タグ:アジア ( 95 ) タグの人気記事


2016年 12月 07日

絶景の話。

昨今は絶景ブームで、大型書店の旅コーナーに行くと「一生に一度は見たい世界の絶景!」というようなタイトル(適当につけてみました)の本が山積みになっています。

私自身も絶景が好きで、世界や日本、あちらこちらを周っているのですが、なぜそんなに絶景を見てうれしいかと言えば、その壮大な景観が目の前に広がるとき、いつも精神を制御している施錠が自ずと解除され、日々ささやかな事に拘泥してばかりの心から解放されるからだと思います。日々私たちは、自力で物事をどうにかしないとと思っている、でも、目の前の景色は、自力でどうにかしようなんてどだい無理だよ、あなたのその心を私に預けなさい、そう言っているかのようです。

ヨハネ福音書の14章に「心を騒がせるな。」というフレーズが出てきます。
そしてその続きには「神を信じなさい。そして、わたしをも信じなさい。」とあります。

この場合の「神を信じなさい」は、英訳では"Believe in God"になり、believe in...を私たちは「~の存在を信じる」と訳すと習っているわけですが、一方で、believeの語源には、「疑いを持たずに受け入れること」「相手の中に入り込むこと」という意味があります。in(聖書の原典のギリシャ語ではen)は「~の中へ」という意味ですから、"Believe in God"というのは、「神(の存在)を信じなさい」というよりは、「神の中に、その身を委ねなさい」、私はそう訳したいと思います。

「心を騒がせるな。神の中に、その身を委ねなさい。」 これは、歎異抄にも著された他力(本願)の考え方にも通じるものがあり、徒らに自我を震わせる私たちへの戒めとも取ることができます。

私はこの「心を騒がせるな」のフレーズを、先日の祖母の葬儀で耳にしました。
これまで何度聞いても入ってこなかったフレーズが、あるとき不意に心にすとんと落ちてくる。
そういうことってありますよね。


話が逸れました。絶景を見ると、心が開き、体がいきいきとした脈動を打ち始める。だから絶景の楽しみは尽きないのですが、一方で、絶景を「切り取る」ことについて、私は一抹の羞恥心を持っています。だって絶景を「切り取る」ことは、作為を免れません。その作為が私にいつも「それはほんとうではないよ」と耳打ちします。
絶景を「切り取る」のは傲慢です。才能のある写真家の中には、その風景に身を委ねたような写真を撮る(しかもそれがその写真家のひとつの解釈として成立している)人たちがいます。私の好きな石川直樹さんもそういう人のひとりです。しかし、それができない私は、写真を撮るという行為を楽しみながらも、どこかで気まずさを抱え込まずにはいられません。
また、絶景を「切り取る」ことで完成形の美しい画像を作り上げること。この思考は、日本という土地にたまたま生まれついた私たちの感覚とも乖離しがちです。西洋の絵画や庭園が、その幾何学的な精緻さによって完結した永遠性を求めるのに対し、日本の絵画や庭園は、その移ろい、変化自体を楽しむものでしょう。いくら非の打ちどころのない美しいものであっても、そこに移ろい、はかなさがなければ、その美しさは私とは縁の遠いものなのではないでしょうか。その点で、インスタでよく見る美しい風景写真たちは(これには私自身の写真も含まれるのですが)なんだか空疎さが免れない。一方で、写真が本職ではなくても、例えば民俗学者の宮本恒一が主に記録用に撮ったと思われる写真を見ると、そこに流れる土着の時間があり、そこに避けがたいはかなさがはっきりと映っていて、はっとさせられるのです。

話しがすっかり長くなりました。今回、絶景の話をし始めたのは、10月にある男子高校生に「文化祭で世界の絶景を紹介しなくてはいけない。自分か身近な人が実際に訪れたところ。そして他の人と被らないところ。」という難しい相談を受け、その際に、彼に絶景の紹介をするために、過去の写真をピックアップしたこと、そして絶景いいなと思いつつも、その際に、絶景を単にネタにして消費するだけの発表は空疎だよ、といらぬ忠告をして以来、何か書こうと思っていたことからでした。

以下、2016年から遡って、その年の中でべストの絶景。見たときの爽快な気持ちを思い出します。グランドキャニオン、エアーズロック、イグアス滝、万里の長城のような絶景のビッグネームには、まだ行ったことがないのですが。

〇2016 Lyse Fjord - Norway
d0116009_13384136.jpg
d0116009_133986.jpg


〇2015 Mt. Bromo - Indonesia
d0116009_1340568.jpg


〇2014 Gullfoss - Iceland
d0116009_13502740.jpg


〇2013 Rock Islands - Palau
d0116009_1425531.jpg


〇2012 Seven Sisters - England
d0116009_1443633.jpg
d0116009_1445237.jpg


〇2011 Kalalau Valley - Hawaii
d0116009_1451579.jpg


〇2010 First - Switzerland
d0116009_1472132.jpg
d0116009_1481241.jpg


〇2009 Great Barrier Reef - Australia
d0116009_14850100.jpg


〇2008 Hateruma Island - Japan
d0116009_14111671.jpg





とらきつね on Facebook 随時更新中です。


唐人町寺子屋の新しいオフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。

by terakoyanet | 2016-12-07 11:58 | 塾長おすすめの場所 | Trackback | Comments(0)
2016年 06月 14日

ドイ・インタノン国立公園にあるワチラタン滝

チェンマイ郊外に位置するドイ・インタノン国立公園は、タイでも最も標高が高い地域。
その国立公園内にある、ワチラタン滝"Wachirathan Waterfall"を訪れました。

d0116009_103321.jpg


乾季なのにかかわらず、すごい迫力。
天から恵みの水が落ちてくるような、壮大で美しい滝でした。


とらきつね on Facebook 随時更新中です。


唐人町寺子屋の新しいオフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。

by terakoyanet | 2016-06-14 10:12 | 塾長おすすめの場所 | Trackback | Comments(0)
2016年 05月 18日

タイランド・ナウ、5月21日(土)より開催!

5月21日(土)~6月2日(木)にかけて、とらきつねではタイランド・ナウと題し、タイのハイブランドの展示販売会が行われます。
タイでは、タイ国内産の高品質の素材にこだわり、伝統的な製法を大切にしながらも、現代の私たちの感性にフィットするモノ作りがさかんに行われています。その質の高さはアジア随一と言っても過言ではありません。今回のイベントでは、中でも特に品質と人気を兼ね備えたハイブランドの商品を、皆さまにお届けいたします。
今回のイベントを機に、とらきつねでは、バンコクの若い感性を代表するレコード会社Impression Sound Studioの日本代理店として、皆さまにタイの現在を伝える音楽をお届けできることになりました。こちらも後日改めてご紹介差し上げます。

また、南アフリカのビーズアニマル、monkeybizの展示会も同時開催いたします。みんなが幸せになるかわいい子たちをぜひ見にきていただければと思います。

d0116009_8242575.jpg



◇お取り扱いブランド  *以下のブランド・工房のご案内は、未完成です。随時追加してまいります。
Ban Rai Phai-Ngam (Chom Thong)
d0116009_8331822.jpg

d0116009_8322288.jpg

アジアの布に魅了された人なら必ず出会うと言われるチェンマイの郊外、チョムトンにある工房、Ban Rai Phai-Ngam。「美しい竹の村」という名のついたこの工房は、京都の嵯峨野を思い出させるような山麓の奥に位置しており、そこでは、タイで一番、いや、世界一と言う人もいるほどの、美しい糸からの布づくりと染織が行われています。こちらの工房から、見たこともないほどの美しい染織が施されたストールなどを入荷しています。


Cotton Farm (Chiang Mai)
d0116009_8421276.jpg
d0116009_8425061.jpg
チェンマイの布プロジェクト、コットンファーム。チェンマイのナイトバザールに近いターペー通り付近にある古くも美しい茶館、Raming Tea House、その2Fにコットンファームのギャラリーがあります。ギャラリーに入ったときの鮮烈な印象が忘れられません。布が文字通り踊っていたのです。外から入ってくる心地よい風になびいて泳ぐ布たちの姿は、そのままその布たちの柔らかで繊細な魅力を伝えるのに十分でした。
こちらのプロジェクトも、やはりその名のとおり、品質の高い綿花を生産するところから農家と協同して行っており、コットンもシルクも、繊維自体から自ずと現出する美を大切に製品をつくっています。
コットンファームからは、数は僅少ですが、繊細なシルクのストールやコットンの敷物などを入荷しています。



Sop Moei Arts(Bangkok / Chiang Mai)
d0116009_859934.jpg
d0116009_8593658.jpg
ソップモエアーツの前身は、1977年から開始されたタイ北部に住むカレン族に対する栄養指導と自立支援プロジェクト。スウェーデン政府の後援のもと、ケント・グレゴリー夫妻を中心に地元に古くから伝わる技術を生かした織物やバスケットの製作が開始されました。
1997年にはこのプロジェクトからソップモエアーツが誕生。イギリス他のデザイナーが商品開発に携わることで、伝統的なものに宿る美しさはそのままに、より洗練された商品が次々と生まれることとなりました。いまでは、先日お伝えしたVILA CINI同様に、日本の女性誌でも度々取り上げられる独自のブランドイメージを確立しています。
ソップモエアーツから今回入荷しているハンドバッグ(ポーチ)をよくご覧ください。とても鮮やかで目を惹くデザインなのですが、カラーのラインを目で追ってみると、一つひとつが決してケミカルでは表出しない繊細な色で、あらためて天然染料はこれほど美しいのかと驚かされます。お手元に置かれた方にとって、きっと愛着が深いものになるでしょうね。

先日ご紹介したBan Rai Phai-Ngam(美しい竹の村)を訪れた際に、偶然、ソップモエアーツ・バンコク店の日本人スタッフお2人にお会いし、お話しする機会に恵まれました。お2人はちょうど、カレン族の村まで行く途中に、その美しい工房に立ち寄られていたところでした。やはり、しかるべき場所で会うべき人に会うのだ、そのとき強く思ったことを覚えています。



Thai Craft / LOVE & SENSE (Chainat / Osaka)
d0116009_901262.jpg
d0116009_904410.jpg
d0116009_91140.jpg
皆さまからの熱視線が注がれること間違いなしのこちら、かごバッグたち。イベント写真に掲載されたこともあり、すでにお問い合わせもいただきました。
フォルムがすごく美しくて、一目惚れしてしまいますよね。

大阪の会社、福市(ブランド名"LOVE&SENSE")では、主にアジア各国を中心に、作り手、売り手、買い手が幸せになれるような社会を目指して、フェア・トレード商品を取り扱っています。こちらのかごバッグを製作したのは、タイで約30年前からフェアトレード商品を世界に届けているThai Craft。タイ内陸部の水路をふさぐ勢いで生えるホテイアオイという雑草のしなやかなのに耐久性の強い性質に注目したThai Craftによって生み出されたこの美しいプロダクトは、雑草を除去するとともに、水田で働くことができなくなった地元の年配の人たちに雇用を与える機会を与えることに貢献しています。

その美しいデザインと発色、手持ちの気軽さ(見た目よりずっと軽いです)、そしてそのわりにお手ごろな価格。きっと皆さまに気に入っていただけるものと思います。



VILA CINI (Chiang Mai)
d0116009_922547.jpg
d0116009_93856.jpg

チェンマイを代表するシルクブランドとして知られるVILA CINI。
養蚕と糸作りから始まって、製品ができるまでの全工程をプロジェクトの中で手がけており、その品質はタイシルクの代名詞的存在、ジム・トンプソンと並び称されるほど。
一見色づかいが派手に見えるかもしれませんが、上質だからこそあらゆるシーンになじんでしまう魅力があります。本当によいものは、明るいところではきらびやかに、静かなところではしっとりとして見えるものです。こちらのVILA CINIの布や小物たちは、まさにそういった重厚な美しさを備えています。これはきっと最先端のプロダクトでありながら、これまで長年培われてきた伝統と技術をベースにしているからこそ成せる業。
今回の催事では、VILA CINIのプロダクトの中でも、王道の定番と言われるポーチ類を中心に、豊富な取り揃えで皆さまをお待ちしています。

------
Impression Sound Studio (Bangkok)
monkeybiz (South Africa)
d0116009_9501389.jpg



◇会期中に行われる他のとらきつねイベント(定休日は月・水です)
〇5/21(Sat) FM fukuoka 「おいしい話 うれしい時」代表 鳥羽出演(21:00~21:30)
〇5/22(Sun) 野中元×かるべけいこ「苦しい時こそ、ご飯と味噌汁」(13:30~15:30)
〇5/28(Sat) FM fukuoka 「おいしい話 うれしい時」代表 鳥羽出演(21:00~21:30)




とらきつね on Facebook 随時更新中です。


唐人町寺子屋の新しいオフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。




by terakoyanet | 2016-05-18 09:04 | とらきつね | Trackback | Comments(0)
2016年 02月 08日

台湾の震災

昨年、台湾ルカイ族の村、多納、の記事を書きました。台湾震災後にアクセスが増えていて、ほぼ震央地にあるこの小さな村のことを心配しています。もっとも、この地域は古くから台湾の地震多発地帯で、この村の伝統的な家屋は、地震に強いストレート板でできています。


とらきつね on Facebook 随時更新中です。


唐人町寺子屋の新しいオフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。

by terakoyanet | 2016-02-08 11:19 | 雑感・授業風景など | Trackback | Comments(0)
2016年 01月 28日

アヤラ博物館と「歴史」の話

d0116009_115214.jpg

天皇皇后が昨年のパラオに続いてフィリピンを訪問中とのこと。
このニュースを見て思い出したのがマニラのアヤラ博物館"AYALA MUSEUM"。

フィリピンの歴史を深く学ぶことができる博物館で、併設されているカフェも素敵です。
d0116009_116493.jpg


ここの博物館は、館内撮影禁止のため、内部の写真はありませんが、特に、スペインとアメリカの植民地支配、そして太平洋戦争における日本の侵攻、さらに現代史と続いていく迫真のジオラマは圧巻でした。これを見るだけでも、この博物館には行く価値があります。ジオラマでは、日本では取り上げられることの少ない「バターン死の行進」などについても詳しく触れられていました。

「バターン死の行進」については、「南京大虐殺/南京事件」などと同じく、とてつもない悲劇だったと語られることが多い一方で、一部の日本人は、そんな事実はなかった、と主張しています。

歴史上のあったなかった論争は、あらゆる職場で起こっている言った言わなかったの内輪喧嘩のごとく、その事実の有無について、不毛とも言えるやり取りが延々と続くのでしょう。そして結果的にどちらも譲らずに遺恨だけが残る。(または先日の日韓協議のように、「人」を無視して強引に政治的な決着が図られる。)でもそんなことはできれば終わりにしたいところです。


学校で教えられる「歴史」は、揺るぎのない事実(=史実)のような装いで子どもたちに語られます。
しかし実は、それこそが躓きの始まりと言えます。

私はここで、「教科書が教えない歴史」があるんだよ、といった、別の新たな事実について話したいわけではありません。そうではなくて、学校で教えるべきは、「歴史」とはそもそも何なのか、ということを検証することの必要性だと言いたいのです。

ベネデット・クローチェの「すべての歴史は現代史である。」という言葉をわざわざ引用するまでもなく、歴史というのは、いかに明白で公正に見える資料が目の前にあろうとも、それは現代の私たちからの眼差し(解釈)なしには成立しません。だから、私たちは歴史の教科書を構成する「眼差し」を知ることで、歴史そのものというよりは、それを構成する要素、つまり現代の私たちについて深く知ることができるのです。

先日、ある生徒が「歴史はもう物語ができあがっちゃっているから面白くない」と発言しました。私は、この子鋭いな、と感心せざるをえませんでした。できあがっちゃっている物語というのは、ある人々を熱狂させ、ある人々を震え上がらせるのです。

「歴史」が事実の擦り付け合いの道具にならないように、「歴史とは何か」という最も基本的なことだけでも、学校で教えるべきです。そうすれば、歴史が政治の力学から一旦解除された状態で、子どもたちはもっと自由に「歴史」を学ぶことができるはずです。




とらきつね on Facebook 随時更新中です。


唐人町寺子屋の新しいオフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。

by terakoyanet | 2016-01-28 01:58 | 塾長おすすめの場所 | Trackback | Comments(0)
2016年 01月 19日

バニュワンギ郊外にあるミコさんのお宅を訪問

ジャワ島では山岳地帯をはじめ安全性に懸念の大きい場所をめぐったため、専属のガイド帯同の行程をとりました。
数名のガイドのなかでも、ミコ(Miko)さん(以下ミコ)とは丸3日間いっしょに行動したので、すっかり打ち解けていろいろな話をしました。
d0116009_712780.jpg
日本人がここにやってきたのは初めてですとにわかに信じがたいことを伝えられたIjen Resort。イジェンの麓、神から祝福されたような牧歌的な美しさを持つ田園地帯にあるこのホテルは、シンプルながら清潔で料理も美味しくとてもおすすめ。部屋の窓やプールからは、周辺のライステラスやイジェンの山々を一望できます。


最終日になり、ホテルから空港に行く(車で1時間くらい)途中に僕の家があるからと、ミコの家に立ち寄ることになりました。車窓から見えるのは稲の手植えや鋤を引く水牛といった伝統的な農村風景。

d0116009_7381368.jpg
d0116009_739926.jpg


日本人はまず来ないけれど、欧米人たちはこの地区でたびたび農業体験をします。そういったツアーを受け入れることで、一部の農家はすごく(経済的に)助かっています、とミコ。

農業機械の導入、とかそういう話はないのですか?

ありますよ。一部では使われている。でもすごく高価なんです。だから稲刈りのときは借りたり共同購入したものを使ったりしている。でも老人にとってはその使い方は難しい。うまく使えなくて結局もとのやり方に戻った人もいます。

日本人はまず来ない、って言ったけどなぜでしょうか。

日本人、まあこれは韓国や中国、台湾の人たちも含まれるんだけど、そういう人たちと、欧米やオーストラリアの人たちとでは旅に求めるものが違う、そうではないですか?

そうですね。アジア人は概して買い物が好き、欧米人は自然や文化が好き。そういう感じでしょうか?

うん。僕はバリ島で働いていたことがあるから、そのコントラストは目を見張るほどでした。ただダイビングだけはアジア人も好きだけど。でもバリ島で登山やトレッキングをする日本人はほとんどいないでしょ。ジャワ島まで来て火山を登りたいっていう日本人も珍しいですよ。

ミコはくすくすと私のほうをみて笑う。

バリ島でオランダ人に言われましたよ。なぜ君はインドネシアに来てまで火山を見に行くんだ!?日本人なら火山は不足していないはずだって。

あははは。確かに日本人とフィリピン人と私たちインドネシア人は、火山については何の不足もないですね。

d0116009_8132068.jpg


さっきの話だけど、西洋人とアジア人では「消費」についての自覚が全く異なるんです。西洋の人たちはすでに「仕組まれた産業」の中で私たちが「消費させられている」ことに自覚的だから、消費行動として最もわかりやすい「買い物」には興味を失っている。でもそこはまだアジアの人たちは素朴です。「買い物」自体がまだ楽しみとして成立しているんだから。でもアジアの人たちは別にそのことを卑下しなくってもいい、だって西洋人のアクティブな「楽しみ」や「体験」は、多くの場合、消費行動を表面的に無害化するためにあるんだから。彼らだって自分が何がやりたいかなんて本当はわかっていない、私にはそう見えます。

そんなことを考えながらガイドをするのはどんな気持ちなのですか?

もちろん楽しいですよ。実際に「体験」が始まると、「動機」は消えて楽しさだけが残る。これはガイドする側もされる側も同じことです。


彼は西洋人とアジア人の比較で話をしたが、これからアジアや日本の人たちの志向も変わってくるかもしれない。ガイドブック「地球の歩き方」の最新版には、バリ島内のトレッキングコースについての特集が載っており、日本人の志向の変化が窺える。高校生たちを指導していて個人的に感じるのだけれど、彼らは「消費させられている」という話をした場合、何の抵抗も示さない。すでに彼らはそのことを知っている、そのような印象を受けることが多い。でもだからと言って日本の若者たちが西洋の人たちと同じリアクションをとるとは思わない。彼らはすでに「自分が何がやりたいかなんて本当はわかっていない」ということを引き受けた上で、それぞれのキャラを演じ、コミュニケーションの円環の中で自活している。


よく「うちの国にも遊びにおいでよ!」って欧米の人たちに言われるけど、私たちインドネシア人が観光のために欧米に行くのがどれだけ難しいことか、きっと彼らの想像の何倍も難しいということをわかっていない、と思うことが多い。ビザの問題もあるし。でも、そのかわりに私はたくさんの国の人たちと話している。だから私は彼らに言うんです。「私はもう何もかも見ているから、行かなくても大丈夫。」って。実際のところ、移動することと、ものを見ることの間には直接の関係はないのです。


まるでアドルノとホルクハイマーの幻影を見るような、そんな話をしながらミコさんの家に到着。
d0116009_9303118.jpg

「日本からのお客さんだよ」とミコさんが言うと、お姉ちゃんが一言「AKB48・・」。
インドネシアではJKT48が活動しているからか知名度が高いらしい。最初は写真におさまるのを「恥ずかしい・・」と言っていたけれど、お父さん(ミコ)に促されこの笑顔。ありがとう。

d0116009_9385476.jpg
d0116009_10134040.jpg
土地の果物や手作りのお菓子、さらにお食事までいただきました。

そして弟のプリンゴくん(3歳)と近所の友達といっしょに集落内を散策。
d0116009_9495748.jpg
d0116009_9512667.jpg

ミコの義理の兄は凧をつくるのが上手。
d0116009_9523932.jpg

おばあちゃんとできたよ、とポーズ。
d0116009_955859.jpg
そのほかにも石磨きや洋裁店などいろいろなところに行きました。

最後にミコと子どもたちと家のすぐそばのとても小さな小学校へ。
d0116009_9573872.jpg
d0116009_9593022.jpg


この学校は私設の小学校です。ここはバニュワンギ郊外の小さな集落だから、もともと小学校がなかったんです。だから十数年前に私たちがこの学校を建てて、近くの村から先生ができる人を連れてきて学校を始めたんです。でも私設だから、この小学校を卒業しても上級の学校に上がれない、そんな状態が続いていました。
d0116009_1031828.jpg


でも、昨年ようやく国に学校として認められ、国から派遣された先生がやってきたんです。
だからプリンゴは、私たちが行けなかった上級の学校に行ける。
そういうわけで学校を最初につくった私たちにとって、この学校はちょっとした誇りなんです。
ミコはそう話しました。

d0116009_1071662.jpg
d0116009_1075752.jpg
この前より伸びたね、と身長を測るプリンゴくん。ミコと村の人の愛おしいもので溢れているから、それを共有するだけで私のほうも愛おしい気持ちになる。


d0116009_10171799.jpg
帰り際にミコが見せてくれたプリンゴくんのお遊戯会の写真。プリンゴくん、美形すぎる!


d0116009_1015298.jpg
君は公平にものを見ようと努力する人だ。君は旅を続けるべきだと思うよ。ミコさんは別れ際にそう私に言ってくれました。
ミコさんやその村の人たちと過ごした時間が忘れられません。


(*行って時間が経過しましたので、一部の会話がフィクションであることをお許しください。)


とらきつね on Facebook 随時更新中です。


唐人町寺子屋の新しいオフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。

by terakoyanet | 2016-01-19 10:24 | 塾長おすすめの場所 | Trackback | Comments(0)
2016年 01月 11日

バリ島西部のランブット・シィウィ寺院

バリ島西部のランブット・シィウィ寺院は、他の観光スポットからかなり離れた場所にある(タナロット寺院をさらに2時間以上西に進む)ため、ほとんどのツアーコースからは外れてしまいます。私もギリマヌッ(バリ島からジャワ島に渡るフェリーが出るバリ島最西端の町)に行く予定がなかったら、きっと行くことはなかったであろう場所です。しかし実に素晴らしいところでした。スミニャックやウブドから2・3時間かけても来る価値があるかもしれません。

d0116009_1112337.jpg
かわいいでしょう。ポーズをばっちり決める女の子と、ぶっきらぼうな表情で立つお兄ちゃんと弟。
この子たちは寺の前にいた地元の子たち。この日は昼過ぎから寺で地域のお祭りがあるらしく、祭りの踊りに参加するために来たようです。


この子もいました。
d0116009_11183642.jpg



d0116009_11192962.jpg
d0116009_11194910.jpg
d0116009_11224818.jpg
d0116009_1123715.jpg
d0116009_11233611.jpg
d0116009_11235617.jpg
d0116009_11242313.jpg
d0116009_1124457.jpg
d0116009_11252872.jpg
d0116009_11262334.jpg
d0116009_1243897.jpg
d0116009_11255268.jpg


寺に入るとすぐ管理所のような小さな建物があり、そこに寺のガイドの方がいました。
とても人あたりが穏やかな男性。「彼にこの布を巻いてください」言われ、腰に布を巻いたところで案内が始まりました。

ここに来る外国人はそれほど多くありません。今日はあなたたちが最初のツアリストですよ。
ちょうど時を同じくして寺を訪問したカナダのケベック出身のご夫婦といっしょに寺を周ることに。

ランブット・シィウィというのは頭髪への礼拝という意味です。
16世紀に、かぼちゃに乗ってバリに渡来したジャワの高僧ニラルタにちなんだ寺院です。いまだにこの寺院にはニラルタの頭髪が1本だけ大切に保管されているのです。ニラルタはこの地で瞑想しながらそのまま天に昇ったと伝えられています。ニラルタはバリ・ヒンドゥーで最も尊敬を集める僧のひとりです。

なぜ頭髪なのですか。
なぜでしょうね。ニラルタが村民に頭髪を預けていたのです。それを村民がニラルタの化身として奉ったことからこの寺が始まりました。

そしてこの絶壁の下にある洞窟には龍が奉られています。海の守り神ですよ。



寺が建つ絶壁の上から見るインド洋は深い藍色でした。
この絶壁の下の海底は深く沈みこんでいます。その海底に龍は住んでいて、ときおり洞窟にやってきて人の世を鋭く見遣る。目の前の海は、そんなことを考えさせる深みを帯びた色をしていました。晴れた日に行くことをお勧めします。


寺の周りは広大なライスフィールドが広がっていました。
d0116009_1127533.jpg




とらきつね on Facebook 随時更新中です。


唐人町寺子屋の新しいオフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。

by terakoyanet | 2016-01-11 12:13 | 塾長おすすめの場所 | Trackback | Comments(0)
2015年 11月 26日

冬の1日のはじまり―日月譚の朝日―

急に寒くなってきましたね。寒さに伴う空気の乾燥が、私のアレルギー体質の肌と喉と鼻につらい影響を与えています。
私はこの1ヶ月、体調を崩していて、昨日も深夜に病院にお世話になり、今朝も病院に・・・と情けない状況が続いていますが、皆様もどうか気温の急激な変化にお気をつけください。

今年は台湾に縁があり、3度ほど出かける機会を得たのですが、今日は台湾のベストプレイスとの呼び声も高い、日月譚の朝の風景をご紹介します。

この写真を撮った日、私はまだ日没前の暗い時間帯に湖の畔で転んで捻挫しました。
目の前に鉄のチェーンがあり、勢いよくジャンプして飛び越えた先に段差があったというへまをやらかしました。というわけで、捻挫した足を引きずりながらの、満身創痍の撮影でした。

日月譚は台湾中部にある、台湾最大の湖。面積は芦ノ湖より少し大きい7.9k㎡。
もとは4.6k㎡ほどの大きさでしたが、日本植民地時代に、水力発電開発により大きくなりました。
島に浮かぶ拉魯島は、この地域の原住民サオ族の聖地。


d0116009_8245468.jpg
d0116009_8285631.jpg
d0116009_8292273.jpg
d0116009_8305174.jpg
d0116009_831970.jpg
d0116009_8322199.jpg
d0116009_8323913.jpg
d0116009_833214.jpg
d0116009_834533.jpg
d0116009_8345425.jpg
d0116009_8355371.jpg


日月譚の冬は朝霧が美しい季節。水墨画のような、というとあまりにありきたりですが、特別な雰囲気のある朝を激痛もしばし忘れて楽しみました。本格的な激痛はこの日の昼以降に訪れることになります。



とらきつね on Facebook 随時更新中です。


唐人町寺子屋の新しいオフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。

by terakoyanet | 2015-11-26 08:43 | 塾長おすすめの場所 | Trackback | Comments(0)
2015年 10月 31日

ルアンパバーン郊外のクアンシー滝

クアンシー滝"Kuang Si Falls"はラオスの世界遺産都市ルアンパバーンから、トゥクトゥクで1時間くらい南に行ったところにあります。
d0116009_8415821.jpg

ゲート周辺にはお土産屋が並びます。
しかしラオスは基本的に店員さんたちがシャイで声を掛けらることが少ないので楽です。
d0116009_8265658.jpg


店番をしていた女の子のひとり
d0116009_838766.jpg



ゲートから滝までは15分ほど歩きます。
d0116009_8401827.jpg




鬱蒼と茂る熱帯林
d0116009_8393653.jpg



途中、囲いの中に熊がいました。
d0116009_8424945.jpg



清流が流れているイメージを抱えて行ったのですが、直前数日間の雨のために濁流でした。すごい迫力。
d0116009_8435186.jpg



d0116009_846091.jpg


水量が増えているせいで、ベンチなんかも水に浸かっていました。
d0116009_846185.jpg


この地域は石灰岩質で、クアンシー滝周辺も石灰華段が発達しています。
d0116009_9224983.jpg

水量が少ないときは、このWikipedia(クアンシーの滝)の写真のように、各段に美しい水が映えて見えるようなのですが、この日は全ての段差を分厚い水の層が覆っており、もとの地形を観察することはできませんでした。


d0116009_9132933.jpg

熱帯地域に行くと、このような無秩序な自然に出会うことが多く、いかに普段私(たち)が秩序立った美を求め、それを頭の中で切り取ろうとしているかということに気づかされます。
無遠慮な自然の奔放さにあっけにとられ、その自然に対して心を許してしまいます。日ごろの精神の緊張が解除され、ふわふわと身体が踊るような、そんな感覚。



d0116009_983175.jpg
クアンシー滝に着きましたが、水しぶきが凄まじすぎて近づくことが難しいです。熱帯の水のパワーの凄まじさを間近に感じて興奮。

d0116009_9112932.jpg
再接近したときの写真。こんなできそこないの写真を撮っただけですが、ずぶ濡れになりました。


d0116009_916745.jpg
クアンシー滝は本来、落差50mで3段の層から成る滝ですが、この日は水量が多すぎて段差もはっきりとはわかりませんでした。


d0116009_9282622.jpg
ルアンパバーンまで足を運んだ方はぜひ行ってみることをおすすめします。私も機会があったら、全く違うであろう別の日の滝の姿を見たいと思っています。


とらきつね on Facebook 随時更新中です。


唐人町寺子屋の新しいオフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。

by terakoyanet | 2015-10-31 09:31 | 塾長おすすめの場所 | Trackback | Comments(0)
2015年 10月 26日

バリ島で出会った人たち

9月にインドネシアに行った際にはバリ島とジャワ島に滞在した。今回、バリ島ではクロボカンにある小さなゲストハウスに滞在し、食事は他のビジターといっしょにとった。彼らは英語が拙い私にも辛抱強くつきあってくれたので、食事中にはたくさんの興味深い話をすることができた。日に日にその記憶が薄れていくので、忘れないうちに記しておこうと思う。

d0116009_3184560.jpg

ゲストハウスから徒歩3分のところにあったビーチ


最初の夜に話したのは、いかにも旅慣れした楽しげな雰囲気にあふれたオランダ人の老夫婦。部屋にやってきたゲストハウスのオーナーが言う。「この夫婦は奇跡なんだよ。」
二人は78歳と76歳の夫婦で、夫のダーンは筋骨逞しく、70代どころか60歳くらいにしか見えない。「なんて若く見えるんですか」と二人に言うと、横にいたリサが「ただ人生を楽しんでいるだけよ。」と言う。「あなたは何歳なの?」
私が39歳と答えると、ダーンがいきなりドーンと机に手をついて立ち上がり「なんてことだ、君は22歳くらいに見えるよ!」と叫ぶ。オーナーはじめ周りの人たちもしきりにそうだそうだと言う。海外では年齢を言うとしばしば過剰なほどに驚かれる。22歳と言われ、さすがに22歳の人たちに申し訳ない気持ちになった。

「日本人は若く見えるんだよ。」
日本人かと思われる若い男性と、それよりは10歳くらい年上と思われる白人の男性が部屋に入ってきた。
「はじめまして。日本のどこに住んでいるの?」
日本人と思われた男性は流暢な英語を話す。日本人ではないらしい。
「福岡です。日本の主要な4つの島のうち、最も南にある島の九州にある、南日本では最大の都市。」
「福岡なら知っているよ。私は釜山出身だから、福岡には何度も行ったことがあるから。」
「私も釜山は何度も行きましたよ。近くの慶州も何度か。」
「慶州、確かに韓国の中ではいいところだけど、京都のほうが何倍も素晴らしいよ。」
「京都は何度も行ったことがあるの?」
「何度も。日本で、いや世界で一番好きな場所だから。」
「私も京都は好きな場所です。数年に一度は訪れます。でも、京都は整いすぎていると感じることがあります。」
「どういうこと?」
「日本の文化には変化(移ろい)自体を楽しむというところがあります。それが西洋の庭園や建物との違いであり、石の文化と木の文化の違いだと思っています。でも、いまの京都を見ていると、例えば東福寺の完成された庭園と建物を見ていると、移ろいを楽しんでいるように見えません。それは整いすぎていて、変化よりも完全な美を求めているように見えて、それは私にとって少し堅苦しく感じるものなんです。その点、京都の山奥や奈良はいいですよ。」
「それは面白い話ですね。私も完全な美が好きです。ただそれが完全ならば一瞬のものでもいいのだけれど。」「それは良くわかります。」

そんな話を5分くらいしたあとに、彼らはじゃあねと去っていった。

彼らが去ったあと、ダーンが言う。
「実は彼らはゲイなんだ。君はゲイについてどう思う?」
予想外の展開にやや戸惑いながらも
「問題ありません。私はそういう人たちのことがむしろ好きです。」と答えると
「よかった。」とダーンは答えて、あっはっはと口を大きく開けて笑った。どこまでも快活な人だ。


次の日の夜も食堂に行くと、ダーンとリサが座って楽しそうにパスタを食べていた。
「ハロー!」とダーンにいきなりハグされて少したじろぎながら、なぜか「サンキュー」と口走ってしまって、ばかだなこの日本人、と自分で心の中でつぶやいた。
ダーンに「今日はどこに行ったの?」と尋ねると「ここだよ。」と言って笑われた。
長期滞在の彼らは、どこにも行かずにゲストハウスの小さなプールのそばで、何もせずゆっくり過ごす日が多いのだ。

この日は食べている途中に60代位の別の夫婦がやってきた。彼らはオーストラリアのパースからやってきた夫婦。「バリ島は何回目?」と尋ねるとウフフと笑って「20回目よ。」とジェニファーが答える。回数の多さに驚いていると、ウブドに別荘を持っていること、いまは数日ビーチで遊びたいからここに滞在していること、バリはオーストラリアから最も近い楽園だから、年に少なくとも3ヶ月は滞在していることなどを話してくれた。

「日本と言えば・・・」ジェニファーの隣に座っていたジャックがいきなり「キッキッキッキ」ときしむような笑い声を出しながらおもむろにタブレットを触りだし、ある写真を私に見せた。
「以前、東京に行ったときにカプセルホテルに行ったんだ!」「見てよ!こんなに狭いんだよ!!」そう踊るような声で言うジャックは最高に楽しそうだ。
「カプセルホテルでは、妻と別のフロアに泊まらなくてはならなかったんだ。カプセルホテルの部屋に入ったとき、妻との別れが寂しくて涙が出たよ。」そう言いながら夫婦で目を合わせて笑い始めた。「私も、寂しくて死ぬかと思った。」「そう、50年間一日も欠かさずに朝に訪れていたイレクションがその日に止まったんだ!なんてことだ日本!」もう涙が出るくらい夫婦で笑い合っている。幸せなふたりだ。

タブレッドでいろんな写真を見せてくれた。ブログを書いているらしく、パース近郊のベストビーチだよと言って見せてくれた写真の中で、2人は全裸で突っ立ったまま大笑いしていた。彼らはヌーディストらしい。彼らからはウブドの美味しいレストランのことも教えてもらったので、おかげで次の日には美味しいランチを食べることができた。

食べ終わって、そろそろ部屋に戻ろうかなと思っているころに、昨日話した韓国の彼と彼氏が入ってきた。
2人はバリで2週間前に出会ったばかりらしい。クタでダイビングツアーに参加し、そこで知り合ったらしい。
「バリにもきれいな海があってうれしかったよ。」
ヨンジュンはダイビングが好きで、これまでもいろいろなところで潜ったらしい。パラオやコロン(フィリピン)、クラビ(タイ)など、お互い行ったことがある場所がたくさんあって、話に花が咲く。
「でも、バリ島のビーチはベストだとは思えない。」
ダーンが言う。「僕もそう思います。」ヨンジュンが答える。
「あなたにとってのベストビーチはどこ?」私が尋ねると、ダーンは「いい質問だ・・・。」と考え込む。

「カリブの海はよかった。美しい緑色なんだ。でも、ベストとなると、イビサ島かな、そしてカナリア諸島。」
イビサは私も行ったことがある。
d0116009_4424310.jpg
イビサのビーチ

「カナリアは特別な雰囲気がある。自然がダイナミックで美しいし、そして食べ物もすごく美味しい。ハワイとイビサのいいとこどりだよ。」
カナリア諸島は十年来行きたいと思い続けている場所だ。実際に行く計画を立てたこともあるけれど、まだ実現していない。やはりできれば近いうちに行きたいと思った。

それにしても、旅先で旅について話すほど楽しいことはない。相手も旅好きだから、何の遠慮も躊躇いもなく話したいだけ話せる。

「韓国もチェジュはいいじゃない。」ヨンジュンの隣に座っている彼、アントンが言う。
アントンもオランダ人らしい。インドネシアの旧宗主国だからオランダ人がよく来るのか、たまたまなのかは分からない。

「いいよチェジュは。ノースショアにいいビーチがある。」
すかさずダーンが同意する。彼はきっとどこにだって行ったことがあるのだ。
「チェジュは山もいいですよね。」私が言うと
「そう、チェジュの山はユニークな形で美しい。」ダーンがすぐに相槌を入れる。
d0116009_571278.jpg
済州島の漢拏山

「でも、沖縄がすごいじゃない!」ヨンジュンが言う。
「沖縄の海は本当に美しい。珊瑚もあるし、ダイビングもできる。」
「メインアイランド(本島)は珊瑚があまりないでしょう。慶良間まで行ったの?」
「そうそう、ケラマ。最高だった。トバさんが他に好きな沖縄の島をひとつ私に勧めてほしい。」
「慶良間もいいし、宮古もいいけれど、西表島が一番好き。僕は海だけではなく山もある島が好きで、西表は山や滝がすごいんです。イリオモテヤマネコという神秘的なネコもいる。気候も沖縄島に比べてかなり暖かいんです。冬でも泳げるくらい。いいカフェテリアもあります。」
d0116009_5181544.jpg

西表島の星砂ビーチ

ヨンジュンは西表についてその場でサムソンのスマホで調べて「絶対に行くよ」と目をきらきらさせていた。

「バリに良いゲイビーチはあったかい?」
ダーンがヨンジュンに尋ねる。「ゲイ専用というわけではないけれど、スミニャックのほうに、いいビーチバーがあって楽しかったよ。」
「バリはゲイの人たちにとっていい場所なの?」
「うん、いい場所だよ。みんな寛容だし。韓国や、中国、日本もそうでしょ?そういった国は全く寛容さがないんだ。ゲイが社会で生きていくことは難しい。インドネシアはイスラム圏だけど、バリはヒンドゥーだからね。みんな適当で、自然なことだと見てくれる感じがする。とは言ってもイスラム圏も最悪ではないんだ。トルコやイラン、パキスタンに行ったけれど、別に大丈夫だった、というか、壁を作られる感じがないというか・・・。北欧とかって、すごく寛容なイメージあるじゃない?でもあれは違う。セパレートするためのシステムが巧妙なだけなんだよ。」
ヨンジュンの話は本当に面白い。

すぐ傍ではジェニファーとジャックが、例の笑い声を出しながら、運転中に突然バイクのハンドルが左方向だけ動かなくなったトラブルについて話して盛り上がっていた。「バリ島は丸いから、右にしか曲がれなくてもいつかたどり着けると思って進もうとしたんだよ。でも知ってた?まっすぐな道はないんだよ。 だからカーブに対応できずに大きな車とぶつかりそうになってね。」そんな信じがたい話を激しいジェスチャーつきでオーナーに話すジャックはとても無邪気で、それを見ながらジェニファーはやっぱり笑っている。ふたりはいつもそんな感じなんだろうなと思う。

2泊しかしていないから、話した内容はその程度だけれど、その2晩の濃い記憶を思い出すたびに、また彼らと話してみたいと心は海の向こうへといざなわれます。




とらきつね on Facebook 随時更新中です。


唐人町寺子屋の新しいオフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。

by terakoyanet | 2015-10-26 00:08 | 塾長おすすめの場所 | Trackback | Comments(0)