9月10日の雑感

数日前に、当仁中の期末テストの期日が早まった!という寝耳に水の情報が入ってきてとても驚きました。

過去十数年で、こんなに早いタイミングで中間テストがあったことはありません。
子どもたちもとても驚いていたようです。

しかしこのことは、本校の多くの生徒にとって有利に働くのではないでしょうか。
テスト範囲はほぼ全て学習し終えています。
だからいますぐにテスト範囲のワークを仕上げ、教科書・ワーク・学校のノート・塾のプリントと確認テストを徹底的に見直せばいいのです。

前回の一学期期末テストにおいて、本校生は学校の先生も驚くような成果を上げました。
今回もきっと高い成果を残すことができると信じています。

根拠もなく信じているわけではありません。
夏期講習の際の習熟度が今年は特に高かった。例えば途中でわからなくなる生徒が多くなりがちな1年の方程式、2年の一次関数、3年の関数等で、全体の理解度が高く、ちんぷんかんぷんになって途中で投げ出さざるをえなくなるような生徒がいなかった、そういう好感触が私の中にはっきりと残っています。


私もあと数日で帰国しますので、残りの期間でしっかり生徒たちを鍛えます。


私事ですが、今回の旅の途中に祖父の急死という出来事がありました。
とてもかわいがってもらったのに、葬式に行くことができず、この数日、無念の思いを抱いての旅となりました。

帰国したら花を添えに祖父の元にも行かなければと思っています。


唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。
by terakoyanet | 2013-09-10 02:17 | 雑感・授業風景など | Trackback | Comments(0)