寺子屋ブログ by 唐人町寺子屋

terakoyant.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:山 ( 87 ) タグの人気記事


2017年 06月 12日

可也山に登る。 sanpo

d0116009_11162316.jpg
立石山 山頂から 可也山方面を望む(2016.5)


d0116009_11220439.jpg
箱島神社(二条浜窪)から可也山(2016.1)


いつも、糸島に行くたびに登りたいと思っていた可也山。
先週、午後に3時間だけ時間がとれたので、よし、今日可也山に登ろう!と思い立ち、登ってきました。

d0116009_11263690.jpg
登山口の目印になる師吉公民館

d0116009_11315130.jpg
d0116009_11301876.jpg
ところどころに立派な花崗岩(閃緑岩)が露出しています。

d0116009_11280302.jpg
d0116009_11283023.jpg
d0116009_11292339.jpg
30分ほど登ったところに石切場跡がありました。

d0116009_11322550.jpg
こちらでとれる花崗岩は余程良質だったようで、日光東照宮や江戸城紅葉山の石鳥居などに使われています。
可也山と言えば、韓国の名刹海印寺がある伽耶山を思い出す。何か関係があるのだろうかと思っていたら、韓国の「伽耶」に由来するという説もあるらしい。
実際、韓国の山を登ると、目にするのは花崗岩ばかりで(済州島を除く)、糸島の花崗岩質の山を登る人たちが海の向こうの朝鮮半島の山々を想起するのはそれほど難しいことではない。

d0116009_11352255.jpg

石切り場を過ぎるとまもなく道は平坦に。
d0116009_11364501.jpg

d0116009_11381471.jpg
第1展望台

d0116009_11452660.jpg
このあとやや傾斜のある道を10分ほど登ると可也神社。ここまで来ると、ゴールは目の前。
d0116009_11460108.jpg
d0116009_11532881.jpg
d0116009_11535389.jpg
展望のない地味な可也山 山頂。
でもわずか100m先にとっておきのお楽しみが。

d0116009_11545445.jpg
d0116009_11553061.jpg
可也山展望台は180度以上にわたる展望があり、本当に気持ちの良い場所。
可也山は山頂付近は玄武岩質。なんと過去に噴火しているらしい。今度登ったときは噴火の痕跡を見極めたい。

d0116009_12010405.jpg
北側の展望 火山(ひやま)・彦山方面

d0116009_12124708.jpg
山の上から見てみると糸島の船越はどう見ても陸繋島(トンボロ)である。
家に帰って船越の地名の由来を調べると、風の強いときに陸繋砂州上を船を牽いて越させたことに由るらしい。全国にある船越の地名をもつ幾つかの土地も陸繋島のようだ。こういう、独りブラタモリは楽しい。


展望所で少しくつろいだあと、下山。さっさと歩いたので、下りはわずか30分で完了。
筑前前原駅IN15:54、OUT17:40 の弾丸登山でしたが、とても楽しかったです。



とらきつね on Facebook 随時更新中です。

唐人町寺子屋の新しいオフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。

by terakoyanet | 2017-06-12 12:21 | 好きな場所 | Trackback | Comments(0)
2017年 04月 29日

ゴールデンウィークにおすすめしたい、九州の少し穴場な場所16選

今日からゴールデンウィーク。
今年のゴールデンウィークは幸い天候がいい日が多いようですね。
今年もどんたくに出る子たちがはりきっています。

こちらでは、これまでこちらのブログに掲載した中で、ゴールデンウィークに出かけるのにおすすめの、少し穴場な場所をご紹介します。


1 立石山(糸島市@福岡)
手軽なハイキングで、想像を絶する絶景が広がります。


2 囚人墓地(大牟田市@福岡)
九州各地の近代化遺産が世界遺産に登録されましたが、登録されていなくても忘れたくない場所があります。


3 烏帽子岳(阿蘇市・南阿蘇村@熊本)
草千里まで行って烏帽子岳に登らないなんてもったいないです。草千里ー烏帽子岳の登山道は熊本地震のあと、一時閉鎖されていましたが、いまは復旧しています。


4 大杵社(湯布院町@大分)
湯布院に行ったらお湯に浸かって街歩きも楽しいですが、ここの大杉は見逃せません。


5 川底温泉・法華院温泉・長者原温泉・筌の口温泉(久住町・九重町@大分)
九重の奥深さを思い知らされる秘湯たち。


6 樅木の吊り橋(五木村@熊本)
私は九重の大吊橋よりこっちのほうが断然好きです。

7 シアター・シエマ(佐賀市@佐賀)
九州の至宝、シエター・シネマ。


8 白水溜池堰堤(竹田市@大分)
土木技術の粋が結晶化した美しい曲線美を持つダム。


9 求菩提山(豊前市@福岡)
修験の山として知られる求菩提山。記事では岩洞窟だけを紹介していますが、山歩き自体がすごく楽しい場所です。


10 旧大野木場小学校(島原市@長崎)
雲仙普賢岳を目前に、周辺は天草を望む絶景。自然の美しさと恐ろしさは隣り合わせであることをかみしめる場所。

11 大崩山(延岡市@宮崎)
絶景の岩山。本格的な登山なので舐めたら命の危険が。

12 鹿目の滝(人吉市@熊本)
雄滝、雌滝、平滝の3つの滝から成ります。たびたび虹がかかる美しい場所。柱状節理も見事です。13 日奈久温泉(八代市@熊本)
町歩きが楽しい日奈久温泉。おきんじょさんに会いに行ってください。

14 市房杉・湯山温泉(水上村@熊本)
樹齢千年と言われる圧倒的迫力の市房杉と、泉質が最高の湯山温泉。


15 今村教会(大刀洗町@福岡)
全国有数の美しい教会。朝日が堂内に差し込む早い時間帯の訪問をお勧めします。ミサがある日曜日は避けてください。
16 立神峡(氷川町@熊本)
晴れた日に行くと、エメラルドグリーンの絶景に卒倒します。


ゴールデンウィークさえも忙しいという方も多いと思いますが、
舞鶴公園の藤棚もいまが見どころで、近所にも素晴らしいところがいろいろとあります。
束の間のお休みを楽しんでください。

d0116009_11255145.jpg

とらきつね on Facebook 随時更新中です。

唐人町寺子屋の新しいオフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。

by terakoyanet | 2017-04-29 09:12 | 好きな場所 | Trackback | Comments(0)
2017年 04月 06日

ヒマラヤへの旅

数日間休みをいただいて、ヒマラヤで山歩きをしてきました。

d0116009_12462952.jpg
ネパールはちょうど国花シャクナゲ(ラリグラス)の季節で、至るところで赤い花が咲き誇っていました。
d0116009_12560294.jpg
d0116009_13031319.jpg
早朝、滞在した山小屋からアンナプルナ連峰を望む。
d0116009_13004705.jpg
ネパールへの旅は、電気や水に困ることもあり、いままで見たこともないような激しい大粒の雹が降るなど気候もとても不安定で、相当の過酷さを伴うものでしたが、でも、食べ物と子どもたちに助けられました。

d0116009_13055312.jpg
ネパールの国民食のダルバート、そしてカレーライス。どちらもスパイスが決め手になるのですが、やはりスパイスが食文化の必然として存在している場所のスパイス料理は凄いと思わざるをえませんでした。どこの小さな茶店に入っても、本当に美味しくて、それぞれで調合をしているから、ひとつも同じ味がありませんでした。野菜も新鮮で本当に美味しくて、オーガニックは当たり前、というか、オーガニックというのは、食から資本主義という毒を抜くことで、本来の食の美味しさと安全を取り戻そうという意味合いがあると思うのですが、ネパールの山の中の野菜は一度も流通に乗っていないから何も取り戻すものとかがなくて、単に自然野菜としか言いようのないものです。

毎日2食、ダルバートかカレーを食べていましたが、すこぶる胃腸の調子が良くて、たまげました。
ネパールの食文化、興味深すぎて、しかも自分の体にもすごく合うことがわかったから、はまってしまいそうです。
d0116009_13260893.jpg
写真の3歳の女の子。マダルと呼ばれる伝統太鼓を叩いています。
こんなに小さい子なのに、彼女はめちゃくちゃいい音出すんです。
衝撃でした。リズム感も凄まじくて。叩きながら歌まで歌っていて、何て才能なんだ!と感じ入ってしまいました。

日本の子どもはたくさんおもちゃを持っているけど、彼女にとっては唯一の大切なおもちゃであるマダル。こればっかりでいつも遊んでいるから、すでに一番いい音に辿り着いちゃったんだな、すごいなと思いました。

d0116009_13335393.jpg
ネパールは多民族国家なので、いろいろな顔の子どもたちがいます。私たちの目でわかるのは、せいぜいインド系の子とチベット系の子が混在していることですが、実際には50以上の民族が共生する社会です。彼女たちもかわいいでしょう。彼女たちが通っている小学校に案内してもらい、楽しい時間を過ごしました。


d0116009_13381153.jpg
彼は泊まった山小屋の息子さん。瞳がきれいでしょう。
こんなに小さいのに宿代が書かれたレシートを持ってきてくれたときの1枚です。
このあと写った写真を見せたら、大ウケしていました。


ヒマラヤのこと、ネパールのこと、到底書ききれませんので、また今度、続きを書きたいと思います。



とらきつね on Facebook 随時更新中です。

唐人町寺子屋の新しいオフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。

by terakoyanet | 2017-04-06 13:41 | 好きな場所 | Trackback | Comments(0)
2017年 01月 03日

富士山

新春から、いろいろな場所でいろいろな表情の富士を見てきました。
どの富士も同じように見えるけど、よく見ると、見る場所によって全くその表情が違うことに気づかされます。

あのとき出会ったあの人も、仕事で○○なあの人も、きっと私が見ているあの人は、その人のごく一部の傾向を見ているにすぎなくて、その人は本当はいろいろな表情を持っている。そのことを忘れずにいたいのです。

d0116009_22075874.jpg
d0116009_22083455.jpg
d0116009_22091345.jpg
d0116009_22093780.jpg
d0116009_22102138.jpg
d0116009_22111536.jpg
d0116009_22122260.jpg
d0116009_22125897.jpg
d0116009_22133828.jpg
d0116009_22143934.jpg



とらきつね on Facebook 随時更新中です。


唐人町寺子屋の新しいオフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。

by terakoyanet | 2017-01-03 22:05 | 好きな場所 | Trackback | Comments(0)
2016年 11月 05日

本日の授業など

本日の授業、当仁中の期末対策講座が行われますので、国語塾、及び特進クラスが休講になっています。
ご注意ください。

今回のテスト前は、どの学年も中間前よりずっと緊張感があっていいですね。

昨日、中3は学校の実力テストを終えて、一喜一憂している子たちがいましたが、すぐに切り替えてがんばりましょう。最近感じるのは、テストの結果を見て「落ち込む」子は、単に、自分に対する現実認識が普段から甘い子が多いということ。こんなこと言っちゃうと、落ち込んでいる子に追い打ちをかけるようで悪いけど、でもね、現実認識が甘い、というのは決定的にまずいから、まずは現状をしっかり見つめないとね、と思います。

中3は12時半から教室開放。当仁中の子たちはバザーが終わったらすぐおいで。
できるだけ長く参加して、意義深い時間にしましょう。



d0116009_11241630.jpg

写真は初冠雪直後の立山(2014年10月、天狗平より)。この時期になると、山に惹かれて夢にまで出てきます。


とらきつね on Facebook 随時更新中です。


唐人町寺子屋の新しいオフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。

by terakoyanet | 2016-11-05 11:25 | お知らせ | Trackback | Comments(0)
2016年 08月 22日

今日の霧島

今日の霧島は空が澄みきって特別に美しい!
子どもたちも元気です!
d0116009_10125865.jpeg

とらきつね on Facebook 随時更新中です。


唐人町寺子屋の新しいオフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。

by terakoyanet | 2016-08-22 10:11 | 行事・イベント | Trackback | Comments(0)
2016年 06月 14日

ドイ・インタノン国立公園にあるワチラタン滝

チェンマイ郊外に位置するドイ・インタノン国立公園は、タイでも最も標高が高い地域。
その国立公園内にある、ワチラタン滝"Wachirathan Waterfall"を訪れました。

d0116009_103321.jpg


乾季なのにかかわらず、すごい迫力。
天から恵みの水が落ちてくるような、壮大で美しい滝でした。


とらきつね on Facebook 随時更新中です。


唐人町寺子屋の新しいオフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。

by terakoyanet | 2016-06-14 10:12 | 好きな場所 | Trackback | Comments(0)
2016年 06月 07日

糸島・立石山

糸島の立石山、晴れた日に(ややハードな)お散歩コースとしておすすめです。
d0116009_1059153.jpg

登山口は芥屋海水浴場。
海水浴場の隅には不気味な廃墟、芥屋ビーチホテルが。
d0116009_1153642.jpg

d0116009_1112386.jpg


この場所は、当仁が生んだスター、お笑い部の皆さんがここを舞台とした動画を上げていたので、以前から気になっていました。が、昼間でも暗くかなり不気味なので探索するのはやめにして、廃墟の裏にある登り口からスタスタと山道を登りました。
d0116009_1111478.jpg
初めこそ木々に囲まれた山道ですが、すぐに展望が開けてきます。
糸島は地質的に花崗岩~閃緑岩が多いのですが、岩が露出しているため足もとは滑りやすい印象があります。雨の後に登るときなどは注意が必要です。

d0116009_11183880.jpg
20分ほど登ったでしょうか。頂上の手前で大展望が開けます。
d0116009_11301332.jpg
可也山方面の展望。


d0116009_11215513.jpg
いっしょに登ったH先生が危ないことをしています。

d0116009_11284497.jpg
展望所から10分くらいで頂上着。(頂上の写真だけ、今年1月に登った時のもの。)

d0116009_11374638.jpg
展望は視界は広くないのですが、玄海灘に浮かぶ姫島が見えます。

d0116009_11402599.jpg
下りも素晴らしい景観を眺めながら視界を下ろしていきます。

d0116009_11421741.jpg
芥屋海水浴場に戻ってきました。

d0116009_11433818.jpg
立石山芥屋海水浴場から登るコース以外に、ショートカットコースがあります。芥屋海水浴場の駐車場から海に背を向けて山側に少しだけ進むと右折できる細い道があり、そこを1~2km直進すると登山口があります。ここからだとわずか15分くらいで頂上近くの展望が開けた場所までたどり着きます。
山登りが好きな方は海水浴場から、景観は楽しみたいけどきついのはいやだという方はショートカットコースで行くことをお勧めします。


とらきつね on Facebook 随時更新中です。


唐人町寺子屋の新しいオフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。

by terakoyanet | 2016-06-07 11:52 | 好きな場所 | Trackback | Comments(0)
2016年 06月 05日

戸の上山へ

一昨日、早朝起きてすぐに、今日を逃したらきっと後悔すると思い立ち、北九州の戸の上山へ。
門司駅からアクセスが良く、登り下りで約3時間の行程でした。とても歩きやすい山です。
頂上の手前に、大台ヶ原とよばれるいきなり展望が開ける原っぱが広がっていて、すごく気持ちよかったです。
昼前には福岡市内に戻ってくることができました。

d0116009_10535129.jpg
d0116009_1055087.jpg
d0116009_112554.jpg
d0116009_1105036.jpg
d0116009_1114155.jpg



先日、こちらに書いたオバマ氏の広島訪問の記事が、本日、皆さんご存知のアゴラに転載されています。
よかったらご覧ください。



とらきつね on Facebook 随時更新中です。


唐人町寺子屋の新しいオフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。

by terakoyanet | 2016-06-05 11:05 | 好きな場所 | Trackback | Comments(0)
2015年 12月 19日

夫婦別姓と「拘り」

現在、唐人町は嵐フィーバー。連日人がたくさんですね。
昨日Facebookに書いた文章ですが、こちらにもアップしたいと思います。

----

深夜、仕事をしている合間にふと夫婦別姓に反対している人ってなぜ夫婦同姓にそんなにこだわるのだろうと知りたくなって「夫婦同姓にこだわるのはなぜ?」というワードで検索してみたら、「夫婦別姓になぜそんなにこだわるの?」という記事ばかりが飛び込んで驚いた。たぶんどの立場であっても、自分の反対の意見を持っている人というのは「拘って」いるように見えるのだろう。しかし相手が「拘り」を持っているという見方自体、すでに「偏見」なのかもしれない。そう思っていないと、相手の「理屈」ばかりが目にとまって相手の考えの深い根の部分が見えない。そういったことは多々あるように思える。

「私は女ですが夫婦別姓には反対です。 なぜあんなにまで、女性が別姓にこだわるのかがわかりません。 女性が差別を受けていると、未だに思っている被害妄想とも感じられます。だから、男性にできて、女性に出来ないことがあると、何にでも過敏に反応して女性にもさせろと必死になる姿ってどうかなと思います。(笑)」

さきほどの検索でひっかかったgooのページにあったこの文章も、相手の「拘り」ばかりが目に付いたせいでこんな感想が出てくるんだろうな、「被害妄想」とかじゃないのに、と思うわけだけど、でも、その原因は夫婦別姓を主張する人たちの中にもある。

夫婦別姓を希望する人たちが「結婚したあと仕事の際に不便になる」「事務的に煩瑣」であることを度々その理由に挙げる。たしかにそれも理由なのかもしれない。でも「不便」「煩瑣」と感じる「感情」がどこから生まれてきたかと考えたときに、自身の姓がほとんど選択権も与えられず夫の姓になったときの戸惑いや慄きの感情にあることにはほとんど触れられない。女性の権利を主張する以前に、そういった感情があり、それが決定的にある女性たちに痛みを与えていることに触れずに、権利や実用の話ばかりしているから相手に何も伝わらない、そういった面もある。

「感情」について理性的に話すのは難しいけれど、そういった深い根の部分にコミットしなければ、いつまでも相手の不埒な「拘り」ばかりが目に付いて非難の応酬に終始するのは目に見えている。本当に「解決」に向かいたいのであれば、お互い心を開かねば。


d0116009_25832.jpg

昨日は弾丸で阿蘇へ。冷たい澄んだ空気が美味しかったです。




とらきつね on Facebook 随時更新中です。


唐人町寺子屋の新しいオフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。

by terakoyanet | 2015-12-19 02:59 | 寺子屋エッセイ(読み物) | Trackback | Comments(0)