寺子屋ブログ by 唐人町寺子屋

terakoyant.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:オセアニア・太平洋地域 ( 50 ) タグの人気記事


2016年 12月 07日

絶景の話。

昨今は絶景ブームで、大型書店の旅コーナーに行くと「一生に一度は見たい世界の絶景!」というようなタイトル(適当につけてみました)の本が山積みになっています。

私自身も絶景が好きで、世界や日本、あちらこちらを周っているのですが、なぜそんなに絶景を見てうれしいかと言えば、その壮大な景観が目の前に広がるとき、いつも精神を制御している施錠が自ずと解除され、日々ささやかな事に拘泥してばかりの心から解放されるからだと思います。日々私たちは、自力で物事をどうにかしないとと思っている、でも、目の前の景色は、自力でどうにかしようなんてどだい無理だよ、あなたのその心を私に預けなさい、そう言っているかのようです。

ヨハネ福音書の14章に「心を騒がせるな。」というフレーズが出てきます。
そしてその続きには「神を信じなさい。そして、わたしをも信じなさい。」とあります。

この場合の「神を信じなさい」は、英訳では"Believe in God"になり、believe in...を私たちは「~の存在を信じる」と訳すと習っているわけですが、一方で、believeの語源には、「疑いを持たずに受け入れること」「相手の中に入り込むこと」という意味があります。in(聖書の原典のギリシャ語ではen)は「~の中へ」という意味ですから、"Believe in God"というのは、「神(の存在)を信じなさい」というよりは、「神の中に、その身を委ねなさい」、私はそう訳したいと思います。

「心を騒がせるな。神の中に、その身を委ねなさい。」 これは、歎異抄にも著された他力(本願)の考え方にも通じるものがあり、徒らに自我を震わせる私たちへの戒めとも取ることができます。

私はこの「心を騒がせるな」のフレーズを、先日の祖母の葬儀で耳にしました。
これまで何度聞いても入ってこなかったフレーズが、あるとき不意に心にすとんと落ちてくる。
そういうことってありますよね。


話が逸れました。絶景を見ると、心が開き、体がいきいきとした脈動を打ち始める。だから絶景の楽しみは尽きないのですが、一方で、絶景を「切り取る」ことについて、私は一抹の羞恥心を持っています。だって絶景を「切り取る」ことは、作為を免れません。その作為が私にいつも「それはほんとうではないよ」と耳打ちします。
絶景を「切り取る」のは傲慢です。才能のある写真家の中には、その風景に身を委ねたような写真を撮る(しかもそれがその写真家のひとつの解釈として成立している)人たちがいます。私の好きな石川直樹さんもそういう人のひとりです。しかし、それができない私は、写真を撮るという行為を楽しみながらも、どこかで気まずさを抱え込まずにはいられません。
また、絶景を「切り取る」ことで完成形の美しい画像を作り上げること。この思考は、日本という土地にたまたま生まれついた私たちの感覚とも乖離しがちです。西洋の絵画や庭園が、その幾何学的な精緻さによって完結した永遠性を求めるのに対し、日本の絵画や庭園は、その移ろい、変化自体を楽しむものでしょう。いくら非の打ちどころのない美しいものであっても、そこに移ろい、はかなさがなければ、その美しさは私とは縁の遠いものなのではないでしょうか。その点で、インスタでよく見る美しい風景写真たちは(これには私自身の写真も含まれるのですが)なんだか空疎さが免れない。一方で、写真が本職ではなくても、例えば民俗学者の宮本恒一が主に記録用に撮ったと思われる写真を見ると、そこに流れる土着の時間があり、そこに避けがたいはかなさがはっきりと映っていて、はっとさせられるのです。

話しがすっかり長くなりました。今回、絶景の話をし始めたのは、10月にある男子高校生に「文化祭で世界の絶景を紹介しなくてはいけない。自分か身近な人が実際に訪れたところ。そして他の人と被らないところ。」という難しい相談を受け、その際に、彼に絶景の紹介をするために、過去の写真をピックアップしたこと、そして絶景いいなと思いつつも、その際に、絶景を単にネタにして消費するだけの発表は空疎だよ、といらぬ忠告をして以来、何か書こうと思っていたことからでした。

以下、2016年から遡って、その年の中でべストの絶景。見たときの爽快な気持ちを思い出します。グランドキャニオン、エアーズロック、イグアス滝、万里の長城のような絶景のビッグネームには、まだ行ったことがないのですが。

〇2016 Lyse Fjord - Norway
d0116009_13384136.jpg
d0116009_133986.jpg


〇2015 Mt. Bromo - Indonesia
d0116009_1340568.jpg


〇2014 Gullfoss - Iceland
d0116009_13502740.jpg


〇2013 Rock Islands - Palau
d0116009_1425531.jpg


〇2012 Seven Sisters - England
d0116009_1443633.jpg
d0116009_1445237.jpg


〇2011 Kalalau Valley - Hawaii
d0116009_1451579.jpg


〇2010 First - Switzerland
d0116009_1472132.jpg
d0116009_1481241.jpg


〇2009 Great Barrier Reef - Australia
d0116009_14850100.jpg


〇2008 Hateruma Island - Japan
d0116009_14111671.jpg





とらきつね on Facebook 随時更新中です。


唐人町寺子屋の新しいオフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。

by terakoyanet | 2016-12-07 11:58 | 好きな場所 | Trackback | Comments(0)
2015年 08月 09日

原爆投下から70年

今日は8月9日。70年目の長崎原爆投下の日でした。

私は今日、映画『野火』を見にKBCシネマに行きました。
今日は塚本晋也監督がいらっしゃる日だったのですが、監督が、戦争に向かう過渡期において大人であるということが嫌だ、というお話しをなさっていて、私もそうだ嫌だと思いました。

もしいまが過渡期であるならば、やはり私たちにはそれについて責任があるし、
日々の生活を大切にしながらも、何か知恵を絞っていかねばならないということを感じました。

私は、第二次世界大戦に向かう過渡期は、治安維持法以降の1920年代後半にあったのではなく、デモクラシーに湧いていた1910年代にすでにはっきりとした芽があったと思っています。その意味では、もしかしたら、すでに過渡期はいつのまにかビュッと通り過ぎてしまったのかもという危機感さえ感じるこのごろです。

かつての大戦と同じようにはならないでしょう。でも、実質としては同じことが形を変え、たったいまも起こっているし、これからはもっとひどくなるかもしれない。そういうものを生み出す猥褻なものに対して敏感な人を増やすことは、表現する人たちにとって大切な仕事だと思います。

d0116009_23551357.jpg

以前、テニアン島に行ったとき、原爆を投下したエノラ・ゲイが飛び立った飛行場跡を訪れました。
滑走路は草が生えているもののいまもそのまま残っていて、すぐそばにある濃紺の海や熱帯の植物たちがきらきらと輝いているのが悲しかったのを覚えています。



とらきつね on Facebook 随時更新中です。


唐人町寺子屋の新しいオフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。

by terakoyanet | 2015-08-09 23:56 | 雑感・授業風景など | Trackback | Comments(0)
2015年 06月 28日

小さな国の国会議事堂

昨年の9月、アイスランドに行ったときに訪れた、首都レイキャヴィクの国会議事堂アルシング。
d0116009_820170.jpg

アイスランドは人口32万人の小さな国。(人口は那覇市や久留米市と同じくらい。面積は韓国と同じくらい。)




一昨年の3月、パラオに行ったときに訪れた、首都マルキョクの国会議事堂。
d0116009_8495282.jpg

パラオは人口2万人という日本の小さな町と同じくらいの世界でも5本の指に入る小人口の国。(面積は福岡市と那珂川町を合わせたくらい。)



対照的な外観をもつ、小さな国の2つの国会議事堂。

アイスランドの国会議事堂は、玄武岩の落ち着いた風格の建物。
付近の民家と大きさがほとんど変わらず、国家権力なんてどこ吹く風といった体がいかにもアイスランドらしい。

パラオのそれは、ホワイトハウスを思わせる威容を持つ建物。
国会議事堂の周囲は集落さえない広大な原っぱで、突如現れる建物の異物感に驚かされます。
いかにホワイトハウスを模した建物と言えど、その建物からピリピリとした緊張感は感じることはなく、パラオの牧歌的なイメージをかえって印象付ける結果となっています。



肥大化し、硬直化しやすい大国の政治を見ていると、小さな国のフットワークの軽さが、ふとうらやましいなと思うことがあります。そんなわけで、小さな国の国会議事堂に思いを馳せた日曜の朝でした。




とらきつね on Facebook 随時更新中です。


唐人町寺子屋の新しいオフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。

by terakoyanet | 2015-06-28 09:10 | 好きな場所 | Trackback | Comments(0)
2015年 05月 24日

寺子屋ブログ 国・地域別ベスト記事

寺子屋ブログの過去記事より、国・地域別のベスト記事を並べます。
最近始めたInstagramで友人から、国内外に出かけるときに参照したいから、インデックスをつくって記事にもっとリーチしやすくしてほしいとリクエストをもらったのですが、すぐにはできそうにないので、とりあえず記事の入り口になるように、ベスト記事をセレクトしてみたいと思います。


●アイスランド ベスト記事
絶景の連続、アイスランドの自然
d0116009_8504260.jpg





●デンマーク ベスト記事
朝霧のフレデリクスベルグ公園 in コペンハーゲン
d0116009_11201836.jpg





●イギリス ベスト記事
セブンシスターズに会いに行く(2)
d0116009_1212963.jpg





●オランダ ベスト記事
アムステルダムの運河
d0116009_8373574.jpg





●ベルギー ベスト記事
美しきブルージュの街並み
d0116009_19565097.jpg





●ドイツ ベスト記事
ボンのベートーヴェン・ハウス
d0116009_10364320.jpg
旅記事ではありませんが、ドイツ絡みの記事として「ドラマ『リーガルハイ』とアイヒマン裁判について」があります。




●スイス ベスト記事
憧れのリッフェルアルプ2222mへ。
d0116009_151324.jpg





●フランス ベスト記事
古代ローマの水道橋、ポンデュガール
d0116009_15134473.jpg





●モナコ ベスト記事
モナコ公国を見下ろす町、ラ・チュルビ
d0116009_2433731.jpg





●イタリア ベスト記事
ヴェンティミリアのロビー
d0116009_11334761.jpg
もっと華やかな記事ならば、ヴェニスの記事もあります。マンティーニャの絵画から三島由紀夫に関心が赴いた記事も。




●クロアチア ベスト記事
クロアチアの田舎町にあるエウフラシウス聖堂
d0116009_5232893.jpg





●スペイン ベスト記事
世界で最も美しい夕日
d0116009_94311.jpg





●モロッコ ベスト記事
マラケシュの喧騒と美 2
d0116009_8231561.jpg





●トルコ ベスト記事
イスタンブール アヤ・ソフィア大聖堂
d0116009_126011.jpg





●ロシア ベスト記事
ロシアのダーチャに遊びに行く。
d0116009_9394489.jpg





●アメリカ ベスト記事
ハワイ・オアフ島、東部海岸巡り
d0116009_1055495.jpg
ハワイは、カウアイ島マウイ島ハワイ島の記事もあります。



●韓国 ベスト記事
韓国の学問所 陶山書院
d0116009_3492365.jpg
ちなみに韓国で最もオススメの場所は、済州島の漢拏山(ハルラ山/한라산)です。




●台湾 ベスト記事
台湾中南部にあるルカイ族の村、多納
d0116009_63466.jpg





●マカオ(澳門) ベスト記事
マカオ(澳門)の街並み
d0116009_10174533.jpg





●ホンコン(香港) ベスト記事
香港の喧騒に疲れたらレパルスベイ(淺水灣)へ
d0116009_4494889.jpg





●中国 ベスト記事
水郷古鎮、西塘
d0116009_11313528.jpg





●インドネシア ベスト記事
インドネシア バリ島
d0116009_10233146.jpg
インドネシア映画「虹の兵士たち」の記事も。





●タイ ベスト記事
アユタヤの遺跡
d0116009_13584266.jpg





●ラオス ベスト記事
ラオスにある世界遺産の町 ルアンパバーンの朝
d0116009_1073360.jpg





●カンボジア ベスト記事
アンコール・ワットを訪ねる
d0116009_8483283.jpg
他のアンコール遺跡の記事や、地雷博物館の記事もあります。福岡の講演で見たアキー・ラー氏の少年のような佇まいは鮮烈な印象でした。




●ベトナム ベスト記事
サイゴン大教会など、いくつかの記事がありますが、おすすめできるほどの記事がありませんでした。メコンデルタのこと。ホーチミンの戦争博物館のことなど、機会があれば書きたいです。ベトナムについては大人な話もありますが、ここには書けません。
d0116009_140966.jpg





●フィリピン ベスト記事
完璧なビーチリゾート、フィリピン・ブスアンガ島
d0116009_924297.jpg





●北マリアナ諸島 ベスト記事

北マリアナの戦跡
d0116009_160432.jpg





●パラオ ベスト記事
ペリリュー島の戦跡
d0116009_10542173.jpg
世界遺産ロックアイランドの空中飛行の記事もあります。




●オーストラリア ベスト記事
グレートバリアリーフのアウターリーフへ
d0116009_148062.jpg








とらきつね on Facebook 随時更新中です。


唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。

by terakoyanet | 2015-05-24 10:58 | 好きな場所 | Trackback(1) | Comments(0)
2015年 04月 10日

天皇・皇后のペリリュー島訪問

天皇・皇后がパラオのペリリュー島を訪問しました。
ペリリュー島については以前、本ページで「ペリリュー島の戦跡」と題し、記事をアップしました。
今回の報道でペリリュー島の戦いのことなどを知った方はぜひご覧ください。




とらきつね on Facebook 随時更新中です。


唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。

by terakoyanet | 2015-04-10 07:27 | 雑感・授業風景など | Trackback | Comments(0)
2014年 08月 17日

戦跡に関する過去記事

8月15日の終戦記念日前後には、テレビ等の影響もあり、これまでにアップした太平洋戦争の戦跡に関する記事へのアクセス数が急に伸びます。今年も同じ傾向が見られました。

夏のこの時期に戦争を振り返る時間をもつことは、私たちにとって決してむだなことではありません。
子どもたちが、過去のできごととしてでなく、いまも続いている問題として、戦争について考えることができる力を養うことが肝要です。




◆この数日間にアクセス数が急増した記事


ペリリュー島の戦跡(2014.2)
d0116009_9541144.jpg





墜落した零戦(2013.8)
d0116009_105265.jpg





北マリアナの戦跡(2007.9)
d0116009_15511270.jpg





沖縄南部戦跡巡り(2011.4)
d0116009_3445393.jpg





瀬戸内海に浮かぶ毒ガス工場跡とウサギの島―大久野島―(2010.5)
d0116009_34112.jpg








唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。

by terakoyanet | 2014-08-17 13:13 | おすすめのHP | Trackback | Comments(0)
2014年 05月 18日

パラオのミステリー、ストーン・モノリス sanpo

フィリピン海に浮かぶパラオ諸島バベルダオブ島には、太平洋のストーンヘンジと呼ばれる(かどうか知りませんが、勝手に呼んでみました)古代の不可思議な遺跡、ストーン・モノリスがあります。

場所は島の最北部にあるアルコロン州。コロールから1時間ちょっと。
バベルダオブ島は、パラオ諸島のなかで最も大きい島、ミクロネシア全体でも2番目に大きい島で、新首都のマルキョクが位置していますが、島には熱帯雨林のジャングルやマングローブが生い茂った湿地が広がっており、開発はあまり進んでいません。

ストーンモノリスに着くやいなや、その見晴らしのよさ、展望の美しさに歓声を上げてしまいました。
d0116009_234145.jpg

d0116009_2312634.jpg



少し階段を下りると、無雑作に並ぶ黒い岩が見えてきました。
d0116009_23125672.jpg


近くで見てみますが、その黒い岩(玄武岩)が一体何を意味しているのか、読み取ることはできません。
無縁の墓標が立ち並ぶ姿にも見えますが、墓標にしては、ちと大きすぎるかもしれません。
d0116009_23144181.jpg
d0116009_23161949.jpg


人間の顔に似た、ストーンフェイスと呼ばれる岩もあります。
d0116009_23241380.jpg
ストーンフェイスについては、地元には古代の神が人間を石に変えたという伝承があるそうです。


ストーンモノリスは日本のツアー客などはほとんど訪れない場所ですが、もし古代遺跡に興味がなくてもそこからの展望だけでも、十分に来る価値があります。


パラオの海はどこまでも透明な緑色。
観光客が滞在するコロール島・アラカベサン島周辺の海は透明度が非常に高く、海水は深い緑を湛えています。
d0116009_120394.jpg
パラオ・パシフック・リゾート前の海


沖縄の海を見たことがある人ならば、きっと、パラオには沖縄のようなきれいな海はないの?と思うでしょう。
その人たちが考える沖縄の海の色は、ミルクのような白みがかったコバルトブルーの海です。
d0116009_1451099.jpg
波照間島のビーチ

私自身、パラオに着いたとき、パラオは海がきれいなはずなのに、沖縄(またはハワイ)みたいな色ではないことに戸惑いました。
しかし、その後パラオの海に実際入ってみて気づいたのは、この海はきれいすぎる(不純物が少なすぎる)のだ、という事実でした。

私の推測ですが、沖縄やハワイの海のように白みがかった色になるためには、海水中に適度の浮遊物があることが条件としてあるのではないかと思うのです。水中の浮遊物に太陽光が乱反射することで、海水が白いきらめきを増すのではないかと考えられます。

沖縄は近くに大陸があり、島自体にも小さな河川があるため浮遊物が適度にあるのではないか。ハワイ諸島は島の規模がある程度大きく島内に河川が発達しているため、島の周囲の海水は河水が混ざり浮遊物が適度にあるのではないか。
その一方で、パラオはバベルダオブ島以外は島が小さすぎて河川の発達が見られない。大陸までの距離も大きい。だから、海水の浮遊物が少なすぎて、太陽光が水中であまり反射することがないので、沖縄のような白みがかった海にならないのではないかと、そのように推測しました。

そのように考えると、パラオ随一の海の色の変化を見ることができるのが、ストーンモノリスがあるバベルダオブ島なのも合点がいきます。
バベルダオブ島は、パラオで唯一複数の河川が発達しており、また、西岸を中心にマングローブ林が多く繁っています。パラオの中でもこの島の周囲だけは、海水が富栄養で不純物を含んでおり、そのために、沖縄と同じ白みがかったエメラルドグリーンを見ることができるのではないかと思い当りました。

パラオでは、透き通った深い緑色の海ばかりを見ましたが、バベルダオブ島の北端に行き、パラオ内では初めてさまざまな色が交錯する海に邂逅したときに、海水の色の神秘に心を動かされました。
d0116009_282768.jpg


海の色にその島の環境が見える。そしてその向こうには人々の暮らしが見える。
そういう発見の連鎖が、旅の楽しみです。



唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。

by terakoyanet | 2014-05-18 02:16 | 好きな場所 | Trackback | Comments(0)
2014年 02月 17日

ペリリュー島の戦跡

パラオ諸島のペリリュー島は、太平洋戦争後期(1944年9月~)に日本軍が激しい抵抗の末に「サクラサクラ」という電文を残して玉砕した激戦地として知られています。

合理的かつ献身的な戦術を貫き通した中川中佐の話や、現地の人たちの被害が少なかったことなど、ペリリュー島の戦いにまつわる美談は数多くあります。

最近流行っている映画もそうですが、戦士たちの心の美しさや純粋さを描いた上で戦争の悲しみを訴える作品ほど猥褻なものはないと私は思います。それらは真実を伝えているようで、その実、見る人たちを無反省にさせます。

坂口安吾が書いた「特攻隊に捧ぐ」というエッセイがあります。彼はその短文のなかで戦争を最も呪うべきものとしながらも、特攻隊の精神を賛美しています。特攻隊の心根を疑うなんて野暮であると言います。
そして彼は、自身が「いささか美に惑溺して」おり、そして「根柢的な過失を犯している」ことに「気付いている」と自己告白したあと、私たちが最も呪うべき「戦争」と特攻隊の「情熱」の2つを切り離して見ることの必要性を語ります。

私は「いのちを強制」される戦争を最も忌むべきものとしながらも、自己の「美への耽溺」という「過失」を認める安吾の姿をひとつの指標にしたいと考えています。

最近流行りの戦争映画は、表面的には戦争の理不尽さを描いているようで、それは純粋な戦士たちの「正しさ」を裏付けるためのネタでしかありません。鑑賞者は最初から最後まで単に「美に耽溺」して終わるのです。彼らは、「美」に耽溺しており、「美」の「正しさ」に疑いがないので、「美」のためならば最終的には戦争もやむをえないのです。「戦争は残酷だ」と言いながらすぐに「戦争もやむをえない」と踵を返す人たちです。

一方で「反戦」や「反核」の人に足りないのは自己が抑圧しているもの ―安吾で言えば美への耽溺にあたるもの― に対する内省です。何らかに「反対」しようとする「運動」が、すぐに美的な誘惑にとり込まれてしまうことはすでに無数の教訓があります。自己抑圧が「あなたの心根は汚れている」という他者への攻撃に転じ、それが新たな「美」の再生として立ち上がるほど恐ろしいことがあるでしょうか。

その点、宮崎駿監督の『風立ちぬ』は素晴らしかったです。
航空技術者の堀越二郎。幼少のころから飛行機という「美」に耽溺していた彼が、結果として零戦を生み出す残酷さがありのままに描かれていました。
彼が飛行機という「美」に魅了されたこと自体に何ら責任を負うべきと考える人は少ないでしょう。(幼少のころ彼が見た夢の中に、残忍さを伴う彼の意識の萌芽が垣間見えたとしても。)
彼の飛行機にかける一途な気持ちは美しく、一方で戦争はあまりに残酷で恐ろしい。
この2つは一旦峻別されるべきです。しかし同時にこの2つは切っても切れないんだという内省こそが肝だとも思えます。


ペリリュー島の戦跡の写真を載せようと思っただけなのにしゃべりすぎました。
以下にアップしていきます。


ペリリュー島には太平洋地域の中でも最大規模の日本軍基地・総司令部跡が残ります。
d0116009_9494320.jpg
d0116009_9504836.jpg
d0116009_9521966.jpg
d0116009_953761.jpg
d0116009_9541144.jpg
d0116009_9545334.jpg



日本軍と米軍の戦車。上の写真が日本軍95式軽戦車。米軍の鉄板ばかりが目立つのっぺりとしたつくりの戦車に対し、日本の戦車はたくさんのボルトが使われていてまるで手芸品のような細やかなつくり。
d0116009_9562091.jpg
d0116009_9571612.jpg


d0116009_1072266.jpg
オレンジビーチ 
数多くの米軍兵が戦死し海岸が血の色に染まったことから名づけられたそうですが、ということは日本側がつけた名称でしょう。パラオの海は透明度が極めて高く深いターコイズブルーの海が広がっています。(海水に固体成分が多く混じるとそれに太陽光が反射して沖縄の海のようなエメラルドグリーンの海になります。)


d0116009_101357.jpg
島の一番高い場所に設けられた米軍の顕彰碑。

d0116009_10172255.jpg
ペリリュー島には戦いの爪痕を見るトレイルが整備されています。トレイル外に逸れると、地雷、不発弾等がある可能性があり、危険だそうです。弾薬、不発弾の欠片、水筒、工具などあらゆるものがたくさん落ちていて驚くばかり。
d0116009_10192926.jpg
d0116009_10292876.jpg



ペリリュー島飛行場滑走路跡
d0116009_10283523.jpg
なんだかとてもさびしい場所です。


戦争博物館。弾薬庫跡をそのまま使用していて、その威容にたじろぐ。
d0116009_10304448.jpg

中には当時の写真や武具が無雑作に展示されています。博物館の外にもたくさんの武器・弾薬が。
d0116009_1033247.jpg




朽ちた零戦。
d0116009_10345956.jpg



退避壕や多くの陣地跡、ペリリュー神社などを訪れました。
d0116009_10355374.jpg
d0116009_10441997.jpg
d0116009_10465648.jpg
d0116009_10473422.jpg




千人壕は名前の通り、千人近くを収容できる大規模な壕です。
d0116009_1051142.jpg
d0116009_10535137.jpg
d0116009_10542173.jpg

あまりに生々しく当時の状況がそのまま残っていて、震える心で歩きました。
島内の壕に入るときは、ガイドと行くのはもちろんですが、頭上に気をつける必要があります。
頭を打って大けがする恐れがあります。



唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。

by terakoyanet | 2014-02-17 11:00 | 好きな場所 | Trackback | Comments(0)
2013年 08月 01日

墜落した零戦

5月に太平洋戦争の激戦地ペリリュー島(パラオ諸島)に行き、多数残る戦争の傷跡を見てきました。

d0116009_105265.jpg


いまから69年前に島のジャングルに墜落して朽ち果てた零戦を見たときに感じたのは、何とも言えぬ悲しさでした。



平和の尊さ、戦争のむごさ。あるいは、勇敢な日本兵士たち。



零戦を見て感じるのは、そういったものではありません。

かつて、この零戦をつくった人たちがいた。そして、この零戦に搭乗した兵士がいた。

その事実に善悪はなく、そこにはただその事実自体が横たわっているのです。

そして、その事実以上に、私たちの胸を打つものはないのではないでしょうか。



宮崎駿監督の話題の映画「風立ちぬ」では、主人公のモデルとして堀越二郎氏が取り上げられおり、彼が設計した零戦への関心も高まっているようです。

この素晴らしい映画について、そのうちお話しができたらなと思っています。
d0116009_11313447.jpg
d0116009_11323994.jpg
弾痕の底から草が生えていました。




唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

by terakoyanet | 2013-08-01 11:33 | 好きな場所 | Trackback | Comments(0)
2013年 05月 08日

パラオの世界遺産 ロックアイランドの絶景 sanpo

GWにフィリピン海の南に浮かぶ島国パラオに行きました。
パラオといえばロックアイランド。隆起珊瑚でできた島々は世界複合遺産に指定されています。

中国の遺産群を除けば日本から最も近い世界複合遺産はロックアイランドです。
島々を見渡すことができる遊覧飛行を楽しんできました。
セスナ機に乗ったのは初めてでしたが、穏やかな日本人機長の運転はとても快適でした。

d0116009_14242692.jpg
Fly!
d0116009_14245684.jpg
振り返れば、たったいま飛び立ったパラオ国際空港
d0116009_1426926.jpg
そしてすぐに絶景が始まります。
d0116009_1427449.jpg
d0116009_1427192.jpg
d0116009_14274784.jpg
d0116009_14302060.jpg
リーフの中の海路がくっきり

d0116009_14331979.jpg
ミルキーウェイ


d0116009_1434158.jpg
d0116009_14364136.jpg
d0116009_14374584.jpg
ドイツの統治時代にリン鉱石を運ぶために造られた水路「ジャーマンチャネル」が見えます。


d0116009_14401929.jpg
セブンティーン・アイランド

d0116009_14412991.jpg
珊瑚島の迷路が成す最高の美景

d0116009_14431839.jpg


d0116009_14445297.jpg
滞在したPPR上空



d0116009_14454282.jpg
パラオの繁華街コロール上空
d0116009_14463075.jpg


d0116009_14471473.jpg
日本・パラオ友好橋上空
d0116009_14482169.jpg


d0116009_14484848.jpg


無事、着陸。
d0116009_14491360.jpg
機長さん、ありがとうございました。


今後人生でセスナ機に乗ることなんてあるかわからないけれど、美しいパラオをしっかり目に胸に焼き付けました。



唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

by terakoyanet | 2013-05-08 14:52 | 好きな場所 | Trackback | Comments(0)