寺子屋ブログ by 唐人町寺子屋

terakoyant.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:紅葉 ( 18 ) タグの人気記事


2017年 11月 03日

黄金色の坊ガツルへ

春は花、夏は海、秋は山、冬は雪。
私にとって秋は山の季節。
今日から三連休ということでお出かけの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

私たちは連休ほど忙しくなる仕事をしていますからお休みは関係ないのですが、秋のいちばんいい季節のこの連休にちなんで、坊ガツルの写真をご紹介したいと思います。

坊ガツルは長者原のくじゅう登山口から2時間ほど歩いて到着します。終点に法華院温泉があるという粋な演出も。
私は秋になると半日時間ができれば山に登りますので、数日前、晴天の絶好の山日和にくじゅうの坊ガツルを歩いてきました。


d0116009_02150649.jpg
湯布院行きの高速バスが外国人客で満席ということで、別府経由で向かうことに。
いつもより少々時間がかかりましたが、バスの中から由布岳の雄姿を見たとたん、今日は山の神様が味方していると心強くなりました。

この時期は長者原の登山口に着いた時点ですでにわーっとなります。
d0116009_02234770.jpg
d0116009_02270146.jpg
d0116009_02274247.jpg
d0116009_02283340.jpg
もうこんなに秋が深まっていたなんて。


d0116009_02303566.jpg
1時間20分くらい歩いて雨ヶ池に着きました。ほんとうに気持ちのよい場所。
d0116009_02310560.jpg
雨ヶ池を過ぎてしばらく歩くといよいよ坊ガツルがちらちらと見え始めます。
d0116009_02360349.jpg

d0116009_02372559.jpg
着きました。
d0116009_02375462.jpg
このひたすらに広がる黄金色を見に来たんです。
d0116009_02384438.jpg

d0116009_02400693.jpg
d0116009_02405782.jpg
d0116009_02415391.jpg
d0116009_02423090.jpg
坊ガツルは3年連続4回目。
時間があるときは、さらに大船山や三俣山に登ることもあるのですが、今回は坊ガツルのみ。
坊ガツルは、登ったり下ったりが少ないのに九重の山々の景色が堪能できる最高のトレッキングコースです。
山はいつも一人で行くのですが、今回は珍しく妻がいっしょに来てくれました。

秋の山を堪能しました。皆さんも秋のくじゅうをお出かけの候補にぜひ。





by terakoyanet | 2017-11-03 02:46 | 好きな場所 | Trackback | Comments(0)
2015年 12月 02日

晩秋の国東半島 川中不動にて sanpo

d0116009_10143921.jpg
d0116009_10164528.jpg
d0116009_10173217.jpg
d0116009_101863.jpg


天念寺の前の長岩屋川の大岩には、高さ約3mの不動明王と2童子が彫られており、川中不動と呼ばれています。室町時代に水害防除の願いをこめて彫られたとのこと。

この辺り、背後には、天念寺耶馬と呼ばれる奇岩秀峰が連なっており、素晴らしい景観と風情と楽しむことができます。冬がはじまるこの時期、どこか浮世離れした国東に、また足を運びたくなります。

d0116009_10313687.jpg



とらきつね on Facebook 随時更新中です。


唐人町寺子屋の新しいオフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。

by terakoyanet | 2015-12-02 10:32 | 好きな場所 | Trackback | Comments(0)
2014年 12月 10日

晩秋の国宝富貴寺

大分県国東半島の富貴寺は、平等院鳳凰堂、中尊寺金色堂と並ぶ日本三大阿弥陀堂として知られる国宝の富貴寺本堂を持つことで知られます。

先日、国東半島芸術祭に出かけたときに立ち寄りました。
私自身3回目の訪問ですが、富貴寺が最も美しい季節と言われる11月下旬に来ることができたのは幸いでした。

d0116009_4235596.jpg

d0116009_4241798.jpg

d0116009_4243593.jpg


枯淡な風情に色を添える黄と紅の葉。
風が吹きつけるたびにひらひらと宙を舞い、地面に落ちていきます。


壁画で知られる本堂の中も素晴らしいので、ぜひ開いている日に訪問することをお勧めします。


唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。

by terakoyanet | 2014-12-10 04:34 | 好きな場所 | Trackback | Comments(0)
2014年 11月 28日

国東半島芸術祭―明後日まで―

今年の10月4日から大分県の国東半島にて「国東半島芸術祭」が行われていましたが、その期間もいよいよ明後日11月30日までとなりました。
d0116009_1323591.jpg


会期中は6つのプロジェクト+1つの展示があり、パフォーマンスプロジェクトが行われる日もある中で、わたしは無理やり仕事の合間を縫って出かけたため、わずか2つのプロジェクトしか訪れることができませんでした。


大学時代、国東半島に初めて出かけたときの第一印象は「さびしい場所」。
国東半島では、阿蘇や九重のような、人に微笑みかけるような親和的な自然を見ることができません。

何の規則性もなくただ無雑作に山を覆う雑木林、延々と続く似たような田園風景。
そして盛夏の中で、国東半島の植物たちは、ただその暑さを身を縮めてやり過ごしているように見えました。

国東半島は瀬戸内に面しているために、山がちな地形のわりに雨量が少なく、九州山地の凄絶な生命力を持った森林を見慣れた人間からすると、生える植物、殊に森林たちが貧弱に見えるのです。

だから、そのような森林たちの間を縫って辿り着いた石仏たちも、ことさら繊細でか弱いものに見えました。
(その繊細さに惹かれ、その後2・3度足を運びましたが。)


日本全国の半島、殊に鉄道の便が悪い半島には、近代化後の開発を逃れた手つかずの自然や文化の足跡が残されています。国東半島はその好例で、神仏習合の神社や寺(跡地を含む)に向かう参詣道の石畳、それに寄り添うように佇む無数の石碑、石仏は江戸時代とそれ以前の姿をそのまま私たちに伝えます。

そのような手つかずの場所に、今回の芸術祭では一時的にではあれ、(見る人によっては)得体のしれない赤い人形(千燈プロジェクト・後述)などが持ち込まれたため、一部の方などは眉を顰める場面もあったそうです。

しかし、今回の芸術祭の素晴らしさは、そのプロジェクト自体が国東半島が本来持つ風景の美しさ、文化の深遠さに触れる機会を見る人に与えてくれたことにあります。

私自身、ペトロ・カスイ岐部というかつての殉教者に思いを馳せながら辿り着いた岐部プロジェクトでは、木製の教会に立って、そこから見える思いがけない海と姫島の美しさに感銘を受けました。そして千燈プロジェクトでは、国東半島の六郷満山の原型が残る千燈寺付近の雰囲気の中に、凝縮された時間の厚みを感じ、そして赤い人形に釣られて岩場を登った先にあった五辻不動尊からは、瀬戸内・中国を遠望する圧倒的な景観を見ることができました。まさにアートプロジェクトが、国東半島がもともと持つ魅力に私を引き合わせてくれたのだということを感じました。その意味ではこのプロジェクトは成功と言えるのではないでしょうか。

そんな芸術祭も明後日まで。あと2回は訪れたかった。
でも、今回の導きにより、国東半島に行く楽しみが大きく増しました。
半島内に訪れたい場所がまだまだいくつもあります。

以下はプロジェクトで訪れた場所の写真です。



◇岐部プロジェクト

d0116009_13273173.jpg

d0116009_13282537.jpg

d0116009_13293976.jpg
d0116009_1332182.jpg
d0116009_13305842.jpg
d0116009_13324474.jpg
d0116009_13332653.jpg

この芸術祭に国東半島の写真集も出している石川直樹さんという若い知性が参加しているのは幸運なことだと思います。彼の写真はとても素晴らしく、国東半島に濃密な時間が流れていることを改めて思い知りました。(※写真撮影は許可をいただいています。)


◇千燈プロジェクト
d0116009_13393563.jpg
d0116009_13432993.jpg
d0116009_13403243.jpg
d0116009_13423344.jpg
d0116009_1344590.jpg
d0116009_1345395.jpg
d0116009_1345371.jpg
d0116009_13462148.jpg
d0116009_1347399.jpg
d0116009_13482776.jpg
d0116009_13494380.jpg
d0116009_13541432.jpg



唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。

by terakoyanet | 2014-11-28 12:56 | 好きな場所 | Trackback | Comments(0)
2014年 11月 12日

秋の宝満山登山

先週の水曜日、朝から知人2人(Kさんと本校のN先生)と宝満山に登りました。
私自身、風邪をひいていて体調不良の不安の中での登山でしたが、同じく体調不安&体力不安の同行者2人を見て「この2人が大丈夫なら自分も大丈夫か」というような身勝手な安心感と、当日の絶好の晴天によるハイテンションに助けられ、思ったほどの苦を感じることなく、登頂しました。

頂上で見たのは福岡平野と筑後平野のきらめきと、紅葉で色づき始めた山々。
福岡市内の全域、博多湾、及び福岡空港が一望でき、かなり遠くも見渡せました。

北は三郡山地の山々、西は若杉山、立花山、海ノ中道、志賀島、玄海島、糸島半島、金山、脊振山、南は筑後川、耳納山地、遠くには多良岳、雲仙普賢岳、東を見ると古処山、英彦山、さらに奥には九重連山。

以前から登りたかったのに、身近すぎて登っていなかった宝満山ですが、登ってみて素晴らしい山だと実感しました。頂上の眺めが抜群なのはもちろん、無心になって登るのにちょうどよい塩梅の山道の具合がとてもよ気に入りました。また、半日だけでも時間を空けて一人でも登りたいなと思いました。

今回はKさんのナビで竈門神社から。別ルートや三郡山方面への縦走もそのうちにと思っています。


d0116009_9185672.jpg

このコースは階段上の道が多いです。
d0116009_9194179.jpg
d0116009_9195534.jpg

いろいろな史跡があるのも楽しい。
d0116009_9205995.jpg
d0116009_9215412.jpg

d0116009_9213014.jpg

d0116009_9221462.jpg


登るにつれ、太陽が高くなり、紅葉した樹木をまばゆく照らします。
d0116009_9222443.jpg


かなりゆっくり登って、2時間あまりで山頂到着。めちゃくちゃ気持ちがいいです。
d0116009_923319.jpg
d0116009_9231935.jpg


上宮前の階段を登ろうとしたら、右手奥に雲仙普賢岳がぽっこり見えました。
d0116009_9233254.jpg
d0116009_9235667.jpg


奥に九重連山。
d0116009_924727.jpg


筑後平野と耳納連山。
d0116009_9241758.jpg


空港・東区方面。
d0116009_9243738.jpg


中央区・早良区・西区(糸島)方面。
d0116009_9404176.jpg


d0116009_9262495.jpg
d0116009_9271018.jpg



下山します。
d0116009_9274712.jpg
d0116009_9283123.jpg
d0116009_9301485.jpg


無事、竈戸神社に戻ってきました。青い空に感謝。
d0116009_9295945.jpg




下山後は梅々枝餅を食べて二日市温泉(博多湯)へ。
最高にすがすがしい秋の半日旅でした。




唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。

by terakoyanet | 2014-11-12 09:46 | 好きな場所 | Trackback | Comments(0)
2014年 11月 04日

紅葉の黒部渓谷

先週訪れた黒部渓谷は、紅葉まっさかりの直前という趣き。
快晴に恵まれたこともあり、素晴らしい展望を楽しむことができました。

黒部渓谷鉄道のトロッコに揺られ、河原に温泉の湧く鐘釣まで行きました。
紅葉はもちろんのこと、ドイツの古城を模したような発電所や青い水を湛えるダム、石造りの水道橋などの興味深い人工物も意外な見どころでした。

黒部渓谷鉄道は、台湾の有名な山岳鉄道「阿里山森林鉄路」と姉妹提携を結んでいるそうです。
そのためかはわかりませんが、台湾から来たと思われる方が多数乗車していたことが印象的でした。

d0116009_915697.jpg
d0116009_923798.jpg
d0116009_932585.jpg
d0116009_955785.jpg
d0116009_96392.jpg
d0116009_971389.jpg
d0116009_975047.jpg
d0116009_98201.jpg
d0116009_985568.jpg



鉄道を降りた後、紅葉する山々を見上げながら宇奈月温泉を散策して帰路に就きました。
d0116009_992371.jpg



唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。

by terakoyanet | 2014-11-04 09:19 | 好きな場所 | Trackback | Comments(0)
2013年 11月 22日

駒場東大も秋。

東京大学の駒場キャンパスも秋の色に染まっていました。
d0116009_9114899.jpg


唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

by terakoyanet | 2013-11-22 09:13 | 好きな場所 | Trackback | Comments(0)
2013年 11月 22日

東京 代々木公園の紅葉

昨日(2013年11月21日)、私用で東京の松濤周辺に行ったのですが、その際に代々木公園まで歩きました。
園内は紅葉真っ盛りでした。

d0116009_7325759.jpg
d0116009_7334226.jpg
d0116009_736985.jpg
d0116009_73967.jpg
d0116009_7565848.jpg
d0116009_7401449.jpg
d0116009_741412.jpg


生まれも育ちも福岡の人間の私にとって、晩秋から冬にかけての東京の気候はなんともうらやましいものです。
日本海側に面しているために曇りがちな日が多い福岡に対し、北西の季節風が乾いた風をもたらす関東平野の冬の晴れ渡り方の清々しさといったら。




唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

by terakoyanet | 2013-11-22 07:50 | 好きな場所 | Trackback | Comments(0)
2012年 11月 24日

秋の太宰府

先日、短い時間ですが、九州国立博物館で行われている特別展を見るために、太宰府に行きました。
ちょうど太宰府は紅葉真っ盛りで美しい色を堪能してきました。

d0116009_9565813.jpg
はじめに向かったのは太宰府天満宮に向かう参道沿いにあるかさの家。いつも梅ヶ枝餅を買う行列ができているので、場所はすぐわかります。

せっかくかさの家に来たなら、お店のなかでくつろぐことをオススメします。
d0116009_102311.jpg
店内は民芸風の落ち着いた空間。
d0116009_1044961.jpg
焼き立ての梅々枝餅と抹茶をいただきました。



太宰府の紅葉の名所といえば光明禅寺。
d0116009_1065039.jpg
d0116009_1091971.jpg
d0116009_10113066.jpg
d0116009_10124636.jpg


そして太宰府天満宮の裏手にはもうひとつ、穴場の紅葉スポットが。
d0116009_10142745.jpg
d0116009_10152935.jpg
天満宮本殿の正面右手の出口(入口)を抜けると、たくさんの茶屋が並んだ区画に入ります。ここに抜けた時点で人が急に少なくなります。そしてそのまま2・3分直進すると、
d0116009_10191717.jpg
この写真のような、京都の鞍馬や大原と見間違えるような素敵な坂が現れます。
坂をほんの少し上ると
d0116009_10205667.jpg
お石茶屋に着きます。昔の風情をそのまま残すこの茶屋は、太宰府が好きな人たちに愛され続けています。お石茶屋とすぐそばの天開稲荷社周辺は、太宰府で最も美しい紅葉の名所です。天満宮からたった徒歩5分なのに人はあまりいません。(だから良いのですが。)

d0116009_10264146.jpg
d0116009_10274686.jpg
d0116009_1028456.jpg


ここをさらに直進すると、筑豊の炭坑王が美貌のおイシちゃんのために造ったとも言われるおイシトンネルを抜けて、同じく紅葉の名所でもある竈戸神社まで行くことができます。心躍る秋の散策路です。

―――

九州国立博物館のお話しは気が向けばそのうちにと思っています。

唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

by terakoyanet | 2012-11-24 09:54 | 雑感・授業風景など | Trackback | Comments(0)
2011年 12月 02日

二日市さるき

一昨日、少しの時間を使って二日市をぶらっと歩いてきました。
一昨日はもう12月になるとは思えない陽気で、ポカポカとした太陽の暖かさを感じながらのさるき(歩き)でした。

今年の紅葉は全体に少し元気がありません。色が変わらないうちに葉が枯れてしまう木をたくさん見ます。
でも、二日市には美しい色に染まった木々がたくさんありました。



路地を歩いていると黄金色に輝く一角が。
d0116009_912312.jpg

d0116009_933499.jpg
d0116009_943835.jpg
二日市八幡宮


d0116009_96644.jpg
d0116009_97131.jpg
d0116009_981460.jpg
※危険ですので馬に乗らないで下さい。
とは言われても、馬は撫でるより乗りたい、と思いました。が大人なので我慢しました。


d0116009_9102443.jpg



d0116009_9122161.jpg
大丸別荘 日本庭園


d0116009_9132662.jpg
d0116009_9142038.jpg
d0116009_915185.jpg
庭園の一角に、神聖なオーラただよう一本糸の滝があり
d0116009_915555.jpg

よく見ると
d0116009_9174850.jpg
人間 立入禁止


私は人間、ヒューマンビーイングなので、ふと足をとめ、それ以上前に進むことを止めました。

d0116009_9202457.jpg


d0116009_9212073.jpg



窯開きの季節になりました。
高取焼武蔵窯まで歩きます。
d0116009_923077.jpg
武蔵窯は「アラスカの先」らしい。ずいぶん遠そうだな。



と思ったらすぐに着いて。
ここでも美しい紅葉がお出迎え。
d0116009_925532.jpg
d0116009_9255920.jpg
d0116009_926566.jpg



陶器の買い物をしたあとは武蔵寺(ぶぞうじ)へ。

d0116009_928502.jpg
d0116009_9293826.jpg
d0116009_9302811.jpg
d0116009_9333894.jpg
d0116009_9342840.jpg
d0116009_9351576.jpg
d0116009_936325.jpg
d0116009_9365143.jpg
d0116009_9374127.jpg
d0116009_9381630.jpg

武蔵寺は九州最古の仏蹟として知られ、樹齢1300年といわれる長者の藤で有名です。
藤が咲く季節にはたくさんの人でにぎわいます。
しかし、この紅葉の季節は人はまばら。ゆっくり歩くことができてよかったです。

d0116009_9435184.jpg
鳥居のむこうには菅公(=菅原道真)がその身を清めたといわれる小さな滝があります。

d0116009_9453713.jpg
d0116009_9462999.jpg
d0116009_9481340.jpg



西鉄二日市駅からすべて徒歩で巡りました。
歩きだからこその小さな発見がたくさんあって、短い時間ながら楽しい散策でした。



唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

本館7F terakoya shop blog をぜひご覧ください。

by terakoyanet | 2011-12-02 09:50 | 好きな場所 | Trackback | Comments(0)