寺子屋ブログ by 唐人町寺子屋

terakoyant.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 05月 19日

中1はいまが大切な時期。

中1の子どもたちにとって、この時期は中学校生活のこれからが見えてくる大切な時期。
部活動生たちは部活動が本格化し始めますし、同時に、体育大会の練習などを通して、中学校生活のハードさを初めて実感していると思います。

そんな時期ですが、今年の中1生、よく頑張っています。
宿題の達成度が高いのです。

はじめ苦戦している子が多かった英語も、かなり精度が上がってきました。
社会や理科もちゃんと勉強してきていることがうかがえます。

この学年の強みは、ちゃんと話を聞くことができるということ。
授業中に話を聞くことが何より大切ということは、いくら強調してもしきれないくらいで、授業についていくことができない生徒というのは、単に聞くことができていないという場合が多いんです。
その意味で、この学年は伸びる、そう思っています。

中1の共通授業から今年から開設されたライトコースの授業に移った生徒が4・5名おり、そのため、中1の共通授業に空きがあります。
もう少し生徒がいたほうが、クラスがきゅっと引き締まる気がします。
ですから、現在、中1のお子さんが身近にいらっしゃったら、お声掛けいただければ幸いです。



とらきつね on Facebook 随時更新中です。



by terakoyanet | 2018-05-19 10:56 | お知らせ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://terakoyant.exblog.jp/tb/26801155
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 小6の子どもたち。      5月17日の雑感 >>