とらきつね取り扱いの進化系筆記具

近年における、日本の筆記具メーカーのプロダクトの中に見られる独創性と、それに応える技術力は素晴らしいものがあります。私は海外のAmazon(アメリカやイギリスなど)で買い物をすることがあるので、よくそこで文具系のランキングを見るのですが、上位には日本の文具がたくさん並んでいて驚かされます。そして、コメント欄には、日本の文具の繊細な技術と実際の書き心地や使い勝手の良さに対する惜しみない賛辞が並んでいます。実際、日本の文具メーカーは海外での販路拡大が続いていて、世界的大ヒットになった文具も少なくありません。



近年、世界的大ヒットになった主な商品として、例えば以下のようなものがあります。


クルトガ(三菱鉛筆) ・・・常に尖った芯で書けることをコンセプトに大ヒット。
とらきつね取り扱いの進化系筆記具_d0116009_9565034.jpg



フリクション(パイロット) ・・・消えるボールペンの登場は、ボールペンによる筆記文化そのものを変化させました。
とらきつね取り扱いの進化系筆記具_d0116009_958583.jpg



ジェットストリーム(三菱鉛筆) ・・・こだわらない人まで驚いてしまうほど特別に滑らかな書き心地で大ヒット。
とらきつね取り扱いの進化系筆記具_d0116009_1014100.png



グラフギア(ペンテル) ・・・高いデザイン性と手になじむ適度な重量感が素晴らしい。本校の修猷館生たちにも人気。
とらきつね取り扱いの進化系筆記具_d0116009_1045718.jpg






その他に、現在、すでに国内で大ヒットしており、今後、上記と同じく世界でヒットする兆しがあるものとして、例えば以下のようなものがあります。


デルガード(ゼブラ) ・・・「もう、折れない。」をコンセプトに、筆圧が強くても折れず、パフォーマンスの安定性を高めるシャーペンとしていま大人気。
とらきつね取り扱いの進化系筆記具_d0116009_10103071.jpg



ジャストフィット(ゼブラ) ・・・ペン先がしなって筆記面に密着するから、平面・曲面かかわらず書ける蛍光ペン。
とらきつね取り扱いの進化系筆記具_d0116009_10143418.jpg



ジーフリー(セーラー万年筆) ・・・万年筆メーカーならではの、自分の筆圧に適した弾力設定ができるボールペン。
とらきつね取り扱いの進化系筆記具_d0116009_10365722.jpg




以上は全て「とらきつね」で取扱い中です。(但し、在庫切れの際にはご容赦ください。)
世界が唸る、日本の進化系筆記具。

そのプロダクトが発案され、商品化するまでに、たくさんの人たちの知恵と技術が注がれたことを想像するだけでもわくわくするし、その面白いものを体感したいと思わずにはいられません。

皆さんも、日本の進化系筆記具をぜひお試しください。


唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。
by terakoyanet | 2015-03-29 10:33 | とらきつね | Trackback | Comments(0)