寺子屋ブログ by 唐人町寺子屋

terakoyant.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:橋 ( 21 ) タグの人気記事


2016年 06月 21日

豊後大野の出會橋、轟橋

大分県豊後大野市清川町にある出會橋と轟橋。
石橋としてはアーチ径が全国1位と2位の大きさ。その偉観に驚かされます。
奥嶽川の水流も美しく、避暑におすすめの場所です。

d0116009_131139.jpg
d0116009_13161628.jpg


九州の豪雨被害がこれ以上広がらないことを心より祈っています。

今回の震災で、全国に名高い熊本の石橋は大丈夫だったのだろうかと案じていたら、まとめのページがありました。このような活動をなさっている方々にありがとうの気持ちを携えて、これからも石橋を見に行きたいと思います。



とらきつね on Facebook 随時更新中です。


唐人町寺子屋の新しいオフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。

by terakoyanet | 2016-06-21 13:17 | 好きな場所 | Trackback | Comments(0)
2014年 11月 17日

秋月の目鏡橋

本校の保護者様には朝倉方面の出身の方が複数いらっしゃり、先日もお電話中に秋月の話になりました。
秋月と言えば、私にとっては高校時代に毎年遠足で行っていた場所。
その奥のだんごあんには家族や地元の友達と何度も遊びにいったところです。

しかし、地元のことほどよく見ていない、よくわからないということは往々にしてあることなのか、ひさしぶりに郷里の近くをふらふらしてみると思いがけない発見があります。そしてかつての自分は何も見ていなかったのだなと、ちょっと眩暈がするような戸惑いさえ感じることもあります。

d0116009_1035763.jpg
d0116009_10364524.jpg



先日(といっても随分たちましたが)秋月を訪れたときにも、目鏡橋をみて、こちらの橋は「めがね」と言っても一眼(単アーチ)だったのねといまさら気づき、かつて地元の友達と長崎の眼鏡橋(2連アーチ)を訪れたときに、間違って手前の一眼(単アーチ)の名もなき橋を眼鏡橋と誤認して、みんなで楽しく記念撮影しかけたことを思い出しました。お前のせいで長崎で間違えたんだよと頭でつぶやきながら、そのあとも思いがけない発見の連続に胸を躍らせ歩いたのでした。


唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。

by terakoyanet | 2014-11-17 10:45 | 好きな場所 | Trackback | Comments(0)
2014年 11月 04日

紅葉の黒部渓谷

先週訪れた黒部渓谷は、紅葉まっさかりの直前という趣き。
快晴に恵まれたこともあり、素晴らしい展望を楽しむことができました。

黒部渓谷鉄道のトロッコに揺られ、河原に温泉の湧く鐘釣まで行きました。
紅葉はもちろんのこと、ドイツの古城を模したような発電所や青い水を湛えるダム、石造りの水道橋などの興味深い人工物も意外な見どころでした。

黒部渓谷鉄道は、台湾の有名な山岳鉄道「阿里山森林鉄路」と姉妹提携を結んでいるそうです。
そのためかはわかりませんが、台湾から来たと思われる方が多数乗車していたことが印象的でした。

d0116009_915697.jpg
d0116009_923798.jpg
d0116009_932585.jpg
d0116009_955785.jpg
d0116009_96392.jpg
d0116009_971389.jpg
d0116009_975047.jpg
d0116009_98201.jpg
d0116009_985568.jpg



鉄道を降りた後、紅葉する山々を見上げながら宇奈月温泉を散策して帰路に就きました。
d0116009_992371.jpg



唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。

by terakoyanet | 2014-11-04 09:19 | 好きな場所 | Trackback | Comments(0)
2014年 10月 27日

天草の祇園橋

天草市の中心地本渡の近くにある船之尾町には、江戸時代の1832年に造られた石橋、祇園橋がいまも残っています。

d0116009_17264082.jpg
祇園橋 国指定重要文化財


d0116009_17265246.jpg

d0116009_1727181.jpg
d0116009_17273898.jpg


石柱を組み合わせた床板と、たくさんの橋脚がこの橋を非常に個性的なものにしています。
パーツは直線でできているものの、全体を見るとアーチを描いており、素朴ながらその造りは実に見事なものでした。

この場所は、島原・天草一揆で多くの血が流された場所として古くから知られ、この橋も「切支丹殉教戦二百年祭」までの完成を目指して1832年に造られたものと伝えられています。


唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。

by terakoyanet | 2014-10-27 17:40 | 好きな場所 | Trackback | Comments(0)
2014年 10月 01日

石橋と実用の美 -通潤橋と霊台橋-

小林秀雄は応仁の乱あたりの時代の刀の鐔(つば)の装飾について、「装飾は、実用と手を握っている」と表現した。(2013年センター国語出題) 装飾は、それ自体が目的化されたとき、その美しさにはどこか余所余所しさが漂う。本当に美しい装飾というのは、その美しさ自体が、その素材の確かさ、実用性の高さを保証している。小林はそういった、実用という培地から、美しさが自ずと土の中から芽を出し花を咲かせる現場を見ることを好んだ。


現在の私たちが、過去の民衆たちが建てた建造物、彼らの生活を助けた日用品や、そこに施されている繊細な工作や装飾を見たときに感慨を受けるのは、そこに宿る美しさが、過去の民衆たちの生活の頼もしさそれ自体の証となっているからである。それを見たとき、すごいことやってやがると、思わず懐が熱くなるのを感じざるをえないのだ。



私が肥後の(特に緑川流域に点在する)石橋群に魅了されるのは、まさにこの頼もしさを求めるがためである。

d0116009_710770.jpg
通潤橋 熊本県上益城郡山都町 国の重要文化財



d0116009_713717.jpg


橋から少し離れて棚田と合わせて俯瞰すると、谷をまたいで造られたこの水道橋の地形的必然が見えてくる。
d0116009_7143893.jpg
通潤用水と白糸台地の棚田景観  国の重要文化的景観




d0116009_7201772.jpg
霊台橋 熊本県下益城郡美里町 国の重要文化財


d0116009_7262744.jpg
美しさ自体がその精巧さをものがたる好例





唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。

by terakoyanet | 2014-10-01 07:29 | 雑感・授業風景など | Trackback | Comments(0)
2014年 07月 22日

五家荘、樅木の吊り橋

五家荘の樅木の吊り橋に行きました。
ここに行ったのは人生で2度目ですが、今回は一際いいところだなという実感が深まりました。

吊り橋そろそろかなと思っていると、眼下の山中に二重の吊り橋が見えます。
とんでもない場所に吊られている橋の姿を見て、血の気が引くような恐怖が。。
d0116009_238138.jpg


こちらの吊り橋。安定感のある九重夢大吊り橋なんかしか渡ったことのない方は恐怖でしょう。
眼下は深い渓谷。一歩踏みしめるたびに橋がゆれる。おのずと足が竦みます。

d0116009_23163494.jpg


しかしせっかく山深い五家荘まで来たのです。

吊り橋の恐怖だけを楽しむのはあまりにもったいない。
深い山の緑(秋は紅葉)、どこまでも透明な渓流の青を見て、真夏でも清涼な風を感じてはじめて、この場所に来た喜びを身体の底から感じることができるのです。


d0116009_23193635.jpg
上段の吊り橋から下段の吊り橋を見おろす




唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。

by terakoyanet | 2014-07-22 23:22 | 好きな場所 | Trackback | Comments(0)
2014年 02月 08日

水郷古鎮 朱家角の朝

昨夜は授業後に、卒業生で大阪(まもなく東京進出)の新進バンドメンバーAくんとアトリエてらたへ。
音楽談義に激しく花が咲き、深夜3時過ぎまで飲みました。

彼に許可をもらってそのうち紹介しますが、めちゃくちゃいい音を鳴らすバンドです。
そして彼(Aくん)がつくった曲が素晴らしくて驚きました。きっと彼はいい音楽家になります。

6時過ぎに起きた今朝。現在KBCシネマ(福岡市)をはじめ全国で上映中の「ある精肉店のはなし」が素晴らしかったので、その映画のことを書いていたのですが、間違って消してしまったので同じものを書く気になれず、中国水郷古鎮"朱家角"の朝の風景を載せることにします。

d0116009_8322154.jpg

d0116009_8315821.jpg
d0116009_8332992.jpg

d0116009_834412.jpg
d0116009_8343876.jpg
d0116009_8353733.jpg
d0116009_8371920.jpg
d0116009_837447.jpg
d0116009_83817.jpg
d0116009_8382028.jpg
d0116009_8383612.jpg



朱家角は巨大都市上海からの中心から西に車で1時間ほど(バスだと2時間ほど)の場所にあります。
都心からのアクセスが良いため、水郷古鎮のブームが熱くなりすぎたいまでは、昼間に行くと人だかりでゆっくり楽しめません。

宋代に水路沿いに大きな市場が開かれ紡績業がさかんだった歴史あるこの町は、たくさんの観光客が訪れるようになったいまではお土産屋さんばかりが並ぶ町に変貌を遂げました。

訪問するのにおすすめの時間帯は早朝。
柔らかい朝日を浴びて小さな声で談笑する人たち、アクロバットな運動をするおばあちゃん、水路で洗濯をする女性たち。

昼の喧騒が嘘のような静かさで、白昼夢の中に紛れ込んだかと目の前の世界の現実感に不安を覚えるほど。今ではもう失われたかと思われた昔の風情が、早朝の町にはそのままの姿で残っていました。

水路の町から上海外灘のホテルに戻ったのは9時半。
朱家角は今日も盛大なお祭りのような賑わいを見せるのでしょう。



唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。

by terakoyanet | 2014-02-08 09:19 | 好きな場所 | Trackback | Comments(0)
2012年 12月 02日

イギリスの小さな町、ブラッドフォード=オン=エイヴォン

コッツウォールズの玄関口にしてヨーロッパ中のツアリストが集う世界遺産の町バース(Bath [Spa])のお隣ブラッドフォード=オン=エイヴォン(Bradford-on-Avon)は、静かでとても可愛らしい町です。
d0116009_9482330.jpg

町の入口 ブラッドフォード=オン=エイヴォン駅。
幹線上にある駅だからアクセスは抜群。ロンドンからの日帰りも可能です。



d0116009_9501810.jpg
d0116009_9504876.jpg

エイヴォン川には立派な石橋(Town Bridge)が架かっていて
d0116009_9523971.jpg

その橋のたもとには、一目見ただけで魅了されてしまうすてきなティールームが。
その名も"The Bridge"。

店内の写真は撮っていませんが、紅茶が美味しく、白いフリルエプロンと黒いワンピースを着た若いメイドさんたちがせわしく働く、愛すべき伝統的な英国ティールームでした。


d0116009_9573525.jpg


町中にはいくつかの美しい教会があります。
d0116009_9581255.jpg
d0116009_10071.jpg
d0116009_100548.jpg
d0116009_1042894.jpg
d0116009_1045339.jpg
d0116009_1052918.jpg
d0116009_106230.jpg

エイヴォン川沿いは静かな散策路で、水辺で毛繕いをする白鳥、美しいガーデン、不意に顔を出すリスたち・・・など、イギリスの田舎の美しさを堪能できます。

喧騒から離れて、静かな時間を過ごしたい方にぜひおすすめしたい町です。





唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

by terakoyanet | 2012-12-02 07:09 | 雑感・授業風景など | Trackback | Comments(0)
2011年 07月 03日

ハイデルベルクのカール・テオドール橋

ハイデルベルク城のテラスから見えていた、赤い美しい石橋カール・テオドール橋。
ハイデルベルクの象徴であるこの橋は、カール・テオドール候の命によって1786~88年にかけて造営されました。正式名称はアルテ・ブリュッケ。
d0116009_3201899.jpg


d0116009_324290.jpg
橋塔(ブリュッケン・トーア)
かつては橋の両端に立つこの白塔の中に見張り番がいたそうです。


d0116009_328129.jpg
日が落ちるとともに橋に明かりが灯り、古都情緒が極まります。



唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

本館7F terakoya shop blog をぜひご覧ください。

by terakoyanet | 2011-07-03 03:30 | 好きな場所 | Trackback | Comments(0)
2011年 05月 13日

白壁と暖簾の町、勝山

GWに白壁と暖簾の町並みで知られる岡山県北部の城下町、勝山を訪れました。

勝山は、三浦藩2万3千石の城下町、交通(出雲街道)の要衝として発展した町です。
1985年に岡山県最初の町並み保存地区に指定され、その伝統的な町の景観が大切に保存されてきました。

d0116009_3182453.jpg
勝山を流れるのは旭川。河原にはまだ菜の花が咲き誇っていました。


私が勝山を散策し始めたのは早朝7時ごろ。
旭川に架かる中橋(歩行者専用)を渡ります。朝の光がまぶしく感じます。
d0116009_3215438.jpg


橋を渡ったところにある土手に、高瀬舟の発着所跡がありました。
d0116009_3272180.jpg
d0116009_3281475.jpg
岡山県の旭川や高梁川は、高瀬舟の起源(室町時代)となった河川として知られています。

白壁の町並みに入っていきます。
d0116009_3322572.jpg
d0116009_3323716.jpg

d0116009_3343455.jpg


勝山の風情ある町並みは、寅さん映画の最終作のロケ地に選ばれました。
d0116009_3345082.jpg


勝山と言えば、暖簾です。
d0116009_338446.jpgd0116009_3393819.jpgd0116009_3395852.jpgd0116009_3401315.jpgd0116009_3402479.jpg
d0116009_3403725.jpgd0116009_3405085.jpgd0116009_341596.jpgd0116009_3412234.jpgd0116009_3413366.jpg
d0116009_4302248.jpgd0116009_3414511.jpgd0116009_3415815.jpgd0116009_342121.jpgd0116009_3422659.jpg
d0116009_3424046.jpgd0116009_3425477.jpgd0116009_343778.jpgd0116009_3432299.jpgd0116009_3433788.jpg
d0116009_3435448.jpgd0116009_344964.jpgd0116009_3442437.jpgd0116009_344377.jpgd0116009_3445169.jpg
温かみのあるいろんな柄の暖簾が各商屋の玄関口を飾ります。手芸屋さんも自転車屋さんも酒屋も郵便もみんな暖簾でお出迎えです。草木染めの自然な色合いが美しいです。


そしてこの坂を登ると
d0116009_3325391.jpg

寺社通りになります。通りには安養寺、妙円寺、玉雲宮、化生寺、高田神社があります。
d0116009_3541779.jpg
d0116009_3543618.jpg
d0116009_3545337.jpg
d0116009_355961.jpg
d0116009_3552398.jpg

朝の寺社は実に静かで清々しいです。境内を履いている地元の方と穏やかに挨拶を交わしました。


d0116009_453444.jpg
お昼が近づき、暖かくなってきました。人力車の姿もちらほら見えます。

かわいらしい教会がありました。
d0116009_46045.jpg

d0116009_4101579.jpg
d0116009_4103075.jpg


お昼すぎてお腹がすいたので、カフェに行きました。
町並み地区から寺社通りに向かう階段の上にある、その名も「cafeうえのだん」。
d0116009_4105054.jpg
d0116009_41179.jpg

こちらが大正解でした。
落ち着きのある店内の雰囲気。
雑穀米を使ったヘルシーなカレーを食べたあと、抹茶のパフェを食べましたが、これが美味。
生クリームもアイスクリームも全く甘ったるくなく、気持ちが洗われるようなさわやかな味のパフェでした。こんな店に入ることができてラッキーだと思いました。


さまざまなデザインの暖簾を見ながら、落ち着いた町並みを歩くのは、楽しい時間でした。
勝山の近くには、中国地方一の規模を誇る神庭滝(車で10分)や湯原温泉郷(車で25分)などの見どころも多くあります。

昨年も岡山県には2度訪れましたが、まだまだ県内にはたくさんの興味深い場所がありそうです。再訪を楽しみにしたいと思います。


唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

本館7F terakoya shop blog をぜひご覧ください。

by terakoyanet | 2011-05-13 03:49 | 好きな場所 | Trackback | Comments(0)