なところしか勉強していないでしょう。

それでは決して成績は伸びませんよ。
もっと強くならないと。

唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

本館7F terakoya shop blog をぜひご覧ください。

by terakoyanet | 2011-09-22 14:22 | 雑感・授業風景など | Trackback | Comments(0)
2011年 09月 21日

真庭市の旧遷喬尋常小学校

今日は岡山県北部の真庭市にある旧遷喬尋常小学校のお話しです。
中国自動車道の落合ICや米子自動車道の久世ICから十数分の位置にあります。
d0116009_1284543.jpg

こちらの校舎は、明治40年(1907年)から平成2年(1990年)まで現役校舎として使用された木造築で、ひとめぼれしてしまうような美しい外観を持っています。1999年には国の重要文化財に指定されました。

d0116009_1212440.jpg
d0116009_1213561.jpg



校舎入口。基礎が煉瓦積みであることがわかります。
d0116009_12142164.jpg



校舎に足を踏み入れたとたん、懐かしい光景が広がります。
d0116009_12174243.jpg



私が小中学校で過ごした時代は、木造校舎が次々に取り壊され、ピカピカの鉄筋コンクリート校舎に建て替えられてゆくラッシュの時期にあたります。
私が通った小学校は木造校舎でしたが、卒業とほぼ同時に取り壊されました。中学校は鉄筋コンクリートの校舎でした。
ですから、木造校舎に入ったとたん、私の頭のなかには小学校のころのたくさんの思い出が飛来してきました。


あの頃よりずっと小さく見える机といす。
d0116009_12215662.jpg
目線の変化に、自身が経てきた時間の長さを感じます。


d0116009_12244746.jpg



教室の扉。
d0116009_12254866.jpg
冬は隙間風がとてもつめたくて・・・。扉の近くの席はつらかったです。そして少しぶつかっただけで割れてしまううすい窓ガラス。


d0116009_12285322.jpg
廊下のぞうきんがけ競争を思い出します。板と板の間にごみやほこりがたまりやすくて掃除が大変でした。そしてぞうきんがけしているときに木のかけらが手に刺さって痛かった。


それにしてもこちらの校舎は外観はもちろん、天井や廊下の意匠がすばらしくて。
d0116009_12322054.jpg
d0116009_12333858.jpg



こんなにすばらしい校舎ですから、いろいろな映画の撮影も行われています。
d0116009_12345269.jpg




図書館で懐かしの本を手にとってみたり、ランドセルをからって(←福岡の方言?)みたり、足踏みのオルガンを弾いてみたりと、童心にかえるためのアイテムがたくさんあります。
d0116009_12355741.jpg
体型が大きく変化した方はランドセルをからう(=背負う)のは自粛しましょう。壊れます。



事前に調べて行けば、懐かしの校舎の中で往時の給食を食べることができるイベント等もあっているようです。ぜひ訪れてみてください。とても懐かしくて、人生がいとおしくなる場所です。


唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

本館7F terakoya shop blog をぜひご覧ください。

by terakoyanet | 2011-09-21 12:40 | 好きな場所 | Trackback | Comments(2)
2011年 09月 20日

台風接近に伴う休講のお知らせ

唐人町寺子屋より、本日の授業についての連絡です。
台風接近に伴い、本日のすべての集団授業・個別指導は休講といたします。
これに準じ、terakoya shopは臨時休業となります。



[台風の現況]

本日、台風15号の接近に伴い、昨晩22時以降より現在まで継続して福岡市内に暴風警報が発布されています。現在も時折突風が吹いている状況です。


複数の中学・高校に問い合わせたところ、市内のほほ全ての高校が本日休校、また小中学校は短縮授業による早時下校、部活動等の放課後活動が不可となっております。


気象庁の情報によりますと、福岡市は今夜にも台風の強風域に入る可能性があり、本日の夜から明日の朝にかけて最も風が強くなるとのことです。

本日の授業はお休みとなりますが、やむをえず外出等をなさる場合は、どうかご注意ください。

d0116009_13575872.jpg


[明日の授業]
明日の高校コース授業、個別指導は通常通り行われます。
また、明日は水曜日ですのでterakoya shopは休業日となっております。もし変更等がありましたら、改めてお知らせいたします。


唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

本館7F terakoya shop blog をぜひご覧ください。

by terakoyanet | 2011-09-20 13:59 | お知らせ | Trackback | Comments(0)
2011年 09月 20日

蘇陽峡

先日ご紹介したうのこの滝、そして高千穂峡、そして蘇陽峡は、すべて阿蘇の溶結凝灰岩を五ヶ瀬川が長い年月をかけて削り取って形成された地形です。

d0116009_9483070.jpg


造園家としての立場から日本の国立公園制度の確立に尽くした田村剛氏が大正11年にこの地を訪れ、
「我が国における殆ど無類の大峡谷 その原始的な渓谷の美しさはまさに、太陽が蘇る如し」と述べたことがこの渓谷の名の由来と言われています。
(*出典:熊本県山都町HP)

もうすぐ紅葉シーズン。
蘇陽峡は美しい色に染め上がることでしょう。


唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

本館7F terakoya shop blog をぜひご覧ください。

by terakoyanet | 2011-09-20 09:54 | 好きな場所 | Trackback | Comments(0)