寺子屋ブログ by 唐人町寺子屋

terakoyant.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:音楽 ( 116 ) タグの人気記事


2014年 01月 20日

最近出たトリビュートアルバムから2枚

最近発売されたトリビュートアルバムの2作が素晴らしいのでご紹介。


まず1枚目は「大貫妙子トリビュート・アルバム」


こちらは、奥田民生、岡村靖幸、坂本龍一、宮沢和史、松任谷由実といった有名アーティストが多数参加しています。2枚組のうち、1枚目はこのアルバムのための新録が並び、2枚目には様々なアーティストによるカバーが収録されています。

「色彩都市」のカバーだけでも、ユーミンと薬師丸ひろ子と原田知世の3バージョンが収録されていて、聴き比べが楽しいです。

「突然の贈り物」は、奥田民生と大橋トリオと竹内まりやの3バージョンが収録。
この十年ほど、奥田民生の声から遠ざかっていたのですが、改めていい歌い手だなとしみじみ。


私が特に好きなカバーは、まず、やくしまるえつこ(ひろ子じゃないよ)の「ピーターラビットとわたし」。
初めからえつこ節になってるだろうなと思って聴いたのですが、期待以上の曲とのシンクロに感激しました。

そして寺尾紗穂の「Rain」。
ピアノの音色が、雨滴にふとやわらかい太陽が射したときのきらきらした情景を思い起こさせます。
日常の中にあるようで、でもそれははかない一瞬のきらめきで・・・。
彼女の歌を聴くと、いつもそんな瞬間の美しさがきらきらと頭の中で明滅します。それはとても温かで幸福な時間です。

最後に青葉市子の「3びきのくま」。
こちらは2012年の彼女のアルバム『うたびこ』に収録されていたので、すでに聴きこんでいたのですが、本当に素晴らしいです。
彼女が出す音ひとつひとつに震えます。その歌のしなやかさにほれぼれして泣けてきます。



そして2枚目は「カーネーション・トリビュート・アルバム」

カーネーションと言えば、何と言っても森高千里の名曲「夜の煙突」がはじめに思い浮かぶわけですが

このトリビュートアルバムは1曲目から森高千里withカーネーションの「夜の煙突」からノリノリのスタートを切ります。

このアルバムのすごいところは、その参加アーティスト。
大貫妙子のトリビュート・アルバムのような大御所が参加しているわけではなく、日本でそれほど有名ではないけどいい音を出しているミュージシャンたちが一堂に会していて、メンツを見るだけで興奮してしまいます。これほど痒いところに手が届く的なアーティスト選びがなされたトリビュートは珍しいのではないでしょうか。

ミツメの「YOUNG WISE MEN」、失敗しない生き方の「グレイト・ノスタルジア」、森は生きているの「Bye Bye」など、たまらなく痺れるカバーが多いのですが、中でもシャムキャッツの「からまわる世界」が素晴らしすぎる!!

カーネーションのトリビュートアルバムは、この数年に出たトリビュートの中でも間違いなく出色の作品で、激オススメです。


唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。

by terakoyanet | 2014-01-20 12:34 | おすすめの本・音楽 | Trackback | Comments(0)
2013年 12月 24日

冬期講習の日々~中学コース~

本日クリスマス・イブは公立中の終業式。2学期を終えた生徒の皆さんおつかれさま。

本校では21日から冬期講習が行われており、毎日100人を超える生徒たちが元気に教室に入ってきては、元気に帰っていきます。今日は冬期講習の中休み。
楽しく家族で夕食を楽しむ予定のご家庭も多いかもしれません。またはちょっとませた都会っ子の子どもたちですから、パートナーとデートしている子もいるでしょうね。


昨日は中学全学年の授業、及びクリスマス会が行われました。


中1・中2の授業では、公立入試漢字のテストに燃える子が多数。
驚くほど出来がよい生徒が多いです。
冬期講習中の入試漢字テストは、成績記録表で総合ランキングが発表されることになっています。
上位陣は間違いなく毎回満点をとるつもりで勉強してくるはずです。
参加者一人ひとりが決して乗り遅れることなく、満点を目指した努力ができるよう、頑張らせたいと私たちも意気込んでいるところです。



中3は、受験に向けた明確な意志を感じられる子が多くなりました。
連日、家庭で猛勉強をしているせいで、寝不足の生徒も見られるようになりました。

授業は和やかな雰囲気で授業が進んでいます。
受験前に和やかなんてと言われそうですが、こんな時期だからこそ、私たちは子どもたちに居心地のいい教室を提供したいと考えており、殺伐とした雰囲気は作らないように努めています。

厳しいことははっきり言います。宿題や時間について、これまで以上に厳しい対応をしています。
勉強のやり方についての注意点やアドバイスをこれまでの3年間で最も細かく行っているつもりです。
一方で、彼らのよい居場所でありますようにと思いながら、常に指導をしています。

子どもたちが冬に継続して出来る限りの努力ができるよう、精一杯サポートしていくつもりです。



そして、昨日のクリスマス会!
とても盛り上がりました。楽しそうな子どもたちを見ていて、私たちもとてもうれしくなってしまいました。

昨日のクリスマス会で細心の注意を払ったのは、盛り上がること、でも置いてけぼりになったり、意に反して恥ずかしい思いをしたりする子が出ないことです。

子どもたちを楽しませようと思ったことが、一部の生徒にとってはかえって負担になってしまってはかわいそうです。だから、知恵を絞って全員にとって楽しいクリスマス会を目指しました。

100%うまくいったかわかりませんが、帰り際の子どもたちのほくほく顔を見ていると、最低限の目標は達成できたかなと安堵しました。


クリスマス会をはさみ、明日から3日間、冬期の集中特訓が続きます。
毎日確実に暗記と理解を積み上げていきましょう。
中3生は目前に迫った受験の得点を上げるために、ひとつひとつの学習を丁寧に且つ効率よくやっていきましょう。



高校コースのことも、もう少し後で書きます。





最後に、クリスマスの夜に1曲。Kate Rusby の "Who Will Sing Me Lullabies"
胸が焦がれるようなひりひりとした切なさを感じさせる曲です。




Lay me down gently, lay me down low,
I fear I am broken and won't mend, I know.

One thing I ask when the stars light the skies,
Who now will sing me lullabies,
Oh who now will sing me lullabies.

In this big world I'm lonely, for I am but small,
Oh angels in heaven, don't you care for me at all?

You heard my heart breaking for it rang through the skies,
So why don't you sing me lullabies,
Oh why don't you sing me lullabies.
Oh lullabies...

I lay here; I'm weeping for the stars they have come,
I lay here not sleeping; now the long night has begun.

The man in the moon, oh he can't help but cry,
For there's no one to sing me lullabies,
Oh there's no one to sing me lullabies.

So lay me down gently, oh lay me down low,
I fear I am broken and won't mend, I know .

One thing I ask when the stars light the skies,
Who now will sing me lullabies,
Oh who now will sing me lullabies.

Who will sing me to sleep
Who will sing me to sleep
Who will sing me to sleep
Who will sing me to sleep...


唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。

by terakoyanet | 2013-12-24 18:04 | 雑感・授業風景など | Trackback | Comments(0)
2013年 12月 15日

2013年ベストアルバム20選[洋盤]

眠れずに困ったついでに2013年のベストアルバム20選の記事を書くことにしました。

今年の音楽で圧倒的なインパクトを受けたのはDaft PunkのGet Lucky。
初めて聞いたとき、この曲は間違いなく近年で一番のアンセムになるという予感が脳天を射しました。
この感じはMGMTのKidsを聴いた2008年以来のことでした。

ということで、1番には、世界的大ヒットを記録したDaft Punkを選びました。私の今年のiTunesアルバム再生回数でもトップです。


私は、特に最近は暑苦しいロックにあまり興味がなく、ちょっとふざけた知性をもった人たちが好きなのですが、その意味でFoxygenは最高に私の嗜好に合ったバンドでした。Vampire Weekend以来、久々にきたなと思いました。

強烈なビートに胸焦がされるのがKanyeとM.I.A.とDanny Brown。
いかに先鋭的な音を鳴らそうとも、彼らの音楽は流行りに乗っかってる感じがしない。
彼らの中の震えが音となり、聴く人の心身を揺さぶる。だから最高に気持ちがいい。


そんなこんなで、以下20枚を選びました。


1 Random Access Memories – Daft Punk





2 We Are the 21st Century Ambassadors of Peace and Magic – Foxygen





3 Trouble Will Find Me – The National





4 Yeezus – Kanye West





5 Once I Was An Eagle – Laura Marling





6 AM – Arctic Monkeys





7 The Electric Lady – Janelle Monae





8 Matangi – M.I.A.





9 Modern Vampires Of The City – Vampire Weekend





10 Old - Danny Brown





11 Pale Green Ghosts – John Grant
12 The 20/20 Experience – Justin Timberlake
13 The Bones of What You Believe - CHVRCHES
14 American Kid – Patty Griffin
15 Fade – Yo La Tengo
16 MGMT - MGMT
17 Anxiety – Autre Ne Veut
18 Cupid Deluxe - Blood Orange
19 Days Are Gone – HAIM
20 Wondrous Bughouse – Youth Lagoon




唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。

by terakoyanet | 2013-12-15 05:04 | おすすめの本・音楽 | Trackback | Comments(0)
2013年 11月 08日

ボンのベートーヴェン・ハウスへ

かつての冷戦時代に西ドイツの旧首都としてその名を馳せたボン。

1949年のドイツ憲法であくまで暫定的な首都と位置づけられていたボンは、ドイツ統一後にはその座を再びベルリンに譲り渡し、ラインラントの一地方都市に戻ります。(政府の省庁の多くはいまだにボンに残っていますが。)

貧しい大都市のベルリンと豊かな小都市のボン。
経済的にボンの裕福さはベルリンと比べるまでもありませんが、一方で、貧しいながらも強烈な魅力を放つベルリンに対し、ボンという町の個性は貧弱と言わざるをえません。

そんなわけで、ラインラントに降り立ったとき、産業遺産好きな私は、よしっ!エッセンに行ってルール工業地域を支えた炭鉱でも見ようか!ゾーリンゲンの刃物も見よう!と思っていたのですが、同行者から、いや、炭鉱より刃物よりベートーヴェンでしょ、と言われ、個性が貧弱な町、ボンに行くことになりました。

ということで、行ってきました。ベートーヴェン・ハウスです。


d0116009_1054365.jpg
d0116009_10364320.jpg
ボンのマルクト広場


d0116009_10375347.jpg
大聖堂


ボンの町はせまい範囲に見どころが集まっているので楽に歩けます。
中央駅から5分以内でマルクト広場と大聖堂に到着。
そしてさらに数分歩けばベートーヴェン・ハウス"Beethoven-Haus Bonn"に到着です。




そろそろ着くかなと思ったころに、やや俗物っぽいベートーヴェンの肖像が描かれた建物が現れたので、ここかな?と一瞬思いましたが、違いました。フェイクでした。
d0116009_10433198.jpg




そして少し歩くと、ちょっとわかりにくいのですが、ありました。
d0116009_10465495.jpg
d0116009_10474437.jpg
ここです。着きました。


建物内部の写真はありません。(※撮影禁止)
入口から入るとまず土産屋さんがあり、その奥にベートーヴェンの生家があります。

d0116009_1052198.jpg
d0116009_1053851.jpg
d0116009_10533868.jpg



ベートーヴェン・ハウスに入ると、私の頭の中で突然ベートーヴェン・スイッチが入り、私の最も好きな曲、交響曲第7番2楽章が鳴り始めました。故人に触れるというのはこういうことなのか、と感じる瞬間でした。


ベートーヴェン・ハウスに行く全ての人に是非ともおすすめしたいのは、音声ガイドを借りること。(※日本語もあります。)
有料ですが、その価値はあります。というか、これを借りずにベートーヴェン・ハウスを見てもつまらないと思います。

途中で日本人のツアー団体がこちらにやってきましたが、ツアーガイドの説明より、圧倒的に音声ガイドの解説のほうが素晴らしかったです。
音声ガイドには、目の前にある楽譜や絵画の説明はもちろん、その譜面に基づく演奏、展示されているベートーヴェンゆかりの楽器の音の再生、難聴のベートーヴェンの耳には交響曲第9番の初演がどのように聞こえていたかの再現など、かなり興味深い内容が含まれています。

ベートーヴェン・ハウスは学ぶことの多い興味深い場所でした。


印象に残ったのは、ベートーヴェンが引っ越し魔だったというエピソード。
彼は生涯で少なくとも70回以上は居を移しています。
どこにいても居心地の悪さを感じ続けた彼に、心を寄せずにはいられません。


唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

by terakoyanet | 2013-11-08 11:16 | 好きな場所 | Trackback | Comments(0)
2013年 10月 28日

ルー・リードが死んだ。

Lou Reed (The Velvet Underground)が亡くなったとの悲報が。


私の好きな5人、Bob Dylan, Paul Simon, Brian Wilson, Paul McCartney, そしてLou Reedは1941-42年生まれ。

この生まれが近い御大たちの名を並べて改めて気づくのは、Lou Reedの特異さ。
ひとりだけやってることにやたらムラがあるし、いつまでも危なっかしいし。


でも、だからこそ、彼の良い曲は本当に身に沁みるし、良いときのパフォーマンスには閃光のような輝きがある。
そんな彼の曲を聞きながらしみじみする正午です。







本日、BeckがLou Reedへの追悼と思われるSunday Morning(The Velvet Underground & Nicoの美しいカバー)を発表しています。



唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

by terakoyanet | 2013-10-28 11:52 | おすすめの本・音楽 | Trackback | Comments(0)
2013年 10月 08日

今年おすすめの曲(邦楽編)

今年発表されたなかで皆さんと共有したいおすすめの曲をいくつか紹介します。

■星野源 - 地獄でなぜ悪い



■TOWA TEI - Apple (with Ringo Sheena)



■坂本慎太郎 - まともがわからない



■Ogre You Asshole - フラッグ(Alternative Version)

こんなにいいバンドになるとは。


■藤原さくら - Ellie
https://soundcloud.com/sakura-fujiwara-official/ellie

福岡の現役高校生!ライブに行きましたがすばらしかった。 映像はMy morning 。


■さよならポニーテール - 青春ファンタジア(アルバムのダイジェスト)



■よしむらひらく - 井の頭



■スピッツ - 小さな生き物

アルバム収録の「潮騒ちゃん」が好きです。


■前野健太 - オレらは肉の歩く朝



■Predawn - Keep Silence



■青葉市子と妖精たち - Star Fruits Surf Rider (with Keigo Oyamada)




血沸き肉躍る高校生たちにはこちらもオススメ。

■米津玄師 - MAD MAD LOVE



■ドラマチックアラスカ - リダイヤル



■石崎ひゅーい - 夜間飛行



■クリープハイプ - ラブホテル






唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

by terakoyanet | 2013-10-08 09:09 | おすすめの本・音楽 | Trackback | Comments(0)
2013年 07月 06日

2013上半期のベストアルバム(洋盤)

2013年はかなりハイペースで良いアルバムが出ています。
上半期に出たアルバムのなかで、特によく聴いた10枚。

◇We Are the 21st Century Ambassadors of Peace & Magic - Foxygen
◇Random Access Memories - Daft Punk
◇ Anxiety - Autre Ne Veut
◇ Modern Vampires Of The City - Vampire Weekend
◇ The 20/20 Experience - Justin Timberlake
◇ Muchacho - Phosphorescent
◇ Fade - Yo La Tengo
◇ American Kid - Patty Griffin
◇ Trouble Will Find Me - The National
◇ Wondrous Bughouse - Youth Lagoon



FoxygenとAutre Ne Veutのニューアルバムはセンス炸裂で、その力技の曲展開、音のカラフルさが凄まじい。



Daft Punkは上半期にしてすでに今年の顔(今年の世界最強アルバム)としての評価を固めた感があります。
音の快感を改めて思い知らされたアルバムです。

数年に一度だけ、時代の顔になる楽曲が現れます。Get Luckyを一聴したとき、これはひさびさに世界規模のキラーチューンだと思いました。


今回のアルバムはGet Luckyだけでなく、他にもトンデモ曲が複数あります。Instant Crushのせつなメロディーの美しいことといったら。


歌ものでは、Patty Griffinのほか、しばらく沈黙していたDixie ChicksのボーカルNatalie Mainesのニューアルバムが出ました。
私はとにかく2人の声が好きで待ちわびていたので、旧友との邂逅を果たしたような気持ちになりながら聴き入りました。

唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

by terakoyanet | 2013-07-06 11:50 | おすすめの本・音楽 | Trackback | Comments(0)
2013年 06月 07日

宮古木工芸さんにて。

先日、宮古島に行ったとき、宮古島で唯一、三線(さんしん)の制作・販売・修理を行っていらっしゃる「宮古木工芸」さんに伺いました。

d0116009_78294.jpg


当日は三線職人の與儀栄功さんが不在で、匠の技を受け継ぐ孫の昌樹さんにいろいろとお話しを伺いました。
こちらは三線の棹になる原木の黒木です。この板の質が三線の音を決定づけます。
d0116009_711379.jpg


黒木の断面です。
d0116009_7282483.jpg


原木はよく寝かせる必要があります。
d0116009_720747.jpg


その後、原木から棹が美しくつくられていく過程を見ることができました。
d0116009_723020.jpg



こちらでは胴の部分がたくさん積まれています。
d0116009_7161173.jpg


胴に貼るニシキヘビの蛇皮です。
d0116009_725341.jpg



「臭いですよ」と言いながら皮を広げる昌樹さん。確かにヘビーな香りがします。
d0116009_7261361.jpg



ちなみに当日の宮古島は曇っていて、波が高く、あまり天気が良くありませんでした。
d0116009_7385428.jpg
(とはいっても曇りの日でも美しい海の色ははっきり)

しかし、三線や宮古上布の工房に伺い、職人の方々から様々なお話しを聞くという過ごし方は、美しい海での体験に勝るとも劣らないものだったということを、ここに特記したいと思います。


夜にもう一度、宮古木工芸さんに伺い、三線教室に飛び入りで参加させてもらいました。
夜の8時から開かれていて、出入り自由のゆる~い感じがとてもすてきでした。
d0116009_7414981.jpg

三線の楽譜は「工工四(クンクンシー)」と呼ばれ、漢字で表記されます。
指のポジションと漢字さえ結びつけばすぐにでも弾けそうです。
私は弦楽器経験者なので、ちょっと意地になりました。
音はすぐにとれますが、皆さんの演奏のペースについていくのは無理でした。
でも、練習したらすぐにできるようになりそうな気がします。楽しい。

練習中には、三線の教師でもある昌樹さんたちとお話ししながら、お茶とお菓子までもらって、穏やかな時間が過ぎます。


練習が終わったとたん、ニャーと部屋に入ってきました。彼(彼女?)の名前は忘れてしまいました。
かわいすぎる。
d0116009_7491269.jpg

d0116009_7522313.jpg


次に宮古島に行く機会があれば、ぜひまた訪問したいと思い、私は帰り際に咄嗟に「十年後来てもここでお仕事なさっていますか?」と尋ねました。すると昌樹さんは笑顔で「ずっとここで仕事してますよ」と仰います。

お人柄が素晴らしい若き職人昌樹さんは、これからもこの場所に根を張って、良い楽器をつくっていくのですね。十年後、二十年後、三十年後がとても楽しみです。良い時間をありがとうございました。


唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

by terakoyanet | 2013-06-07 08:00 | 雑感・授業風景など | Trackback | Comments(0)
2013年 05月 21日

◇2012年 ベストアルバム20選〔洋楽〕-Non Classical-

昨日、「先生、2012年の洋楽のベストアルバムは?」とのたまったFくんに捧げる昨年2012年のベストアルバム20選です。(もうすぐ2013年も半分終わってしまいますが。)

時間もお金も有限。だから必然的にいい音楽との出会いにも限りがあります。
そんな中、幸運にもめぐりあえた珠玉のアルバムたち。
各アルバムの中で最も好きな曲の動画といっしょに。


1.Fiona Apple - The Idler Wheel Is Wiser Than the Driver of the Screw and Whipping Cords Will Serve You More Than Ropes Will Ever Do



2.Animal Collective - Centipede Hz



3.Tame Impala - Lonerism



4.Dirty Projectors - Swing Lo Magellan



5.Frank Ocean - channel ORANGE



6.Beach House - bloom



7.Grizzly Bear - Shields



8.Passion Pit - Gossamer



9.Brad Mehldau Trio - Ode



10.Lana Del Rey - Born To Die



11.Bob Dylan - Tempest



12.Leonard Cohen - Old Ideas



13.Hot Chip - In Our Heads



14.Crystal Castles - (Ⅲ)




15.The xx - Coexist




16.Spiritualized - Sweet Heart Sweet Light




17.Perfume Genius - Put Your Back N 2 It




18.Pond - Beard, Wives, Denim




19.Angel Olsen - Half Way Home




20.Flying Lotus - Until The Quiet Comes




唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

by terakoyanet | 2013-05-21 11:16 | おすすめの本・音楽 | Trackback | Comments(0)
2013年 01月 28日

パトンの夜

今年はタイのプーケットで新年を迎えました。
d0116009_11155390.jpg
カマラビーチ(Kamala Beach)


d0116009_11164291.jpg
2012年最後の夕日 シン岬(Laem Sing)



プーケットの繁華街パトン(Patong)の年末年始の盛り上がりはすばらしく、世界中の熱気がここに集まっているんじゃないかと錯覚するほど。
d0116009_11282930.jpg

d0116009_11285387.jpg
d0116009_11313615.jpg


滞在したミレニアムリゾートパトン。
d0116009_11341256.jpg
部屋からはドカドカドンと毎晩行われる花火大会が見えます。ほんと賑やかなところです。
d0116009_1136732.jpg


d0116009_11381296.jpg
AconやBasement Jaxxらが参加する音楽フェスに参加。プーケットに欧米からたくさんのクラブフリークたちが集結していることを実感。
d0116009_1139885.jpg
d0116009_1139506.jpg




d0116009_11403926.jpg
d0116009_11422180.jpg
d0116009_1144418.jpg


タイのバンコクやプーケット(パトン)の毒々しいほどの喧騒は、若いうちに一度体験してほしいです。
ホットスパイシーなタイ料理同様、一度その刺激にはまったら、くせになります。

悦楽、刹那、頽廃・・・ こんな普段なじみのない言葉が、脳をグルグルと回ります。



唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

by terakoyanet | 2013-01-28 12:02 | 好きな場所 | Trackback | Comments(0)