2011年度 中3始動!

中3生の今年度の授業がはじまりました。
受験生らしいピリっとした雰囲気が早くもできつつあります。

今年の中3生は、早いタイミングで「受験生」を意識した学習の取り組みを始めた生徒が多い学年です。その甲斐もあってか昨日発表になった3月分成績記録表では、塾内中学生ランキングのTOP10のうち過半数にあたる6名を新中3生が占めました。

まだ課題はあります。
先日は宿題のことで3年生全体に説教をしました。
ある生徒とは授業後に頑張りきれない現状についていっしょに話をし、生徒は涙しました。
数学の集団授業についてきていない生徒に電話をし、決して見捨てたりすることなんてないから、一生懸命ついておいでと檄をとばしました。

昨日行われていた初のAクラステキスト授業では、生徒たち全員が集中して課題(受験単語の暗記)をこなしていたそうです。
本日の教室開放に、生徒たちの多くが参加し、受験勉強を着実に進めていくことを願っています。頑張っていきましょう!!!




現在、全学年が「満員御礼」の状況ですが、いまも毎日のように入塾のお問い合わせをいただいています。(入塾相談はいつでもどうぞ。)

この数日は附属中のご家庭からのご相談が相次ぎました。
附属中のご家庭からの相談として極めて重複しやすいのが「現在の塾では理科・社会がフォローされていないからその点が不安」「現在の塾の定期テスト対策が的外れで当たったためしがない」というような内容です。

学校に行っても(大手の)塾に行っても、通常の中学生の進捗とはかけ離れた「特異な」学習を強いられている附属中の子たちは、ときに公立中の生徒に比べ、なぜこんなに「不自然な」学習をしているのだろうと、かわいそうだと思わざるをえない場面があります。
しかし、塾の都合に当てはめて形式的な対応をせずに、各々の生徒へ最適な対応をしていけば、それぞれの生徒にとって最もプラスになる指導をすることは可能であり、定期テストで成果を残すことも可能です。今年は例年より多くの附属中生が入塾しましたので、子どもたちが自身の努力が報われていくことを実感することができるような授業をしていきたいと思います。(附属中生は努力が裏切られるという経験をするリスクが他中生より高いんです。)


本日と明日、個別指導の日程が決定し、月曜日からいよいよ新学期の授業が本格始動します。
毎日の努力の積み重ねがみんなを確実に成長させます。今年度も頑張っていきましょう。

唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

新年度に次々と新商品が入ってきています!かわいい雑貨も新入荷です。 本館7F terakoya shop blog をぜひご覧ください。
by terakoyanet | 2011-04-09 03:06 | お知らせ | Trackback | Comments(0)