バンコクの洪水被害

タイの洪水がいよいよ首都バンコクに被害をもたらしつつあります。
テレビでは王宮前が冠水した映像が流され、日本外務省はとうとうバンコクへの渡航延期勧告を出しました。

バンコクの洪水被害_d0116009_9134125.jpg
平常時の王宮前広場 January 2010


地方からの出稼ぎの人たちを含めると、東京に迫る1000万人もの人たちが生活しているというバンコクでの被害ですから影響は大きいと言わざるをえませんが、一方で私としては渡航延期勧告を出すほどに危険な状況なのだろうか?と疑問に思わざるをえないところがあります。

印象的だったのは、冠水している王宮前広場の映像の奥で、水浸しになったトゥクトゥクが観光客を乗せて楽しそうに走っていたこと、そして、王宮がきらびやかにライトアップされていたことです。



東南アジア地域はいまだに国土の広い範囲に氾濫原が広がっています。

バンコクの洪水被害_d0116009_9211139.jpg
カンボジア中部の氾濫原 航空機から


日本人が当たり前と思っている河川と陸地との境目さえもはっきりしない土地が多くあります。
バンコクのような大都市ではさすがに今回のようなことが起こらないように、いろいろな対策が施されてきたはずですが、一方で今回のことを別にめずらしいことじゃあないよ、と静観している人たちもたくさんいることでしょう。


政局不安が沈静化したと思ったら、次は洪水被害。
早く平常に戻るといいですね。
ちなみにバンコクは都会の熱気溢れるとても楽しい街です。若いときに行くことをおすすめします。


唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

本館7F terakoya shop blog をぜひご覧ください。
トラックバックURL : https://terakoyant.exblog.jp/tb/14837819
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by terakoyanet | 2011-10-28 08:00 | 雑感・授業風景など | Trackback | Comments(0)