寺子屋ブログ by 唐人町寺子屋

terakoyant.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:スポーツ ( 26 ) タグの人気記事


2016年 08月 10日

お盆のスペシャル課題

寺子屋はお盆休みに入りました。

中学生の夏期講習受講生には膨大な宿題が出ています。
1日、2日では決して終わりませんから、早めに取り掛かり、早めに終わらせましょう。終わらせるための宿題に意味はありません。

さあ、中学生のみんなにお盆の特別課題です。
以下のリンクに、メジャー3000安打を達成したイチローのことを、ジータが綴った文章があります。


穏やかで愛情のあるとてもいい文章です。
こちらの文章を全訳して提出した生徒に最大100ポイントのボーナス点を進呈します。やってみようという生徒はぜひ8月20日までに自分なりの訳文を提出してください。少し長い文章ですが、難易度が適度で、とてもいい夏の課題になりますよ。




Watch Ichiro in the on-deck circle. The guy never stops moving.


Go ahead and look at some video of it. He’ll take a few warmup swings, then all of a sudden he’ll be crouching down, knees bent, rocking from side to side. He’ll stand up to take a couple more swings, and then he’ll be back down in a wide stance, doing this crazy thing where he rolls his shoulders back and forth. The whole routine is like one long dance move.

Ichiro is always stretching. Before games, after games, on off days, in the on-deck circle, when he’s on base. All the time. If you showed up early to the stadium on a game day, you’d always find Ichiro in the clubhouse, stretched out on the carpet in some kind of pose.

I remember Ichiro before I even met him. He was a rookie and the Mariners were visiting New York early in the 2001 season. I don’t recall how much buzz there was around him yet. All I’d heard was that he was a position player from Japan — which itself was a pretty rare thing at the time. In my career there were a handful of great players from Japan, but most were pitchers, not position players. And most weren’t 27-year-old rookies.

Ichiro hit a routine ground ball to short. I didn’t have to move more than a step to my right. But by the time I looked up, he was almost to first. He nearly beat out my throw. I remember thinking, Wow! Who is this guy? He can fly. I was really surprised.

The first time I actually met Ichi was that same season, at second base — Ichiro ended up at second base pretty often, as it turned out. The first few times we chatted, he was cordial but he didn’t say much. His English wasn’t there yet. About a year later, I remember him hitting a double and sliding into second.

I gave him a nod. As he dusted himself off, he caught me off guard by responding with a few words.

“What’s going on, my main man?”

Main man? All I could do was smile. Where was this guy learning this stuff?

As the years went on, I saw Ichiro at second base more and more. He had always been friendly, but as his English improved, our conversations got a little bit longer. Soon we were exchanging a full sentence or two in between pitches. He always made me smile with different phrases he was picking up from his teammates. He told me that he was learning quite a bit from Mike Cameron. Mike had taught him to say things like, “What’s up, my brother from another mother?” I could tell Ichi was fitting in well in a new country, on a new team. Seattle was a really welcoming place for him, and I think those Mariners teams were really good in part because of their chemistry.

I’m not surprised Ichiro’s English got so good so fast. His approach to learning the language was the same as his approach to the game of baseball: Work and then more work.

Right now people are paying a lot of attention to Ichiro approaching his 3,000th hit. He will be joining one of the most exclusive clubs in baseball. It’s an incredible accomplishment. When you add in his 1,278 hits from Japan, where he played until he was 26, his career will be counted as one of the best of this or any other generation.

But for a moment, let’s look beyond the 3,000-hits milestone. Most people don’t focus on how great of an all-around player Ichi is. He has all the tools.

His baserunning — his sheer quickness — was like nobody else’s in baseball. This is a guy who has used speed as his main weapon for 25 seasons as a pro.

Ichi’s arm is unbelievable. His hitting is obviously great, but at times his defense has gone underrated. You know what I mean if you’ve seen him throw someone out from rightfield. Maybe it was all that stretching.

At the plate, his hand-eye coordination and his ability to swing the bat are as pure as they come. I’ve heard some people refer to him as a contact hitter — and that’s true in a sense. As a hitter your job is to get on base, and Ichi got on base more than almost anyone. But I think just calling him a contact hitter takes away from what makes him so special. Most of us have only seen him hit singles and doubles. But he had an ability to show some power that wasn’t always apparent.

Ichiro had showed up to Yankee Stadium to work out, only to find that they were setting up for a concert that night. So he went to Central Park to play catch.

During the All-Star Game in Seattle in 2001, I was standing around with some Mariners players when they started talking about how Ichiro should enter the Home Run Derby. I thought they were joking.

“He’d win if he entered,” somebody said.

Shortly after, I found out what the guy meant. Everyone watched as Ichi put on his own personal home run clinic.

Most of all, I’ve admired Ichiro because he’s a model of consistency. In my mind, the most underrated characteristic for anyone is consistency. It’s something that gets overlooked until it’s gone. I think baseball was always more than just a game to him. This was what he was born to do. And most impressive of all, the guy’s 42 years old and I can’t remember him ever being on the disabled list. He has taken great care of himself. He seems to approach baseball like a craft that can never be perfected. I don’t think he has a concept of “time off” from the game. It’s his life’s work. That starts with working hard all the time, even when no one’s looking.

During the 2013 All-Star break, I remember hearing that Ichiro had showed up to Yankee Stadium to work out, only to find that they were setting up for a concert that night. So he went to Central Park to play catch.

Fast-forward to October 2014, a few days after I retired. I had gone back to Yankee Stadium to clean out my locker. Some of the staff was there but the stadium was quiet. We hadn’t made the playoffs. Most guys like to take a little vacation right away and then relax until December or January.

As I was cleaning out my locker, I saw Ichiro walking to the cage to hit. I remember thinking, I hope he at least took a couple of days off.

By that time, Ichiro was pretty much fluent in English. He still traveled with an interpreter, but he didn’t need one most of the time. That meant we got a lot more opportunities to talk.

I’ll never forget one moment in particular. It was Game 1 of the ALCS in 2012, the game I broke my ankle. I went for a ground ball in the 12th inning — and I heard my ankle pop.

I came out of the game and went back to the clubhouse for X-rays and ice. The Tigers scored two in the 12th and we lost 6–4. Shortly after the game ended, I moved to a smaller room off the side of the clubhouse to change clothes and gather my thoughts. Ichi and his interpreter came in and sat down next to me. Ichi asked me about my ankle.

“It’s broken. I’m finished.”

He nodded, but didn’t say anything. I was finished icing my ankle and kind of taking my time. There was no rush to go anywhere. We had just lost and I knew I wouldn’t be able play until the next season. Soon the clubhouse was almost empty. Ichi, his interpreter and I were sitting in the small changing room. Ichi hadn’t even taken off his entire uniform yet.

Finally, I got my things together and stood up with my crutches to leave. It was only then that I realized Ichiro had been waiting for me. When I got up, he got up and watched me leave.

I don’t know if it was a sign of respect. Maybe he was just taking a long time that night. You’d have to ask him. But I like to think I know what he was trying to tell me. After all those short conversations at second base over the years, and the time we spent as teammates, the moment of silence between us that night still sticks out to me more than anything. When I think about who Ichiro is as an athlete and as a person, that’s what I remember.

My hat’s off to Ichiro. He’s a guy who comes around once in a lifetime. No one’s ever seen anybody like him. And to be quite honest, we probably won’t see anybody like him again.

Part of me wants to tell him, “I hope you get to enjoy some time off soon,” but I know he wouldn’t like to hear that. I’m not sure he knows what time off looks like.

Derek Jeter




とらきつね on Facebook 随時更新中です。


唐人町寺子屋の新しいオフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。

by terakoyanet | 2016-08-10 20:52 | 雑感・授業風景など | Trackback | Comments(0)
2015年 07月 08日

いつになったら悪習が終わるのか。

今日書くことは、意見が異なる方もいらっしゃるかもしれないと思いながらも敢えて書きますが、
中学の男子たちを見ていると、ある部活動の生徒たちが皆坊主になることがあり、驚かされることがあります。

坊主の定番の野球部だけでなく、坊主とは無縁と思えるサッカー部の生徒まで坊主になることも。

部員全員が坊主になるときというのは、顧問やコーチ、先輩のうちのいずれかの力が働いています。
「気合を示せ」「反省しているところを見せろ」・・・
理由は何であれ、坊主になることを強制するのです。

それの受け取り方は子どもたちによって異なります。
本当に気合を示したいと、ちょっと照れながらも何の抵抗もなく坊主にする子もいれば
傷つかないために「あくまで自分の意思で坊主にするんだ。」と自分に言い聞かせながら坊主にする子もいれば、到底受け入れることができないのに泣く泣く坊主にする子もいます。

私は幼いころから同調圧力に敏感で、それをとても怖がってきた人間です。
だから、皆で坊主になれ、という有無を言わせない宣告は、昔も今もとても恐ろしく感じます。

もし先輩に坊主になれと言われて坊主になった子(後輩)がいるときには、それを言った先輩に対し、「お前は自分が何を言ったかわかっているのか」と厳しく問いただす人間が必要だと私は思います。
しかし、多くの部活動の現場ではそうではない。むしろ大人が同じことをしてきたから、それを真似した子どもたちが先輩となったときに、そのような強要を行う、そしてそのことがわかっているから大人たちはそれを黙認する、それどころか奨励さえする。そういう場面が多いと感じます。

しかし私は、坊主になりたくない子、坊主になろうとは思っていない子に対し、坊主を強要することに強く反対します。そんなつまらない悪習はすぐにでも葬り去られるべきだと思います。(※坊主自体を悪習と呼んでいるのではありません。)

このような同調を強要することがどれだけ暴力的で危険なことであるかということを、私たちは歴史で学んでいるはずです。いやいやそんなに大きな話ではない、たかがスポーツの話だ、いやむしろスポーツってそんなものだなんていう声も聞こえてきそうですが、私はそういった同調を強要するようなスポーツなんていうクソつまらないものは、すぐにやめてしまえ、という気持ちを抑えることができません。そんなものに頼らなくても、もっとうまくやる方法があるはずです。

日本には、大人だったら決して許されないのに、子ども相手なら許されてしまうことが多すぎます。
子どものことをバカにしすぎています。

お花畑の小学校と違って、中学・高校は、世間の厳しさや理不尽さを反面教師的に学ぶ場となっています。
しかし、世間の厳しさや理不尽さなんていうものは、教育の場で大人がわざわざ拵えてあげなくても、子どもたちは近い将来、それにぶつかって藻掻くはずです。それに対する耐性だけ身につけさせて、将来それらにぶつかったときに、藻掻くこともせずにただ順応する人間を育むことこそが教育の本当の目的だとすれば、それは皮肉にもある程度成功していると言えましょう。

子どもたちには、自分が感じた違和感を大切にしてほしいと思います。
無理に周りにあわせる必要なんてないし、周りに合わせられない自分に対して自信を失う必要もないんです。

苦しみをひとりで噛み締めている子も、苦しみを紛らわしてやりすごしている子も
皆が考えることを諦めずに、前に進む意思を持ち続けることができるよう、願っています。




とらきつね on Facebook 随時更新中です。


唐人町寺子屋の新しいオフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。

by terakoyanet | 2015-07-08 03:19 | 寺子屋エッセイ(読み物) | Trackback | Comments(0)
2014年 11月 08日

明日は福岡県模試、英検2次、そして福岡マラソン。

明日、本校では中3の福岡県模試が行われます。
高校進学説明会後初の模試。
進路決定前最後になるかもしれないこの模試にかける中3生の意気込みに期待したいと思います。

そして明日は英検の二次試験も。
県模試を受験する中3生にとっては、かなりハードなスケジュールになりますが、肝心なことは自分の気持ちを追い込まないことです。大丈夫です。なんとかなるよ。胸を張って面接を受けてきてください。

そして、明日は「福岡マラソン」の開催日でもあります。
当仁中校区内をたくさんのランナーたちが駆け抜けていきます。
当仁小~福浜方面から朝に(8:00~9:30ごろ)出かける生徒たちは早めに家を出ましょう。

なんと本校の先生たち・スタッフの3名が明日の福岡マラソンにエントリーしています。
私も出たかったな・・・とほのかにうらやましく思っています。

小雨予報ですが、出場するランナーたちのためにも、どうか雨が降らないでほしいと願っています。

明日が勝負の日の皆さんの健闘を心より祈っています。


d0116009_9362415.jpg

福岡マラソンのコース(福岡マラソン2014ホームページより)



唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。

by terakoyanet | 2014-11-08 09:43 | 雑感・授業風景など | Trackback | Comments(0)
2014年 11月 04日

中1に大きな変化の波が。

ホークスが優勝し、錦織選手が初の世界ランキング5位に入るなど、スポーツ界では嬉しく頼もしいニュースが続いていますが、最近の本校生も素晴らしいがんばりを見せています。


特に最近の成長株は中1。
10月以降、急速に宿題の出来が素晴らしい学年に成長しつつあります。
2・3ヶ月前と同じ学年とは思えないほどの目を見張る成長ぶりで、生徒たちを褒める機会が劇的に増えました。
みんな頑張っているんだなということに気づいた周りの生徒たちがいい影響を受けてさらに頑張るという好循環があります。

昨日の中1特進クラス授業では、1名だけ学習成果を発揮することができませんでしたが、残りの全員が明らかに努力した成果を見せました。難しいテストだったのにかかわらず、英語でも数学でもそれぞれ満点が出ました。その理解度と成果は、過去のどの特進クラス生と比較しても遜色のないものでした。
一昨日の中1共通授業でも、社会のテストで複数の満点が出るなど、同級生の頑張りに歓声が上がっていました。とてもいい感じになってきました。


中学では、小学校の頃の学習の仕方からギアをチェンジする必要があります。
与えられたものをただ作業的にこなせばよかった小学時代の学習の方法を葬り、与えられたものを自発的に噛み砕く力をつけた生徒だけが、そのあと本当の実力を獲得するのです。

半年の塾での学習を経て、生徒たちはそのことをようやく理解しつつあります。
そういった理解を踏まえ、真の実力が養われる。それこそが、塾に通う醍醐味であり、通う意味の全てではないかと思えるほどです。

これからまだまだ山あり谷ありの学習生活が続いていくことでしょう。
しかし、どんなときであっても、この半年で身につけた学習する姿勢は、揺るぎないものとして、生徒たちを支えていくものと信じて疑いません。



---


先日の記事、「北アルプスの別天地、晩秋の立山・室堂へ。」が、ウーマンエキサイトのHPに掲載され、多くの人に見ていただく機会を得て、本日付の「旅とお散歩」ランキングで(ひさびさに)第1位になりました。ありがとうございます。
d0116009_7231346.jpg




唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。

by terakoyanet | 2014-11-04 07:20 | 雑感・授業風景など | Trackback | Comments(0)
2014年 06月 26日

長谷部誠選手のブログ

長谷部誠選手の昨日のブログ
熱い気持ちを抱きながらも冷静に綴られた文章にとても好感を持ちました。


結果が出なかった時にやり方を変える事も一つです。
逆に結果が出なかった時にこそやり方を変えずに継続する事も一つです。
どちらにしても、その先にしっかりとしたプランがある事が大切です。


彼が記したこの言葉は、日々の学習においても当てはまることです。
結果が出なかったときに、それまでのやり方を全否定するのは誤りです。

過程が確定的に進んでいくものだとすれば、結果というのは常に蓋然性の揺らめきの中にあります。

結果が出たときも、出なかったときも、これまでの過程を振り返り、自分自身を冷徹に見つめ直すことこそが、次の一歩につながります。

期末テストの結果が出揃いつつあります。
子どもたちの次の一歩のために、熱く、かつ冷静に、声掛けをしていきたいと思います。





唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。

by terakoyanet | 2014-06-26 11:24 | おすすめのHP | Trackback | Comments(0)
2014年 06月 15日

キック・オフ

まもなくW杯第1戦キックオフですね。
私は残念ながら観ることができませんが。

現在、期末直前特訓中の中学生たち。よく頑張っています。

昨日、ある中3生。
今日のW杯の試合を観ることを楽しみにしているようす。

しかし大切なテスト前の日曜日。
「勉強大丈夫と?」と尋ねると
「日本の試合はみんな見てるから、その時間にサッカーを観てもハンディにならない」とのこと。

きっと彼はあと数分でテレビの前にスタンバイし、その激闘を目に焼き付けることになるでしょう。


中2は最近、再び授業中注意されることが増えました。
私語の癖がついている子は、「思わず」私語をしてしまうようです。
いまは再び、ぎゅっと授業を引き締めているところです。

しかしこの学年は、一旦テストが始まると雰囲気がガラッと変わります。
絶対このテストでいい点取ってやると、きりっとした良い顔でテストに取り組んでいる子が多数で、教えている私も背筋が伸びます。


昨日に続き、今日も3学年全ての授業が行われます。
いよいよテスト4日前。教室では今日もW杯の選手さながらの真剣勝負を見ることができるでしょう。
みんなの頑張りに期待しています。


唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。

by terakoyanet | 2014-06-15 09:51 | 雑感・授業風景など | Trackback | Comments(0)
2013年 01月 12日

体罰は不要です。

以下に朝日新聞デジタルに掲載の「体罰」に関する桑田真澄さんの話を転載します。

私も体罰は不要と考えます。
体罰は暴力という安易な方法でしか生徒の心を動かせない指導者が行う過ちです。
どんな理由があっても正当化されてはいけません。
他に方法はあります。暴力を使わずとも生徒を指導する手段はあります。
それがわからないのなら指導者になるべきではありません。


体罰の結果、成果が出た?
結果は結果です。
良い結果が出たからといって、そのための方法が正しいとはかぎりません。
良い結果が出たからといって、体罰を正当化してはいけません。
良い結果のためなら手段を択ばないという考え方がとても危険なことくらい、誰でも知っていることです。


今回、自殺した生徒はチームのキャプテンでした。
チームのキャプテンに著しく負荷がかかるという場面は、あらゆる部活動等で日常的に見られます。

キャプテンだからというだけの理由で激しく罵られ、暴力を振るわれる。
あまりに理不尽なことなのに、そんなことが正当化される場面を私もこれまでに何度も見たことがあります。


私たちは理不尽なことと戦い続けなければならないと思うのです。
親も諦めてはならないと思うのです。

理不尽なのはみんなわかっているのに、みんなで空気を読んでしまう。そしてみんなで黙ってしまう。
今回の自殺にはわたしたち一人ひとりにも責任があるのです。


朝日新聞デジタルより

体罰問題について、元プロ野球投手の桑田真澄さん(44)が朝日新聞の取材に応じ、「体罰は不要」と訴えた。殴られた経験を踏まえ、「子どもの自立を妨げ、成長の芽を摘みかねない」と指摘した。

 私は中学まで毎日のように練習で殴られていました。小学3年で6年のチームに入り、中学では1年でエースだったので、上級生のやっかみもあったと思います。殴られるのが嫌で仕方なかったし、グラウンドに行きたくありませんでした。今でも思い出したくない記憶です。

 早大大学院にいた2009年、論文執筆のため、プロ野球選手と東京六大学の野球部員の計約550人にアンケートをしました。

 体罰について尋ねると、「指導者から受けた」は中学で45%、高校で46%。「先輩から受けた」は中学36%、高校51%でした。「意外に少ないな」と思いました。

 ところが、アンケートでは「体罰は必要」「ときとして必要」との回答が83%にのぼりました。「あの指導のおかげで成功した」との思いからかもしれません。でも、肯定派の人に聞きたいのです。指導者や先輩の暴力で、失明したり大けがをしたりして選手生命を失うかもしれない。それでもいいのか、と。

 私は、体罰は必要ないと考えています。「絶対に仕返しをされない」という上下関係の構図で起きるのが体罰です。監督が采配ミスをして選手に殴られますか? スポーツで最も恥ずべきひきょうな行為です。殴られるのが嫌で、あるいは指導者や先輩が嫌いになり、野球を辞めた仲間を何人も見ました。スポーツ界にとって大きな損失です。

 指導者が怠けている証拠でもあります。暴力で脅して子どもを思い通りに動かそうとするのは、最も安易な方法。昔はそれが正しいと思われていました。でも、例えば、野球で三振した子を殴って叱ると、次の打席はどうすると思いますか? 何とかしてバットにボールを当てようと、スイングが縮こまります。それでは、正しい打撃を覚えられません。「タイミングが合ってないよ。どうすればいいか、次の打席まで他の選手のプレーを見て勉強してごらん」。そんなきっかけを与えてやるのが、本当の指導です。

 今はコミュニケーションを大事にした新たな指導法が研究され、多くの本で紹介もされています。子どもが10人いれば、10通りの指導法があっていい。「この子にはどういう声かけをしたら、伸びるか」。時間はかかるかもしれないけど、そう考えた教え方が技術を伸ばせるんです。

 「練習中に水を飲むとバテる」と信じられていたので、私はPL学園時代、先輩たちに隠れて便器の水を飲み、渇きをしのいだことがあります。手洗い所の蛇口は針金で縛られていましたから。でも今、適度な水分補給は常識です。スポーツ医学も、道具も、戦術も進化し、指導者だけが立ち遅れていると感じます。

 体罰を受けた子は、「何をしたら殴られないで済むだろう」という後ろ向きな思考に陥ります。それでは子どもの自立心が育たず、指示されたことしかやらない。自分でプレーの判断ができず、よい選手にはなれません。そして、日常生活でも、スポーツで養うべき判断力や精神力を生かせないでしょう。


唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

by terakoyanet | 2013-01-12 01:22 | 寺子屋エッセイ(読み物) | Trackback | Comments(0)
2012年 11月 27日

"イチローの手紙"和訳課題 11月30日まで受付

先日このブログに載せた"イチローの手紙"課題。毎日生徒たちが一生懸命辞書で調べたノートを提出しています。最高点は中1K君の45点ボーナス!中3Sさんは42点ボーナス!
昨日提出してきた中1Y君、中2Y君のノートも素晴らしかったです。受付は11月末までとします。

唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

by terakoyanet | 2012-11-27 08:09 | 雑感・授業風景など | Trackback | Comments(0)
2012年 11月 23日

イチローの手紙

イチローがファンに贈った手紙が話題になっています。
イチロー本人が公開を望んでいたかわからないので、ここに載せていいのだろうかという気もするのですが。
d0116009_10532521.jpg


字体がイチロー!って感じがします。

今年から、中学生の教科書は文章がとても難しくなりました。
そんな中学生たちにとってイチローの手紙の文章がとてもためになると思ったので以下に掲載します。
ぜひ和訳してみてください。
自力で和訳した人は採点の上、ボーナス点あげます!
ネット上じゃなくてノートにきちんと書いて提出してください。
意味が分からない単語は、必ず辞書(や受験単語[中3])を使って調べましょう。
(イチロー選手には許可なくこのような使い方をして申し訳なく思います。)


Dear Amy:

Thank you for your loyal support during my career in Seattle.

Your unique and faithful way of cheering was a constant inspiration to me.

Although the color of my spikes have now changed, I would appreciate your keeping a pair from my Mariners' years.

Best, Ichiro



ほんと素敵な手紙ですね。


唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

by terakoyanet | 2012-11-23 11:01 | 雑感・授業風景など | Trackback | Comments(0)
2012年 06月 22日

難所の連続!大崩山登山

今日は宮崎の名山、大崩山(おおくえやま)登山のお話しです。

早朝から阿蘇在住のSくんの車で大崩山の登山口へ。

d0116009_793352.jpg


登山口には祝子川渓流があります。
d0116009_7101525.jpg


清澄な水が流れています。
d0116009_7111118.jpg


登山口
d0116009_738427.jpg


いざ出発!
はじめから急峻な登りや梯子が続きます。
d0116009_713321.jpg


スリリングな橋をいくつも渡ります。
d0116009_714194.jpg


途中、山小屋(大崩山荘)を経由します。
d0116009_715248.jpg


見えてきました。サイの角のように鋭い小積ダキ。クライマーたちの間でも有名なスポット。
d0116009_7162772.jpg


難所が続きます。
d0116009_7153663.jpg
d0116009_7194279.jpg


岩と岩の間の縫うように進んだり
d0116009_720509.jpg


木の枝や根っこに手や足を絡ませながら登ったり
d0116009_7221189.jpg


一本のロープだけをたよりに岩にへばりついて進んだり。
d0116009_7233140.jpg


d0116009_7245029.jpg


大崩山という名前は、花崗岩でできた山体が崩れやすいことからついたと言われています。登山中にもあらゆる奇観が現れ、飽きることがありません。
d0116009_87965.jpg


梯子でどこまで登るのやら。
d0116009_7255658.jpg


大崩山頂、下和久塚・上祝子登山口分岐。
d0116009_7265131.jpg

d0116009_8264177.jpg



幾重にも連なる高度感のある登りはかなりスリルがありました。陥落危険個所は無数にあります。
d0116009_7281595.jpg


梯子を上ると、下和久塚の岩峰の上に出ます。
神々しいまでの眺望に圧倒されます。こんなに素晴らしい山が九州内にあるとは。
d0116009_7292758.jpg
d0116009_8284014.jpg


しかしこの緑の深さは南九州ならでは。
d0116009_7305660.jpg


断崖絶壁で写真を撮る猛者Tくん。
d0116009_7314891.jpg


しかし天候が悪化してきました。雨がぽつぽつと。
d0116009_7325779.jpg


十分景観を堪能したので、ここまでで下山をすることに。
下山は最短かつ難コースとして知られる坊主尾根コースで下ります。
d0116009_8332056.jpg
d0116009_734547.jpg


最難関箇所へ。
d0116009_7355664.jpg
無事に帰れるかは、「登山」へのあなたの心掛け次第です。
こんなに恐ろしいのは人生初です。恐怖で全身がこわばります。

d0116009_7394549.jpg
足を滑らせるとここで命が尽きます。しかも足元が悪い。

d0116009_7415929.jpg
なんとか切り抜けますが、そのあとも難所続出。丸い岩の上を歩くので滑る滑る。

d0116009_7432821.jpg


斎場御嶽(沖縄の世界遺産)ばりの神々しい岩間の向こうで私が追いつくのを待つSくん。彼のガイドのおかげで幾つもの難所を切り抜けました。
d0116009_744167.jpg
d0116009_7452914.jpg


登山後半の写真はありません。
途中からは時間と天候との戦いで、写真どころではなくなりました。
下山したのは日暮れ1時間前くらいでしょうか?
下山後、雨で冷たくなった体を祝子川温泉で温めて、山をあとにしました。

1日で登山靴がかなり痛みました。カメラにも傷が。
とても大変な1日だったけれど、忘れ得ない登山になりました。



★大崩山は(コースによっては)滑落、転落や道迷いによる事故や遭難も多い難易度の高い山です。最新情報の確認はご自身で、リスクは自己責任でお願いします。

唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

by terakoyanet | 2012-06-22 08:54 | 好きな場所 | Trackback | Comments(0)