寺子屋ブログ by 唐人町寺子屋

terakoyant.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 10月 23日

とらきつねの本棚

当校の1Fとらきつねには、参考書以外にもいろいろな本が並んでいます。


とは言っても、狭い店内ですから、置ける本は限られています。だから、とらきつねにある詩歌集たちは、1冊1冊になんらかの思い入れがある、深い出合いを経たものばかりです。冊数の少ない本屋は不便ですが、そのぶんぎゅっと絞ったものを伝えられたらと思います。

d0116009_13284000.jpg
高校生には最果タヒさん読んでほしいなあ。
木下龍也さん、岩崎航さん、谷川俊太郎さんの詩集は、特にナナロク社から刊行された本を置いています。ナナロク社の本は、中身はもちろんのこと、装丁が本当に素晴らしい!
わたくし事ですが、ナナロク社さんからお声掛けいただき、次に出す本についてお話しを進めているところです。ナナロク社の村井さん、川口さんは私と同じ1976年生まれ(ナナロク!)で、いっしょに仕事ができるのが楽しみです。


d0116009_13342895.jpg
評論のコーナーに並ぶのは、学習塾らしく、大学入試に出る定番の評論から、現代日本の現実をえぐるルポまで。考えることをサボるなよ、諦めるなよと叱咤されるような棚。もちろん学生たちにも読んでほしいのですが、大人こそ読むべき棚だとも思います。

d0116009_13361608.jpg
そして、家族の本、親子の本、子どもと本の棚。
親のこと、子どものことで、ふと立ち止まらざるをえなくなったときには、とらきつねの本棚を覗きに来てください。


とらきつねでは、ベストセラーも出現しています。
最近のベストセラーは、シンガーでありエッセイストとしても活躍する寺尾紗穂さんの最新エッセイ集『彗星の孤独』。
発売からまだ6日ですが、すでに当店だけで20部ほど売り上げています。寺尾さんは、7月に私が企画した今村教会(福岡県三井郡大刀洗町)のライブに来てもらったり、9月には東京・下北沢の本屋B&Bで、いっしょにトークに登壇したりと、たくさんの縁をいただいていて、寺尾さんのたくさんのファンの方たちに、とらきつねのことを知ってもらっています。こちらの新刊、寺尾さんが書いてきた文章が幅広く収められていて、必読です。とらきつねで購入すると、特典もついています。
d0116009_13380491.jpg
現在のとらきつねの営業時間は以下の通りです

火17:00~20:00
木17:00~20:00
金17:00~20:00
土13:00~20:00
日12:00~19:00

文具やお菓子もあります。
寺子屋のカード(テラカ)のご提示で一部商品については割引もあります。
お気軽にご利用ください。



とらきつね on Facebook 随時更新中です。



by terakoyanet | 2018-10-23 13:46 | とらきつね | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://terakoyant.exblog.jp/tb/27179723
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< すてきな『親子の手帖』のご紹介...      10月22日の雑感 >>