モナコ公国を見下ろす町、ラ・チュルビ

今日は南仏の美しい町、ラ・チュルビの紹介です。

モナコの高台にあるこの町は、ニースやモナコからバスでアクセスすることができます。
私はニースに滞在していたので、行きはニースのバスセンターから116番のPeille行きに乗りLa Turbieで下車、帰りはLa Turbieから114番のMonaco行きに乗って、さらにMonacoで112番のEze Village経由Nice行きに乗り換え、エズ村に立ち寄ってニースに戻りました。

モナコ公国を見下ろす町、ラ・チュルビ_d0116009_2294575.jpg
La Turbieへの始発点となるNice Gare Routière


ラ・チュルビは、日本ではさほど知られていませんし、ガイドブックにもほとんど登場しませんが、ローマ時代(BC 6年)に建てられたTrophyがあり、ダンテの『神曲』にも登場するという歴史的な場所です。



ラ・チュルビの集落は地中海独特の切り立った石灰岩に三方を囲まれており、特異な景観を作り出しています。
モナコ公国を見下ろす町、ラ・チュルビ_d0116009_2394059.jpg
モナコ公国を見下ろす町、ラ・チュルビ_d0116009_2403839.jpg



ラ・チュルビは何と言っても町から眺めるモナコ(モンテカルロ)の眺望が素晴らしいことで知られています。(ミシュランはこの眺望に三ツ星を与えているそうです。)
モナコ公国を見下ろす町、ラ・チュルビ_d0116009_2433731.jpg
目の前に広がっていたのは、宝石箱をひっくりかえしたかのように美しく広がる街並みでした。私の頭は、目の前のキャンパスの中にフランスとモナコの国境線が存在していることを認識していましたが、どうもこの場合の国境線というのは、少なくとも鑑賞者にとっては全く関係のないもののようです。


ラ・チュルビの旧集落を歩きました。
モナコ公国を見下ろす町、ラ・チュルビ_d0116009_311919.jpg
モナコ公国を見下ろす町、ラ・チュルビ_d0116009_313246.jpg
モナコ公国を見下ろす町、ラ・チュルビ_d0116009_314958.jpg

集落はとても小さいです。隈なく周っても10分くらいでしょうか。
穏やかな生活のにおいがします。


ラ・チュルビは猫の町。あらゆるところに、猫、猫、猫。(*猫はすべて妻が撮影しました。)
モナコ公国を見下ろす町、ラ・チュルビ_d0116009_335932.jpg
モナコ公国を見下ろす町、ラ・チュルビ_d0116009_341149.jpg
モナコ公国を見下ろす町、ラ・チュルビ_d0116009_342180.jpg


モナコ公国を見下ろす町、ラ・チュルビ_d0116009_363424.jpg
Trophy of Augustus

BC6年、ローマの支配に反抗した44のアルプス部族に勝利した記念に、ローマ上院とアウグストゥスにより建てられました。まだイエスも生まれる以前から、この場所にずっとこの建物が佇んでいることを想像すると、ちょっと途方に暮れてしまいます。


ラ・チュルビには美味しいレストランや眺望の美しいホテルもあります。
モナコ近辺まで来たならば、ぜひひと足のばしてラ・チュルビまで行ってみてください。
とても素敵な町です。


唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

本館7F terakoya shop blog をぜひご覧ください。
トラックバックURL : https://terakoyant.exblog.jp/tb/12002575
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by terakoyanet | 2010-09-30 03:15 | 好きな場所 | Trackback | Comments(0)