寺子屋ブログ by 唐人町寺子屋

terakoyant.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2007年 10月 07日

到達度テストなど

本日12時半より、3年生(のみ)の到達度テストです。問題は福岡県公立入試と全く同じ形式、試験範囲はほぼ3学年全体になっていて、かなり難易度が高いテストとなっています。日ごろの努力の成果を存分に発揮してもらいたいと思います。

昨日の記事で、当仁中2年生の試験範囲が出たことを書きましたが、1年生もすでに試験範囲が出ているとのことです。今日にも試験対策に取り組みはじめてもらいたいと思います。1年生は、この2学期が中学の学習における天下の分け目だと言い聞かせています。この時期に成績が落ち込んでしまうと、そのあと回復するのが難しくなるのです。

だいぶ涼しくなりましたね。でも台風の進路が心配です。

d0116009_9123940.jpg
突然のスコール   テニアン島
September 2007

d0116009_91309.jpg
スコール明けの空港   サイパン島
September 2007


# by terakoyanet | 2007-10-07 09:14 | お知らせ | Trackback | Comments(1)
2007年 10月 06日

寺子屋保護者様へお知らせと島原の土石流被災家屋保存公園

[到達度テスト]
明日(日曜日)、3年生の第3回到達度テストが開催されます。例年、夏にがんばりはじめた子たちの成績が上昇し始めるのが、今回のテストです。生徒たちにはぜひ日ごろの成果を発揮してもらいたいと思います。

[9月分料金のご請求]
本日、1年生特進クラス生に9月分料金のご請求をお渡しいたします。その他の1年生には明日配布いたします。(2・3年生につきましてはすでに配布済みです。) ご確認お願いいたします。

[三者面談]
先日より三者面談がスタートしました。随時、面談のスケジュール連絡を行っておりますので、まだ連絡が来ていないご家庭につきましては、いましばらくお待ちください。宜しくお願いいたします。

[当仁中中間テスト]
あと2週間でいよいよ中間テストです。2年生についてはすでにテスト範囲が発表されました。
まずは学校のワークやプリント類から取り組んでもらいたいと思います。当校におきましても、10月14日より、直前対策講座をスタートいたします。早い取り組みが肝要ですので、ご家庭でもご指導のほど宜しくお願いいたします。

d0116009_8492210.jpg
土石流被災家屋保存公園
長崎県南島原市深江町  Aug. 2003
最も雲仙普賢岳の土石流被害が大きかった深江町の道の駅(みずなし本陣ふかえ)には、その被災のようすを生々しく伝える公園がある。土石流に呑み込まれた家屋がそのまま保存されているのだ。自然を前にしては、人間の都合や理屈は全く通用しないという当たり前のことを、はっと再認識させられる場所です。

島原はすばらしい場所です。食べ物が本当においしく、しかもとてつもなく安い! 魚介はもちろん、島原でしか食べられない郷土料理が本当にすばらしいです。そのうちご紹介します。


# by terakoyanet | 2007-10-06 09:09 | お知らせ | Trackback | Comments(0)
2007年 10月 04日

テルミンを演奏!

雑誌「大人の科学」にminiテルミンがついている!ということで、さっそく購入して、組み立て、遊んでみました。

テルミンは世界最初の電子楽器と言われていて、テルミン本体に手を触れることなく、テルミンのアンテナの前の空間に演奏者手のをかざすことで、アンテナと手の間の距離(や手の面積・温度など)で音の高さや音色が変わる楽器。

この楽器を操るのは演奏者の音感にかかっているということで、絶対音感(一音聞けば調にかかわらずその音の高さが認識できる、音を聞くと即音符が浮かびそれを高さを変えずにそのまま演奏できる)の持ち主のうちの彼女と、相対音感(音の高さの関係がすぐに認識できる、知ってる曲なら歌うのと同じように鍵盤が弾ける)の持ち主のわたしの最強コンビ?としては、これはわたしたちのためにある楽器だ(そうか?)と盛り上がって鼻息荒くテルミン演奏にチャレンジ!

d0116009_919495.jpg

最初はチューニングが難しかったけど、慣れるとこれは簡単。でも、肝心の演奏は・・・難しい・・・。微妙すぎる。テルミンには自分の耳以外に音階を取る手段がなく、音程をとるのがとても難しいです。
それでもなんとか、蛍の光、ヘイジュード、ふるさと、さくらさくら、コンドルは飛んでいく、家路、喜びの歌、荒城の月、君が代、小公女セーラのテーマ(なぜいまさら?)、大草原の小さな家のテーマ(なつかしい!)、ラピュタの曲などがなんとなく弾けるようになりました。他にも白鳥やG線上のアリア、鳥の歌、マタイ受難曲のアリア、ブラームスやベートーベンの交響曲、カーペンターズやドリカムやGLAYやミスチルやGReeeeN、おしりかじり虫までいろいろチャレンジしましたがぜんぜん曲にならず、まだまだ美しいメロディーを奏でるにはかなりの練習が必要です。
それにしても2千円ちょっとでこんなに楽しめるなんて「大人の科学」はすごいです。

# by terakoyanet | 2007-10-04 09:49 | 雑感・授業風景など | Trackback | Comments(2)