寺子屋ブログ by 唐人町寺子屋

terakoyant.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 09月 13日

いよいよ今週土曜は宗像堂さんのパンの日!

いよいよ今週土曜(16日)は宗像堂さんのパンの日です!
先月は最初の春うららマーケットを除くと過去最速で売り切れてしまった宗像堂さんのパンとお菓子。

宗像堂さんのパンのすごいところは、毎月食べるたびに愛が深まっていくところ。
秋が深まる今月も、沖縄の大地の力、酵母の力をぜひ実感してください。

私個人としては、先月は完売が早すぎて、自分自身のパンをほとんど確保できなかったのですが、わずかに頂いたもののうち、黒糖カとるカールが、人生で食べたケーキのなかでも一番か、と言いたくなるくらいヒットしていて、今月もゲットをねらっています。

では、宗像堂さんからのお知らせです。

ーーー

福岡の皆さん、こんにちは!

内地から届けられる秋の話題にうっとりしてしまう、まだまだ暑い沖縄です。


お届けするパン


サブリナ

前回福岡初デビューのサブリナ。読谷村産の全粒粉入りの生地に白ブドウレーズン、そして表面には

島ざらめと、ローズマリーが!この未経験の不思議な美味しさ、もう経験されましたか?

(モデルの高垣麗子さんもブログで紹介しています。)


バナナ・コクルレ

ほのかに甘い黒糖の生地に、ローストくるみとレーズン、そしてフレッシュな減農薬バナナがコロコロ。

しっとりとした甘い生地に仕上がっています。

宗像堂の一番人気のパンです。

今週末の新宿高島屋の催事で一日200個限定で販売されます。


黒糖シナモンロール

ほのかに甘い黒糖の生地(伊江島産)にレーズンとローストくるみ、シナモンをロール。

香ばしく甘く、シナモンが香る美味しい一品です。

薄くスライスしてカリカリに焼いても美味しいです。

ヨーグルトやアイスクリームをのせても!


黒糖カトルカール

宗像堂のパン生地には卵牛乳バターを使用していませんが、この焼き菓子、カトルカールは

国産小麦、国産バター、沖縄県産こだわり卵、きび糖を使用して石窯で焼いたパウンドに

伊江島産黒糖、宗像堂ブレンドのエスプレッソ、メープルシロップなどで作った蜜が

たっぷりかかっています。


読谷フォカッチャ

読谷村の無農薬農家の当真さんと一緒に、種蒔き、麦踏、刈り入れをした麦がたっぷり入ったフォカッチャ。

麦本来の持つ、甘みも感じられます。パスタの付け合わせやワインのお供にも!


ライ麦カンパーニュ

カンパーニュって、なんだかかっこいい響きですが、全粒粉入りの生地をまあるく焼いたパンで田舎パンという意味なんです。ライ麦と読谷産全粒粉入りの生地で作りました。

ちなみにライ麦を読谷の畑にも試験的に蒔いてみたのですが、沖縄の気候には合わないようです。

先日岐阜で成功しているという方にお会いしました。背丈が2メートルくらいになるらしいです。

なるほど、それで「ライ麦畑でつかまえて」のタイトルがはじめてしっくり腑に落ちました。


角食パン

前回、角食パンも欲しかった!という嬉しいお声がたくさんあったということでお入れしますね。

酵母と生地のマッチングで、どこにもない、宗像堂にしかない食パンとなりました。


黒糖あんぱん

伊江島産の黒糖の生地に粒あんを包んでいます。

小さいけれど小腹が空いた時にこれ一個食べたら大満足の、力強いあんぱんです。

犬、サル、きじにあげたら最強の働きを見せてくれるかも。

では、今月もお楽しみくださいませ。

10月には秋らしい新商品もお届けする予定です。お楽しみにどうぞ。



d0116009_22344566.jpg
朝、石窯から出たばかりの宗像堂さんのパンたち
神々しささえ漂わせています



とらきつね on Facebook 随時更新中です。

唐人町寺子屋の新しいオフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。

# by terakoyanet | 2017-09-13 22:36 | とらきつね | Trackback | Comments(0)
2017年 09月 13日

寺子屋保護者様へお知らせ

皆様へお知らせです。


(1)英検のご案内
10月8日(日)に行われる2017年度第2回英検の申し込み締め切りが明日までとなっております。お申し込みがまだお済でない方は、明日の22時までに事務室でお申し込みください。[※10月8日(日)の中3の授業は英検実施のため開始時間が遅くなります。したがって、英検と授業時間は重なりません。]



(2)2学期中間考査対策講座スケジュール配布のお知らせ(中学コース)
中学コースの皆様に、対策スケジュールを配布が始まっております。スケジュールの確認をお願いいたします。

〇スケジュールの訂正
9/20(水)の特演はお休みなのに関わらず日程に掲載されていますので、削除をお願いいたします。また、同日の中3の教室開放を16:00~19:15ではなく、18:30~22:00に訂正いたします。



(3)2017年度高校進学説明会
2017年度の高校進学説明会の日程が10月22日(日)に決定いたしました。場所は中村学園女子高校となります。受験生の中3につきましては、できるだけすべてのご家庭にご参加いただければと思います。(この日は多くの受験生たちの心が生まれ変わるミラクルが起きる日です。)また、中1・中2の生徒さん、保護者様につきましても、進学説明会は受験の情報収集として貴重な場であるだけでなく、将来への目標意識を高める場として特別な機会となりますので、ご参加をお勧めいたします。また、当日は年間表彰式が行われますので、表彰に該当する小学生・中学生・高校生につきましては改めてご連絡を差し上げます。(出席予定の方には表彰に関する事前通知はいたしません。)詳しくは、後日配布する説明会の参加申し込み用紙をご参照ください。


d0116009_20015078.jpg
d0116009_20025521.jpg
d0116009_20032863.jpg


# by terakoyanet | 2017-09-13 20:04 | お知らせ | Trackback | Comments(0)
2017年 09月 12日

メキシコのゴシック聖堂①トラコルーラにある聖母の被昇天教会

若いころより旅が楽しくなった。そう感じるのは、旅の焦点が絞られてくるからではないでしょうか。
自分の興味の対象を心の深いところで理解して、それを羅針盤にして動いてみる。そうやって新しいものに出会うという楽しみ方は、年を重ねた人のほうがきっとうまくいくのでしょう。

私の今回の旅は、工藝風向さんでメキシコのブリキ絵に出合い、小野一郎氏(尾形一郎氏)の「極彩色メキシコ巡礼」(晶文社)を読む機会に恵まれなかったら、実現していたかどうかは疑わしいものです。そうやって、自分が出合った人やものに導かれ、自分がカトリックの家に育ったという過去の境遇と、現在の出合いの経験とが撹乱し、それによって生じた熱量に導かれた形で実現したのが、今回のメキシコ訪問でした。


d0116009_09153157.jpg
聖母の被昇天教会にある聖クリスト礼拝堂



予備知識を携えて出かけたはずなのに、メキシコのゴシック聖堂に圧倒され、魅了される旅になりました。
メキシコの聖堂は「祈り」の空間そのもので、その祈りの深さに、度々心を揺さぶられることになりました。

d0116009_09230548.jpg
d0116009_09233463.jpg
d0116009_09343908.jpg
d0116009_09391503.jpg
受難のモチーフが多用された聖像たちはグロテスクですらあります。
しかし、その聖像たちを見たときに、私はこの祈りの強度をいつか確かに感じたことがある、そう気づかされました。どうしようもなく深い親近性が心の奥底からふつふつと湧き出てきたことを忘れることができません。

カトリックの数ある教えの中で、メキシコのこの地の人たちの心を捉えたのは、やはりキリストの受難です。
命を賭して人間に救いをもたらしたイエスの苦難は、苦しめば苦しむほど霊的な存在になることができるというメッセージを人々に与えました。切り落とされた自分の首を持つ聖人像は、自己犠牲の最たる姿を表すものでしょう。

カトリックは、北アメリカの古代信仰を否定する形で受容されたのではなく、古代信仰の分厚い地層の上に積みあげられる形で、この地で受け入れられました。カトリックの教会堂はしばしば古代遺跡の基礎の石盤の上に建てられているし、それらの遺跡の石がそのまま教会堂の建築に利用されています。

聖堂の血なまぐさい聖像たちは、アステカ時代の自己犠牲や生贄のデモンストレーションの残滓であり、同時に、カトリックと植民地支配を受容したこの地の人々の苦難をイエスの受難に託した姿そのものです。それはあまりに苛烈な表現であり、本来、祈りというものがいかに凄絶なものであるかということを、いま一度思い知らされるものです。
d0116009_10594967.jpg
しかし、この聖堂から祈りの苛烈さだけを抽出して読み取るのは、人々の暮らしを見る目をむしろ誤らせてしまうことになるでしょう。メキシコのブリキ絵を見ていると、ささやかな日々の暮らしの中に祈りがあること、神への信仰と周囲への愛情が穏やか結びついていることを感じさせ、温かい気持ちになります。
d0116009_10420367.jpg
今回ご紹介した聖堂があるトルコルーラは、オアハカ市から車で50分ほど東に進んだところにある町で、日曜日には大きなマーケットが開かれることでも知られています。
d0116009_11004750.jpg
メキシコのゴシック聖堂の記事、旅の記憶が消えていかないうちに、改めて書きたいと思います。



とらきつね on Facebook 随時更新中です。

唐人町寺子屋の新しいオフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。

# by terakoyanet | 2017-09-12 10:53 | 好きな場所 | Trackback | Comments(0)