寺子屋ブログ by 唐人町寺子屋

terakoyant.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:グルメ ( 106 ) タグの人気記事


2017年 11月 10日

RONDO

昨年の秋、浜の町公園のすぐそばにOPENした喫茶店RONDO。個性的でインスタ映えして共有できるストーリーがあって。そういうお店が増えるのは楽しいけど、それだけだと少し息(生き)苦しい。

物語を提供するよりは、ただ空気のようにただそこに在る、そんな喫茶店があればいいのにと思う人がいたら、この店はおすすめです。
あたりまえのように美味しいコーヒーと、けっして片手間で作ったわけではない美味しいカレーがあり、決して人の思考を妨げることがない柔らかなマスターがいて、程よい音量で肌に馴染むジャズの音が鳴っています。
これって最高ですよね。

d0116009_12140977.jpg
d0116009_12144396.jpg

とらきつね on Facebook 随時更新中です。

唐人町寺子屋の新しいオフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。

by terakoyanet | 2017-11-10 12:15 | 好きなお店 | Trackback | Comments(0)
2017年 08月 15日

沖縄で訪れたおすすめの場所1

仕事の合間に、沖縄に出かけてきました。
訪問した場所のなかで特によかった場所を、備忘録として記したいと思います。
沖縄に行かれる方は参考になさってください。 ⇒その2はこちら


〇琉球茶房あしびうなぁ 那覇市首里当蔵町
せつなくなるほど沖縄のいい風が吹く本格琉球料理店。
d0116009_09271992.jpg


〇むじ汁専門店 万富 那覇市安里
ムジとは琉球料理に欠かせない田芋の茎のこと。
d0116009_09284357.jpg


〇食堂faidama 那覇市松尾
穏やかな空気感のなかで美味しい創作料理をいただけます。
d0116009_09345670.jpg


〇玩具ロードワークス 那覇市牧志
とらきつねにもたくさんの作品が置かれている(非売品)琉球張り子の作家、豊永盛人さんのお店。
d0116009_09413290.jpg
ロードワークスがある桜坂界隈は、東南アジアのようなディープな雰囲気を楽しみながら店巡りができる楽しい場所です。MAHOU COFFEEやGARB DOMINGOのようなカッコイイ店も多数あります。桜坂劇場では「この世界の片隅に」の上映がまだ行われていました。


〇オハコルテベーカリー 那覇市泉崎
家の近くにこんな店があったら本当にいいなあと、街の中心にこれだけ上質なお店があることをうらやましく思ったベーカリーカフェ。
d0116009_09410356.jpg


〇金城ダム 那覇市首里金城
巨大遺構か!?と見紛う首里金城の気持ちいい雰囲気をもつダム。近くのチョコレートやさん、デザートラボショコラも美味しいです。このあたりも歩くと楽しいですね。
d0116009_09425443.jpg


〇ippe coppe 浦添市港川
港川外国人街にある美味しいパン屋さん。
d0116009_09523004.jpg


〇宇地泊製パン所スーリール 宜野湾市宇地泊
大人も子どももうれしいパン屋さん。
d0116009_09551053.jpg


〇宗像堂 宜野湾市嘉数
今回の沖縄滞在は、とらきつねの取引先であるこちらを訪問するためでした。
宗像堂さん訪問については後日記事を改めて書きます。素晴らしい時間を過ごしました。
宗像さん夫妻と子どもたちが運営する沖縄サドベリースクールにも行きました。
お隣のセレクトショップLIQUIDも素敵です。オーナーとお話ししながらお酒も呑めます。

d0116009_09565868.jpg
d0116009_09573211.jpg


〇嘉数高台公園 宜野湾市嘉数
沖縄戦の激戦地にある公園。普天間飛行場を見下ろすことができます。
d0116009_10020126.jpg



〇佐喜眞美術館 宜野湾市上原
丸木夫妻による「沖縄戦の図」には、予備知識を持って訪問したのに関わらず衝撃を受けました。
屋上からは普天間基地を見下ろします。
d0116009_10073343.jpg


〇D&DEPARTMENT OKINAWA  宜野湾市新城
品ぞろえが素晴らしかったです。沖縄のよいもの。日本各地のプロダクト、家具など。2Fにはカフェユニゾン。
d0116009_10085618.jpg
ちょっと終わらないのでその2に続きます。


とらきつね on Facebook 随時更新中です。

唐人町寺子屋の新しいオフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。



by terakoyanet | 2017-08-15 10:56 | 好きなお店 | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 25日

福岡で食べる夏の麺

昨日の昼はひさびさに恵味うどん(薬院3丁目)でとりおろしうどんをいただきました。
とりおろしうどんは恵味うどんの看板メニューともいえるうどん。
初代店主の恵味おばちゃんがまかないで作ったものが、いまや人気店の代名詞的メニューに。
d0116009_12175887.jpg
こちらは通年のメニューですが、暑い夏に、つるつるしこしこの冷たい麵を、生姜やごま、大根おろしなどが入った熱いスープに浸して食べるのは実に最高なんです。



夏の麺といえば、私にとって決して外せないのが、杵むら(薬院2丁目)の冷やし南蛮うどん。
d0116009_12335650.jpg
つるつるの麺がさっぱりした冷ややかなスープにイン。カボスのさわやかな甘酸っぱさ、茗荷のエキセントリックな苦み、大根おろしのつんと立った辛み。これらが絡んで醸し出される旨みはもうたまりません。杵むらの冷やし南蛮を食べないと夏は始まらないのです。



そして最後にとらきつねでもお取引のある、美味しいごまだれで福岡にその名をとどろかすゴマカフェマルニさん(清川3丁目)の夏の看板メニューといえば、冷やし担々麺。
d0116009_12372277.jpg
白濁のまろやかなスープと、トンがった辛みのバランスがあまりに絶妙で、唸ってしまいます。
私にとって間違いなく一番の担々麺です。


世知辛い世の中とはいえど、麺は決して私たちを裏切りません。
むしむしとしたこの季節、ぜひ麺を食べて清々しい幸せを感じてください。



とらきつね on Facebook 随時更新中です。

唐人町寺子屋の新しいオフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。

by terakoyanet | 2017-06-25 12:43 | 好きなお店 | Trackback | Comments(0)
2017年 05月 09日

遊先生のホームページ、Coffee Lingual

4月から本校に赴任したモタラ遊先生。
日々、穏やかながら熱のこもった指導をしてくれています。

遊先生は、福岡の美味しくて熱い志をもったコーヒーショップを取材した記事や動画などを載せた"Coffee Lingual"というホームページを運営しています。


英語ネイティブの外国人はもちろんのこと、福岡在住の私たちにとっても貴重な面白い記事が日々更新されています。店が大切にしているコアな部分を掘り下げる姿勢が面白いです。昨年スタートしたばかりのページですから、これから更に充実していくのでしょうね。

動画にはインタビュー等の英訳が載っていますから、英語を勉強中の生徒たちはもちろんのこと、私たち大人も、この日本語ってこう英訳すると自然なんだねと、かなり勉強になります。


それにしても、英語だけでなくこれだけの映像処理ができる先生が入ってきたことは、今後の寺子屋&とらきつねにとっても大きな戦力になります。遊先生、これからも更新楽しみにしていますから。





とらきつね on Facebook 随時更新中です。

唐人町寺子屋の新しいオフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。

by terakoyanet | 2017-05-09 12:29 | おすすめのHP | Trackback | Comments(0)
2017年 02月 02日

「ミツル醤油さんの醤油仕込み×食材と醤油の相性を学ぶ」とらきつねで開催

来たる3月11日(土)に、橋本緑さん主催のイベント、「ミツル醤油さんの醤油仕込み×食材と醤油の相性を学ぶ」がとらきつねにて開催されます。とらきつねでも本当に高い人気のミツル醤油醸造元さん。(私自身、現在ミツル醤油ばかりを愛用しています。) 

城さんとはいつかイベントを通してご縁があったらいいなと思っていたら、こんなに早くその機会がやってくるとは。詳しくはFacebookイベントページをご覧ください。

はじめ、このご案内を見たとき、うむっ、めっちゃ興味あるけど参加費が・・と思ったのですが、リバーワイルドさんの「柿豚」やCOLTRADAさんの「はざがけうどん」など、醬油と合わせる食材が、まさに逸品中の逸品で、なるほどそういうことかと合点しました。

橋本さん、余計なことまで言ってすみません。イベント、楽しみにしています(^^)/
お申込みはとらきつねでは受け付けておりませんので、イベントページでご確認ください。

今回のゲスト、糸島ミツル醤油の城慶典さんは、日本醤油界のホープとして全国から熱い視線を受けており、度々さまざまなメディアで取り上げられています。




とらきつね on Facebook 随時更新中です。


唐人町寺子屋の新しいオフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。

by terakoyanet | 2017-02-02 11:35 | とらきつね | Trackback | Comments(0)
2016年 12月 16日

YEAR-END SALE 2016 starts! 卒業生の訪問なども

本日より、とらきつねでYEAR-END SALE 2016が始まりました。
d0116009_14213247.gif


30-50%OFFの商品、多数あります。
寺子屋の生徒さん、保護者様向けの情報としてこちらだけでお伝えしますが、文具はペンやのり、定規、ふせん、マスキングテープなど、普段使いのアイテムが30%OFFで並んでいます。セールの後半にはノート類も30%OFFで販売予定です。



セール品とは別に、歳末ギフトせれクションのコーナーも充実しています。
d0116009_1430422.jpg

歳末ギフトコレクション2016
⭐︎新川製茶(うきは市)うきはの山茶
⭐︎ミツル醤油醸造元(糸島市)生成りとふりかけ
⭐︎ごまだれや 02maruni(福岡市清川)ごまだれ各種
⭐︎ハクセン(鳥取県湯梨浜町)ハーブコーディアル
⭐︎かるべけいこ(熊本県南阿蘇村)鉄火味噌とシュトーレン
⭐︎フラクタス Fructus(福岡市薬院)グラノーラ
⭐︎COFFEE COUNTY(久留米市)cafevino
⭐︎坂本製油(熊本県益城町)なたね油と椿油
⭐︎ベーカーズマーケット(福岡市今川)シュトーレン
⭐︎ヨーコフナツマル ニューアイテムのブローチたち
⭐︎とらきつね(福岡市唐人町)唐人町スパイス


ニューアイテムもいくつか。
d0116009_14371558.jpg

とらきつねのページにCOFFEE COUNTYさんについて少し熱い文章を書きました。

今年、高砂に新店舗がオープンしたことで、もともとあった人気にさらなる熱い火が付いたCOFFEE COUNTYさん。
マスターの森さんの洗練された佇まいと、無駄のないお店の雰囲気と独特なコーヒーのサーブなどから、COFFEE COUNTYさんはイマドキのおしゃれなお店、そう感じている方も多いのではないでしょうか。
でも、COFFEE COUNTYさんは、イマドキのお店というだけでなく、きっと20年後も30年後もいいコーヒーを提供し続けてくださる、そんな確信に近い期待が膨らむ特別なお店だと私は感じています。

森さんにも伝えましたが、COFFEE COUNTYさんのコーヒーを飲むと、その豆が持っている固有の記憶が目に浮かびます。それは、赤い実をつけていたころの果実の甘酸っぱさであり、その土地の風雨や乾燥にさらされて鍛えられた種子の誇らしげな逞しさです。

珈琲美美さんもそう、三和珈琲館さんもそう。コーヒーの木々が根を下ろす場所まで赴いて豆を探し求めた人たちのコーヒーは、確かにその土地の個性を伝える力を持っています。それは豆の伝道者たちと、それを味わう私たちを繋ぐ胸躍る喜びとなり、この福岡の土地で結晶化します。

そんなCOFFEE COUNTYさんだからこその商品がcafevino。ボトルに入った珈琲は一見奇抜な印象ですが、コーヒーをワインのように楽しんでもいいじゃない、その新しい提案が、まるで魔法のようにただの必然に思えてくる。確かにコーヒーをワインのように楽しんでもいいよね、そう心が合点する。これこそ森さんが作り出すマジックです。

COFFEE COUNTYはコーヒーに対する飽くなき研究とハイセンスなお店の展開ががっちりと手を結んだ稀有なお店として、これから末永く私たちを楽しませてくれそうですね。とらきつねでは、cafevinoのギフトボックスもご用意しています。



そして唐人町スパイスはリニューアル。
d0116009_14391276.jpg

1代目の作画は寺子屋卒業生の石田くんでした。今回の2代目の作画はとうじんポストカードでもお世話になったイラストレーターのyoneさん。めちゃくちゃかわいいですよね。


逸品ばかりです。ぜひお楽しみください。


――――

昨日(今日)は深夜に仕事をしていると、卒業生たちが。
d0116009_144149.jpg


深夜の1時ごろでしたので、最初は酔っ払いの不審な人たちかと思いましたが、酔っ払い、の部分は当たっていたものの、22歳になった卒業生たちでした。いい写真が撮れました。いろんな話をしました。みんなそれぞれ人生を楽しんでそうでよかった。また遊びにきてね。


いまからの小学生の授業は、てこを使います。楽しみです。

by terakoyanet | 2016-12-16 14:43 | とらきつね | Trackback | Comments(0)
2016年 12月 11日

シュトーレンの季節。

寺子屋では、とらきつねの前身のterakoya shop時代から毎年取り扱いさせてもらっているベーカーズマーケットさんのシュトーレン。浮気してはここに戻ってくる、間違いないシュトーレン。
今年もベーカーズマーケットさんのお店はもちろん、とらきつねでも販売中です。

d0116009_10265772.jpg



そして、南阿蘇の自然料理家かるべけいこさんのシュトーレンもまもなく到着です。
数日前に放送された「報道ステーション」の「南阿蘇の食卓」、かるべさん、夫の野中さん、素敵でした。




とらきつね on Facebook 随時更新中です。


唐人町寺子屋の新しいオフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。

by terakoyanet | 2016-12-11 10:32 | とらきつね | Trackback | Comments(0)
2016年 06月 24日

とらきつねで美味しい熊本のお菓子のお取り扱いが始まります。

かるべけいこさんの鉄火味噌やクッキーなど、もともと熊本と縁の深いとらきつねですが、今月、来月に、あいついで熊本の素敵で美味しいお店の商品のお取り扱いが新たに始まります。

ひとつめは母野思(hayashi)さん。乳製品・卵・白砂糖・添加物を使わない100%植物性、100%国産品を使用したお菓子。体に安心なのはもちろんのこと、こちらのお菓子の香ばしい美味しさ、そして林さんのお人柄に惚れて、お取り扱いが始まることとなりました。泰勝寺さんのマーケットにも参加なさるなど熊本ではおなじみのお店ですので、ご存知の方も多いと思います。福岡県内のお取り扱いはとらきつねだけになりますから、楽しみにお待ちください。
d0116009_1416525.jpg



ふたつめはkokopelli(ココペリ)さん。金峰山の麓にあるkokopelliさん。先日のDirectorsの復興支援バザーにも参加されたのでご存知の方も多いことと思います。ココペリさんのカフェ、本当に美しい場所にありますから、ぜひとも皆さんに足を運んでいただきたい。きっと感激しますよ。
こちらは自家農園や牧場をお持ちで、そこで美味しくて安心な素材でお米や果物、畜産品、そしてお菓子や加工品などをつくっていらっしゃいます。そしてやっぱりkiyomiさんのお人柄も本当に素敵です。お取り扱いは福岡市内は当店のみとなります。ココペリさんからはお菓子のほか、ガーリックオイルなどの加工品も入荷予定ですので、こちらも楽しみですね。



福岡ではさまざまな熊本支援イベントが行われています。とても有意義なイベントが多いと思う一方で、1・2回のイベントでかえって振り回されてしまって消耗しているお店があることも事実。イベントを消費することより大切なのは、お店と信頼関係を結び、細くとも長くお取引ができる関係を構築することだと感じています。

熊本からやってくる母野思さん、kokopelliさんのお菓子、食品類を、皆さまぜひお楽しみください。
母野思さんはさっそく本日よりお取り扱い開始です。
d0116009_14173423.jpg



――――

本日のとらきつねFBより

なんとか空がもちこたえている唐人町よりとらきつねです。
本日の14-16時便で、熊本から母野思(Hayashi)さんのお菓子「くまベジ菓」の第1便がたくさん届きます。(豪雨災害のため遅延の可能性あり)

季節ごとに採れる野菜を使用した無添加のお菓子たち。
小さいお子様にも安心の素材ですが、せつなくなるほどやさしくて香ばしい味だから、きっと大人の方もはまります。包装も美しい仕様なので、手土産にしてもきっと喜んでいただけます。

やわらかくて口の中にいれるととけてしまうようなクッキーから、歯ごたえ十分のビスケットやクラッカーまで。

今日もイギリスのEU離脱など衝撃的なニュースが飛び交っていて、不安な気持ちがいっしゅん胸をかすめます。
今後の私たちの暮らしができるだけ穏やかなものとして続きますように。そう祈りながら、さまざまな人の良心や愛情がつまったお菓子や文具とともに、皆様をお待ちしています。
d0116009_14162264.jpg



とらきつね on Facebook 随時更新中です。


唐人町寺子屋の新しいオフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。

by terakoyanet | 2016-06-24 14:17 | 雑感・授業風景など | Trackback | Comments(0)
2016年 05月 05日

子どもの日の吉井の町と MINOU BOOKS AND CAFE

今日はふらっと吉井に行ってきました。(前の記事の原鶴温泉とともに)

d0116009_22213421.jpg
d0116009_2222084.jpg



GW期間は「小さな美術館めぐり」と題する美しいイベントが開催中でした。
d0116009_22222314.jpg

小さな美術館をめぐることで、町内の素敵なお店たちを巡ることができるしかけ。
いろいろ素晴らしかったのですが、金子文夫資料展示館の「なつかしい生活雑貨展」は特に充実していました。とても楽しい散歩。
d0116009_222746100.jpg
d0116009_2228959.jpg



そして、オープン当初からずっと行きたかった、MINOU BOOKS AND CAFE へ。
d0116009_22284915.jpg

d0116009_22301638.jpg


いただいた、いちごのマフィンとシトラスサイダー、穏やかな味で最高でした。
そして、本のセレクトが、あれ、これ私の本棚じゃない?と思うくらいツボで、うなってしまいました。

いわゆるハウツー本などは置いていなくて、静かに考えることができる本、すてきな料理の本、私が大好きな山登りの本など。昨年とらきつねにお越しいただいた寺尾紗穂さんの本もちゃんとありました。

少しでも時間ができたらまた飛んでいきたい場所を見つけました。



とらきつね on Facebook 随時更新中です。


唐人町寺子屋の新しいオフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。

by terakoyanet | 2016-05-05 22:34 | 雑感・授業風景など | Trackback | Comments(0)
2016年 02月 12日

とらきつねのバレンタイン ♪ 近頃のとらきつね

女の子はワクワク、男の子はソワソワのバレンタインがいよいよ明後日ですね。
今年は日曜日のバレンタイン。
きっと学校にはチョコは持っていってはいけないんでしょうが、それでも1日遅れのチョコがはやりそうですね。

とらきつねには美味しいチョコがあります。価格帯は350円~1500円くらい。
以下の3社のチョコレートはいずれも、オーガニック+フェアトレードのチョコレートです。

● People Tree (スイス)
d0116009_2352920.jpg


● LANDGARTEN (オーストリア)
d0116009_2354945.jpg


● BELVAS (ベルギー)

d0116009_236636.jpg


本当に美味しすぎて止まらなくなってしまうのが難点ですが、すごくオススメです。
私のイチオシはLANDGARTENのフリーズドライベリーチョコミックス。
甘酸っぱいドライベリーとやわらかなミルクチョコレートのハーモニーが、もうたまりません。

こちらのブログではとらきつねのことをなかなかご紹介する機会がありませんが、新商品が続々入荷しています。これから春にかけても面白い展開が次々とありますのでお楽しみに。

いま福岡で一番話題になっているんじゃないかと思われるお菓子屋さんOYATUYA.Uさんのガトーショコラ・あんこガトーショコラをとらきつねではお取り扱いさせてもらっているのですが、こちらはすでに今週は完売、次回の入荷は来週の火曜日です。ミックコメルシーさんのフルーツケーキと、フラクタスさんのグラノーラは本日入荷予定です。

そして、金曜日は13時過ぎに、Son Of a Sandwichさんがとらきつね前にいらっしゃっています。(ほぼ毎週) こちらもテレビ・ラジオで頻繁に取り上げられ、ファンがとにかく多いサンドイッチ屋さんですが、パンは天然酵母の手作り、中身はボリュームがあるのにヘルシーということで、こちらもすごくオススメです。まだ食べていない方はぜひお試しください。リピーターになること間違いなしの美味しさです。

(本日2月12日はスタッフさんの体調不良により、Son Of a Sandwichさんが来ることができなくなりました。ごめんなさい。早くスタッフさんの体調がよくなったらいいですね。8:40更新)



とらきつね on Facebook 随時更新中です。


唐人町寺子屋の新しいオフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。

by terakoyanet | 2016-02-12 02:55 | とらきつね | Trackback | Comments(0)