韓国安東の鳳停寺

今日は、韓国の安東(ソウルとプサンのちょうど真ん中あたり)にある同国最古の木造建築と言われる鳳停寺(ポンチョンサ)のお話です。


d0116009_112574.jpg



韓国の名所のほとんどには日本語の案内板があります。韓国というのはつくづく日本人にとって周りやすいところだと感じます。
d0116009_11255643.jpg



高い石垣の上に本堂が見えてきました。
d0116009_1127578.jpg



d0116009_1129393.jpg
d0116009_11522338.jpg
大雄殿(デウンジョン 朝鮮時代初期)


d0116009_11334394.jpg
徳輝楼(トッフィル)


d0116009_11342390.jpg
楽殿(クッラッジョン 高麗時代 国宝)

古い建物なのにあまりそう見えないのは、近年塗り替えが行われたからでしょう。建物前の石塔も高麗時代のものです。
d0116009_113558100.jpg
d0116009_11371641.jpg
d0116009_1138390.jpg
d0116009_11383799.jpg
d0116009_113995.jpg
現在もこのお寺では僧侶たちが暮らしており、随所に生活のにおいが感じられます。
d0116009_1140924.jpg
d0116009_11404333.jpg
d0116009_11411988.jpg
d0116009_11425258.jpg

d0116009_11463087.jpg


韓国を訪れた際は、ぜひとも安東(アンドン)を訪問なさることをおすすめします。
以前ご紹介した河回村と陶山書院、そしてこちらの鳳停寺。
穏やかで透明な空気が流れていて、心が静かに和らぐ場所です。



唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

本館7F terakoya shop blog をぜひご覧ください。
by terakoyanet | 2011-12-12 12:07 | 好きな場所 | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : https://terakoyant.exblog.jp/tb/15096262
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ハイコリア at 2012-04-04 11:28 x
こんにちは。

突然のコメント失礼します。

私は、韓国旅行ポータルサイトハイコリアの推薦ブログ担当の者です。

このブログの記事を拝見させて頂いたのですが、韓国旅行の情報としてとても良く、参考になる記事なので当社の推薦ブログにあげさせて頂きたく思い、コメント致しました。

当社サイトのURLはこちら http://www.hikorea.jp/ になります。

この記事を添付させて頂いたぺージはhttp://www.hikorea.jp/tour/bngjngsです。

もし、ご不便がある場合はこちら social@hikorea.jp のメールアドレスまでご連絡下さい。
<< 寺子屋保護者様へお知らせ 12月12日の雑感 >>