寺子屋ブログ by 唐人町寺子屋

terakoyant.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2016年 05月 ( 19 )   > この月の画像一覧


2016年 05月 28日

オバマ氏の広島演説

オバマ氏のこれまでの大統領としての手腕や、その政策の評価については、さまざまな意見があるでしょう。実際に、オバマ氏は何もしなかった、できなかった、そう批判する人たちも大勢います。しかし私は、為政者が何もしない、できないということが、民衆にとって決して不幸をもたらすとは限らない、むしろ為政者が何もしないのは美徳になりえるということを、これまでの歴史でいくつも例を挙げることができるのではないか、そんなことも考えるのです。オバマ氏はきっと大統領の座を退いたのちに、本来の彼の気質に基づいた、もっと普段着のままの、草の根の活動をしていくであろうと推測します。そのころになって、大統領時代の彼が「何もしなかった」のは実は大変なことで、それが多くの人の幸福の一助になっていたことが明らかになる、そんな未来を想像したくなる、私にとって彼はそういう人物です。

オバマ氏が今回広島を訪問したことについても、さまざまな意見があります。そこに大きな意義をくみ取るべきではないとする慎重な意見も多く見受けられます。しかし私は、今回のオバマ氏の広島訪問は、2009年のプラハ演説において「核なき世界」を提唱した彼が、自身が任期中に果たしておかなければならない最後の仕事として、強い意志と決断に基づいて行われたものであると推測します。この私の推測は、オバマ氏が広島で話した演説の一文一文を、眠たい目をこすりながら吟味しているうちに、確信に近いものとなりました。

オバマ氏はこの演説の中で、これまで米国で繰り返し議論されてきた原爆投下の正当性についての判断を避けています。日本へ謝罪の言葉も口にしていません。このことを残念だとする論調も各方面で見受けられます。しかし、これに関連して、被爆者の坪井直さんがAFPのインタビューの中でこう答えています。「お詫びをせよとか、われわれは関係ない。(オバマ大統領が)この広島へ来て、資料館で見てもらう、こういうすごいことが起こったんだ。」

原爆投下の正当性や、日本へのお詫び、こういったことは被爆した当事者にとっては関係のないこと。自明とも思えるそのことが、簡単に看過されて感情的な議論が先走る。そういった国家や組織を主語にした語りが、いかに人を蹂躙してきたか、坪井さんの「われわれには関係ない」という言葉には、そういったものに対する怒りを感じ取ることができます。

仮にオバマ氏が謝罪をしたとして何を生み出すのでしょう。そのとき彼は何を代表しており、そして何に対する謝罪をしているのでしょう。米国では「米国の恥さらしだ。売国だ。」と右派が騒ぐでしょう。オバマ氏は保身のために謝罪しなかったという論調を見かけましたが、そうではなく、オバマ氏は謝罪以上に必要なことをするために広島にやってきた。私はそう信じたいと思います。

オバマ氏は、演説の中で「広島を際立たせるのは戦争の事実そのものではありません。」と前置きしたあと、次のように言います。

この空に立ち上った(原子爆弾の)キノコ雲のイメージのなかで、私たちは人間性の中にある最も根本的な矛盾を突きつけられます。それは、私たちを人間たらしめているもの、 私たちの考えや想像力、言語、道具をつくる能力、自然を自らと区別し自らの意思のために変化させる能力、といったものこそが、とてつもない破壊能力を私たち自身にもたらすということです。
物質的な進歩または社会的革新によって、私たちは何度この真実が見えなくなるのでしょうか。どれだけ容易く、私たちは、より高い大義の名の下に、暴力を正当化してきたでしょうか。あらゆる偉大な宗教が愛、平和、公正への道を約束しています。しかし、いかなる宗教も、信仰が殺戮の許可証だと主張する信者から免れることはできていません。
国家は人々を犠牲と協力で結びつける物語を伝え、顕著な業績を喧伝しながら台頭します。しかし、それらの同じ物語は、幾度となく異なる人々を抑圧し、その人間性を奪うために使われてきました。
(和訳は朝日新聞の記事をもとに、一部を改めました。)

オバマ大統領がここで述べていることを、何度も読み返していただきたいと思うのです。戦争というものについて真剣に検証を重ねてきた人たちにとって、オバマ氏が述べている内容に目新しいことはないかもしれません。しかし、世界の警察として、世界中に「正義」という大義を振りかざしてきた大国アメリカの大統領が、私たちの人間性そのものにひそむ矛盾について、そして宗教や国家がもたらす物語がいかに人々を抑圧してきたかについて、これほど明白に語るということに、私はひとつの希望を感じずにはおれません。


 安倍首相が「核兵器のない世界を必ず実現する。その道のりがいかに長く、いかに困難なものであろうとも、絶え間なく努力を積み重ねていくことが、いまを生きる私たちの責任であります。」と述べました。オバマ大統領のプラハ演説を思い起こさせる強い表現で、核廃絶について言及したことは、私自身、歓迎すべきことと感じています。ただし、オバマ氏と安倍氏では、向いている方向が全く異なると思ったことも事実で、安倍氏が話した「71年前、広島そして長崎ではたった1発の原子爆弾によって、何の罪もないたくさんの市井の人々が、そして子どもたちが無残にも犠牲となりました。一人一人にそれぞれの人生があり、夢があり、愛する家族があった。この当然の事実をかみ締めるとき、ただただ断腸の念を禁じ得ません。」という内容は言わば誰でも話せることです。かみ締めているだけでは、決して次の戦争は防げない、むしろかみ締めているだけでは、次の戦争をおびき寄せてしまうかもしれない。一方で、オバマ氏は、私たちが思索すること、想像力をはたらかせることといった、人間の根幹にかかわることが、そのまま人間の破壊に関わっている、そのことについて話した。その差はあまりに大きいのです。

流行語にもなった“Yes, we can”は、理想主義者としてのオバマ氏を体現する言葉です。この言葉は、あらゆる困難な事柄について、「理想としてはわかるけど、現実的に無理でしょ」と口走る、現実派を装った、真の保守に対抗するためのおまじないとして、オバマ氏が大統領の座を退いた後も、拳の中にいつも携えておこうと思うのです。


d0116009_3502532.jpg
2012年の夏、本校のサマー合宿では広島を訪問しました。



とらきつね on Facebook 随時更新中です。


唐人町寺子屋の新しいオフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。

by terakoyanet | 2016-05-28 03:51 | 雑感・授業風景など | Trackback | Comments(0)
2016年 05月 26日

5月(4月分)成績 | ラジオのこと

深夜ですが5月(4月分)成績の集計がようやく完了しました。
新年度最初のランキングの今月号ですが、TOP10に中3が4名、中2が3名、中1が3名と、各学年の実力差が拮抗しています。また、1位と2位は僅差。

本日、もしくは明日からの配布になります。
生徒たちの日ごろの努力の質がはっきり出た結果となっていますので、ご家庭内における激励と反省の材料にしていただければと思います。


―――

22日(土)のラジオの反響をいただいております。
生徒たちは「聞きましたよー。」とにやにやしながら言ってきますが、そのあとの感想を言わないので不気味です。
保護者様からもいくつか感想を寄せていただきました。ありがとうございます。
また、ラジオを聞いた方から入塾希望のご連絡をいただいたり、ブログやHPのアクセスが通常の3~5倍になったりと、ラジオを普段聞かない私には想像がつかないことでしたが、意外と聞いている方がたくさんいるのだなと、有り難く思っています。

次回29日(土)もFM福岡に21時から出演しますが、こちらは、親は子供と向き合わないと、とか一聴するとエラそうなことを言っていて(ネタばれ)、出演後、若干反省いたしました。そしてしゃべっている途中に鼻の奥が詰まってしゃべりの調子が下がる時間帯があります。それでもよければ聞いていただければと思います。



いよいよ期末テストが迫ってきました。
中3生には特に三者面談の際に、頑張るよう叱咤激励をしていますが、まだ面談が済んでいない子が心配です。すでに全力で対策に取り組む時期ですよ。特に今回、社会と理科は早めに片づけたほうがいいです。



とらきつね on Facebook 随時更新中です。


唐人町寺子屋の新しいオフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。

by terakoyanet | 2016-05-26 03:35 | 雑感・授業風景など | Trackback | Comments(0)
2016年 05月 25日

「熊本銭湯」さまへ募金(第2弾)をお渡ししました。

熊本銭湯さんへの支援金、第2回集計(5月21日付)が出ました。USED CD売上 8,450円、募金5,719円、合計14,169円を熊本銭湯さんにお渡しすることができました。前回分と合わせますと、29,707円をお渡ししたことになります。お気持ちをいただいた皆さん、ありがとうございました。そしていつも募金の取りまとめをしてくださる西公園浴場さん、乙女湯のたしなみさん、ありがとうございます。

熊本銭湯さんに売上全額をお届けするUSED CD SALEは、現在開催中の催事タイランド・ナウが終了する6月2日までで一旦一区切りとさせていただきます。最後までご協力いただきますよう、お願い申し上げます。

d0116009_9164387.jpg
白川のほとり 熊本市



とらきつね on Facebook 随時更新中です。


唐人町寺子屋の新しいオフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。

by terakoyanet | 2016-05-25 09:18 | とらきつね | Trackback | Comments(0)
2016年 05月 25日

中3、立て直せるのか。

体育大会直前、中体連(中総体)直前のこの時期は、例年、止むを得ず遅刻せざるをえない生徒が多いのですが、今年の中3は特に遅刻者が多いです。結果、遅刻が多い生徒の成績状況が著しく低迷している状況があります。(特に数学)
彼らは果たして期末考査までに追いつけるのでしょうか。因数分解と平方根の計算で間違えるようでは、中3の今後の数学全体がどうしようもなくひどい状況になるのが目に見えてる。
本当になんとかしないとまずい、そのことに今こそ気づいてください。

下級生のころからずっと宿題達成率が高かったこの学年。きっとやってくれると信じています。ガンバろうね!!

d0116009_02090234.jpeg
d0116009_02094293.jpeg




by terakoyanet | 2016-05-25 01:54 | 雑感・授業風景など | Trackback | Comments(0)
2016年 05月 21日

今年の合宿日程について

体育大会と中総体前のこの時期は、部活生は特に、体力的にとてもきつそうです。
昨日も授業中にふらふらに見える子、鼻血を出してしまう子など、本当に頑張っているなと思う子が多かったです。そんななかきちんと宿題をこなしてくる皆が素晴らしいと思います。


今年の合宿日程についてお問い合わせをいただいています。ありがとうございます。

中1・2は、8月3日~4日(1泊2日)、中3は8月22日~26日(4泊5日)を予定しております。
行先は中1・2が佐賀・長崎、中3が宮崎(15年連続)となります。
また、高校生は7月下旬の連休に予定しています(行先は壱岐)のでまた決まりましたらご連絡します。

以上、日程の調整をお願いいたします。

d0116009_1225161.jpg




とらきつね on Facebook 随時更新中です。


唐人町寺子屋の新しいオフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。

by terakoyanet | 2016-05-21 12:01 | 雑感・授業風景など | Trackback | Comments(0)
2016年 05月 18日

連日、三者面談が行われています。

連日、三者面談が行われています。
面談のときにはいつも思うことですが、面談を終えた子どもたちが、これまでと表情を変えて勉強を頑張るようになる姿がとても頼もしいです。この変化を維持できる子と、できない子がいます。維持できる子はルーティン化に成功した子たち。今回のお話ししたことが、今後の皆を支える一助となりますように。

それにしても、子どもたちにもですが、保護者様にも、思わず感心させられることが多い面談です。


早くも期末テスト一ヶ月前。子どもたちにはアクセルをかける時期だと話しをしています。
今年は新中1の宿題状況がこの時期としてはかなり素晴らしく、これからの彼らの伸びを楽しみにしているところです。

d0116009_09351499.jpeg
昨日の夕刻の空。拙い写真ではお伝えしきれませんが、とても美しかったですね。

とらきつね on Facebook 随時更新中です。


唐人町寺子屋の新しいオフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。

by terakoyanet | 2016-05-18 09:33 | 雑感・授業風景など | Trackback | Comments(0)
2016年 05月 18日

タイランド・ナウ、5月21日(土)より開催!

5月21日(土)~6月2日(木)にかけて、とらきつねではタイランド・ナウと題し、タイのハイブランドの展示販売会が行われます。
タイでは、タイ国内産の高品質の素材にこだわり、伝統的な製法を大切にしながらも、現代の私たちの感性にフィットするモノ作りがさかんに行われています。その質の高さはアジア随一と言っても過言ではありません。今回のイベントでは、中でも特に品質と人気を兼ね備えたハイブランドの商品を、皆さまにお届けいたします。
今回のイベントを機に、とらきつねでは、バンコクの若い感性を代表するレコード会社Impression Sound Studioの日本代理店として、皆さまにタイの現在を伝える音楽をお届けできることになりました。こちらも後日改めてご紹介差し上げます。

また、南アフリカのビーズアニマル、monkeybizの展示会も同時開催いたします。みんなが幸せになるかわいい子たちをぜひ見にきていただければと思います。

d0116009_8242575.jpg



◇お取り扱いブランド  *以下のブランド・工房のご案内は、未完成です。随時追加してまいります。
Ban Rai Phai-Ngam (Chom Thong)
d0116009_8331822.jpg

d0116009_8322288.jpg

アジアの布に魅了された人なら必ず出会うと言われるチェンマイの郊外、チョムトンにある工房、Ban Rai Phai-Ngam。「美しい竹の村」という名のついたこの工房は、京都の嵯峨野を思い出させるような山麓の奥に位置しており、そこでは、タイで一番、いや、世界一と言う人もいるほどの、美しい糸からの布づくりと染織が行われています。こちらの工房から、見たこともないほどの美しい染織が施されたストールなどを入荷しています。


Cotton Farm (Chiang Mai)
d0116009_8421276.jpg
d0116009_8425061.jpg
チェンマイの布プロジェクト、コットンファーム。チェンマイのナイトバザールに近いターペー通り付近にある古くも美しい茶館、Raming Tea House、その2Fにコットンファームのギャラリーがあります。ギャラリーに入ったときの鮮烈な印象が忘れられません。布が文字通り踊っていたのです。外から入ってくる心地よい風になびいて泳ぐ布たちの姿は、そのままその布たちの柔らかで繊細な魅力を伝えるのに十分でした。
こちらのプロジェクトも、やはりその名のとおり、品質の高い綿花を生産するところから農家と協同して行っており、コットンもシルクも、繊維自体から自ずと現出する美を大切に製品をつくっています。
コットンファームからは、数は僅少ですが、繊細なシルクのストールやコットンの敷物などを入荷しています。



Sop Moei Arts(Bangkok / Chiang Mai)
d0116009_859934.jpg
d0116009_8593658.jpg
ソップモエアーツの前身は、1977年から開始されたタイ北部に住むカレン族に対する栄養指導と自立支援プロジェクト。スウェーデン政府の後援のもと、ケント・グレゴリー夫妻を中心に地元に古くから伝わる技術を生かした織物やバスケットの製作が開始されました。
1997年にはこのプロジェクトからソップモエアーツが誕生。イギリス他のデザイナーが商品開発に携わることで、伝統的なものに宿る美しさはそのままに、より洗練された商品が次々と生まれることとなりました。いまでは、先日お伝えしたVILA CINI同様に、日本の女性誌でも度々取り上げられる独自のブランドイメージを確立しています。
ソップモエアーツから今回入荷しているハンドバッグ(ポーチ)をよくご覧ください。とても鮮やかで目を惹くデザインなのですが、カラーのラインを目で追ってみると、一つひとつが決してケミカルでは表出しない繊細な色で、あらためて天然染料はこれほど美しいのかと驚かされます。お手元に置かれた方にとって、きっと愛着が深いものになるでしょうね。

先日ご紹介したBan Rai Phai-Ngam(美しい竹の村)を訪れた際に、偶然、ソップモエアーツ・バンコク店の日本人スタッフお2人にお会いし、お話しする機会に恵まれました。お2人はちょうど、カレン族の村まで行く途中に、その美しい工房に立ち寄られていたところでした。やはり、しかるべき場所で会うべき人に会うのだ、そのとき強く思ったことを覚えています。



Thai Craft / LOVE & SENSE (Chainat / Osaka)
d0116009_901262.jpg
d0116009_904410.jpg
d0116009_91140.jpg
皆さまからの熱視線が注がれること間違いなしのこちら、かごバッグたち。イベント写真に掲載されたこともあり、すでにお問い合わせもいただきました。
フォルムがすごく美しくて、一目惚れしてしまいますよね。

大阪の会社、福市(ブランド名"LOVE&SENSE")では、主にアジア各国を中心に、作り手、売り手、買い手が幸せになれるような社会を目指して、フェア・トレード商品を取り扱っています。こちらのかごバッグを製作したのは、タイで約30年前からフェアトレード商品を世界に届けているThai Craft。タイ内陸部の水路をふさぐ勢いで生えるホテイアオイという雑草のしなやかなのに耐久性の強い性質に注目したThai Craftによって生み出されたこの美しいプロダクトは、雑草を除去するとともに、水田で働くことができなくなった地元の年配の人たちに雇用を与える機会を与えることに貢献しています。

その美しいデザインと発色、手持ちの気軽さ(見た目よりずっと軽いです)、そしてそのわりにお手ごろな価格。きっと皆さまに気に入っていただけるものと思います。



VILA CINI (Chiang Mai)
d0116009_922547.jpg
d0116009_93856.jpg

チェンマイを代表するシルクブランドとして知られるVILA CINI。
養蚕と糸作りから始まって、製品ができるまでの全工程をプロジェクトの中で手がけており、その品質はタイシルクの代名詞的存在、ジム・トンプソンと並び称されるほど。
一見色づかいが派手に見えるかもしれませんが、上質だからこそあらゆるシーンになじんでしまう魅力があります。本当によいものは、明るいところではきらびやかに、静かなところではしっとりとして見えるものです。こちらのVILA CINIの布や小物たちは、まさにそういった重厚な美しさを備えています。これはきっと最先端のプロダクトでありながら、これまで長年培われてきた伝統と技術をベースにしているからこそ成せる業。
今回の催事では、VILA CINIのプロダクトの中でも、王道の定番と言われるポーチ類を中心に、豊富な取り揃えで皆さまをお待ちしています。

------
Impression Sound Studio (Bangkok)
monkeybiz (South Africa)
d0116009_9501389.jpg



◇会期中に行われる他のとらきつねイベント(定休日は月・水です)
〇5/21(Sat) FM fukuoka 「おいしい話 うれしい時」代表 鳥羽出演(21:00~21:30)
〇5/22(Sun) 野中元×かるべけいこ「苦しい時こそ、ご飯と味噌汁」(13:30~15:30)
〇5/28(Sat) FM fukuoka 「おいしい話 うれしい時」代表 鳥羽出演(21:00~21:30)




とらきつね on Facebook 随時更新中です。


唐人町寺子屋の新しいオフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。




by terakoyanet | 2016-05-18 09:04 | とらきつね | Trackback | Comments(0)
2016年 05月 13日

糸島・幣の浜

昨日の糸島幣の浜。
雲ひとつない空、からっとした空気、穏やかに透きとおった青い海。
そこには夏色が広がっていました。

d0116009_1442497.jpg



とらきつね on Facebook 随時更新中です。


唐人町寺子屋の新しいオフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。

by terakoyanet | 2016-05-13 01:53 | 雑感・授業風景など | Trackback | Comments(0)
2016年 05月 12日

2016年度 特Sクラス始動!

本日、今年度最初の特Sクラスが行われました。
終了時刻は23時。部活生にとっては、オニのようなスケジュールです。宿題もかなり増えます。

しかし、負荷に耐えられるように、効率よく高い集中力でこなせるようになること自体が、このクラスの大切な意義のひとつ。まずはとにかくやれるだけやっておいで。まずは今年のメンバーの負荷の限界を見極めていこうと思います。

d0116009_23513662.jpeg


とらきつね on Facebook 随時更新中です。


唐人町寺子屋の新しいオフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。

by terakoyanet | 2016-05-12 23:41 | 雑感・授業風景など | Trackback | Comments(0)
2016年 05月 11日

5月22日(日)に、野中元 × かるべけいこ 「苦しい時こそ、ご飯と味噌汁」 開催

来たる5月22日(日)に、写真家の野中元さん、自然食料理家のかるべけいこさんをお迎えして、トークイベント「苦しい時こそ、ご飯と味噌汁」を開催いたします。タイトルは野中さんのご発案です。なんて素敵なタイトル! ⇒FACEBOOKイベントページ

d0116009_1642842.jpg


日時:5月22日 13時開場 13時30分開演 (2時間程度)
場所:とらきつね(唐人町寺子屋購買部)1F奥 多目的室
トークゲスト:野中元(写真家)・かるべけいこ(自然食料理家)
聞き手:鳥羽和久(寺子屋ネット福岡代表)
参加費:3,000円 (高校生以下500円・未就学児無料・4月の地震で被災された方無料)

☆かるべけいこさんの鉄火味噌海苔巻きとお茶つき
☆皆様の参加費は全額を今回の震災復興のための支援金としてお二人にお渡しさせていただきます。
申込方法:①Facebook(とらきつねのページ)のメッセージ②唐人町寺子屋お問い合わせフォーム ③とらきつねに電話(092-731-0121) ④とらきつねの店頭で申込 いずれかの方法で参加申込をお願いいたします。チケットは発行しませんので、直前のキャンセルはご遠慮ください。

今回の熊本・大分に大きな災害をもたらした地震のために、野中元さん、かるべけいこさんのご自宅(兼アトリエ)の野中邸は著しく損傷しました。そんな厳しい状況のなかで、野中さん、かるべさんは、地元の人たちを美味しいご飯で励ますとともに、震災の状況の変化に応じて大切な情報やメッセージを多くの人たちに発信し続けていらっしゃいます。

まだまだ予断を許さない状況の中ですが、お二人の話はきっと私たちがこれから生きていくときの力になるのではないか、そう思い、今回のお話し会を設けさせてもらいました。皆様奮ってご参加ください。
こちらをご覧いただいている、寺子屋の保護者様、生徒さんもぜひご参加いただければと存じます。


ーーーー

◇野中元 プロフィール
福岡県出身。写真家、百姓。外食産業勤務を経て、94年26歳で南阿蘇に移住、無農薬田畑栽培22年目。竈に五右衛門風呂、ボットン便所にmacの暮らし。著書に妻の料理家かるべけいことの共著で『自然がくれた愛情ごはん』『かるべけいこのやさしいおやつ』。雑誌『九州の食卓』アドバイザー、TV『アグリンの家』『アリスのおいしい革命』スチール担当。

「ミツル醤油」さん、雑誌『九州の食卓』、糸島の魅力を伝えるパンフレットなど、とらきつねの周りには野中さんが撮った素敵な写真であふれています。

◇かるべけいこ プロフィール
福岡県出身。中村学園大学食物栄養学科卒。大学卒業後、外食産業勤務を経て夫婦で熊本県南阿蘇に移住。自然農法を実践する夫とともに食の自給に取り組む。移住後夫婦で自宅を開放して始めた裏民宿での自然食が評判となり、全国から人が訪れる。現在は「食のアトリエかるべ」の主宰として九州内外で料理教室を行うほか、季節限定のカフェごっこも評判に。自然食材を用いた加工品の販売でも知られ、クッキー、シュトーレン、天然酵母パンや切り干し大根、梅干しや、代名詞とも言える鉄火味噌など、全国にファンが多い。

とらきつねでは、かるべけいこさんのクッキーと鉄火味噌を、開店当初からお取り扱いさせてもらっており、当店の看板商品とも言えるほど、季節を問わず好評をいただいています。私自身、かるべさんのクッキーと鉄火味噌に、何度助けられたことか・・・。


(文責:鳥羽和久)


とらきつね on Facebook 随時更新中です。


唐人町寺子屋の新しいオフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。

by terakoyanet | 2016-05-11 16:07 | 行事・イベント | Trackback | Comments(0)