中村学園女子中学校高等学校を訪問

ご縁があって、昨日のお昼に中村学園女子中学校・高等学校を訪問しました。
以前から中村女子高校の先生方とはお話しをする機会が多々あったのですが、高校に足を踏み入れたのは昨日が初めてでした。校舎には体育祭の練習に励む元気いっぱいの女子生徒たちの大きな掛け声が響き渡っていました。
安達副校長先生、都田先生とお話しをしました。

副校長先生は本ブログをよくご覧になってくださっているそうで、ブログの内容の話から話題が始まりました。相変わらずの闊達でさわやかなお話しぶりと、塾の大小にかかわらず大切に丁寧に対応してくださる姿勢に感銘を受けました。

都田先生からは取り壊し間近の旧校舎のご案内を受けました。
中村学園には、学園の教育理念が反映された設備がいくつかあります。
昨日先生に案内いただいた講堂や示範室がそれにあたるのですが、それらの施設が創始者の故中村ハル先生のどのような理念に基づいてつくられたのかということを実物を前にして聞くことができ、とても興味深いものでした。大きい理念を達成するためには、繊細な配慮を積み重ねなければならない、ということをきっとお考えになっていたのではないか、教育者の矜持を自身の死後もこのような形で残すことができたのは幸せなことではないか、創始者の細やかなアイデアがつまった教室を見ながら、私はそんなことを考えていました。

中村学園中学・高校は新校舎建設の真っ最中です。
伝統のある校舎が取り壊されるのは残念ですが、完成予想図を見ると、まるで新鋭の建築家が設計したどこかの博物館のような外観で、新校舎がお披露目される今秋が楽しみになります。


昨日の訪問では先生方のご厚意により、さまざまなことを学び感じることができました。

本校の複数の生徒が現在、中村学園中学・高校に通っています。
これからも学校と連携しながら、子どもたちの指導に励みたいと思います。


唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

本館7F terakoya shop blog をぜひご覧ください。
トラックバックURL : https://terakoyant.exblog.jp/tb/11500208
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 卒業生母 at 2010-07-10 21:22 x
寺子屋では子供2人がお世話になりました。進路説明会では息子にお話させていただく機会も与えていただき、そして私が通った母校の安達先生にも久しぶりにお会いすることができました。懐かしい学びやが取り壊されるのは残念ですが、近代的な新しい校舎で今から数え切れないほど沢山の子供達が学んでいくのですね。完成が楽しみです。
Commented by terakoyanet at 2010-07-11 08:48
卒業生母様、こんにちは。
お母さま、お子さま共にお元気でしょうか。
安達先生は母校の先生だったんですね。
進路説明会がそのような場になっていたと聞いてうれしく思いました。

アクアリウムや太陽光発電といった施設もあるそうで、私も楽しみにしています。
コメントありがとうございました。
これからも寺子屋を見守っていただければと思います。
by terakoyanet | 2010-07-09 03:19 | お知らせ | Trackback | Comments(2)