2学期中間考査は準備不足になりがち。

昨日からいよいよ2学期中間考査直前対策講座(当仁中)がスタートしました!

昨日は中1と中3の授業が行われました。
中3の授業を見て感じたのは、準備不足な生徒が多いということ。
1学期の期末テスト1週間前はこんなんじゃなかった。もっともっと準備が行き届いていたはず。

しかし、これには原因があります。
何せ毎年、2学期の中間テストは生徒たちの準備不足が目立つのです。

理由ははっきりしています。
テスト範囲の約半分が学校で1学期にやった内容であること、塾の授業では5~7月にやった内容が大半を占めること。つまり、習ったあとに過多な時間が経過してしまっているのです。

だから、覚えていればいいだけのとても簡単な用語問題が解けない。
解けるはずの簡単な計算で間違えまくる。

2学期の中間テストはどの学年にとってもかなり要注意なのです。
準備不足の生徒はできるはずの問題が本番解けないでしょう。
そしてテストが終わった後痛感するのです。やはり準備不足であったと。

そうならないように、毎日、丁寧な覚え直し、解き直しが急務です。
ワーク、教科書、学校のノートとプリント、塾のプリントとテストを駆使して、できるかぎりのことをしてください。
まだ、いまからなら何とか間に合います!


唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。
トラックバックURL : https://terakoyant.exblog.jp/tb/21126863
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by terakoyanet | 2014-09-19 06:46 | 雑感・授業風景など | Trackback | Comments(0)