入塾希望について思うこと。

今年は2学期以降も入塾希望がいっこうに途絶えません。
ほぼ毎週希望の電話やメールがあるので、対応に追われ続けています。

この時期に中3生からの入塾希望もあり。
この時期から中3生を引き受けるのは、ちょっときびしいものがあります。

基本的にすぐにお断りをしていますが、これまでにもお電話をいただいたことがある方の場合にはむげにお断りするわけにはいきません。真剣に悩まれてお電話をいただいていることが伝わるから。
(*お断りした方々から、真剣に悩まれていることが伝わっていない、という話ではありません。あしからずご了承ください。)

しかし、中3生は、すでにクラスに良い雰囲気ができあがっていて、雰囲気が変わってしまうのは損失になります。また、いままでやってきたことを前提に授業が進んでいるために、あとで入ってくる子は大変です。

だから、基本的にはこの時期から入ってくる子は(仮に入れた場合でも)個別指導で対応することになります。

ただし、過去に11月・12月から入塾して、その後、成績をぐんぐん伸ばして、志望校に合格した生徒がいるのも事実。そういったご家庭やお子様と現在もとてもいい関係を築くことができているのも事実です。
だから、せっかくお電話いただいたのだから、できるだけのことを、と思わずにはいられません。


これをご覧になっている入塾を悩まれている方がいらっしゃったら、ぜひともせめて、中3になる前にお電話いただければ、定員がいっぱいでも何らかの対応ができる可能性があります。ぜひよろしくお願いいたします。


唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。
by terakoyanet | 2012-11-16 17:05 | 雑感・授業風景など | Trackback | Comments(0)