寺子屋ブログ by 唐人町寺子屋

terakoyant.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 11月 10日

プウホヌア・オ・ホナウナウ

プウホヌア・オ・ホナウナウ国立歴史公園(Pu'uhonua O Honaunau National Historical Park)は、ハワイ島西岸のカイルア・コナを20㎞ほど南下した場所にあり、ホナウナウ湾はシュノーケリングの穴場としてひそかに人気です。

プウホヌアというのは、カプ(=Kapu|禁忌・英語のタブー"tabu"の語源)を破った者が罪の赦しを請うために訪れる地のこと。当時、カプを破ったものは死罪になるというのが通例でしたから、逆に言えば、その赦しを請うためのこの地がいかに特別な場所だったということは想像に難くありません。

同時にここにはカメハメハ大王の祖先をはじめ23人の王族の遺骨を納めた霊廟ハレ・オ・ケアヴェがあり、死後も骨にマナ(生命の力)が宿ると考えたハワイ人たちにとって、マナが充溢する神聖な場所でもありました。まさにこの地は、生と死の力が交錯する、ハワイ人にとって第一級の聖地であったわけです。

プウホヌア・オ・ホナウナウはこの土地にさえ来れば、全てのものからその生命が守られる、そういう場所でした。ですから、この場所では生命が失われてはならないのですから、普段は殺し合っている部族どうしでも、ここでは静かに話し合いをしなければいけません。この場所で争うことは決して認められなかったのです。
また、どんな凶悪な犯罪者も、この場所にさえ居れば決して罰を受けることがありません。そこでは全てが贖われているのですから。それだけではなく、この地で彼らの魂はこの地で清められるのです。

かつてプウホヌアは海からしか訪れることができない土地でした。カプの赦しを請うために、自由な魂を得るために、ハワイ人たちはまさに命がけでこの場所に辿り着いていたのです。


私はこの話を初めて聞いたとき、すっかり魅了されてしまいました。この場所にさえ来れば全てが赦されるプウホヌア。その場所を目指して海を渡ったハワイ人たちのことを考えると、私もその場所に行きたいのに、行かなければならないのに。そんな空想とも現実ともつかない考えで、頭の中がいっぱいになってしまいます。

d0116009_12275894.jpg
プウホヌア・オ・ホナウナウの名も失われたヘイアウ


d0116009_12283287.jpg
プウホヌア・オ・ホナウナウのティキ像



とらきつね on Facebook 随時更新中です。

唐人町寺子屋の新しいオフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。

# by terakoyanet | 2017-11-10 12:31 | 好きな場所 | Trackback | Comments(0)
2017年 11月 10日

RONDO

昨年の秋、浜の町公園のすぐそばにOPENした喫茶店RONDO。個性的でインスタ映えして共有できるストーリーがあって。そういうお店が増えるのは楽しいけど、それだけだと少し息(生き)苦しい。

物語を提供するよりは、ただ空気のようにただそこに在る、そんな喫茶店があればいいのにと思う人がいたら、この店はおすすめです。
あたりまえのように美味しいコーヒーと、けっして片手間で作ったわけではない美味しいカレーがあり、決して人の思考を妨げることがない柔らかなマスターがいて、程よい音量で肌に馴染むジャズの音が鳴っています。
これって最高ですよね。

d0116009_12140977.jpg
d0116009_12144396.jpg

とらきつね on Facebook 随時更新中です。

唐人町寺子屋の新しいオフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。

# by terakoyanet | 2017-11-10 12:15 | 好きなお店 | Trackback | Comments(0)
2017年 11月 08日

期末対策講座のこと

「中間の前よりいい感じだから、今回のほうが点数取れそうだね。」
「それは自分でも自覚があります。(くふふ。)」

昨日、ある中2の男の子と話した会話。
いよいよ明日から当仁中の期末テスト。(期末というにはかなり早い日程ですね。学年末テストの範囲が長くなりすぎることが目に見えていますから心配になります。)

テスト直前になると、日ごろちゃんと勉強している子たちの顔には、手ごたえのある表情が浮かび始めます。

中3にとっては中学最後の定期テスト。今回でほぼ内申点が確定しますから、とてもとても大切なテストです。
中2にとっては一次関数や不定詞、電流といった難しい単元を多く含む正念場ともいえるテスト。
そして、中1にとっては命運を分けると言われるテストになります。(子どもの中学時代の成績は、中1の2学期[または後期]の成績次第という話は実感として私も強く感じます。この時期までに基礎力を蓄えた生徒はその後の成績が下がりにくく、逆の生徒は成績が伸びにくくなります。)

生徒それぞれが真剣な思いを抱えて学習に励んでいます。
中1には何度やっても単語テストで得点がとれない心配な子がいますし、中3にはいまだにぴりっとしない子が1人か2人だけいますが、生徒ひとりひとりがまずは自己ベスト更新を目指して頑張ってほしいと願っています。

今日からの教室開放、積極的に活用してくださいね。

d0116009_11385359.jpg
中3夏合宿のひとコマ
きっとこのときより みんなずっと力が伸びたよね


とらきつね on Facebook 随時更新中です。



# by terakoyanet | 2017-11-08 11:40 | 雑感・授業風景など | Trackback | Comments(0)