寺子屋ブログ by 唐人町寺子屋

terakoyant.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:動物 ( 18 ) タグの人気記事


2015年 08月 18日

迫力満点のオーシャンフロント、ポイプ・ショアズ

ハワイのカウアイ島を訪れたときに滞在したのは、全米で最も美しいビーチと評されることもあるポイプ・ビーチ・パークがあることでも知られるポイプ地区でした。

初めての島を訪れるときに重要なことは、島のどこに泊まれば晴天に恵まれた快適な滞在を楽しめるかということです。特にハワイ諸島の場合、貿易風の影響で、島の例えば北東岸と南西岸とでは、同じ島とは思えないくらい気候が異なります。

例えばハワイ島に行ったことのある人と話をしていると、その人が受けたハワイ島の気候のイメージの幅に驚かされることがあります。東岸のヒロに滞在した人たちは、雨が多かった、雰囲気がある町だったと言います。西岸のカイルア・コナに滞在した人たちは、カラッとしていてさわやかな場所だった、思ったよりきれいで新しい町だったと言います。

私は初めての滞在のときには、なるべく降水の少ない地区を選びます。だって初めて行くのに雨ばかりではつまらない、という単純な理由からです。カウアイ島で、降水が特に少ないのは、やはり例に漏れず南西岸です。西から南にある地区のうち、ワイメアとポイプで迷いましたが、滞在にあたり、より利便性の高いポイプにその宿泊を決めました。

選んだのはポイプ・ショアズ"Poipu Shores"。
その名のとおり、オーシャンフロントに客室が並ぶコンドミニアムです。

ハワイはコンドミニアムがいいです。
ホテルに比べて自炊をするなどの自由度が高いし(私たちはなかなかやりませんが)
滞在日数を重ねるたびにまるで自宅にいるような寛ぎと部屋への愛着が生まれます。

d0116009_23491113.jpg

ポイプ・ショアズは目の前に海原が広がる絶景のコンドミニアムでした。
d0116009_23502293.jpg


しかし、打ち寄せる波が少々ダイナミックすぎます。
d0116009_2349516.jpg
d0116009_2352890.jpg

下手したら波にのまれてしまいそうなくらいの勢いです。
この波が災いして、妻は「波の音が大きすぎて夜眠れない・・・」
という痛手を受けることになります。私は大丈夫でしたが。

他の部屋のお客さんたちがプールサイドから真下の岸辺を覗いています。
d0116009_23535517.jpg

何かと思って見てみると
d0116009_2355669.jpg

ウミガメが泳いでいるんです。1匹だけではなく、数え切れないほどたくさん。
高い波のせいで何度も岸に打ちつけられていて、心配になります。でもきっと大丈夫なんでしょうね。

ハワイ、特にネイバーアイランドにおけるウミガメとの遭遇率はかなり高いのですが、宿泊している部屋の真下にやってきたのは初めてでしたので、飽きることなくずっと眺めていました。

d0116009_23594263.jpg
d0116009_012778.jpg


ポイプは期待通り、滞在中ずっと天気がよく、あまりに気持ちのよい時間でした。

カウアイ島は、これまで行ったあらゆる場所の中でも、間違いなくベストプレイスのひとつ。
ハワイ諸島の主な島のなかで最初に誕生した古い島だから、他の島より渓谷が深く、その美しさは眩暈がするほど。
d0116009_07885.jpg
d0116009_072156.jpg

もう一度行きたいと、島を去ったその日から、ずっと思い続けています。



とらきつね on Facebook 随時更新中です。


唐人町寺子屋の新しいオフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。

by terakoyanet | 2015-08-18 00:08 | 好きな場所 | Trackback | Comments(0)
2014年 06月 09日

旭山動物園のほっきょくぐま館

北海道旭川市の旭山動物園。行動展示の先駆けとして一躍脚光を浴び、現在では中学校の社会の教科書に掲載されるほど有名になった日本最北の動物園。
一躍ブームに沸いた6・7年前(2007年に来客者数約307万人を記録)に比べ、来客者数は約半数(2013年は約165万人の来客者)になりましたが、それでも夏場は多くの家族連れ、ツアー客で大賑わいです。

日本有数の動物園ということで、やや身構えて入場しましたが、園内はそれほど大きな規模ではなく素朴な佇まいを残す造りで、すぐに好感を持ちました。
随所に飼育員、スタッフの方たちの体温を感じさせる工夫が見られ、動物の生態の面白さをみんなに伝えたい!という意気込みを感じました。


以下は旭山動物園の中でも特に人気のあるほっきょくぐま館の写真です。
のそのそと岩場を歩いたり、そうかと思ったらいきなり水に飛び込んだり、水の中を気持ちよく泳いだり。
クマがこれほど嬉々として動き回っているのを見たことがなかったので、楽しくてしかたありませんでした。


d0116009_1018367.jpg
d0116009_10534347.jpg
d0116009_10582235.jpg
d0116009_10593131.jpg
d0116009_12262512.jpg


唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。

by terakoyanet | 2014-06-09 11:02 | 好きな場所 | Trackback | Comments(0)
2013年 02月 06日

2年生にカミナリを落とす。

昨日、覚える宿題が多数出ていた中2。

歴史のとても大切な単元の実力テストがあったのですが、できていない子が複数おり、カミナリを落としました。受験生としての自覚を促しました。


みんな伝わりましたか?



この半年宿題の出来が飛躍的に向上した中2ですが、まだまだ受験生のペースではありません。
多くの2年生たちが変わるきっかけの日となることを祈っています。

当仁中は学年末テストの試験範囲が出ましたね。附属中は後期期末テスト直前!
2年生最後のテストに全力を注ぎましょう。期待しています。


d0116009_11404094.jpg
2年生Tくんの家のネコ

画像を送ってもらいました。かわいすぎる・・・!!
Tくん努力を重ねて目標としていた偏差値65以上、学年5位にたどり着きました。
彼はこれからもきっと頑張ってさらに力を伸ばしていくでしょう。



唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

by terakoyanet | 2013-02-06 11:46 | 雑感・授業風景など | Trackback | Comments(0)
2012年 09月 28日

ネコ天国!イスタンブール

トルコのイスタンブールはネコ天国でした。路地に住むネコたちは近くの住民たちから定期的にエサを与えられ、体までふいてもらって、(きっと)幸せな生活を送っています。そんな彼女ら(彼ら)を私は"野良ネコ"ではなく敢えて"町ネコ"と呼びたいと思います。
d0116009_6312542.jpg
町の人たちからもらったエサを食べようとしているネコ親子




町ネコさんたちは、昼間は軒並み眠そう…。
よほど町の人たちが優しいのでしょう。人を警戒することなく、公園のベンチの上で、キリム屋さんのクッションカバーの上で、目を細めているネコ、ネコ、ネコ。。。とにかく町中ネコだらけ。
d0116009_6214040.jpg
キリム屋の店頭にて

d0116009_6224578.jpg
グランドバザール内の貴金属店の入り口で眠るネコ




町のオープンカフェはすべてネコカフェ。
肉や魚を食べている人のテーブルの下に座って、泣きも叫びもせず、ただひたすらその人の顔を見る、見る、見る、じーっと見つめる。10分でも20分でも。
そんな彼女らに根負けして自分の口に入るはずの肉・魚をあげることに…。

d0116009_6262475.jpg
カフェでケバブを食べていたら

d0116009_6282779.jpg
やってきました。ひたすらガン視されます。
観念してその後彼女におすそわけをすることに。



人口1300万人と、東京都と同規模の大都会イスタンブールで人とネコの共生の現場を見たのは、とっても楽しい経験でした。


唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

by terakoyanet | 2012-09-28 06:34 | 好きな場所 | Trackback | Comments(2)
2012年 07月 01日

カイルア・コナの夕景

ハワイ島ではカイルア・コナのコンドミニアムに泊まりました。
カイルア・コナは島の西岸に位置するので、夕暮れ時は空が真紅に染まります。


d0116009_10473224.jpg
d0116009_10481894.jpg
d0116009_10484773.jpg


日が暮れかかると、束の間のショーを楽しもうとコンドミニアムから人が出てきます。手前には浜辺から海に戻ろうとするウミガメの姿が。
d0116009_10495164.jpg


ハワイのウミガメたち(の一部)には、昼間は浜辺で日向ぼっこし、日没とともに海に戻る習性があります。
d0116009_10503028.jpg
d0116009_1051545.jpg
波に揉まれて浮き沈みを繰り返しながら、いつしかウミガメは大海原に戻っていきました。

d0116009_105134100.jpg
d0116009_1052459.jpg
d0116009_10523198.jpg


ハワイ島の夜がゆっくりと更けていきます。


唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

by terakoyanet | 2012-07-01 11:03 | 好きな場所 | Trackback | Comments(0)
2011年 11月 18日

プナルウ黒砂海岸のウミガメ

火山島のハワイ島はビーチの砂も黒い溶岩でできているところばかりです。
そのなかでも最も有名なのが島の南東岸(ハワイ火山国立公園の南)にあるプナルウ黒砂海岸(Punalu'u Black Sand Beach)。
d0116009_12411878.jpg


訪れたときは若干曇っていましたが、とても心地よい風が吹いていて。
d0116009_12474938.jpg


ウミガメたちが気持ち良さそうに体を休めていました。
目を閉じている表情がとてもかわいらしいです。
d0116009_124492.jpg
d0116009_12454690.jpg



唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

本館7F terakoya shop blog をぜひご覧ください。

by terakoyanet | 2011-11-18 12:58 | 好きな場所 | Trackback | Comments(0)
2011年 10月 12日

秘境ナパリコーストクルーズ

カウアイ島の絶景については一度記事に書きましたが、今日はカウアイ島の秘境と言われるナパリコーストクルーズの話です。


滞在地のポイプから車で15分ほどのポートアレン港へ。
d0116009_1216476.jpg


オバマ大統領の演説のようにわかりやすい注意事項を聞いて、出発。
d0116009_12172247.jpg
d0116009_1218616.jpg



対岸の向こうにはワイメアキャニオン。カウアイ島の渓谷や峡谷の美しさが頭から離れません。
d0116009_12184871.jpg
d0116009_12192976.jpg



いよいよ秘境ナパリコーストが近づいてきました。
d0116009_12205665.jpg
ボートの先端にいる人、絶対タイタニックするよねと思って見ていたら、このあと案の定、両手を広げてタイタニックしました。


d0116009_1222212.jpg

ナパリコーストの切り立った海岸線の美しさは見飽きることがありません。
ジュラシックパークの冒頭シーンで、この海岸線のカットが使われたことはとても有名です。
d0116009_12234320.jpg

ナパリコーストは大昔に噴火した大火山(高低差8000m)の山頂部が長い年月をかけて侵食されてできたものです。
d0116009_12242659.jpg


秘境のビーチ。
d0116009_12251053.jpg

ナパリコーストは気軽に車などで行くことができる場所ではありません。途中のハナカピアイビーチまでのトレッキングであれば往復4時間もあれば行けますが、ナパリコーストを横断してカララウビーチまでたどり着くためには11マイル(約18km)の行程を歩かねばならず、3泊4日ほどの本格的なキャンプ&トレッキングとなります。気軽にこの絶景を楽しむ方法としては海からのアクセス(カヤック、ボート、ヨット等)や空からのアクセス(ヘリコプター)があります。
d0116009_12261384.jpg


イルカがボートに近づいてきました。とてもかわいいです。
d0116009_1227090.jpg


イルカの水上ダンス。
d0116009_12281415.jpg
d0116009_1229011.jpg
d0116009_12294426.jpg
d0116009_12301930.jpg
d0116009_12315437.jpg
d0116009_12323833.jpg



d0116009_12331880.jpg
d0116009_1234320.jpg
d0116009_12343925.jpg


静謐な海食洞があり、その中を滝が流れていました。
d0116009_13275887.jpg
d0116009_12352154.jpg
d0116009_1236163.jpg
d0116009_12371487.jpg

美しい景観を堪能しました。



*ナパリコーストについてはこちらに詳しく書かれています。
National Geographic ハワイの絶景 最後の楽園ナパリコースト



唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

本館7F terakoya shop blog をぜひご覧ください。

by terakoyanet | 2011-10-12 13:13 | 好きな場所 | Trackback | Comments(0)
2011年 03月 20日

Yさんのこと

昨日、唐人町商店街を歩いていたら、犬の散歩中のYさん姉妹に会いました。

あまりにかわいい犬を連れていたので、写真撮らせてーと撮らせてもらったのですが、犬君(さん?ココア君?さん?)の動きがとても素早く、撮った写真が心霊写真のように奇怪なものになったので、本人から画像を送ってもらいました。

d0116009_3495218.jpg


「くつしたを持って逃げる図」だそうです。かわいいです。

会ったときには妹Y(こちらも塾生)さんにむつごろう焼?をおごってあげて、姉妹で仲良く食べているところでした。「合格のお祝いに」とYさんは言っていましたが、彼女は数日前に城南高校の合格を果たしたばかりです。本当におめでとう!!!!

Yさんは塾に入ったばかりのときこそ、(いまから考えると)成績不振でしたが、塾に入ったとたん、春のたけのこのように急激に成績を伸ばし、3年になってさらにもう一段成績を伸ばし、最後には難関校への合格を果たしました。

彼女はがんばりやさんです。しかしいくらがんばっても彼女は「まだ努力がたりない」といつも言っていました。
彼女はめげません。私が「合格できる可能性は4割」と言っても、それでも受かってやるという気持ちを最後まで持ち続け、見事合格を果たしました。

彼女は人の話をよく聴きます。ちょっとお調子者でとても感じがいいので、一見したところ人の話はすべて真に受ける単純な子に見えます。
でも実は彼女は全てを鵜呑みにはしません。自分で立ち止まって考えるのです。そして自分に必要なこと、自分にプラスになることを精査し、吟味して、自分のなかに取り込みます。取り込めることは貪欲にとことんとりこみます。彼女はこれができるから伸びるのです。

大胆な明るさと繊細な几帳面さという二つの面を持っている彼女は、これからも、きっと楽しい人生を切り開いていくでしょう。Yさん、いい高校生活を。そして妹Yさんを支えてあげてください。




ちなみに、先日、猫の里親募集の記事を書いて以来、私(鳥羽)が大量に猫を飼っている、と子どもたちの間で誤解が生まれていますが、私は猫をいまのところ飼っていません。というか、猫や犬を飼った経験がありません。ある女の子から「捨て犬を拾いました。一生のお願いです。飼ってください」という依頼まできましたが、いろいろと誤解があるようですので、お伝えしておきます。

ちなみに里親募集の「ネコ家族」HPはこちらです。ぜひ一度、ご覧ください。


東北関東大震災義援金について ご協力のお願い

唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

本館7F terakoya shop blog をぜひご覧ください。

by terakoyanet | 2011-03-20 04:07 | 雑感・授業風景など | Trackback | Comments(0)
2011年 03月 01日

ネコの里親を募集しています。

私の知人からメールがきました。
メールによると、知人の友達の姉がガンで急逝し、12匹のネコが飼い主を失ってしまったとのこと。(ネコたちの住所は福岡市内)

メールに添付されたアドレスをクリックすると、「ネコ家族」というページが開き、そこにはお姉さまのネコへの愛情を大切に受け継ぎたいという気持ちがこもったメッセージが載せられていました。

ネコ家族ホームページ トップページ


そして、アルバムをクリックすると、かわいいネコたちの写真が。
12匹のネコの写真の下には、ネコたちの紹介文が添えられていて、その文章を読んでいるだけで、このネコたちはいままで飼い主さんにかわいがられてきたんだなー、と温かい気持ちになりました。

ネコ家族 アルバム



私自身も、現在、里親になることを検討中です。

ネコを新しい家族として迎えてくださる方がいらっしゃいましたら、私(鳥羽)の方か、もしくはネコ家族里親希望受付フォームにてご連絡いただけますでしょうか。どうぞよろしくお願いいたします。




唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

更新しました!本館7F terakoya shop blog をぜひご覧ください。

by terakoyanet | 2011-03-01 02:40 | お知らせ | Trackback | Comments(0)
2010年 10月 29日

ヴェンティミリアのロビー

イタリアのヴェンティミリアに滞在していたときのこと。

La Riservaホテルの客室から見えた、霧の中にある古代遺跡のような建物。
d0116009_11232667.jpg


ホテルのロビーで、オーナーの男性にこの写真を見せながら
「これは何?お城ですか?」
と尋ねると、
「そうだよ。キャストルだよ。古代ローマのお城だよ。」
という話。
「歩いて行けますか?」
と尋ねると、
「楽に行けるよ。歩いて5分だよ。」
と言うので、このでっかい男性の脚なら5分だろうけど、私たちは10分はかかるかな、と思いながら、「ありがとう」と言って、キャストルまで出かけることにしました。


私たちがホテルを出ようとすると、ホテルで飼われていると思われる犬がうれしそうに軽いステップを踏みながら私たちのもとにやってきました。

私はこのときなぜか直感で「この犬はきっとキャストルまで連れていってくれるにちがいない」と思って、キャストルへの道順なんか全くわからないのに、彼についていくことにしました。

d0116009_11322185.jpg


やはり彼は私たちを先導しているようです。(彼の名前を忘れてしまったので、仮に「ロビー」としましょう。ホテル犬だけに。)

d0116009_11334761.jpg


ロビーは道草をしながらも、淡々と私たちをしかるべき場所に連れていってくれるようです。


そして歩いて10分弱で
d0116009_1135125.jpg

着きました。ローマ時代の紀元185年に建てられたというこのキャストルは、1800年以上の時を経て、すっかり朽ち果てていました。

d0116009_11413367.jpg
d0116009_11415145.jpg


d0116009_1142871.jpg

展望のいい場所も教えてくれました。晴れてたら、もっときれいなんだよ、と。

ヴェンティミリア旧市街からフランスのマントン方面まで見渡すことができました。


私たちが帰るそぶりを見せると、ロビーはすぐに体を反して帰路の案内をはじめました。

d0116009_11445582.jpg


きっとお前はこうやってずっと長い間、ホテルのお客さんを連れていってくれているんだろうねえ。
ロビーは終始とても楽しそうで、彼が楽しんでいるようすを見ていると、私たちまでとてもうれしくなって、イタリアまで来てよかった…とつくづく思うのでした。
今回、ヨーロッパでたくさんの場所を訪れましたが、こういうかえがたい時間こそが一番の思い出です。


ホテルに到着。
d0116009_11463441.jpg

ホテルに着くと、ロビーは役目を終えたことを察知して、一目散に自分の小屋?のあるほうへ駆けて行きました。ホテルの入り口には初老のフロントマンがいて、「あの子といっしょに行ったのかい?ロビーはこのホテルのマスコットなんだよ。」と歌うように楽しそうに教えてくれました。

ロビーと過ごした時間は、不思議なくらい穏やかな空気が流れていて、忘れがたいものとなりました。

唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

本館7F terakoya shop blog をぜひご覧ください。

by terakoyanet | 2010-10-29 11:58 | 寺子屋エッセイ(読み物) | Trackback | Comments(0)