タグ:卒業生 ( 163 ) タグの人気記事


2017年 03月 23日

中学コース、高校コースの送別会が開かれました。

昨日は、中学コース、高校コース、それぞれの送別会が行われました。
昨年までと同様に、カレーケンズさんに美味しいカレーをお願いし、めちゃくちゃ美味しい牛とろ肉入りカレーをみんなでたらふく頂きました。

d0116009_14091684.jpg
今春京都大学に合格した、松本くん、永田くん、渡部くんと、長濱先生。3人は中学コースの送別会にゲスト参加しました。3人の話、すごく面白かったですね。
d0116009_14150880.jpg
d0116009_14161088.jpg
長濱先生へ、中3のみんなから、サプライズの色紙が渡されました。

d0116009_14173424.jpg
続けて、高校コースの送別会。こうして整然と子どもたちが来る場を美しく設えるのも、ずっと長濱先生が大切に行ってきた仕事のひとつです。


d0116009_14192747.jpg
カレーをつぐ高校生たち


d0116009_14213431.jpg
久々の再会もあり、楽しそう。

d0116009_14232547.jpg
高校コースの送別会は、大学に合格したばかりの生徒たち、浪人が決定した生徒たち、現役の高校生たち、九大の講師の先生たち、そして私たち高校生の集団授業を受け持つ講師たちと、いろいろな人たちがいろんな話をするから、それを聞くだけでも楽しいし、大いに刺激になる会です。貴重な時間でした。

今年もたくさんの寺子屋を旅立つ卒業生たち。
皆の幸せを切に願っています。
そして、長濱先生が言っていたように、つらいことがあったらみんなには寺子屋という帰ってくる場所があるから、きっと顔を出してください。(前もって連絡をもらっておくとありがたい。)




とらきつね on Facebook 随時更新中です。

唐人町寺子屋の新しいオフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。

by terakoyanet | 2017-03-23 14:32 | 雑感・授業風景など | Trackback | Comments(0)
2017年 03月 19日

別れと始まりの季節

22日13時からは中学コース修了生のお食事会、19時からは高校生の送別会が行われます。
別れと始まりの季節です。

そして皆さんに大切なお知らせが。

10余年にわたり、唐人町寺子屋を力強く支えてくださった、長濱先生が、今年の5月末日をもって退職されます。長濱先生は英語科の主任講師として、そして高校コース全体を統括する皆の信頼を集める先生として、子どもたちのことをいつも真剣に見つめ続けた先生です。

d0116009_12210659.jpg
写真は昨日の午前、つばきフェア開催中の久留米市草野町の今村哲朗邸にて。

長濱先生の代わりを見つけようと思っても、きっとどれだけ探しても見つかりません。
こんな先生どこにもいない、そう思います。

だから、長濱先生のあとは、これまでとは別の形で教室を作っていかなくてはなりません。

高校コースは、すでに生徒たちからの信頼が厚い、安部先生が生徒たちにこれまでよりもっと深く関わります。

そして、英語科は遊先生(モタラ遊ハムザ先生)がバトンを引き継ぎます。
遊先生は英語ネイティブですが、中高は日本(奄美)の高校を出て、そのあとNYの大学に通い、現在は福岡にお住まいという方。奄美時代にはその優秀ぶりで注目を集め、新聞などにも掲載されました。リンク先の遊先生、かわいいです。高校時代には英語ディベート大会で彼が率いる部が県優勝を飾っています。英検はもちろんTOEIC、TOEFL、大学センターなどの指導のエキスパートであることはもちろん、何よりもその人柄と研究熱心さが魅力の先生です。新しい授業を楽しみにしていてください。


長濱先生が退職ということで、衝撃を受ける卒業生たちも多数かと思います。
明日、塾の1Fのとらきつねで行われるマーケット(12:00~)には長濱先生はずっといると思いますから、ぜひ遊びに来てね。また、これからも長濱先生とみんなが会える機会を作れたら、そんなことも考えています。5月まで、残りわずかですが、長濱先生との教務を存分に楽しんでいきたいと思います。


とらきつね on Facebook 随時更新中です。

唐人町寺子屋の新しいオフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。

by terakoyanet | 2017-03-19 12:35 | お知らせ | Trackback | Comments(0)
2017年 03月 13日

京都大学にトリプル合格!

本校卒業生の修猷館高校卒、永田くん、松本くん、渡部くんの3名が、見事、京都大学にトリプル合格を果たしました🌸🌸🌸

昨日、教室に来た渡部くんには、情報を小出しにしたら、と言われましたが、一気にお伝えすることにしました。春休みの間にまた3人で遊びに来てね。
d0116009_09164028.jpg
d0116009_09171807.jpg
この代の特進Sクラス生は、全員が修猷館に合格


寺子屋で仕事させてほしいと言ってくれている子もいますから、今後、後輩のために一肌脱いでくれることがありそうです。楽しみです。

目標を一つひとつクリアしていく生徒たちが眩しくてたまりません。
また彼らにゆっくり会ったときに話をいろいろ聞きたいと思います。



とらきつね on Facebook 随時更新中です。

唐人町寺子屋の新しいオフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。

by terakoyanet | 2017-03-13 09:38 | 生徒のがんばり(テスト結果等) | Trackback | Comments(0)
2017年 01月 18日

センターが終わって

昨日は今年度の高校入試合格第1号の朗報が。
早稲田佐賀高校入試の結果が出て、本校生が見事合格を果たしました。おめでとう!

中3は、ここにきて、とにかく集中して継続して頑張れている子が多いのですが、本当に残念ですが、こんな時期に明らかに集中できていないように見える子がおり、その子たちについてはとても残念に思っています。


センター試験が終わりました。
終わっていろいろな気持ちがあるでしょう。しかし、結果を引き受けなければなりません。
努力してきたのならなおさら、その結果を引き受けて、次のステップに進まねばなりません。

英語、長濱先生が言っていました。
継続した努力を続けてきた生徒がやはり今年もちゃんと得点を確実にとっている。

国語も、意識的に自らの改善点を見つけて道を開いてきた生徒たちが、ちゃんと得点を取っています。
時間がなかったのはわかるけど、時間が足りないのは初めからわかっていたはず。

私が担当している地理もそうだけど、問題の難・易がはっきりしすぎていて、もともと飛びぬけた実力がない限り、得点に差が出にくい科目も。しかしこういうことは毎年受験で繰り返されていること。

あらゆる受験生たちが、自分の実力をできるだけフラットに見つめ、次の試験に望めることを祈っています。

思ったより点数が伸びた子たちが、慢心することなくこれから学習に集中できますように。
思ったよりずっと点数が伸びなかった子たちが、人生終わった、ではなく、まだ人生は始まってもいないことに気づきますように。


まだセンターが終わっただけですが、朗報も。
かつて「福岡県公立高校入試問題英語-Wくんの研究-」という記事で、高校入試において、ここまでやるか、という英語の学習の方法を披瀝したWくん、修猷館で英語学年1位も取ったことのある彼が、センター英語で満点を取っているという情報が。さらに、別のMくんはセンターの数学2科目で満点とのこと。

また、当校の生物の安部先生の予想問題、生物は予想しやすいとはいえ、かなり的中率が高かったようですね。生徒たちは軒並み満点近くをGET。先生も生徒も頑張りました。


ではこれからもますます受験生たちの健闘を祈っています。



とらきつね on Facebook 随時更新中です。


唐人町寺子屋の新しいオフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。

by terakoyanet | 2017-01-18 07:58 | 雑感・授業風景など | Trackback | Comments(0)
2016年 12月 16日

YEAR-END SALE 2016 starts! 卒業生の訪問なども

本日より、とらきつねでYEAR-END SALE 2016が始まりました。
d0116009_14213247.gif


30-50%OFFの商品、多数あります。
寺子屋の生徒さん、保護者様向けの情報としてこちらだけでお伝えしますが、文具はペンやのり、定規、ふせん、マスキングテープなど、普段使いのアイテムが30%OFFで並んでいます。セールの後半にはノート類も30%OFFで販売予定です。



セール品とは別に、歳末ギフトせれクションのコーナーも充実しています。
d0116009_1430422.jpg

歳末ギフトコレクション2016
⭐︎新川製茶(うきは市)うきはの山茶
⭐︎ミツル醤油醸造元(糸島市)生成りとふりかけ
⭐︎ごまだれや 02maruni(福岡市清川)ごまだれ各種
⭐︎ハクセン(鳥取県湯梨浜町)ハーブコーディアル
⭐︎かるべけいこ(熊本県南阿蘇村)鉄火味噌とシュトーレン
⭐︎フラクタス Fructus(福岡市薬院)グラノーラ
⭐︎COFFEE COUNTY(久留米市)cafevino
⭐︎坂本製油(熊本県益城町)なたね油と椿油
⭐︎ベーカーズマーケット(福岡市今川)シュトーレン
⭐︎ヨーコフナツマル ニューアイテムのブローチたち
⭐︎とらきつね(福岡市唐人町)唐人町スパイス


ニューアイテムもいくつか。
d0116009_14371558.jpg

とらきつねのページにCOFFEE COUNTYさんについて少し熱い文章を書きました。

今年、高砂に新店舗がオープンしたことで、もともとあった人気にさらなる熱い火が付いたCOFFEE COUNTYさん。
マスターの森さんの洗練された佇まいと、無駄のないお店の雰囲気と独特なコーヒーのサーブなどから、COFFEE COUNTYさんはイマドキのおしゃれなお店、そう感じている方も多いのではないでしょうか。
でも、COFFEE COUNTYさんは、イマドキのお店というだけでなく、きっと20年後も30年後もいいコーヒーを提供し続けてくださる、そんな確信に近い期待が膨らむ特別なお店だと私は感じています。

森さんにも伝えましたが、COFFEE COUNTYさんのコーヒーを飲むと、その豆が持っている固有の記憶が目に浮かびます。それは、赤い実をつけていたころの果実の甘酸っぱさであり、その土地の風雨や乾燥にさらされて鍛えられた種子の誇らしげな逞しさです。

珈琲美美さんもそう、三和珈琲館さんもそう。コーヒーの木々が根を下ろす場所まで赴いて豆を探し求めた人たちのコーヒーは、確かにその土地の個性を伝える力を持っています。それは豆の伝道者たちと、それを味わう私たちを繋ぐ胸躍る喜びとなり、この福岡の土地で結晶化します。

そんなCOFFEE COUNTYさんだからこその商品がcafevino。ボトルに入った珈琲は一見奇抜な印象ですが、コーヒーをワインのように楽しんでもいいじゃない、その新しい提案が、まるで魔法のようにただの必然に思えてくる。確かにコーヒーをワインのように楽しんでもいいよね、そう心が合点する。これこそ森さんが作り出すマジックです。

COFFEE COUNTYはコーヒーに対する飽くなき研究とハイセンスなお店の展開ががっちりと手を結んだ稀有なお店として、これから末永く私たちを楽しませてくれそうですね。とらきつねでは、cafevinoのギフトボックスもご用意しています。



そして唐人町スパイスはリニューアル。
d0116009_14391276.jpg

1代目の作画は寺子屋卒業生の石田くんでした。今回の2代目の作画はとうじんポストカードでもお世話になったイラストレーターのyoneさん。めちゃくちゃかわいいですよね。


逸品ばかりです。ぜひお楽しみください。


――――

昨日(今日)は深夜に仕事をしていると、卒業生たちが。
d0116009_144149.jpg


深夜の1時ごろでしたので、最初は酔っ払いの不審な人たちかと思いましたが、酔っ払い、の部分は当たっていたものの、22歳になった卒業生たちでした。いい写真が撮れました。いろんな話をしました。みんなそれぞれ人生を楽しんでそうでよかった。また遊びにきてね。


いまからの小学生の授業は、てこを使います。楽しみです。

by terakoyanet | 2016-12-16 14:43 | とらきつね | Trackback | Comments(0)
2016年 11月 29日

とらきつねの今年のすべてのイベントが終了しました。

先週、今年最後のイベントが終了しました。それにしても、坂口恭平さん(作家・建築家)、田北雅裕さん(九州大学専任講師)はすごかったですね。参加した生徒や保護者様の心にも強烈な刻印を残すイベントになったことと思います。(また改めてご紹介します。)

2016年、さまざまな方にご縁をいただき、とらきつねという場所が少しずつ、文脈のある場所へと覚醒していくさまを見る機会に恵まれ、幸せです。楽しかったですね。
2017年も参加者の心にしおりをはさむような活動ができればと考えています。ありがとうございました。


d0116009_9204763.jpg

写真-左上から→→
〇歌手/作家・寺尾紗穂さん(8月「大濠花火と寺尾紗穂」にて)
〇10神アクター・北田将一郎くんと妹の萌さん(寺子屋卒業生・3月「寺子屋クロニクル」にお祝いメッセージ)
〇作家/建築家・坂口恭平さん(11月「『現実宿り』出版記念トーク」にて)
〇九大専任講師・田北雅裕さん(11月「ふりかえり2016トーク」にて)
〇料理家・井口和泉さん、ライター・尹雄大さん(1月「狩って/買って 食べるを考える〜私たちの食卓の事情」にて)
〇never young beach/PAELLAS・阿南智史くん(寺子屋卒業生・4月とらきつねに来訪)
〇flumpool・山村隆太さん、阪井一生さん、尼川元気さん、小倉誠司さんと(2月とらきつねに来訪)
〇料理家・かるべけいこさんとりほちゃん(5月「苦しいときこそ、ご飯と味噌汁」にて)
〇写真家・野中元さん(5月「苦しいときこそ、ご飯と味噌汁」にて)


とらきつね on Facebook 随時更新中です。


唐人町寺子屋の新しいオフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。

by terakoyanet | 2016-11-29 08:17 | とらきつね | Trackback | Comments(0)
2016年 10月 12日

祖母のこと

今日は、認知症を患い、最近は食べ物もあまり喉を通らなくなった祖母に会いに大刀洗へ。

先々月に会ったときより痩せていて心配になったけれど、最近は会うたびに、また会えますようにと願ってさよならしているから、いまは会えたうれしさが静かに心を満たしています。

d0116009_18140042.jpg

祖母のいる部屋に見たことがないアルバムがあり、それを開いて見てみると、祖母や今は亡き祖父、幼き日の父と兄弟が写った写真が何枚も綴じられていました。

その中に、祖母(写真右端)がたくさんの子どもたちと写った写真があり、「これは?」と母に尋ねると、「おばあちゃんは保育所を作ったんよ。子どもの世話できる人を連れてきて。そのころは平戸にそういうのはなかったけんね。」との答え。初めて聞く話に私は驚き、写真を祖母の顔にぎゅっと近づけて見せながら「おばあちゃん、保育所始めたの!?すごいねー!」と大声で話すと、祖母はこのときだけ、ぎゅーーっと口を噛み締めて、全てのエネルギーを顔の中心に集めるような表情をして、おばあちゃん、認知症が進んで自分でお話しもできなくなって、いろいろなことがわからない、忘れてしまったと思われているけど、おばあちゃん違うよね、ちゃんと覚えているよね、この保育所のこと、この子どもたちのこと、だからいま精いっぱい何か伝えようとしたんだよね、そう思うと、ほんとうに祖母に保育所を始めたときの話を聞きたかったと思うし、胸の深くからこみ上げてくるものを感じます。

いま私の父は、大刀洗で社会福祉法人の運営に携わっており、海の星保育園(下のしゃしん)というところの園長を務めています。祖母のが始めた保育所と、海の星保育園は、何も関係がないのだけど、でもどこかで繋がっているんだろうなとも思うのです。

d0116009_18525627.jpg



とらきつね on Facebook 随時更新中です。


唐人町寺子屋の新しいオフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。

by terakoyanet | 2016-10-12 18:03 | 雑感・授業風景など | Trackback | Comments(0)
2016年 10月 01日

これからもよろしくお願いします。

昨日あたりに、2007年のブログ開設以来のアクセスが、200万ヴューを超えたようです。

d0116009_68549.jpg


定員計165名の当校に入塾される方の9割以上が、お友達からのご紹介、またはこちらのブログを経由してのご縁であり、新聞広告等をほとんど出さない本校にとっては、まさに広告塔と言える存在です。

開設10年目という節目とも重なり、特にこれまで長く続けるためのモチベーションを与え続けてくれた子どもたち、保護者様方に改めて感謝の気持ちです。

d0116009_6225369.jpg

ここに1枚の開設1年目に撮った宮崎夏合宿の写真があります。
このころはデジカメではなく、写ルンですで撮影していました。

写真の中で笑っている彼らもすっかり大人になりました。
この写真の中のある子は、昨年赤ちゃんをつれて塾に遊びにきてくれました。
また別の子は、今年も2年連続で「CDショップ大賞」にノミネートしたビッグなバンドメンバーになって、今年遊びに来てくれました。

10年後、いま塾に通っている子どもたちのことを、こうやって懐かしむときがきっと来るのですね。
子どもたちがそうやって大きくなっていくことは、すごく楽しみで喜ばしいことのはずなのに、いま目の前にいる子どもたちがあまりにキラキラと輝いているから、なんだかとてもさみしくなってしまうのです。




とらきつね on Facebook 随時更新中です。


唐人町寺子屋の新しいオフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。

by terakoyanet | 2016-10-01 06:32 | お知らせ | Trackback | Comments(0)
2016年 06月 06日

never young beach 2nd ALBUM, fam fam 明後日発売!

never young beach の 2nd Albumがいよいよ明日発売です!



先行シングルとしてすでに配信が始まっている「明るい未来」。
スペースシャワーTVの6月のPickUpにも選ばれ、ガンガン流れていますので、いまの音楽に敏感な高校生以上の方たちはすでにご存知でしょう。(2015年にはCDショップ対象にノミネートし、フジロックに出演しています。)

never young beachの楽曲は、懐かしさを伴いながらも、それに溺れてしまわない、絶妙なバランスで音楽がつくられていて、こちらの新曲もやはり、そういったネバヤンのよさが全面に出ていると感じます。

never young beachのギター、阿南氏は、寺子屋出身。
春休みもいっしょに福岡の夜の店をはしごしました。

d0116009_14363531.jpg
d0116009_1437782.jpg


音楽の道なんてどうせ無理でしょ、そう言う大人はたくさんいますが、
どの道でも、覚悟と情熱さえあれば生きてくことができると私は思っています。
でも、結局、それが足りない人が多い。だから、必然的に道を進むことができる人は限られます。

この前、ある在校生と将来のことを話していて、そんな話になったことを思い出します。



今回のニューアルバムも、阿南くんのギターが冴えわたっていることでしょう。
やぼったくなりがちな情緒的なメロディーが、彼のニッチなプレイによってキラキラと輝き出す。(阿南氏がいかに音オタクかというのは、彼のもう一つのバンド、Paellasを聴くとよくわかります。)
そこには音楽が生まれるときにふと立ち上がる喜びそのものがあり、胸のときめきをおさえることができません。

never young beach、要のボーカル安部くんや、他のメンバーが醸し出す雰囲気も含め、ほんとうにいいバンドです。とらきつねでも取り扱いますから、ぜひお買い求めに来てください。



とらきつね on Facebook 随時更新中です。


唐人町寺子屋の新しいオフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。

by terakoyanet | 2016-06-06 14:53 | 塾長おすすめの書籍・CD | Trackback | Comments(0)
2016年 04月 18日

中学部修了生たちからのメッセージその2

少し間が空きましたが、中学部修了生たちからのメッセージの2回目をお伝えします。
その1はこちらです。みんな、高校生活楽しんでいますか。



・寺子屋に来て学力が大幅に上がったので、寺子屋の先生には感謝しています。また、寺子屋に行かせてくれた親にも感謝したいです。ありがとうございました。(R)


・3年間、とても楽しかったです。本当に寺子屋に来てよかったなって思いました。特に最後の1年はとっても忙しかったけど、めちゃめちゃ楽しかったです。もうこの授業が受けられなくなると思うととてもさびしいです。鳥羽先生、ながはま先生、本当にありがとうございました! 毎回の授業がとってもわかりやすい&楽しい&おもしろいで最高でした!!鳥羽先生、たまに変な行動してもつっこんでくれてありがとうございました(笑)。もっと最初から先生と話しとけばよかったなって後悔しています。大人になったら先生の昔話聞かせてください!(わりと本気で) ながはま先生、いつも先生のファッション楽しみにしていました笑(Y)


・3年間寺子屋に通ってよかったです。中学校で他の塾に通っている人の話しを聞いていると、やっぱり寺子屋がいいなと思いました。合宿が特に楽しかったです。志望校に入れてよかったです。高校頑張ろうと思います。ありがとうございました。(N)


・最後の授業を無事終えることができ、3年間教えてくださった先生方、今までありがとうございました。この3年間でたくさんのことを学ぶことができました。塾で配られた受験単語や理科記述式や日本史をつかめなどのテキストはすごく役に立ちました。高校生活もがんばります。(K)


・鳥羽先生はとても説明が分かりやすくていい先生でした。授業でもやさしく教えてくれました。とても感謝しています。合宿は毎年楽しくて、友達も増えました。3年間の中で特に楽しかったのは3年です。受験をひかえていたのに、とても楽しむことができました。Aクラスでも、特演でも、鳥羽先生にお世話になりました。私は寺子屋がとっても好きです。今までありがとうございました。(A)


・鳥羽先生、長濱先生、2年間、ありがとうございました。毎回の授業は新鮮でわかりやすく、おもしろかったです。長濱先生のおかげで英語がよくわかるようになりました。本当にありがとうございました。(R)


・3年間ありがとうございました。中学1年生のとき、今と違って全然頭良くなかったので、ここまで良くしてくれてありがとうございました。特進に入って1年半くらいたった時は進むのが早いなと思いました(;´▽`A すごく中3が楽しかったです。中3では授業時間もすごく長くなってさんざん「めんどくさい、つかれた、だるい、あそびたい」って言いまくりました笑 特進のテストで失敗して泣いたこともあり、いろんなことがあったなと思います。本当にありがとうございました。(U)


・今まで、私にたくさんのことを教えていただき、ありがとうございました。私の一番の弱点や得意なところ、すぐに鳥羽先生に見抜かれてしまいました笑 けど、そのおかげで色々なアドバイスをうけることができとても頼りになりました。また自分が勉強で成功したときなどはほめてくれたりして、とても嬉しかったです! 寺子屋に通い、人間性や勉強についての大切さ、たくさんのことを学ばせていただき、本当にありがとうございました(S)


・1年生から大変お世話になりました。一人一人のことを考えるとてもわかりやすい授業で、金を取るだけでわかりにくい塾とは違って、毎年楽しい合宿もあり、とても楽しかったです。高校でも先生から教わったことを生かしてがんばります。(N)


・私は勉強がにがてだけど先生たちのおかげで行ける高校ができて、高校にも合格できたのですごく感謝しています。授業はたまに先生の書いた絵がおもしろかったり、話がおもしろかったりして、とても楽しかったです。(Y)


・特進では、悪い点数をとって泣いたこともあったけど、なんとかねばり強く特進のメンバーでいることができて良かったです! 授業では、先生方の教え方が上手で、理解しやすかったです。わからない問題を質問したとき、親身にわかりやすく教えてくれたので嬉しかったです。この3年間、楽しかったです。ありがとうございました 高校生になっても頑張ります!(C)


・3年間ありがとうございました。いつも熱心に授業を私たちに教えてくれる先生が好きでした!勉強の相談で何度も先生に質問したときに答えてくれたの、とてもうれしかったです。塾での合宿では、たくさんの思い出ができました。ときには先生には怒られることもあったけれど、それは私たちのことを想っていると想いました。周りの友だちもみんないい人でよかったです。中学校の生活で3年間寺子屋に通って勉強できて本当によかったです。まだまだ先生たちと話したかったです! 今まで本当にありがとうございました!!!! とば先生と長はま先生大好き!(R)







とらきつね on Facebook 随時更新中です。


唐人町寺子屋の新しいオフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。

by terakoyanet | 2016-04-18 11:13 | 雑感・授業風景など | Trackback | Comments(0)