目の前の課題を丁寧に。

昨日の三者面談のときに、「トップクラスの生徒はどのようなことを目標に勉強しているのか?」
と尋ねられました。

私は次のように答えました。
「トップクラスの生徒が必ず目標が明確にあるわけではありません。ただひとつ言えることは、トップクラスの生徒は、目の前の課題を丁寧にきちんと仕上げる癖がついている、これが一番の特長です。これは簡単なようで誰にでもできることではありません。」

目標を持つことも大切です。でももっと大切なのは、目の前のことをひとつひとつきちんとするということだと思います。それができれば、自ずと目標は定まります。


唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

本館7F terakoya shop blog をぜひご覧ください。
タグ:
トラックバックURL : https://terakoyant.exblog.jp/tb/12515344
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by terakoyanet | 2010-12-16 14:14 | 雑感・授業風景など | Trackback | Comments(0)