寺子屋ブログ by 唐人町寺子屋

terakoyant.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2012年 10月 ( 21 )   > この月の画像一覧


2012年 10月 30日

アジアとヨーロッパの境界 ボスポラス海峡

イスタンブール最終日は、ボスポラス海峡を望むレストランに行きました。
d0116009_1213276.jpg


イスタンブールはボスポラス海峡をはさんで東側がアジア、西側がヨーロッパに分かれています。

私は小学校時代からボスポラス海峡を憧れの場所のひとつとして心に刻んで生きてきました。
地中海からエーゲ海に入り、そしてダーダネルス海峡をくぐってマルマラ海に入り、そしてボスポラス海峡を抜けて黒海に入る。アジアとヨーロッパの間を縫うように進むその航路を何度も頭で反芻しました。そして、クレタ島、デロス島、ミコノス島、ヒオス島、トロイ、チャナッカレ、イスタンブールと寄港する場所を決めて地図帳に印と航路を書き込みました。航路の時刻表まで作りました。家族から見ればかなり変な子どもだったと思います。

d0116009_12315577.jpg
右を向くと奥にマルマラ海が見えます。その奥にはトルコの大地が。

d0116009_12325588.jpg
左を向くとボスポラス大橋が。その奥には黒海があるんだ! 海峡沿いに建つ別荘(ヤル)も見えます。

目の前に広がる海峡を見るだけで胸がいっぱいになります。
お腹はいっぱいになりませんのでレストランではたくさんご飯を食べましたが。

トルコは食事がめっちゃ美味しいんです。
私はパンよりお米派なのですが、心移りしそうになるくらい、トルコのパンはおいしい。どこのパンを食べても、ベイカリーの素朴でやさしい手作りパンの風味がそのまま残っていて、食べるたびにうれしい悲鳴を上げてしまいました。パン以外も美味しいです。野菜も肉も素材がいい。特に野菜の甘さには驚きました。トマトやにんじんなどの野菜がフルーツみたいな味がするんです。

d0116009_1244638.jpg
新旧の建物が立ち並ぶイスタンブールのアジア側。目の前でアジアの一日が終わろうとしています。

d0116009_12482498.jpg
悲しい伝説が宿るKız Kulesi(乙女の塔)が見えます。ボスポラス海峡の入口にあるこの小さな島には古代から城塞が建てられ、紀元5世紀には税関の見張り台として、そして灯台として使用されていたそうです。11世紀にビザンツ帝国のコンネノス1世が現在の建物の原形をつくったと言われています。

d0116009_135988.jpg
ボスポラス大橋が青く光りはじめました。
d0116009_1383685.jpg
街には少しずつ暖かい明かりが灯され、夜が更けていきます。

唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

by terakoyanet | 2012-10-30 13:10 | 好きな場所 | Trackback | Comments(0)
2012年 10月 29日

英検多数合格!

3日前に英検の結果が出て、大多数の生徒たちが1次合格を果たしました! 合格者の皆さんおめでとう!

準2級合格 8名!(高1・2名/中3・5名/中2・1名)

3級合格 15名!(中3・14名/中2・1名)


どちらの級も過去最高の合格人数です。
本日より準2級合格者、3級合格者対象の2次試験対策を行います。重要単語の発音の確認と、模擬面接。
2次も確実に合格できるよう丁寧に取り組みましょう!


唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

by terakoyanet | 2012-10-29 14:25 | 生徒のがんばり(テスト結果等) | Trackback | Comments(0)
2012年 10月 25日

2013年度高校進学説明会のようす(第3部・第4部)

■第3部 表彰式  会場:3F小ホール
 18時50分~19時30分
(1)各賞表彰
   ~サマー合宿ワークシートコンクール(中1・2)・教室開放コンクール(中3)・
    成績優秀者表彰(全学年)・成績上昇者表彰(全学年)・特別表彰(全学年)~
(2)受験生たちの決意表明 [男子]

d0116009_8253745.jpg
d0116009_827676.jpg
d0116009_8275099.jpg
d0116009_8283376.jpg
d0116009_829151.jpg
d0116009_8295670.jpg
d0116009_8302635.jpg
d0116009_8361710.jpg

d0116009_8314279.jpg
d0116009_8323547.jpg
d0116009_8332892.jpg


表彰された生徒のみなさん、おめでとう!!
表彰された生徒たちが話した言葉が脳裏に焼き付いています。みんなとても素敵でした。
来年こそは!と心に誓った下級生たちも多かったことでしょう。


■第4部 2013年度入試解説  会場:3F小ホール
 19時40分~20時40分
(1) 2013年度入試解説  塾長 鳥羽和久
(2) 受験生たちの決意表明 [女子]
(3) 受験生代表挨拶  当仁中3年 永田将太郎
(4) 閉会挨拶

d0116009_8403936.jpg
d0116009_8414266.jpg
d0116009_842255.jpg
d0116009_8452087.jpg
d0116009_8461567.jpg


入試解説では受験と学習のポイントについて説明いたしました。
難化傾向が続く福岡県の県立受検とその対策を話し、日ごろの学習の自己チェック等を行いました。

受験生たちの決意表明、3年の男子女子どちらも一言ずつ述べました。
もっと具体的な表明があってもよかったかなと思う子もいましたが、これから頑張るきっかけにしてほしいと思います。

受験生代表挨拶の永田君、とっても内容があって、力強く立派なものでした。


保護者の皆様、長い間のご参加ありがとうございました。
今回のイベントが、子どもたちが意識を向上させるきっかけになり、これからの学習に生きるものになることを願っています。


唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

by terakoyanet | 2012-10-25 08:52 | 行事・イベント | Trackback | Comments(0)
2012年 10月 24日

ストーンヘンジの空。

世界有数のミステリースポットとして知られるイングランドのストーンヘンジ(Stone henge)。
コッツウォールズ(Cotswolds)地方の一地域であるウィルトシャー(Wiltshire)州の州都、ソールズベリー(Salisbury)がその玄関口。

d0116009_9592273.jpg
煉瓦造りのソールズベリー駅


d0116009_10124150.jpg
ストーンヘンジは見え始めた途端、それとわかった。巨石たちが草原のなかに朴と立っているのだ。
ストーンヘンジは見るからに祝祭的だ。巨石たちが意味深げに円状に配置され、その周りを人々が取り囲んでいる。
神の啓示を受け、私はここにやってきました。ふざけてそんなことを言ってみたくなった。

d0116009_10225020.jpg
d0116009_10233839.jpg
ストーンヘンジを取り囲む群衆のひとりになって側にすわっていると、俄かに空が晴れてきた。
d0116009_10355835.jpg
d0116009_103779.jpg
私はいま世界の中心にいます。
思わずそんなことをつぶやいていたストーンヘンジと過ごす午後。
d0116009_1371967.jpg




d0116009_10401794.jpg
周囲は広大な牧草地が広がる。まさにイングランドの典型的な風景。イングランドを写真で無作為に切り取ったら10枚中7枚くらいはこんな感じになるんではないだろうか。


謎の多いストーンヘンジ遺跡だが、実証のあるいくつかの事実は、この場所がかなり長い期間環濠墓地として使われていたこと、そしてこの場所で祭祀が行われていたこと。一方で、ストーンヘンジにまつわる天文学的な話はやや誇張されたものが多いらしい。
この地に見つかっている最も古い遺跡は紀元前8000年という先史時代の黎明期につくられたもの。私たちが目にする環状の直立巨石群は紀元前2500~2000年ごろにこの場所に置かれたと言われている。


d0116009_10432040.jpg
ストーンヘンジの周辺には円墳がある。
外観は日本のそれと違いはない。


ストーンヘンジに別れを告げて、今日も一日楽しかったと家路(ホテルですが)につく夕方。
空には絵画的な雲がふわふわ浮かんでいました。
d0116009_1124197.jpg




唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

本館7F terakoya shop blog をぜひご覧ください。

by terakoyanet | 2012-10-24 11:04 | 好きな場所 | Trackback | Comments(0)
2012年 10月 24日

2013年度高校進学説明会のようす(第2部)

第2部は現役生による高校紹介でした。一人ひとりが持ち味を生かした興味深い話をしてくれました。
高校生たちの成長ぶりは目を見張るものがありますね。
質疑応答では中学生たちがさかんにいい質問をしていました。

■第2部 現役生による高校紹介  会場:3F小ホール
 17時10分~18時30分
    現役高校生たちが現場の生の声を中学生たち・保護者様方に伝えます!
    (1) 来賓挨拶 東福岡高等学校校長 松原功 先生
    (2) 高校紹介
      城南高校2年 吉富瑞歩(当仁中出身)
      福岡西陵高校1年 鳥飼賢吾(当仁中出身)
      福岡中央高校2年 田中ひかり(当仁中出身)
      早稲田佐賀高3年 菊地隆元(附属中出身)
      西南学院高校1年 松﨑俊(百道中出身)
      福岡講倫館高校3年 平石良子(当仁中出身)
      修猷館高校1年 伊藤倫(当仁中出身)
(3) 質疑応答
      上記生徒たちと東福岡高校1年 髙間立(百道中出身)

d0116009_843428.jpg
来賓挨拶をしていただいた東福岡高校の松原校長先生。
中学生たちの心に響く話をしていただきました。


d0116009_8455988.jpg
d0116009_847974.jpg
d0116009_8475573.jpg
d0116009_8484768.jpg
d0116009_8493338.jpg
d0116009_8511575.jpg
d0116009_852868.jpg
d0116009_8525887.jpg
d0116009_8534432.jpg
d0116009_858437.jpg
d0116009_8591990.jpg


質疑応答
d0116009_90190.jpg
d0116009_911410.jpg
d0116009_915964.jpg
d0116009_92573.jpg
d0116009_934110.jpg
d0116009_942295.jpg



高校生活を楽しんでいる高校生たちからはキラキラとオーラが出ていました。
今年は例年以上に学習のしかたについて詳しく説明してくれる高校生たちが多く、中学生たちにとってとても参考になったと思います。これほど学習の方法について詳しい部分の話が聞ける機会はなかなかないだろうと思うのです。

大人がどれだけ言葉で説明も言い足りない部分を、高校生たちは身を持って中学生たちに示してくれている気がしました。目の前でいきいきと高校生たちたちが話すことはきっと中学生たちにプラスの影響を与えるだろうと思いました。

ある保護者様からメールをいただいたのですが、塾の進学説明会なのに、どこか温かなアットホームな雰囲気を感じていただけたならとてもうれしく思います。

唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

by terakoyanet | 2012-10-24 09:10 | 行事・イベント | Trackback | Comments(0)
2012年 10月 24日

2013年度高校進学説明会のようす(第1部)

日曜日(10月21日)に行われました高校進学説明会のようすをお届けいたします。

説明会のあと、たくさんの保護者様や生徒さんたちからメール等で感想やお礼をいただきました。
ありがとうございました。

何よりうれしいのは、説明会のあとに目をキラキラさせて学習に励んでいる生徒がいること。
参加したみんなにとって、何かのきっかけになる会であったことを心から願っています。

今年はももちパレスで開催。
d0116009_8213711.jpg


■第1部 高校質問会(高校の先生方が個別に質問に答えます) 会場:3F第1研修室
  15時10分~16時45分  ※軽食配布あり
    (1) 開会挨拶  塾長 鳥羽和久
    (2) 卒業生代表挨拶  西南学院高校1年 寺島修平
(3) ブース形式による質問受付 

□参加高校[敬称略]
福大附属大濠高校・筑紫女学園高校・中村学園女子高校・東福岡高校・福大附属若葉高校・福岡舞鶴高校

d0116009_823212.jpg
d0116009_827116.jpg
卒業生代表挨拶をした西南学院高校寺島くん。本当にすばらしい話をしてくれました。3年生のKくんが決意表明のときに「寺島先輩の言葉に感動した」と言っていたとおり、多くの下級生や保護者様たちの心をつかむ話でした。


d0116009_830855.jpg
d0116009_831574.jpg
d0116009_832958.jpg
d0116009_8332059.jpg
d0116009_8341731.jpg




唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

by terakoyanet | 2012-10-24 08:36 | 行事・イベント | Trackback | Comments(0)
2012年 10月 22日

2013年度高校進学説明会

2013年度高校進学説明会!
中学生、高校生たちのキラキラを見ることができて、とっても楽しかった!!です。
たくさんのご来場、本当にありがとうございます。
会を盛り上げてくださった高校の諸先生方、スタッフの皆さんにも感謝です。

説明会の内容については、日を改めてお伝えします!

唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

by terakoyanet | 2012-10-22 14:06 | 雑感・授業風景など | Trackback | Comments(0)
2012年 10月 18日

3年生夏合宿の写真(2)

今日は合唱コンクール!本校に通うみんなも大活躍とのこと。みんなおつかれさまでした!
よくがんばりましたね!!

今日は3年生の夏合宿の写真をご紹介する第2弾です。第2弾は合宿地の「かかし館」編
第1弾はこちらをどうぞ。

充実した楽しい4泊5日! 
3年生のみんな、いま、このときより成長した自分を見つけることができますか?

d0116009_1454137.jpg
d0116009_1462089.jpg
d0116009_147067.jpg
d0116009_1475841.jpg

d0116009_1483647.jpg
d0116009_1491784.jpg
d0116009_14101528.jpg
d0116009_14105568.jpg
d0116009_14113319.jpg
d0116009_14123257.jpg
d0116009_14131369.jpg
d0116009_14141281.jpg
d0116009_14152669.jpg
d0116009_14161325.jpg
d0116009_14165184.jpg
d0116009_14173293.jpg
d0116009_14194151.jpg
d0116009_142144.jpg
d0116009_14214988.jpg
d0116009_14223272.jpg
d0116009_14225555.jpg
d0116009_14234539.jpg


唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

by terakoyanet | 2012-10-18 14:25 | 行事・イベント | Trackback | Comments(0)
2012年 10月 15日

寺尾紗穂「老いぼれロバの歌」

数日前のこと。
私は自転車で教室に向かっていました。とても空が青くて風が気持ちいい午後でした。
私は仕事場に向かうときに度々ランダムでiPodを鳴らしていて、そのときも小さい音でTanlinesの"Real Life"が流れていました。
大濠高校に差しかかるころ、"Real Life"がフェードアウトし、その次に流れ出したのが寺尾紗穂の「老いぼれロバの歌」でした。

老いぼれロバがおりました
薪をのせればハーゼーゼー
とても役には立ちやせん


寺尾紗穂のアルバム「青い夜のさよなら」は今年の6月に発売されました。
私は発売当初からずっとこのアルバムを聞いていて、そのアルバムに収録されている「老いぼれロバの歌」はすでに何度も繰り返し聞いていました。とてもすてきな曲だと思いながら。

しかしこの日は曲がはじまったとたん、なんだか特別な感じがしました。
いまこの曲がランダムで選ばれたことにときめきを感じながら、音符一つ言葉一つを味わうように耳を澄ましました。

安くてかまわん売ってこい
言われて少年とぼとぼと
市場へ向かうその途中
ずっとロバの背なでました


ロバの背をなでながらとぼとぼ歩く少年の絵が浮かびます。
ロバが売られてしまうという話、ドナドナを髣髴とさせます。

何にも知らぬ老いぼれのロバの瞳はぬれぬれと
少年の顔みつめてる
あんた好きだとみつめてる


気持ちのよい秋の風を感じながら、この歌詞が頭を通り抜けたとき、ほろっとなりました。
今日、この曲が特別に胸に滲みるのには理由があるだろうと思いました。
何にも知らぬロバ。何の他意も打算もなく、ただ無垢に響く「好きだ」という言葉にほろっときました。
注目すべきは歌詞がロバ目線で描かれているからこそ少年の無垢さが引き立っているところでしょう。
これが少年目線の歌詞であればこうはいきません。少年を見つめるロバの目線から「あんた好きだ」とつぶやかれることで、人間の業(ごう)の介在なしに、少年とロバの心のあたたかなつながりが見事に描かれています。


買い手のつかぬそのロバと
少年は丘に行きました
東にまっかなお月さま
少年は泣きたくなりました


なかなかロバに買い手がつきません
日も暮れかけ、少年は心細くなります。

何にも知らぬ老いぼれのロバの瞳はぬれぬれと
少年の顔みつめてる
早く帰ろうとみつめてる


「早く帰ろう」と見つめるロバ。ここでもほろりとさせられます。
この言葉はロバの「何にも知らない」無垢性を強調させるとともに、「早く帰ろう」という言葉がそのまま少年の心のなかみであることを私たちは知ります。

その時買い手が後ろから
光る銀貨を差し出して
優しくロバをなでました


ここで物語は大きな折り返しをむかえます。
老いぼれロバの買い手が現れたのです。
「優しくロバをなでました」という表現から、ロバを大切にしてくれそうな穏やかな紳士の姿が目に浮かびます。

老いぼれロバのこれからの仕事はかろい姫さま運ぶこと
遠いお国へ運ぶこと えんやこらさと運ぶこと


ここで老いぼれロバのこれからが語られます。
老いぼれロバは少年のもとを離れたあと、小さなお姫様を運ぶ仕事をするのです。
少年のもとを離れたあと、きっとロバとかわいらしいお姫様とのあたたかい交流がはじまるのでしょう。
そしてそのころ老いぼれロバは少年から離れた遠い国に行ってしまうのです。

この場面はこの歌に深い含蓄を与えます。ロバと少年という二人ぼっちだった世界に広がりが生まれ、その広い世界の想起を通して、私たちはその大きな世界に対する不安と憧憬、そして言葉にならない愛のようなものが心のうちに宿っていることを知ります。

手にした銀貨をにぎりしめ
少年の胸はつんとした


少年は手の中の銀貨を見つめます。
ロバの代わりに手の中に銀貨がある、そのことは、いままでいっしょにいたロバがいなくなってしまう、かげがえのないものが失われてしまうということを意味している。仲良しのロバが無機質な銀貨に変わってしまうその現実にとまどいながら胸がしめつけられる少年の姿が浮かびます。

ちなみに曲中では、この歌詞のあとに、その余韻をかみしめるようなきらきらとした間奏が入ります。


何にも知らぬ老いぼれのロバのしっぽはゆらゆらと
少年の心揺さぶった
ありがとうなと
揺さぶった

何にも知らぬ老いぼれのロバの瞳はぬれぬれと
少年の顔みつめてる
あんた好きだとみつめてる


最後はお別れの場面。
ロバのゆらゆらと揺れるしっぽを見つめながら少年の心は揺れます。
せつない余韻を残しながら、この歌は終わります。



寺尾紗穂のこの歌が身に沁みた数日前の午後。少し心が疲れていたのかもしれません。
何事もタイミングがありますね。
いい歌というのは、不意に人の心にすっと入ってくる瞬間があります。
私がそのことを実感するとき、私はその歌に感謝せずにはおれません。


ロバが売られるという話。ドナドナ的な悲壮感漂う歌になると思いきや、ただただ飄々とした歌い口で、最後まで穏やかなロバと少年の時間を描いたところに、私はかえって彼女の知性を感じます。

d0116009_12455438.jpg

唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

本館7F terakoya shop blog をぜひご覧ください。

by terakoyanet | 2012-10-15 12:11 | 寺子屋エッセイ(読み物) | Trackback | Comments(0)
2012年 10月 15日

10月14日の雑感

昨日は英検・フクトが行われ、そのあと3年生の授業。
3年生のみんなおつかれさまでした!みんな疲れたでしょう!
しかし授業はみんなよく頑張っていました。宿題がたくさん出たので、木曜を楽しみにしたいと思います。

中間テストの結果がほぼ明らかになりつつあります。
今回は平均点が全体に低めですが、それでも480点台の快挙の報もちらほら。
480点もすごいですが、がんばって100点以上上げて自己最高得点をとった生徒からの報告も。
今回難しいテストだったのにすごいね!!
平均点が下がった今回は、得点が取れずに落ち込んでいる生徒も。彼らは期末でリベンジしようと燃えています。

全体の結果については、また後日くわしくお知らせいたします。


今日は当仁中は代休!
みんな充実した1日にしよう!

唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

by terakoyanet | 2012-10-15 07:22 | 雑感・授業風景など | Trackback | Comments(0)