寺子屋ブログ by 唐人町寺子屋

terakoyant.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2018年 01月 ( 18 )   > この月の画像一覧


2018年 01月 31日

ライトコースの概要が決まりました。

2018年4月に新設する社会貢献型事業「ライトコース」の概要が決定しましたのでお知らせいたします。

□ライトコース

[スケジュール]
毎週水曜・土曜 19:30~22:30
●基本的に週2日×3時間、みっちり学習に励んでもらいますが、しかし、時間の都合が合わない場合は、時間の短縮が認められます。)
●不登校の方は、別枠を設けることが可能ですので、ご相談ください。


[授業内容]
●生徒がもってきた5科目自主課題(もってくるものについてはこちらでその都度指示しますが、学校の教科書やワークやこちらが指定したテキストなど)を集中して解いてもらいます。わからないところは専門の講師がその都度個別に解説し、さらに定着度をはかるために即席のテスト等も行います。
●学習習慣がほとんどないお子さまにとっては、週2日×3時間だけでも学習しなければならない環境に置かれるだけで、劇的な学習効果を上げるが期待できます。


[授業料]
●入会金6000円、及び月額4000円のみ(1時間あたりに換算すると約150円/hになります)


[ライトコース参加資格]
対象学年 中1・中2・中3
●ライトコースは、本校の「社会貢献型事業」に位置づけられているため、参加には条件がございます。
(1)現在の学校での成績がふるわないお子さま(成績がふるわない原因は問いません)
(2)母子家庭、その他の理由で、一般の塾に通うことが経済的に困難な方
(3)AS、ADHD等の発達障害や、性格上の理由で、集団の授業に参加することが難しいお子さま
●参加可能かどうかは三者面談で決定されますので、参加可能かどうかわからない方もまずはご連絡ください。
●申込みのお電話ではライトコースのことはお話しにならず、面談の際にそのことをご相談いただいてもかまいません。

ライトコースに参加するのは、周りの目が気になるから、という方も、もしかしたらいらっしゃるかもしれません。しかし、本校のスタッフはもちろん、生徒や保護者さま方も含め、子どもにはそれぞれ、さまざまな事情があることを理解している人たちで成り立っている団体です。安心してご連絡ください。

また、ご自身ではなかなか踏み出せない方もいらっしゃるかもしれませんので、もしお近くに助けが必要な方がいる場合には、お声掛けをお願いいたします。


[ライトコースのオプション]
週2日の授業参加のほかに、オプション授業(1対1個別指導、その他)への参加も可能です。



どの子どもにも、学びを楽しいものに変えるチャンスがあるべきだと思っています。
心を込めて、一生懸命に指導しますので、よろしくお願いします。


d0116009_13551390.jpg
ちなみに、1月31日現在の共通クラスの定員空き状況は以下のようになっています。


□定員状況(共通クラス) 
新小6 満員御礼 
新中1 あと名 
新中2 あと名 
新中3 満員御礼

高校生については、3月からの案内になりますが、4月からの入塾のご予約をすでに承っておりますので、ご希望の方はご連絡ください。



とらきつね on Facebook 随時更新中です。



by terakoyanet | 2018-01-31 13:55 | 生徒募集(定員空き状況) | Trackback | Comments(0)
2018年 01月 31日

日々、同じパフォーマンスを。

日々、私が授業をするときに最も意識していることのひとつは、毎日、毎回の授業で、同質のパフォーマンスを保つことです。

いつもちゃんと授業に向き合っている子どもたちはすぐに気づきます。
少しでも気持ちが乗っていなかったり、調子が悪かったりすると、授業中の子どもたちはそれに敏感に反応し、それが結果的に授業全体に影響を及ぼしてしまうのです。

だから、私は毎日のルーティンが、できるだけ抑揚のないものになるように心がけています。
パフォーマンスに影響が出るのが厭なので、お酒はほとんど飲みませんし、授業や子どもたちに集中したいので、それ以外の部分で、使う心を節約しているのか、無感情だという印象をもたれることもあります。

授業直前の一番集中したい時に、保護者様の感情的な電話により、それが妨げられることがあると、正直に言って、困ったなあ、苦しいなあ、と思います。
受験期は、受験生たちがきつい思いをしているのはもちろんですが、指導する私たちもやはりきついのでなおさら苦しくなります。今年はそういうことがなくて、ありがたく思っていますが、毎日、毎日、同じ先生が、同じように良い指導をちゃんとしてくれる、そういう状況をつくるためには、私の場合には、強い意志が必要なのだということを、この時期になると改めて感じます。

卒業した生徒たちと会った時に言われてうれしいのは、「先生、変わってないですね」という言葉です。
そうだよ、5年前、10年前、15年前にあなたを教えていたときとまったく同じように、今日も子どもたちの顔を思い浮かべながら、いまの彼らのためにもっともふさわしい内容はこれだ、プリントはこれだ、と考えながら、授業の準備をしているんです。(でも、教える技能はきっと以前より向上しています。) 自分がそうしないといやだから続けてきたことであり、それについてほめられても何もうれしくないのですが、でも生徒に言われるのは、変わっていない何かに気づいてくれている気がして、それを確認できるような気がして、うれしいものです。

(*ただ、卒業生のみんなは、もし会いに来てくれるなら、できれば事前に教えてほしいです。いきなり来られると、時間と心の容量不足で、ちゃんとお話ができません。)





とらきつね on Facebook 随時更新中です。



by terakoyanet | 2018-01-31 12:33 | 寺子屋エッセイ(読み物) | Trackback | Comments(0)
2018年 01月 28日

私立入試等に伴う授業変更のお知らせ(中3)

私立入試等にともなう授業時間変更のお知らせです。

1月28日(日)16:30~19:15(本日フクト実力テスト会[最終回]のため授業時間短縮)

2月1日(木)18:00~20:00(翌日私立前期入試のため授業時間短縮)

2月2日(金)Aクラス18:30~20:00(私立前期入試当日のためAクラステキスト休講|Aクラスの授業は通常通り)

2月4日(日)12:30~17:30 福岡県模試(最終)授業は17:30~19:15

2月9日(金)翌日、私立後期入試を受験する生徒はテキスト授業を受けずに帰ってもよい

2月10日(土)中3特演・中3国語塾・中3特進クラス休講(私立後期入試のため|教室開放は通常通り)



by terakoyanet | 2018-01-28 11:46 | お知らせ | Trackback | Comments(0)
2018年 01月 26日

専願入試合格おめでとう!

昨日は、私立高校専願入試の合格発表でした。

本校の共通授業(S・Aクラスを含む)を受講している中3生のうち、専願入試を受けたのは6名。全員が合格を果たしました。

苦手単元と戦い続け、受験直前になってようやく光明を見出した子がいました。
体調が不安定な中、それでも負けずに勉強を頑張り続けた子がいました。

みんな本当におめでとう!

高校入学までは、もう少し時間があるから、いまからできる準備をやっていきましょう。
やることはいろいろとありますが、英単語の覚え貯めをしておくのがおすすめです。
何をしたらよいかわからない子は、具体的に相談してください。


○専願入試の合格校○

精華女子高校看護科合格!
西南学院高校普通科合格!
筑紫女学園高校普通科特進クラス合格!
中村学園女子高校普通科合格!
東福岡高校普通科進学コース合格!



とらきつね on Facebook 随時更新中です。



by terakoyanet | 2018-01-26 02:27 | 生徒のがんばり(テスト結果等) | Trackback | Comments(0)
2018年 01月 24日

You can lead a horse to water but you cannot make it drink.

You can lead a horse to water but you cannot make it drink.

昨日の中3Sクラスで登場したこのことわざの意味は、

「馬を水のところに連れて行くことはできるが、馬に水を飲ませることはできない。」

私たち指導者たちもそうです。
子どもたちを水のある場所に連れて行くことはできます。
でも、水を飲むかどうかは、最終的には子どもたち次第です。

よい個別指導の教師は、子どもの傍にいますから、その水を口元まで運んであげることができます。
よい集団授業の教師は、その子どものすぐ近くに、水を飲んでいる別の子どもがいることを生かして、その子が自分ひとりで水を飲む力をつけることを促すことができます。

それでも、水を飲むかどうかは、最終的には子どもたち次第です。

昨日、このことわざがでてきたとき、子どもたちにその話をしました。
受験に必要な知識の99.8%を教え終わったいまなら、きっと伝わると思ったからです。

この時期の受験生たちは、自分の本質的な弱点にいよいよ向き合っています。
そんな彼らを見て、その真摯さに胸を打たれるし、彼らは受験を通して、ちゃんと成長していると感じるのです。


とらきつね on Facebook 随時更新中です。



by terakoyanet | 2018-01-24 13:04 | 寺子屋エッセイ(読み物) | Trackback | Comments(0)
2018年 01月 23日

本日は専願入試。

今日はいよいよ専願入試。
大切な今日を迎えた受験生たち、自然体で、自分の力を存分に発揮してきてください。
応援しています。


昨日は専願入試直前の子どもたちと面接練習。
今日の練習でできたパフォーマンスが本番で発揮できれば、きっと大丈夫です。

それにしても、面接練習のときの子どもたちはきらきらと眩しくて、それを見るだけで本当にうれしくなります。



とらきつね on Facebook 随時更新中です。



by terakoyanet | 2018-01-23 01:58 | 雑感・授業風景など | Trackback | Comments(0)
2018年 01月 22日

「安楽」を追い求めること

今日の高校コースの現代文では、藤田省三氏の「『安楽』への全体主義」を取り扱いました。
これは、1980年代に書かれた文章ですが、最近でも、東大、東北大、法政大、西南学院大、早稲田大など、あらゆる大学の入試で出題されている、よく知られた文章です。

この文章の中には、「安楽への隷属状態」という言葉が出てきます。
私たちは、日々「安楽」を求めるあまりに、自分の不安を取り除くことに躍起になっています。
不安が自分の不幸の原因になっているからには、それを何よりも優先的に取り除かなければならない、それが取り除かれた状態を「安楽」と呼び、それが他の全ての価値を支配する、唯一の中心価値になることが「安楽への隷属状態」と呼ばれています。

「安らぎ」というのは、本来は、私たちに自由を与えるものであるはずです。
私に「安らぎ」があるとき、私たちは他人に寛容になります。そして自分自身にも寛容になるので、自由な発想、自発的な創造が生まれる源となります。

しかし、「安楽」を求めること自体が、日常生活の中で四六時中忘れることのできない目標となってくると、事情は一変します。
そこでは、心の自足的安らぎは消滅し、安楽への狂おしいほどの追求と、安楽喪失への苛立った不安が、かえって心中を満たすことになります。こうした、安らぎを求めるがあまりに不安になるという「安らぎを失った安楽」という逆説的な精神状態こそ、現代を織りなす心象です。

だからこそ、私たちは
「不安」を動機に動いてみても、ろくなことにならない。
このことを、いつも心に携えておくべきだと思います。なぜなら、人が「不安」に突き動かされているときには、いつだって、他人への寛容が失われているし、自分の心をちゃんと見つめることも、自分自身を大切にすることも、できないのです。


日々、子どもたちを見ていると、子どもたちが大人の不安の犠牲になっていることを感じることがあります。
大人が「安楽」を追い求めるあまりに、子どもたちが大人の不安に巻き込まれるということが多々起きているのではないでしょうか。

「安楽」を追い求める大人は、子どものことを見ていません。子どもが失敗したら、それを全て子ども(または自分以外の周りの人)の責任にしてしまいがちです。その結果、子どもは「大切にされている」という手ごたえを十分に得ることができません。
でも、子どもにとって、その手ごたえほど大切なものはないのです。

しかしながら私は、手ごたえの有無を、それを享受させる責任を、これまでのように親だけにすべて任せてしまうのは、難しい気がしています。現代の親が「不安」の申し子だからこそ、塾という家庭でも学校でもない場所が、子どもに「大切にされている」という手ごたえを与える場でなくてはならないと思いますし、それは、これからの塾に求められる不可欠な条件であるとさえ思っています。「不安」の申し子たちは、そうやって協働して生きてゆかねばならないと思うのです。


現代のあらゆる洗練化(=ジェントリフィケーション)はそのほとんどすべてが、不幸の源そのものから目を背け、追放しようとする欲望で動いており、その動きがはじめから不安を分かち難く内に含み持っている限り、私たちがその運動と付随する不安から逃れるのは至難の業です。

しかし、こうした私たちの「安楽」の追求が、かえって安らぎの欠如をもたらしているという矛盾を知ることは、きっと大切な生きるヒントになります。寛容への扉を開き、人を大切にすることについて考える契機になります。




とらきつね on Facebook 随時更新中です。



by terakoyanet | 2018-01-22 23:59 | 寺子屋エッセイ(読み物) | Trackback | Comments(0)
2018年 01月 21日

早稲田佐賀高校、全員合格!

本校から複数名の生徒たちが早稲田佐賀高校の入試を受験しましたが、全員が合格を果たしました!
合格した皆さん、おめでとう。

幸先の良い2018年度入試となりました。
来週はいよいよ公立高校専願入試。月曜日には専願生対象の面接練習も行います。

春が着実に近づいています。


とらきつね on Facebook 随時更新中です。



by terakoyanet | 2018-01-21 01:15 | 生徒のがんばり(テスト結果等) | Trackback | Comments(0)
2018年 01月 20日

インフルエンザ流行に関する注意喚起

現在、本校内で中学2年生を中心にインフルエンザが流行しております。
当仁中ではすでに学級閉鎖のクラスもあります。
(受験の学年[中3・高3]の発症者はおりません。)

手洗いやうがいはもちろんのこと、マスクの着用など、可能な限り予防につとめてください。
また、体調が悪い生徒さんは、無理して授業に参加せずに、勇気のある欠席をしていただきますようお願いいたします。


とらきつね on Facebook 随時更新中です。



by terakoyanet | 2018-01-20 12:07 | お知らせ | Trackback | Comments(0)
2018年 01月 19日

明日は今年最初の宗像堂さんのパンの日。

明日は今年最初の宗像堂さんのパンの日です。
いつもみかさんの言葉には沖縄のサンサンと輝くエネルギーが詰まっていますが、今回は特にホットです!
縄から福岡に届いたお手紙をお届けします。

d0116009_13215069.jpg

福岡の皆さん!
寒緋桜がちらほら咲き始めた沖縄です。
今年も皆様に、南の島のパンをお届けできることが嬉しいです。 どうぞよろしくお願い致します。
1月にお送りするパンをご紹介致します。

*サブリナ
「こんな面白い組み合わせのパン、宗像堂にしかない!大好き!」先日、店頭でお客 様からこんなお言葉をいただきました! 嬉しい限りです。
どうぞこの不思議な美味しさを体験してみてください。
レーズンと全粒粉入りの生地にローズマリー、島ザラメがトッピングされています。

*バナナ・コクルレ
黒糖のほんのりとした甘い生地に、レーズンとローストした香ばしいくるみ、フレッ シュなカットバナナが包まれています。これまたどこにもない、沖縄らしさあふれるトロピカルなパンですね。

*ライ麦カンパーニュ
ライ麦と全粒粉入りの生地をまあるく焼きました。11月末に小学館より出版された 『酵母パン 宗像堂』に 隅っこに小さく『このパンの裏面を意識して食べてほしい』と書いてあるのですが、見逃さずにいてくれたお客様がちゃんといらして、「底面を味わうために買いました ~!すごく楽しみです!」と。

*黒糖食パン
先日、高校生の男子が店頭で「黒糖食パンをください!○○さん(うちの娘)はいらっしゃいますか?」と!!誰だ誰だ?なんでなんで?と私の心は大騒ぎ(笑)すっかり成長した娘の保育園時代の同級生が車の免許を取って嬉しくて、家からまあまあ遠い宗像堂に来てくれたんです。食にこだわった保育園での月に一度のお楽しみのおやつパンがこの黒糖食パンだったのです。この子達の記憶に残る、懐かしい味になっているのが嬉しい!娘と写真を撮ってlineを交換してニコニコと帰っていきました。

*角食パン
宗像堂の酵母の味が感じられるパンです。パンをお坊さんから習った際にそのパン教室を主催したおばあがお坊さんから譲り受けた酵母を宗像が引き継ぎ、かけ継ぎ続け今年18年になろうとしている酵母です。どのパンにも使われていますが、この角食パンに一番その味が感じられる気がします。

*くるみ&カレンズ
パンを焼き始めた頃に、日本の天然酵母パン屋の草分け的存在のルヴァン(東京)に伺い、併設するカフェでランチを食べたり、店員さんとパン談義をしたりといい時間を過ごしました。その時に感動したメランジェというパン。 その味を求めて作ったのが最初です。プレーンの食パンと、このくるみ&カレンズはずっと作り続けているパンです

*黒糖シナモンロール
伊江島産の黒糖のほんのりとした甘さとシナモンの相性がよく、さらにレーズンとローストしたくるみを合わせました。 寒いときに甘くて美味しいものって心と体をほぐしてくれますよね。あったかいミルクティーやコーヒーとどうぞ。

*ダーマスパイスブレッド
仙台にインド政府公認の紅茶のオークション参加権を持つ紅茶のメーカー『ガネッシュ』があります。(ティールームも!)昨年、子どものスクールの運営問題で揉めに揉めて、気が滅入っている時に、その社長さんが何度となく現れ、宗像堂のテラスで紅茶を淹れてくださり、あったかなダージリンティーやアッサムのストレートティーやミルクティーを飲みながら、にこやかにインド哲学やいろんな話をしてくださいました。
紅茶のあったかさ心が透き通るような美味しさにも何度も助けられて、諦めずに信念を持って事を進めていくことができ、実際にとてもいい結果になりました。
そのガネッシュの社長と宗像がお互いに意見を出し合って作ったオリジナルティーが『ダーマスパイスティー』。そのスパイスを使って作ったパンです。
ダーマとはあなたがあなたらしく進むべき道、運命の道を歩む者を導く音、言葉です。

*ローズマリーフォカッチャ
与那国島をご存知でしょうか?沖縄の端っこで台湾が見える島、日本最西端。ドクターコトウの診療所のお隣に、もくもくと白い湯気が上がっています。与那国馬の乗 馬の後に、何かお饅頭でも作っているのか?と覗いてみましたら、なんと宗像もびっくりするくらいの美味しいお塩を作っていました。その与那国海塩を使ったフォカッチャです。 味わってみてください。

*いちじく&くるみ
ライ麦と全粒粉入りの生地にドライいちじくとローストくるみが入っています。 このパン、そのままでももちろんぜいたくで美味しいのですが、薄~くスライスしてクリームチーズやブルーチーズに少しの蜂蜜をかけてサンドイッチにしてみてください。 なんておしゃれで美味しいんでしょう! 先日パーティにこれを手みやげに持って行ったら、あっという間に無くなりました。

*黒糖あんぱん
伊江島産の黒糖を使った生地に粒あんがくるまれています。
あんぱんには牛乳が合う気がします。太陽サンサンの元気な朝に、この小さな巨人!黒糖あんぱんと冷たい牛乳をごくごくむしゃむしゃどうぞ。


*パン・オ・レザン
フランス語ではレーズンがレザンに。読谷村(よみたんそん)の畑で私達が育てた麦を使ったパンです。
今回は11月に種撒きし、12月に1回目の麦踏み、2回目を先日!と畑に行ったらば、育ち過ぎていて踏めず、麦の間に生えている雑草取りで終わりました。からし菜や菜の花が自生していて、ラッキーとばかりにその日の夕飯にいただきました。ちなみに麦踏みは麦の根に近い部分から新しく茎が発生、株別れすることを助けるためにやります。
10センチくらいに伸び、風にそよぐ青々とした麦を踏むのは最初はドキドキし、本当に立ち上がるのか不安でしたが、3年目にして躊躇無しで踏めるようになりました。


今回はカトルカールの担当がちょうどこのタイミングで冬休みを取り、お送りできませんでした。楽しみにされていた方、申し訳ありません!!
関西方面のお菓子屋さんなど巡って来るらしいので、2月にはきっとさらに美味しいカトルカールを作ってくれると思われます。お楽しみにどうぞ~!!

それでは、皆様、土曜日をお楽しみに~。
ゆたしくうにげーさびら~。

宗像堂
宗像みか


d0116009_13195519.jpg
昨年末に小学館から発売された宗像堂さんの本『酵母パン 宗像堂』はご覧になりましたか。


今回とらきつねにやってくるパンたちも多数登場するこの本。
レシピなどが載っている面白さだけでなく、パンをつくること、パンと向き合うことは、私たちがどう生きるのかという問題に直結するのだ、ということをしみじみと感じさせる、素晴らしい本です。


とらきつね on Facebook 随時更新中です。



by terakoyanet | 2018-01-19 13:27 | とらきつね | Trackback | Comments(0)