マカオ(澳門)の街並み

マカオは散策が楽しい街。
マカオと言えば、たくさんの世界遺産。
マカオ(澳門)の街並み_d0116009_8564934.jpg
仁慈堂(世界遺産)


マカオ(澳門)の街並み_d0116009_8574716.jpg
聖ドミニコ教会(世界遺産)


マカオ(澳門)の街並み_d0116009_91356.jpg
聖ポール天主堂跡(世界遺産)


マカオ(澳門)の街並み_d0116009_916754.jpg
セナド広場(世界遺産)、奥に民政総署(世界遺産)


マカオ(澳門)の街並み_d0116009_932288.jpg
主教座堂(世界遺産)


マカオ(澳門)の街並み_d0116009_951312.jpg
媽閣廟(世界遺産)


マカオ(澳門)の街並み_d0116009_963455.jpg
盧家屋敷(世界遺産)


マカオ(澳門)の街並み_d0116009_975689.jpg
ナーチャ廟(世界遺産)


マカオ(澳門)の街並み_d0116009_99315.jpg
聖ヨゼフ教会(世界遺産)


マカオ(澳門)の街並み_d0116009_91116.jpg
聖オーガスティン広場(世界遺産)とドン・ペドロ5世劇場(世界遺産)



マカオの世界遺産。とても美しいです。
やはりおすすめは聖ポール天主堂跡。
夜はひときわ美しく、闇夜に白骨のオブジェが浮かぶその姿を見ると「死」を連想せざるをえないためか、胸がきりきりするような冷たい緊張感を覚えます。

以前紹介した盧家屋敷も人が少ない割にとても雰囲気のある場所。この2つははずせません。


しかし、他の世界遺産は、あくまでお散歩がてら、通りかかったら寄るくらいの感覚がいいかもしれません。

世界遺産の建物ばかりを見ても、ヨーロッパの建築のような圧倒的な豪勢さがあるわけでもなく、世界遺産はありがたいものと思っている人ほどがっかりしそうです。

マカオの街歩きの楽しみは、世界遺産以外にあると言っても過言ではありません。



滞在2日目の早朝、セナド広場の観光用スロープを利用して腹筋をするやせ形のおじいさんを見かけました。

次の日に行ったときも、このおじいさんは前日と全く同じ時間に白シャツ1枚という全く同じ服装で全く同じメニューをこなしていて、きっとこのやせがたのおじいさんは、この場所でずっと毎朝腹筋をしているんだな・・・
そういう確信が私に芽生えたとき、広場のスロープになじみすぎておじいさん自体が必然的にその風景に含まれていると感じたその瞬間に、旅をしている、と私は感じました。

マカオ(澳門)の街並み_d0116009_9535269.jpg
早朝6時半 澳門博物館前広場で太極拳をする人たち


マカオ(澳門)の街並み_d0116009_956235.jpg
朝から賑わうエッグタルトやさん(マカオのエッグタルトはめちゃ美味しい)


マカオ(澳門)の街並み_d0116009_9584784.jpg
落書きの多い公園でくつろぐ老夫婦


マカオ(澳門)の街並み_d0116009_1014751.jpg
媽閣廟で祈る人たち


マカオ(澳門)の街並み_d0116009_10338100.jpg
タイパの街角の子どもたち


マカオ(澳門)の街並み_d0116009_1061149.jpg
鉄の鎖がひっかかって洗濯物が破れそうだと思った


マカオ(澳門)の街並み_d0116009_10105844.jpg
マカオではコンクリートの表面が薄汚れても改装も改築もせずそのまんま。
だから長崎の軍艦島みたいなみかけのマンション、ビルがたくさん立ち並んでいる。
廃墟かと思ったら、そこから子どもが歓声をあげてとび出してきたりする。
世界遺産の建物を巡るより、くたびれた街の隅を歩く方がずっとワクワクする。


マカオ(澳門)の街並み_d0116009_10155932.jpg
ガイドブックにのってない、得体のしれない寺院を覗くのも楽しい。


マカオ(澳門)の街並み_d0116009_10174533.jpg
マカオには、圧倒的に美しい街並みもある。こちらは福隆新街。



マカオを楽しむなら香港からの日帰りではなく、滞在することをオススメします。
マカオは涼しい早朝と街がきらめく夜がオススメだからです。


唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。
by terakoyanet | 2012-07-16 10:21 | 塾長おすすめの場所 | Trackback | Comments(0)