寺子屋ブログ by 唐人町寺子屋

terakoyant.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:時事・政治 ( 128 ) タグの人気記事


2017年 07月 12日

ささやかな共感。

昨日、いつもはあまり話しかけてくることのない、ある中学生の男の子が私のそばにやってきて

「先生の出身、朝倉高校なんですね。僕のおばあちゃんも朝倉高校出身なんです。」

少し恥ずかしそうに、そう話しかけてきました。

私は思わず

「おばあちゃん、大丈夫だったの?」

と尋ねました。家の状況はともかくも、ご家族は皆ご無事とのこと。

「ああ、よかった。」

私が深く息を吐きながらにっこりすると、彼もにっこり微笑みました。




塾の授業の休憩中の、わずかな時間に生じた何でもない会話です。

でも、彼の心も、彼のご家族の心も、そして私の心も、今回の水害のあまりの状況に心を揺さぶられていて、

そのふるえを思いがけず共感することができた瞬間というのは、なんとも言えないこみ上げるようなありがたさがあるものです。





とらきつね on Facebook 随時更新中です。

唐人町寺子屋の新しいオフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。

by terakoyanet | 2017-07-12 18:18 | 雑感・授業風景など | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 19日

東浩紀さんのAERAの記事に対する評判について。

東浩紀さんのAERAの記事が一部の人たちの間ですこぶる評判が悪いようだ。


「原発は倫理に反している。これは必ずしも即時全廃を意味しない。悪いことだとわかっていても、やらなければならないときもある。」


悪いことだとわかっていても、やらなければならないときもある、なんて書くと、反原発派の人たちが怒るのも当然である。もうなんだか開き直ってしまっているようにも読めるこの文章は、予想通りと言えるが、安直すぎるという批判が多く寄せられているようだ。(しかも私が敬愛する人たちからも。)


しかし、私個人としては、東さんは至極ふつうのことを言っているようにしか読めない。

彼がこの文章で言わんとすることの主題は、そもそも原発の是非ではない。彼は単に、倫理に反しているということと、それを現実的に抑え込むということとは別の話であり、その間には飛躍があるのだという当然のことを言っているにすぎない。


今回、東さんが受けている批判は、実はこれまでの歴史の中で延々と繰り返されてきた、哲学者が甘受する誹謗と同じ類いのものであり、もはや古典的とさえ呼べる図式がそこにはある。それは例えばかつて夏目漱石が、余裕派と呼ばれたり、ポストコロニアル批評家たちに「植民地主義に無抵抗な作家」と揶揄されたりしたときと同じ誤解/誤読である。


夏目漱石が実際の政治を語らなかったのは、漱石の言葉を借りれば、それが「第一義の問題」ではないからだ。第一義の問題から離れたとき、人は不遜になり、嘘をつき、自分の傲慢さに無頓着になる。漱石の批判精神は、初期から後期の作品に至るまでその認識で透徹されている。いかに倫理的に政治を語ることが難しいか、そのことを漱石は認識していた。漱石は植民地主義に無頓着でも無抵抗でもなく、単にそれを語ることを自らに禁じたのである。自らの口で政治を語る人たちは、それがいかに正しい意見であっても、いや、それが正しいからこそ、その語りが不穏なものを呼び寄せることに気づかないのだろうか。政治を正しく語ることは、決して倫理などではない。


哲学者というのは「現実の問題」というのが存在すると疑わない人たちにとっては(それがまさかでっちあげられたものだとは信じたくもない人たちにとっては)いつも優柔不断な人である。何の実効性のある意見も持たないような「役立たず」で「自己満足」な「遊民」に見えるらしい。

彼らには哲学者たちが「現実の問題」を語る前に、「そもそも」の場所で踏ん張っているのが一向に見えない。(この哲学者たちのどうしようもない「踏ん張り」の現場を見たいなら、漱石の『虞美人草』に出てくる「甲野さん」の描写に括目してほしい。) 


東浩紀は良くも悪くも「哲学者」である。この記事の中でも基本的には倫理について語っているだけで、「現実の問題」を語ってなどいない。でも、原発という「超」がつくほどの現実味を帯びた話の中で倫理を語ってしまうと、我慢ができなくなって「現実的」に怒る人たちが出るのは当然である。


漱石は「現実の問題」を語りすぎる人たちを「動きすぎる」と制した。「動く」ことは「罪悪」だと言った。私が思うに、哲学者というのは「動く」という「罪悪」を知っている人たちのことである。でも、そういう人は軟弱に見える。軟弱で隙があるように見えるから、根拠もなく馬鹿にされる。振る舞いそのものが扱き下ろされる。その点で、東さんも今回、一部の人たちからたやすく馬鹿にされすぎているようである。(ちなみに私が今回書いていることは、東氏が漱石ほどに優れているとかそういう話では全くない。) 

しかし、繰り返し言えば、これはいままでずっと哲学者が人として真っ当に扱われず、鼻で笑われてきた歴史の繰り返しにすぎない。



とらきつね on Facebook 随時更新中です。

唐人町寺子屋の新しいオフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。

by terakoyanet | 2017-06-19 11:02 | とらきつね | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 05日

海外とリスク

この数日、以下の記事へのアクセスが突然大幅に伸びました。

理由ははっきりしていて、フィリピンのブスアンガ島で日本人2人が行方不明になった事件が起こり、ブスアンガ島、コロン島などで検索した人たちの多くがこのブログに辿り着いたからです。

ブスアンガ島に行ったことのある人は日本ではまだ少ないようで、テレビ朝日さんの取材と画像提供に応じました美しい思い出の場所の写真が、惨たらしい事件の報道に使われることには非常に苦しい気持ちがあります。亡くなられた方たちのご冥福をお祈りいたします。

それにしても、現地のことを知ることも調べることもなく、自己責任という言葉で被害者を貶める人たちの無知と傲慢は目に余るものがあります。

海外でたくさんのテロや事件が起こっているのは確かです。でも、「海外は危ない」というふうに、安直に全体を一緒くたにして語ることはしたくありません。

海外に行く多くの人たちは、渡航先の安全について十分に調べた後に出かけています。
そんなことは当たり前です。だって自分や大切な家族の身体は絶対に守られなければならないのですから。

それでも海外に行くのは危機意識が足りないという人がいるのなら、その人は家から一歩も出るなと言うことと同じです。私たちは海外に行くことと同等のリスクは常日頃犯しています。車に乗ること、高速道路を走ることは、そのわかりやすい例のひとつです。

車に乗るのはしかたがないけど、海外に行くのはその人の趣味だから話が違うという人もいるようです。その人は趣味の楽しみを知らないか、または、単に趣味を楽しむ人を妬んでいるのでしょう。楽しむこととリスクを背負うことは隣り合わせであることは多いけれど、リスクがあることを全て避けて生きるというのは、人生を偏狭にすることとしか私には思えません。





とらきつね on Facebook 随時更新中です。

唐人町寺子屋の新しいオフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。

by terakoyanet | 2017-06-05 11:53 | 雑感・授業風景など | Trackback | Comments(0)
2017年 04月 15日

熊本地震から1年。

熊本地震から1年。
この苦しい経験を通して、生きること
について、死ぬことについて、人と繋がることについて、自然と関わることについて、食べることについて、いろいろな思考を巡らさざるをえなかったし、その思考を通して得た知恵を仲間と共有することで、私たちは生き延びていくことができるという手ごたえをどうにか得られるかもしれない、そんな手探りを続けた1年でした。

いま聞きたいのは、理想を語る美しい言葉でもなければ、かといって希望のない歌でもなく、「いま」を生きる、生き生きとした生命そのものの奏(かなで)です。熊本からとらきつねに届くものたちは、燦燦とした生命力に満ちていて、それらがどれだけ私たちの精神を奮い立たせてきたことか。厳しい時に、大切なものを届けてくださった皆さん、それを大切に購入してくださった皆さんありがとうございました。

今日と明日の土日に、とらきつねで「熊本」から届いた大切な果実たちを千円以上購入してくださった皆さんは、とうじんポストカード1枚、もしくはUSED CD(オザケンもあるよ)1枚をご自由に持って帰っていただくというサービスを実施いたします。対象商品は以下のとおりです。

①かるべけいこ(南阿蘇村) 鉄火味噌・焼菓子各種
②Hayashi/母野思(合志市) くまベジ菓 各種
③坂本製油(益城町) 食用油(なたね油・椿油)各種
④橙書店(熊本市) アルテリ(熊本発の文芸誌)
OPENは本日土曜が13-20時、明日日曜が13-19時です。

d0116009_10030017.jpg
上の写真は、以前 南阿蘇の自然料理家かるべけいこさんのお宅(野中邸)でいただいたランチ。
これほどシンプルで、それなのにこんなに美味しいなんて!
美味しすぎて泣けるほど有り難い気持ちになったご飯になりました。



とらきつね on Facebook 随時更新中です。

唐人町寺子屋の新しいオフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。

by terakoyanet | 2017-04-15 10:08 | とらきつね | Trackback | Comments(0)
2017年 04月 14日

寺子屋ブログ10年

寺子屋ブログは2007年4月13日に開設しました。
2017年4月13日の昨日で、ちょうど10年が経過しました。

寺子屋ブログは、このページを見てたくさんの方が入塾してくださったという意味では本校の広告塔であり、そして、まだ出会っていない方々と当座の心を繋ぐ場であり、そして現在、寺子屋に通う子どもたちやご家族と考えを通わせるきっかけを作る場でもありました。

これまでのアクセス数は209万を超え、日々、多くの方に読んでいただいていることに感謝をしています。
今日は、これまでに書いた2000ほどの記事の中から、10だけ記事をセレクトしてご紹介します。


自閉症とは何か
 2007年6月29日
ブログを始めた年の6月に自閉症の子どもたちとの出会いについて書いたものです。
今年、この文章を大幅に改定して「障害のある子どもと親」というエッセイを書きました。
そのうちこちらでもご紹介できればと思っています。


縦の関係、横の関係 2008年10月7日
私は生徒たちとの「横の関係」を重んじていますが、「横の関係」を利用して「縦の関係」による実力行使を行うこともあります。本校の指導についての考え方の基礎になる話です。


坂口恭平「独立国家のつくりかた」を渾身の愛情でもって書評します。 2012年6月13日
この10年で私が最も面白かったと思っている本、坂口恭平さんの「独立国家のつくりかた」を発売まもない時期に熱く書評しています。こちらの著書、発売から5年経ちましたが、いまだにロングセラーを続けています。坂口さんは昨年の秋にとらきつねのイベントでお呼びし、当校の生徒たちとも触れ合う機会がありました。


松竹景虎君の作文 2014年6月6日
本ブログには、いじめに関する記事がたくさんありますが、長崎県新上五島町で2014年の1月に自殺で亡くなった松竹景虎くんの作文を扱ったこの記事は、未だに圧倒的にアクセスの多いものです。この記事の中で私はももクロを扱いましたが、この記事には後日談があり、実はももクロのメンバーがお忍びで松竹君の実家までご家族に会いに行ったそう(すごいですね!)で、ももクロファンの方が、ももクロと松竹くんを繋いだブログとして本記事をTwitterで拡散してくださったこともありました。私は指導者として決して子どもたちを「空気」で追い詰めないことを心に誓っています。


子どもの自立 -親の不安を子に伝播させないこと- 2014年9月18日
親の不安は子どもを揺さぶります。子どものことが心配、そう親が思っているときは、本当は自分自身が不安なだけなんです。この文章も、今年大幅に改訂した文章を書きました。こちらもいつかご紹介したいと思います。


単なるネタとしてではなく。 2015年2月2日
2015年2月1日に、後藤健二さんが殺害されて、日本中に衝撃と慟哭が広がりました。
そのときの中学生たちのメディアの情報を受け止める感度や、それに接する方法に対して異議を唱えた文章です。


バリで出会った人たち  2015年10月26日
バリ島で出会った快活なオランダ人夫婦ダーンとリサ、ヌーディストのオーストラリア人夫婦、ジェニファーとジャック、ゲイのカップルのヨンジュンとアントン。彼らとの交流を描いた物語です。


マラケシュの神学校、マドラサ・ベン・ユーセフ  2015年11月23日
モロッコの神学校のことを書いているうちに、中学時代のいじめについて、学問と祈りについて、思考が及んだ話です。


バニュワンギ郊外にあるミコさんのお宅を訪問  2016年1月19日
ジャワ島を訪問した時の専属ガイド、ミコさんのお宅を訪問したお話し。可愛い子どもたちとの交流、手作りの小学校。そしてミコさんによる西洋人とアジア人の「消費」をめぐる考察。


オバマ氏の広島演説  2016年5月28日
2016年5月にアメリカ大統領として初めてオバマ氏が広島を訪問しました。
その際のオバマ氏の演説を紹介、解説したものです。この文章は、アゴラ(言論プラットフォーム)に掲載されました。


寺子屋ブログ、これからもよろしくお願いします。

d0116009_13292960.jpg

とらきつね on Facebook 随時更新中です。
唐人町寺子屋の新しいオフィシャルホームページはこちらです。
入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。


by terakoyanet | 2017-04-14 12:36 | 雑感・授業風景など | Trackback | Comments(0)
2016年 11月 02日

ある男子高校生が見たヒラリーとトランプ

先生、でもヒラリーとトランプの対立って、古典的というか、どこにでもある図式だと思うんですよね。
トランプが支持を受けるの、僕は分かるんですよね。アメリカはオバマっていう超がつくほどリベラルな大統領に我慢してきた人たちがいるわけじゃないですか。リベラルって根っこで性善説的っていうか、世界への肯定感みたいのがあると思うんですよね。世界は存在しているだけで素晴らしいみたいな。あは、ちょっと違うかな~。でも、そうでない右寄りの人たちって、そういうのって腐臭でしかないんですよね。ぼけ、理想主義者がほざきやがってみたいな感じですかねー。すごいいかがわしいんですよ。相手はいつも正しい感じだからストレスたまるんですよね。だから死ねとかしか言えないんですよね。ツイッターのタグでヒラリーをもじってキラリー(Kill+Hillary=Killary)とかあるらしいですよ、ああタグつける人からすると、トランプが汚いやつだからこそ支持するんでしょうねー。いかがわしいよりリアルの方がいいじゃないですかー。黒人リベラルから女性リベラルに変わるとか、その人たちからしたら悪夢でしょうねー。

(日本で安部氏が人気なのも同じような構造?と尋ねると)

いやー日本はちょっと違うんじゃないですかー。日本ではトランプは総叩きで社会的に抹殺されるでしょうねー。
ビートたけしが本の中で、安倍さんや麻生さんは服装が上品だ、と書いていたそうなんですけど、安倍さんも麻生さんもおぼっちゃんで見た目上品なんですよねー。日本はアメリカより礼儀とか礼節とか重んじますよねー。そういう節度ある大人が、実はリベラルのさっき言った腐臭みたいなのを感じている人の受け皿になっているという意味では、日本の安倍さんや麻生さんのほうが上手ですよねー。

僕は別にトランプが好きとかじゃないんですけどー。ここは言っとかないとトランプ支持とか思われたらイヤなんですよねー。でも、リベラル側も、その腐臭の原因みたいなのを考えるような、相手は下品だとか、低収入で低学歴だとか、そういう分析とかだけじゃなくて、リベラル側の正義みたいなのを見直すような何かがないと、社会の精神の貧困が進むにつれて、トランプみたいのが今後ますます人気を集めるのってわかり切ってるじゃないかと思うんですよね~。


というような内容を彼はひととおり話し、私が、ほー、はー、すごいねー、とか言っている間に、にこっとしてエレベーターを降りて帰っていきました。若い彼らには、いろいろなことがバレているのだと震撼した時間でした。



とらきつね on Facebook 随時更新中です。


唐人町寺子屋の新しいオフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。

by terakoyanet | 2016-11-02 22:35 | 雑感・授業風景など | Trackback | Comments(0)
2016年 10月 18日

りまさんの写真

d0116009_13415379.jpg

(*写真はweb東奥さんより)

このはじける笑顔の10日後に亡くなった葛西りまさんの写真がご遺族の意思で公表されました。
りまさんのご家族が写真の公開に踏み切った経緯についてはこちらの記事に書かれています。

いじめで亡くなったりまさん。いじめは本当にむごいことなんだ、人の命を奪うほどのことなんだということを、中高生のみんな一人ひとりがかみしめてほしいと思います。

いじめを正当化する理由なんて、何一つないんです。
「○○だから、あの子が悪い」なんて理由をつけて、人をいじめたり無視したりするのは間違っているんです。

ひとり対複数になった時点で、複数側は卑怯です。
ひとりの子に対して、複数で悪口を言ったり、無視したり、絶対にしないで。

女の子たちが自分を守るために、自分たちで楽しむために、派閥(グループ)を作る気持ちはわかります。
一人ひとりはそんなに強くないし、グループを作ることで本当にいい友だちと出会えることだってあるよね。

でも、いつでも、派閥を作ることにはリスクがあること、それによって除け者(のけもの)にされて、傷つく人がいるという事実から、目を背けないで。私も周りの人も幸せになるように、考えて行動しましょう。

そして、この写真を見ても、何も感じない人に対して、その人たちを責めないで。
その人たちの固まってしまった心は、溶かすのに時間がかかるのです。
争う前に、その人たちが、いったい何を考えているのか、想像してみることからしか、何も前に進みません。

想像してその人たちの心が「わかる」わけではないかもしれません。
でも、想像してみる、寄り添おうとしてみる、そのことはとても大切です。


それにしても、りまさんの写真、本当に素敵ですね。



とらきつね on Facebook 随時更新中です。


唐人町寺子屋の新しいオフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。

by terakoyanet | 2016-10-18 13:59 | 雑感・授業風景など | Trackback | Comments(0)
2016年 10月 14日

フレフレくまもと!

熊本地震から半年が経ちました。

昨日も余震がありましたし、まだ倒壊したままの家屋も多く残されています。
そして、多くの被災した方たちが、その影響のために日々苦しい思いを抱きながらも、前に進むための勇気を振り絞っていらっしゃいます。


阿蘇草千里。忘れえない美しさ。(2014年11月)
d0116009_14342191.jpg


雨上がりの通潤橋。その轟に胸が躍る。(2014年8月)
d0116009_14374711.jpg


湯の鶴温泉。熊本県内には昔から大切に伝えられてきた小さな湯の町がたくさんある。(2013年6月)
d0116009_14452896.jpg


霊厳洞。熊本城以外にも、歴史散策が楽しいスポットも多数。(2016年6月)
d0116009_14483627.jpg


夏の立神峡。熊本には凄まじい絶景ポイントもある。(2010年8月)
d0116009_14532631.jpg


市房山の大杉。自然の力を感じられる場所もたくさん。(2010年8月)
d0116009_14561672.jpg


五木村の川辺川。熊本はとにかく水が美しいところが多い。(2014年7月)
d0116009_15374381.jpg


だから、ヤマメや鮎も美味しい。人吉の青井阿蘇神社。(2009年9月)
d0116009_152408.jpg


熊本市の白川。熊本市内の散策は本当に楽しい。福岡にはないディープなお店もたくさん。(2014年5月)
d0116009_9164387.jpg


天草・十三仏展望台。熊本は海も美しい。(2015年7月)
d0116009_1575354.jpg




南阿蘇。一年でも特に美しい季節を迎える熊本に、遊びに行こうと思います。(2015年10月)
d0116009_15115369.jpg



とらきつねでは、熊本産の良いものをたくさん取り揃えています。

かるべけいこさんの焼き菓子(南阿蘇村)
ココペリさんの焼き菓子(熊本市)
母野思さんの焼き菓子(合志市)
坂本製油さんのなたね油、しらしめ油、椿油(益城町)

などなど。
いつもすぐ品切れになってしまうかるべけいこさんのお菓子もまもなく入荷です。

買って応援!そんなことは何となく気が引けて言えませんが、それでも、熊本の美味しいものは、熊本と私たちの思いを繋ぐものだということを強く実感しています。

フレフレくまもと!
唐人町寺子屋、及びとらきつねは、これからも熊本を熱く応援します!






とらきつね on Facebook 随時更新中です。


唐人町寺子屋の新しいオフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。

by terakoyanet | 2016-10-14 15:24 | 雑感・授業風景など | Trackback | Comments(0)
2016年 10月 14日

ボブ・ディランの好きな曲10

教科書とかに載っている、「芭蕉は俳諧を芸術の域に高めた」という表現には、何の違和感も感じていなかったけれども、ボブ・ディランを「ロックを芸術の域に高めた」と評する昨日、今日のニュースには、ちょっとした違和感を感じています。となると、芭蕉だって「俳諧を芸術の域に高めた」って言い方はそもそもおかしいんじゃないか? そんなことを考える深夜です。

今日は、ボブ・ディランのノーベル賞受賞にあやかって、私が好きなボブ・ディランの曲(Bob Dylan & The Band の曲を含む)を少し紹介したいと思います。こんな機会はなかなかないので。とは言っても、あまりにいい曲がたくさんあるので、とりあえず、私がいま手元に音源を持っている百数十曲のうちから、再生回数が多い(2010~)10曲をおすすめの好きな曲としてご紹介します。(*Like a Rolling StoneなどHighway 61 Revisitedに入っている曲は若いころに聞きすぎて以下に入っていない。)


No.10 - Girl from the North Country (1962)



No.9 - The Night We Called It A Day (2015)



No.8 - Duquesne Whistle (2012)



No.7 - Tangled Up In Blue (1975)



No.6 - Don't Think Twice, It's All Right (1963)



No.5 - All Along the Watchtower (1965)



No.4 - Bessie Smith (1975)
*Youtubeに音源が見当たりません


No.3 - Blowin' In the Wind (1963)



No.2 - Soon After Midnight (2012)



No.1 - The Times They Are A-Changin' (1964)




こうやって見ていくと、80年代(We Are the Worldのころ)のディランって、いったい何をやっていたんだろう、、と疑問がわきます。彼は75歳になった現在も精力的に活動中で、今年出たアルバムFallen Angelsでも、素晴らしい演奏を聴くことができます。最後に、最高に素晴らしいボブ・ディランのカバーとして、Byrds - Mr Tambourine Man (1965)



もうひとつ、ボブ・ディランが敬愛する、ウッディ・ガスリー。
Woody Guthrie- This Land Is Your Land






ボブ・ディランというひとつの入口から、音楽の楽しみは無尽蔵に広がります。



とらきつね on Facebook 随時更新中です。


唐人町寺子屋の新しいオフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。

by terakoyanet | 2016-10-14 03:06 | 塾長おすすめの書籍・CD | Trackback | Comments(0)
2016年 08月 10日

お盆のスペシャル課題

寺子屋はお盆休みに入りました。

中学生の夏期講習受講生には膨大な宿題が出ています。
1日、2日では決して終わりませんから、早めに取り掛かり、早めに終わらせましょう。終わらせるための宿題に意味はありません。

さあ、中学生のみんなにお盆の特別課題です。
以下のリンクに、メジャー3000安打を達成したイチローのことを、ジータが綴った文章があります。


穏やかで愛情のあるとてもいい文章です。
こちらの文章を全訳して提出した生徒に最大100ポイントのボーナス点を進呈します。やってみようという生徒はぜひ8月20日までに自分なりの訳文を提出してください。少し長い文章ですが、難易度が適度で、とてもいい夏の課題になりますよ。




Watch Ichiro in the on-deck circle. The guy never stops moving.


Go ahead and look at some video of it. He’ll take a few warmup swings, then all of a sudden he’ll be crouching down, knees bent, rocking from side to side. He’ll stand up to take a couple more swings, and then he’ll be back down in a wide stance, doing this crazy thing where he rolls his shoulders back and forth. The whole routine is like one long dance move.

Ichiro is always stretching. Before games, after games, on off days, in the on-deck circle, when he’s on base. All the time. If you showed up early to the stadium on a game day, you’d always find Ichiro in the clubhouse, stretched out on the carpet in some kind of pose.

I remember Ichiro before I even met him. He was a rookie and the Mariners were visiting New York early in the 2001 season. I don’t recall how much buzz there was around him yet. All I’d heard was that he was a position player from Japan — which itself was a pretty rare thing at the time. In my career there were a handful of great players from Japan, but most were pitchers, not position players. And most weren’t 27-year-old rookies.

Ichiro hit a routine ground ball to short. I didn’t have to move more than a step to my right. But by the time I looked up, he was almost to first. He nearly beat out my throw. I remember thinking, Wow! Who is this guy? He can fly. I was really surprised.

The first time I actually met Ichi was that same season, at second base — Ichiro ended up at second base pretty often, as it turned out. The first few times we chatted, he was cordial but he didn’t say much. His English wasn’t there yet. About a year later, I remember him hitting a double and sliding into second.

I gave him a nod. As he dusted himself off, he caught me off guard by responding with a few words.

“What’s going on, my main man?”

Main man? All I could do was smile. Where was this guy learning this stuff?

As the years went on, I saw Ichiro at second base more and more. He had always been friendly, but as his English improved, our conversations got a little bit longer. Soon we were exchanging a full sentence or two in between pitches. He always made me smile with different phrases he was picking up from his teammates. He told me that he was learning quite a bit from Mike Cameron. Mike had taught him to say things like, “What’s up, my brother from another mother?” I could tell Ichi was fitting in well in a new country, on a new team. Seattle was a really welcoming place for him, and I think those Mariners teams were really good in part because of their chemistry.

I’m not surprised Ichiro’s English got so good so fast. His approach to learning the language was the same as his approach to the game of baseball: Work and then more work.

Right now people are paying a lot of attention to Ichiro approaching his 3,000th hit. He will be joining one of the most exclusive clubs in baseball. It’s an incredible accomplishment. When you add in his 1,278 hits from Japan, where he played until he was 26, his career will be counted as one of the best of this or any other generation.

But for a moment, let’s look beyond the 3,000-hits milestone. Most people don’t focus on how great of an all-around player Ichi is. He has all the tools.

His baserunning — his sheer quickness — was like nobody else’s in baseball. This is a guy who has used speed as his main weapon for 25 seasons as a pro.

Ichi’s arm is unbelievable. His hitting is obviously great, but at times his defense has gone underrated. You know what I mean if you’ve seen him throw someone out from rightfield. Maybe it was all that stretching.

At the plate, his hand-eye coordination and his ability to swing the bat are as pure as they come. I’ve heard some people refer to him as a contact hitter — and that’s true in a sense. As a hitter your job is to get on base, and Ichi got on base more than almost anyone. But I think just calling him a contact hitter takes away from what makes him so special. Most of us have only seen him hit singles and doubles. But he had an ability to show some power that wasn’t always apparent.

Ichiro had showed up to Yankee Stadium to work out, only to find that they were setting up for a concert that night. So he went to Central Park to play catch.

During the All-Star Game in Seattle in 2001, I was standing around with some Mariners players when they started talking about how Ichiro should enter the Home Run Derby. I thought they were joking.

“He’d win if he entered,” somebody said.

Shortly after, I found out what the guy meant. Everyone watched as Ichi put on his own personal home run clinic.

Most of all, I’ve admired Ichiro because he’s a model of consistency. In my mind, the most underrated characteristic for anyone is consistency. It’s something that gets overlooked until it’s gone. I think baseball was always more than just a game to him. This was what he was born to do. And most impressive of all, the guy’s 42 years old and I can’t remember him ever being on the disabled list. He has taken great care of himself. He seems to approach baseball like a craft that can never be perfected. I don’t think he has a concept of “time off” from the game. It’s his life’s work. That starts with working hard all the time, even when no one’s looking.

During the 2013 All-Star break, I remember hearing that Ichiro had showed up to Yankee Stadium to work out, only to find that they were setting up for a concert that night. So he went to Central Park to play catch.

Fast-forward to October 2014, a few days after I retired. I had gone back to Yankee Stadium to clean out my locker. Some of the staff was there but the stadium was quiet. We hadn’t made the playoffs. Most guys like to take a little vacation right away and then relax until December or January.

As I was cleaning out my locker, I saw Ichiro walking to the cage to hit. I remember thinking, I hope he at least took a couple of days off.

By that time, Ichiro was pretty much fluent in English. He still traveled with an interpreter, but he didn’t need one most of the time. That meant we got a lot more opportunities to talk.

I’ll never forget one moment in particular. It was Game 1 of the ALCS in 2012, the game I broke my ankle. I went for a ground ball in the 12th inning — and I heard my ankle pop.

I came out of the game and went back to the clubhouse for X-rays and ice. The Tigers scored two in the 12th and we lost 6–4. Shortly after the game ended, I moved to a smaller room off the side of the clubhouse to change clothes and gather my thoughts. Ichi and his interpreter came in and sat down next to me. Ichi asked me about my ankle.

“It’s broken. I’m finished.”

He nodded, but didn’t say anything. I was finished icing my ankle and kind of taking my time. There was no rush to go anywhere. We had just lost and I knew I wouldn’t be able play until the next season. Soon the clubhouse was almost empty. Ichi, his interpreter and I were sitting in the small changing room. Ichi hadn’t even taken off his entire uniform yet.

Finally, I got my things together and stood up with my crutches to leave. It was only then that I realized Ichiro had been waiting for me. When I got up, he got up and watched me leave.

I don’t know if it was a sign of respect. Maybe he was just taking a long time that night. You’d have to ask him. But I like to think I know what he was trying to tell me. After all those short conversations at second base over the years, and the time we spent as teammates, the moment of silence between us that night still sticks out to me more than anything. When I think about who Ichiro is as an athlete and as a person, that’s what I remember.

My hat’s off to Ichiro. He’s a guy who comes around once in a lifetime. No one’s ever seen anybody like him. And to be quite honest, we probably won’t see anybody like him again.

Part of me wants to tell him, “I hope you get to enjoy some time off soon,” but I know he wouldn’t like to hear that. I’m not sure he knows what time off looks like.

Derek Jeter




とらきつね on Facebook 随時更新中です。


唐人町寺子屋の新しいオフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。

by terakoyanet | 2016-08-10 20:52 | 雑感・授業風景など | Trackback | Comments(0)