熱中症と高温注意情報

この1週間、熱中症と思われる症状(部活動後に急な高体温、嘔吐等)で塾の授業を欠席する生徒が複数名出ました。
発症した生徒が中学全学年生徒にまたがっており、とても心配しています。

部活動が熾烈を極める時期ですが、今年は特に暑さが厳しいです。
子どもたちには、水分、塩分をこまめに補給し、熱中症を防いでほしいと思います。
熱中症をなめてはいけません。ときに命の危険にさらされることもある深刻な症状です。


気象庁が高温注意情報の提供を開始しました。

本日、福岡をはじめとする九州北部地方に高温注意情報が発表されています。



九州北部地方(山口県を含む)高温注意情報 第1号
平成23年7月13日 17時05分 福岡管区気象台発表

九州北部地方では、14日の日中は気温が35度以上となるところがあるで
しょう。熱中症など健康管理に注意してください。

予想最高気温
 山口 32度  福岡 35度  大分 32度
 佐賀 35度  熊本 35度  長崎 32度

熱中症の危険が特に高くなります。
特に、外出時や、高齢者、乳幼児、体調のすぐれない方がおられるご家庭な
どにおいては、水分・塩分をこまめに補給する、カーテンで日射を遮る、冷
房を適切に利用し室温に留意するなど、熱中症に対して充分な対策をとって
ください。



情報を活用し、子どもたちが熱中症から意識的に身を守ることができるよう、ご家庭でもご指導をお願いいたします。


唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

本館7F terakoya shop blog をぜひご覧ください。
by terakoyanet | 2011-07-14 00:35 | 雑感・授業風景など | Trackback | Comments(0)