蘇陽峡

先日ご紹介したうのこの滝、そして高千穂峡、そして蘇陽峡は、すべて阿蘇の溶結凝灰岩を五ヶ瀬川が長い年月をかけて削り取って形成された地形です。

蘇陽峡_d0116009_9483070.jpg


造園家としての立場から日本の国立公園制度の確立に尽くした田村剛氏が大正11年にこの地を訪れ、
「我が国における殆ど無類の大峡谷 その原始的な渓谷の美しさはまさに、太陽が蘇る如し」と述べたことがこの渓谷の名の由来と言われています。
(*出典:熊本県山都町HP)

もうすぐ紅葉シーズン。
蘇陽峡は美しい色に染め上がることでしょう。


唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

本館7F terakoya shop blog をぜひご覧ください。
by terakoyanet | 2011-09-20 09:54 | 塾長おすすめの場所 | Trackback | Comments(0)