寺子屋ブログ by 唐人町寺子屋

terakoyant.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 05月 21日

本日より成績資料配布(中学部)

本日より5月分の成績資料の配布を開始いたします。
今月は新2・3年生が頑張りましたね。学年が上がり、俄然やる気を出している生徒が多いことがわかります。また、各学年とも各個人の成績の変動が大きくなっています。
ご家庭で、今後の努力のための参考となさってください。

とらきつね on Facebook 随時更新中です。

唐人町寺子屋の新しいオフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。

# by terakoyanet | 2017-05-21 13:22 | お知らせ | Trackback | Comments(0)
2017年 05月 21日

受験と情報

3月に卒業した成績最上位の2人が、「寺子屋の後輩へのメッセージ」の欄に、2人揃って「先生を信じろ!」「鳥羽先生を信じる。」と書いていました。この数年だけでも毎年11月の進学説明会において、修猷館生、城南生の複数名から「先生を信じて」という言葉が飛び出したことも記憶に新しいです。

生徒たちの多くがこのようなメッセージを後輩に残す意識の背景として、先生の言を信じ、それを着実に実行すれば必ず合格できるという事実を、後輩たちに伝えたいという思いがあるのはもちろんですが、一方で、最上位校を目指す生徒たちにとって、いかに信頼関係が成立した間柄であっても、時に「先生を信じる」ということが難しくなる瞬間があるという事実を示唆しています。


学校にいる大手塾の生徒たちが見せびらかすテキストがやたら良いものに見えることもあります。
個人にとっては本来意味のないはずの大手塾の合格者数の数字がきらびやかに見えることもあります。
また、隣にいる親の心が揺れているせいで、自分まで不安になる子がいます。
こういう不安というのは或る意味しかたがないです。逆に大手塾に行っていても、不安になって寺子屋に移って来る親子は毎年います。

それでもやっぱり揺れない子のほうが有利です。揺れた子の学力はどこか貧弱になりがちです。
きちんと結果を残している塾の授業というのはそれだけで完結しているので、他の塾のテキストをやるのは、単に余計なことですから。そして、いま通っている塾を「どこかで信じていない」というのは、その子が学習する密度を決定的に低くしてしまうところがあるのでしょう。



今年の春は珍しいことに、この時期に新中3生が2名退塾しました。
塾の学習にすっかり馴染み、寺子屋のやり方に高い順応を示していた2名だっただけにとても驚きました。
そして、退塾するときというのは、本人というより親の不安が強く作用しているということを改めて感じました。

これまで当校から転塾した生徒たちのその後を聞いたとき、私たちが想定した以上の成果を残した子どもというのはとても少ない、むしろなぜそんなことになったのかと愕然とすることが多いというのが現状です。辞めてそのあと結局戻って来た或る子と話したとき、彼女は「寺子屋で習った単元だけ密度がすごく濃くて、他はすごく薄い」と言いました。彼女の印象がどこから来るかと言えば、当校は私ひとりでほぼ全ての中学生の授業のテキストを作り、それに基づいて「ストーリー性のある授業」をやっているので、塾を途中でやめたら、その物語が途中で分断されてしまうんです。だから、塾を辞めた後は、その後の単元のストーリーの密度がやたら薄れて見えてしまうという事情があります。教える人が教科や時期・学年によって変わる塾や、個別指導の指導者が転々とする塾に通っている子どもにはこういう現象は起こらないのですが、当校に通っていて、途中で塾を離れた生徒には必ず起きる現象です。

辞めた子が進路先について、なぜそんなことになったのかと愕然とするような選択をすることがある理由としては、進路指導の脆弱さも関係しています。本来、生徒に対する進路指導は、その子が受ける学校の全科目の過去問の傾向を知っていて、かつその生徒の全科目の状況を知っていなければ、的確な指導は難しいです。例えば西南学院高校の専願は数英の2科目受験、一般前期は国数社理英の5科目受験、そして一般後期は国数英の3科目受験(今年度から西南の後期入試はなくなりましたが)と、受験科目が異なります。ですから、例えばその子が西南の数学過去問との適性が抜群に高いと判断すれば数学の比重が高い専願を是非とも受けたほうがいいよと勧めますし、むしろバランス型(5科目満遍なく得点をとるタイプ)で、英数が特別に良いというわけではない生徒の場合は、前期入試を勧めることになるでしょう。そういった意味で、1科目だけ教えて、1科目だけ過去問の傾向を知っているような先生が、生徒に的確な進路指導をすることは極めて困難です。1科目も教えていないのに、その生徒の成績表だけ見て判断するような指導は、はっきり言って単なる当てずっぽうです。

これは、ご自身が中学校の先生である或るお母さまにお伝えいただき、そうかと思ったことですが、高校入試を受ける寺子屋の生徒たちの特権は、生徒の5科目の状況をつぶさに知っている人間が進路指導をするということです。そのために、こんなはずじゃなかった、というようなあとで後悔するような受験になる可能性が極めて小さいということであり、あやふやな情報ではなく、確実な情報を得ることができるという意味で、受験を迎える親子にとって決定的に重要なことではないかと考えています。




とらきつね on Facebook 随時更新中です。

唐人町寺子屋の新しいオフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。

# by terakoyanet | 2017-05-21 08:21 | 雑感・授業風景など | Trackback | Comments(0)
2017年 05月 20日

連日、三者面談が行われています。

連日、中学コース生の三者面談が行われています。
毎回、面談のあとの変化がその子の成績状況に決定的な影響を与えることがあります。
今回は誰が覚醒するか、楽しみにしています。

今回参加できなかった保護者様。
ぜひ次回はご参加ください。
面談をきっかけに、子どもが本当に変わることがあるんです。

それは決して私たちの力ではなく、
話しているうちに、子どもが勝手に自分を伸ばす力を手に入れる瞬間があるのです。
それは本当に他に代えがたい瞬間です。

その場ではっきりと変化の瞬間が分かるときもあれば
後になってみて、あの日がターニングポイントだったと気づくこともあります。

一昨日は前回の面談で約束した数字を見事全て達成した子と話しました。
一番の変化は、一年前よりずっと自信を持っていること。
自分がやってきたことがちゃんと結果として返って来た。そのことがうれしい。
彼女は自分の言葉でそう話しました。

また今年もいっしょに目標を決めた彼女は、きっとこれからも自分の限界を知るというチャレンジを続けるはずです。自分が頑張ったときにどれだけの成果を上げることができるか、どの程度のパフォーマンスを行うことができるか、そういった自分の限界を中学時代に見ることができた人は幸せ者です。




とらきつね on Facebook 随時更新中です。

唐人町寺子屋の新しいオフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。

# by terakoyanet | 2017-05-20 01:27 | 雑感・授業風景など | Trackback | Comments(0)